エレメント デッキ。 遊戯王カードWiki

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「エレメントセイバー」テーマ紹介

エレメント デッキ

後半になるにつれ「霊神」の豪快な効果が飛び交います。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 墓地の属性を変更できることから、水属性サポート《サルベージ》を採用することができるなど、構築者によって様々な色を見せてくれます。 【召喚獣】や【E・HERO】、【カオス】などさまざまなカードとの混合デッキが作れます。 ただし、効果やデメリットの都合上使いこなすには若干慣れが必要になるテーマと言えるでしょう。 そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 墓地の同名以外の「エレメントセイバー」または「霊神」1体を 召喚条件を無視して特殊召喚できるモンスター 【エレメントセイバー】の貴重な展開役&「霊神」を使った突破役として活躍します。 「霊神」は 正規の方法で1度特殊召喚していないと蘇生できないため注意が必要です。 デッキから「エレメントセイバー・マカニ」以外の「エレメントセイバー」モンスターまたは「霊神」モンスター1体を手札に加える。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 同名以外の「エレメントセイバー」または「霊神」1体をサーチできるモンスター 必要なカードを手札に揃える潤滑油として活躍します。 《エレメントセイバー・アイナ》共々《トゥルース・リインフォース》でデッキから特殊召喚でき、デメリットもこのテーマと噛み合うため採用しやすい。 そのモンスターを手札に加える。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 同名以外の「エレメントセイバー」または「霊神」1体を墓地から手札に戻すモンスター 「エレメントセイバー」は一度手札に戻すことで、同じターン内で墓地の属性変更効果を再度使えるようになります。 手札に「霊神」を抱えている場合には大事なポイントになります。 このカードで回収する「エレメントセイバー」は大体《戦士の生還》や《サルベージ》で回収できるため、蘇生制限を満たしていない「霊神」を回収したい。 《霊神の聖殿》があれば、実質サーチとして使うことができます。 デッキから「エレメントセイバー・マロー」以外の「エレメントセイバー」モンスターまたは「霊神」モンスター1体を墓地へ送る。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 同名以外の「エレメントセイバー」または「霊神」1体をデッキから墓地へ送るモンスター 【エレメントセイバー】はとにかく墓地に「エレメンタルセイバー」が溜まらないことには戦線維持も難しいため、できるだけ高速で墓地を肥やしたい。 《真炎の爆発》に対応していることで、展開力に長けた「エレメントセイバー」とも言えます。 その発動を無効にし破壊する。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 魔法・罠の発動を無効にできるモンスター 守備表示で特殊召喚して、相手ターンに《霊神の聖殿》を除去から守るために効果を使うことになると思います。 普通に妨害として使え、《霊神の聖殿》下では相手ターンに墓地肥やしできることになるため、積極的にフィールドに出したいカードです。 そのモンスターを裏側守備表示にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 フィールドのモンスター1体を裏側守備表示にするモンスター 相手ターンにも発動できるため、モンスター効果の牽制として活躍します。 「エレメントセイバー」の中では攻撃力が高く、そのままアタッカーになれることも利点の1つです。 このカードを手札から特殊召喚する。 「エレメントセイバー」の唯一の上級モンスター 手札からモンスター2体を墓地へ送り特殊召喚でき、その属性に応じた効果を「エレメントセイバー」と「霊神」に付与できます。 そのままでは効率が悪く、《霊神の聖殿》ありきの効果となります。 デッキから2枚の「エレメントセイバー」の墓地送りと好きな耐性の付与ができるため、相手に合わせて使いたい。 このモンスターを維持しながら、【エレメントセイバー】は戦っていくことになります。 自分の墓地の地属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。 そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。 特殊召喚に成功した場合、《死者蘇生》と同等の効果を使えるモンスター フィールドを離れた場合、次の自分のバトルフェイズをスキップする効果を「霊神」は共通して持っているため、エクシーズ素材にして回避することも戦術に組み込みたい。 このモンスターは自力でモンスターを蘇生することができるため、ランク8が狙いやすい。 その他の用途にも幅広く使えるため、状況を気にせず使える「霊神」として使えます。 自分の墓地の水属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。 このカードが特殊召喚に成功した時、相手の手札をランダムに2枚選んで捨てる。 「氷霊神ムーラングレイス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 このカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。 特殊召喚に成功した場合、《いたずら好きな双子悪魔》と同等の効果を使えるモンスター 2枚のハンデスは中々の影響力をもつため、できれば序盤から出していきたい。 自分の墓地の炎属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。 このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。 選択したモンスターを破壊し、お互いに破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを受ける。 「炎霊神パイロレクス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 このカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。 特殊召喚に成功した時、相手モンスター1体を破壊しその攻撃力の半分のダメージをお互いに与えるモンスター 少量の恐竜族と共に《究極進化薬》で召喚条件を無視して特殊召喚する使い方が【エレメントセイバー】でも役に立つでしょう。 自分の墓地の風属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。 このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。 「風霊神ウィンドローズ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 このカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。 特殊召喚に成功した時、《ハーピィの羽根箒》と同等の効果をもつモンスター セットカードの破壊は大事ですが、そもそも魔法・罠が少ない相手では腐ってしまうので、出番は少なめ。 自分の墓地の光属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。 相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 特殊召喚に成功した時、《サンダー・ボルト》と同等の効果をもつモンスター 直接攻撃に繋げやすいため、他の「霊神」に比べフィニッシャーとしての運用がしやすい。 【エレメントセイバー】ではバトルフェイズスキップが起こりやすく、攻撃する機会が少ないため1枚は採用しておきたい。 自分の墓地の闇属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。 デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。 特殊召喚に成功した場合、《クリッター》と同様の効果をもつモンスター このカードは他の「霊神」よりランク8が狙いやすい特徴があります。 《星間竜パーセク》をサーチすることでそのまま召喚しランク8に繋げることができます。 サーチは便利ですが、このカードを特殊召喚するまでに墓地の「エレメントセイバー」の効果を使い過ぎていてはあまり意味がありません。 汎用的な闇属性を多めに採用することで使いやすくなるでしょう。 デッキから「エレメントセイバー」モンスター1体を手札に加える。 その後、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。 【エレメントセイバー】のエンジンとなる最重要カード 自分モンスター全体のステータスアップ、「エレメントセイバー」のサーチと、 手札コストの代わりにデッキからカードを墓地へ送る効果をもちます。 いずれも【エレメントセイバー】には必要不可欠で、このカードを握ることがそのまま勝敗に繋がると言ってもいいでしょう。 3枚採用して、《テラ・フォーミング》《盆回し》のみならず、《メタバース》も採用して何としても手札に加えたい。 リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「エレメントセイバー」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 手札を全て捨てる。 その後、この効果で捨てたカードの数だけ、自分の墓地から「霊神」モンスターを選んで手札に加える。 バトルフェイズ中の追撃ができることも【エレメントセイバー】では重要なポイント 同名カードの発動制限がないため複数採用しても腐りにくいカードです。

次の

デッキで迷っている方必見!おすすめ「 エレメント 」スケボーデッキ10選を紹介!

エレメント デッキ

スポンサードリンク 妨害カードを安定して立てることが出来るのがこのデッキの強みです。 スキルは打点を補う「絆の力」。 「霊神の聖殿」を張ればまず打点不足で困ることはなくなるのですが、 それに依存することなく戦闘を優位に行うことが可能になります。 それでは主要カードの解説へ。 フィールド魔法の「霊神の聖殿」はいずれも強力な効果を備えており、 基本的に即座に発動しておきたいところ。 サーチ効果は発動した次のターンのバトルフェイズがスキップされてしまいますが、 「モーレラ」か「ラパウィラ」をサーチし盤面に立てることで相手の展開も遅れさせることができるため、積極的に発動して構いません。 また墓地の属性の種類の分だけ打点を上げる効果も極めて有効。 「粉砕」が弱体化した現環境においてバフ能力は貴重であり、 擬似的な「粉砕」として働いてくれます。 突破が困難な高打点・高守備力モンスターも容易に突破が可能となるため、フル積みしておきたいところ。 このデッキの切り札、モーレラくん。 フリーチェーンで毎ターン使えるカナディア効果を備えており、 よほどの事情がない限り優先的に盤面に繰り出しておきたいところです。 素の打点が高いのも大きな強み。 モーレラ同様盤面の制圧力を高めるのに一役買ってくれる下級モンスター。 モーレラと共に並べておけばまず突破はされません。 攻撃力は貧弱ではありますが、「霊神の聖殿」と「絆の力!」によりある程度打点をカバーすることができます。 墓地のエレメントセイバーの属性を風属性に変更することでこのカードの発動条件を満たすことが出来ます。 破壊ではなくバウンスであるため、効果破壊をトリガーとするモンスターや裏側守備表示モンスター等を安全に処理することが出来、 またエレメントセイバーモンスターをデッキに戻すことで、各種エレメントセイバーの効果発動コストを賄う役割を担っています。 「霊神の聖殿」に耐性を与えつつ、エレメントセイバーをデッキから展開する効果を持つ永続罠カード。 モーレラやラパウィラを場に出すことで安定して制圧したり、バトルフェイズ時の追撃をしたりと用途は様々。

次の

遊戯王カードWiki

エレメント デッキ

スケボーでデッキは重要なパーツ。 スケートボードの顔となるパーツといったら、 "デッキ" であろう。 板の形状は人それぞれの好みがあり、それは乗り心地に直結する。 また、独創的でオシャレなグラフィックはスケーターのモチベーションをあげる。 そんな、スケーターにとって何枚あっても足りない大切なスケートボードデッキに関するナレッジをコラムにしたので、どうぞ。 読み進める前に。。。 もしもこの記事を見つけてくれた人が "これからスケートボードをはじめる"という初心者の方であるなら、デッキを選ぶ際に意識すべきことはたった一つ。 気に入ったデザインのデッキを選ぶ。 それだけなの?と思われるかもしれない。 確かにデッキを選ぶ上で長さや幅、コンケーブの強弱などで人それぞれ好みが分かれてくるが、まだスケートボードをやったことのない人間が例えば、太めのデッキを使ったからと言って、初日から安定したオーリーができるわけではない。 3S横乗り全般に共通して言えることだが、やり始めから継続して練習することができないと、本当の面白みを経験する前にやらなくなってしまう傾向が強い。 これを回避するために、まずは "デッキに乗る回数を増やす"というのが重要な要素になり、【お気に入りのデザインのデッキ = デッキに乗るモチベーションになる】という方程式を利用して、なるべく多くスケートボードをする時間を作って欲しいのだ。 本コラムでは、デッキの選び方の細かい部分も解説していくが上記に当てはまる人は、あまり深く考えることなくお気に入りの1本を見つけて欲しい。 3S関連記事 Contents• 54 cm ということを頭の中に入れておこう。 最も細いスケートボードの幅で 7. 5inch これをcmの表記に直すと 19. 05cm 太めの幅になると 8. 25inchもあるがこの場合は 20. 955cm 細めの板と太めの板で約2cmしか変わらないのかと思うかもしれないが、繊細な動きが要求されるスケートボードでこの2cmは大きな差となる。 幅の大小による違い 幅の細いデッキ 幅の狭いデッキは、太いデッキよりも重量が軽くなるので、回し系のトリックがしやすいという特長がある。 スケートボード初心者は、よっぽどのこだわりがない限り細くて軽いデッキから始めることをオススメする。 幅の太いデッキ 一方の幅の太いデッキは、トリックの着地時の安定感が増すので、ステアトリックなどのビッグトリッカーは太めを好んでチョイスする傾向にある。 また回し系のトリックをした際のキャッチの感触が細めのデッキよりもしっかりしているので、気持ち良いのも特長の一つ。 ランプやバーティカルなどを中心に滑る人も太めを良くチョイスする。 コンケーブって何?どこ? コンケーブとはスケートボードデッキを上の写真のように見た時に、デッキの横幅の湾曲している部分のことを指す。 コンケーブのキツいデッキ デッキに乗っている時、足裏にデッキが食いついてくるので操作性が高く、180 ワンエイティ などのトリックがやりやすい。 一方でフリップなどの抜き系のトリックがやりにくいという欠点もある。 コンケーブの緩いデッキ コンケーブが緩いデッキの場合はデッキの食いつきは劣るが、フリップなどが抜き易い。 まずは平均的な板に乗ってから、自分の感覚やトリックのし易さなどと相談しながら段々と好みの板を見つけていくのが良いだろう。 キックってどこ? キックはデッキのノーズとテールの両サイドに施されている反っている部分を指す言葉で、ブランドやモデルによってキックの強弱は異なる。 それではキックの反りが強いデッキと弱いデッキでの違いをみていこう。 キックの反りが強いデッキ キックの反りが強いと、その分地面とキックの先端部分との距離が遠くなるので、板を弾いたときにより板が立ち上がってくるので トリックに高さがでやすくなる。 だがデメリットもあり、板を弾く力がまだ弱いと板と地面との距離が長い分、上手く弾くことができないという現象が生じてしまう。 キックの反りが弱いデッキ それに対してキックの反りが弱いデッキは、キックと地面との距離が近い分、 弱い力でも板を弾くことができる。 なので、初めてスケートボードをするという人はキックの反りが弱いデッキがオススメ。 だからといって、ベテランの人が全く使わないかというとそうでもなく クイックに弾くことができトリックに対する反応が良いので好んで使う人も多くいる。 初めてスケートボードをするという人はキックの反りが弱いデッキがオススメ。 パーツをバラ買いとコンプリートとの値段の差 さあこれからスケートボードを始めよう!という時に、デッキ・トラック・ウィール・ベアリングなどのパーツをバラで買って組み立てる場合と、既にスケートボードができる状態で購入することができるコンプリートではどれくらいの値段の差が発生するのかをみていこう。 部品バラ買い パーツ 値段 税込み デッキ 11,000円 前後合計 8,800円 4輪 6,600円 3,850円 1,100円 ナット&ビス 1,100円 合計 32,450円 上の表から分かるように、パーツをバラ買いすると30,000円前後の価格になってしまい、学生にとっては大きな出費となる。 もちろんメリットとして、自分が良いなと思ったデッキ・トラック・ウィールなどを好きに組み合わせて作成することができるので、スケートボードに対するモチベーションを上げるのには良い。 セール中のパーツをチョイスしたり、デッキは高品質なブランクデッキにしたりなど工夫することで、安く抑えることは可能だ。 ここからはスケートボード初心者向けにそれぞれのパーツを簡単に説明していきたいと思う。 ・トラック スケートボードを長年やっていると思うことがある。 長くスケートボードをやっていればいるほど、トラックの好き嫌いがハッキリしてくるということだ。 詳しいことはトラックの記事を読んでもらえればと思うが、スケートボードのパーツの中でもっとも複雑なパーツであり、乗り味に大きく影響するパーツであるが由縁だ。 スケボーをやっていく中で、自分好みのトラックを見つけるのは1つの大きな楽しみではないだろうか。 ・ウィール ウィールはスケートボードの乗り味を決めるもっとも重要なパーツ。 大きさ、柔らかさなど種類は様々あり、トラックと同じようにブランドごとに特徴が異なる。 スケボーに乗れば乗るほどウィールは消耗するものなので、色々なブランドのウィールを試してみて自分好みのウィールを見つけよう。 ・ベアリング スケボーの滑走スピードを左右するのが、このベアリングだ。 慣れてくると、スケボーで移動することが多くなるが、移動をストレスなくするためには良いベアリングを装着することをおすすめしたい。 ABECという指標があるので、この数値が高いものであればあるほど、ベアリングとしての品質は高いということになる。 基本的にはABEC3からABEC7まであり、ABEC7を選べばまず間違いないので、値段は気にせずベアリングは良いものを選ぼう。 詳しくはベアリングについて詳しく説明している記事を参考に。 ・デッキテープ デッキテープ1つとっても、色々なブランドから特徴の違うデッキテープがリリースされている。 コストパフォーマンスも考えると、スタンダードのデッキテープといえばJESS UPのデッキテープだが、おすすめはMOB GRIP。 このデッキテープも色々なものを使っていく中で、自分の好みが分かれていくと思うので、色々と試すことをおすすめしたい。 コンプリート 一方のコンプリートはどのくらいの値段で購入できるのかというと、 20,000円以下で購入することができる。 ブランクデッキでのコンプリートなどであれば。 逆に楽天やamazonでスケートボードのコンプリートセットを探してみると、10,000円以下で売られているものもあるが、おすすめできない。 なぜかと言うと、安い価格でスケートボードを始めることはできるが、安いコンプリートだとすぐに壊れてしまったり、スケートボードの重量が重いのでなかなか上達しなかったりと継続してスケートボードを楽しむことが難しくなってしまう。 だからこそ、コンプリートを買うとしても、有名なスケートブランドが出しているコンプリートを選ぶようにしよう。 高くても25,000円くらい。 これは各ブランドが自社ブランドのパーツで統一してスケートボードを組んでいるため、価格を安く抑えることができている。 バラで組むのと比べると相当安く購入することができる。 参考記事 参考になる記事として、スケートボードを始めた時にパーツをバラで買ったのか、コンプリートで購入したのかをアンケートした記事をご紹介。 ad スケートボードデッキブランド14選 GIRL ガール スケートショップに行けば必ずといって良いほど在庫が確保されている、スケートボードデッキ。 この女子便のロゴが印象的なブランドだ。 スケートボードをやるなら一度は乗って欲しいブランドの一つで、ノーズの面積とテールの面積が異なるモデルが多い。 このような形状をしているので、弾きやすくトリックがしやすい。 chocolate チョコレート GIRLの姉妹ブランドでありながら、GIRLとは一味違ったブランディングを展開している。 発足当時からオリジナリティ溢れる個性的なライダーをチームメンバーに加えながら成長していき、そのブランドの色を体現するようなデッキのグラフィックのカッコ良さは現在でも色褪せることはない。 SHAKE JUNT とコラボデッキなどもリリースされていて、カッコ良い。 Cliche クリーシェ ヨーロッパ、フランスからスケートボードデッキを発信している "Cliche" 日本のトップスケーターの池田幸太もスポンサーを受けていることで有名だ。 ヨーロッパならではのオシャレで洗礼されたグラフィックはスケーターに大人気で今最も注目されているデッキブランドの一つ。 ELEMENT エレメント この特長的なロゴが目を引くELEMENT。 デッキはもちろんのこと、アパレルなどのプロダクトも展開しているブランドで世界中にファンが多くいる。 世界的に有名な"nyjah huston"はELEMENTのプロライダーだ。 Almost Skateboards オールモストスケートボード 2003年にスケートボード界に多大な影響を与えている天才として謳われている ロドニー・ミューレンと常に見るものの目を釘付けにするトリックを発信し続ける デーウォン・ソンによって設立されたデッキブランド。 在籍しているライダーが、テクニカルなトリックを好むため、細かい動きに対応できるようなデッキがリリースされることが多く、コンケーブ・キック共に少しキツめの設定になってる。 toy machine トイマシーン ブランドキャラクターが特長的なtoy machine。 この目が一つのエイリアンと角の生えた怪人がプロダクト全体で登場し、何度も何度も目に入ると、不思議と愛着が湧いてくる。 STEREO ステレオ 老舗スケートボードブランド、STEREO。 プロ、アマ問わずライダー全員渋すぎでカッコ良いです。 デッキも同様に渋い。 FLIP フリップ Luan Oliveira や David Conzalezなど、全てのトリックが栄えるスケーターを保有している。 そのトリックの質を支え続けている信頼のスケートボードブランド。 PLAN B 正統派スケートボードデッキブランド、 PLAN B 90年代にレジェンドチームを誇り、爆発的人気を博していたが1998年に一度ブランドをたたんでいる。 そこから復活し、当時の勢いを取り戻している。 REAL SKATEBOARDS リアル・スケートボード 1989年にトミー・ゲレロとジム・シーボーによって設立されたブランドで、サンフランシスコがその発祥地。 REALというブランドネームは、本物を追求するスケートボードカンパニーを作るという意気込みから名付けられている。 その名前通り、初心者から上級者まで、はたまたジャンルを問わずに使いやすいスケートボードデッキを今も尚リリースし続けている、信頼のブランドだ。 KROOKED skateboarding クルキッド・スケートボーディング KROOKEDは比較的若いスケートボードブランドで、2002年にレジェンドとして名高い、マークゴンザレスが立ち上げたブランド。 イラストレーターとしても活躍するゴンズが描いたグラフィックなどがデッキにプリントされることも多く、クリエイティブな滑りをする集団だ。 ZERO ゼロ 1995年にJAMIE THOMASが設立した、スケートボードカンパニー。 ブランドスピリットは、腕や足が折れるまで攻めるスケートボード。 映像を見て、驚くことなかれ。 みんな血だらけです。 ZOO YORK ズーヨーク NEW YORK発のブランドで、デッキのグラフィックにはNEWYORKの町並みがプリントされていたりオシャレなブランドイメージ。 選択肢の中では、ご覧の通りGIRLが最も多く票を獲得する結果に。 chocolate — ミッチー Skate2001M chocolate — topgear skate3 StngYuuki chocolate — せーさん seiya0525yahooi その他の中で多かったのはchocolate。 GIRL・chocolateのブランド力を改めて感じる結果になった。 国内ブランド lesque レスケ web : 2007年11月に国内スケートボードデッキブランドとして誕生した "lesque" ブランドネームは、『Endless Question』 無限なる問題 に由来しており、無限に出現する問題に対して常に答えを探し求めて行動するという志が詰まっている。 所属ライダーもスタイリッシュなスタイルを持ち合わせおり、プロダクトもネイチャーに由来した展開をしている。 Evisen エビセン web : 国内で今勢いのあるデッキブランドといえば、 "Evisen"だろう。 ショップに数多くのデッキが陳列されている中でも異彩を放つ。 UNIFUL ユニフル web : 世界を舞台に活躍し続けている、岡田晋率いる "UNIFUL" スケートボードの可能性と楽しさを世の中に伝えるため日々精力的に活動している。 ポップでありながらカッコ良さも併せ持つグラフィックは特徴的で、パロディ系のグラフィックも目を引く。 JOYNT ジョイント web : 日本のスケートボードシーンを最前線で開拓し続けてきた男、三枝 博貴と林 秀晃が立ち上げたデッキブランド。 プロダクトの中でよく目にする『38:44』という数字は、立ち上げた2人の名前の画数を現している。 デモやスクールなどの活動を通して、日本のスケートボードシーンの底上げに尽力しているブランドだ。 photo credit : socalskateshop. com 初心者スケーターに向けたお役立ちトリックHOW TO スケートボードをはじめて、まず覚えたいトリックがこれ。 スケーターとしての人生がここから始まると言ってしまっても過言ではないトリック。 オーリーの追求に終わりがない。 と言われる奥の深いトリック。 180度デッキを回転させることがいかに難しいことを思い知らされる180トリック。 スケートボードをやり初めた時にイメージとしてこれができたらかっこいい!!と思っていたであろうトリック。 ペニースケートボードの全てを知りたいならこれを読めば完璧 668107 views Tag•

次の