伊集院 メイ。 ときメモ2セリフ集

『ときめきメモリアル2』難関イベント攻略の実践(伊集院 メイ編)

伊集院 メイ

伊集院レイとは、に登場するである。 : 概要 理事長の一族にして有数の、財閥の。 秀麗の容姿なのだが、初登場時のとな発言に強く印づけられたもいるだろう。 何かとつけてに嫌味を言ってくるが、これには深い理由があった。 とはいえ、これについて触れるのはになるので後ほど、という形で明かす事とする。 作品では単に邸を持った大持ちくらいの描写だったが、その後のなどで度を越えたなの使い方が描写されるようになる 個人使用的でを作ったり、大で会場を輸送したりなど。 またに登場するは6歳年下のである(発売当時は年子)。 が来なければはのの話を聞かされる羽になっていたかもしれない。 なお、4にて理事長になっていたことが発覚した。 どうやらでをもらっていたことが知られているようだ。 また、でも記録を残していたようである。 伊集院レイ、その正体について さて、こればかりはEDを見た人へのご褒美という意味も込めて敢えてとさせていただく。 すでに人以外はで閲覧願います。 実はの跡取り である。 のしきたりにより「はまで(正確にはまで)として生活しなければならない」という宿命を背負っているため。 最初はの麗人として登場し、に対しての感情を封印すべく、敢えて嫌われるように自慢しまくりのを演じ続けなければならなかったのである。 しかし誘拐事件などを経て感情の昂りを抑えきれなかったは、ついにの日に…。 ゆえに、版ではのためにを作ってするという場面も。 3年間、なりに努した形跡も確認できる。 また、版では諸事情が重なれば一緒に下校できる。 だが、ではその好意を隠し通さなければならない、悲しい役を背負っている。 上、重要な人物ではあるが。 なお、正体を知ったものは容赦なく記憶を操作されるので、まで何人を手にかけたのか…。 ただし、だけはすでに本来の性別を知っているため対外となっている(ゆえに、に対しては頭が上がらない)。 関連動画 内にが含まれている場合がございます。 閲覧の際にはご注意願います。 関連商品 関連コミュニティ 伊集院レイに関するを紹介してください。 関連項目•

次の

伊集院メイ

伊集院 メイ

伊集院レイとは、に登場するである。 : 概要 理事長の一族にして有数の、財閥の。 秀麗の容姿なのだが、初登場時のとな発言に強く印づけられたもいるだろう。 何かとつけてに嫌味を言ってくるが、これには深い理由があった。 とはいえ、これについて触れるのはになるので後ほど、という形で明かす事とする。 作品では単に邸を持った大持ちくらいの描写だったが、その後のなどで度を越えたなの使い方が描写されるようになる 個人使用的でを作ったり、大で会場を輸送したりなど。 またに登場するは6歳年下のである(発売当時は年子)。 が来なければはのの話を聞かされる羽になっていたかもしれない。 なお、4にて理事長になっていたことが発覚した。 どうやらでをもらっていたことが知られているようだ。 また、でも記録を残していたようである。 伊集院レイ、その正体について さて、こればかりはEDを見た人へのご褒美という意味も込めて敢えてとさせていただく。 すでに人以外はで閲覧願います。 実はの跡取り である。 のしきたりにより「はまで(正確にはまで)として生活しなければならない」という宿命を背負っているため。 最初はの麗人として登場し、に対しての感情を封印すべく、敢えて嫌われるように自慢しまくりのを演じ続けなければならなかったのである。 しかし誘拐事件などを経て感情の昂りを抑えきれなかったは、ついにの日に…。 ゆえに、版ではのためにを作ってするという場面も。 3年間、なりに努した形跡も確認できる。 また、版では諸事情が重なれば一緒に下校できる。 だが、ではその好意を隠し通さなければならない、悲しい役を背負っている。 上、重要な人物ではあるが。 なお、正体を知ったものは容赦なく記憶を操作されるので、まで何人を手にかけたのか…。 ただし、だけはすでに本来の性別を知っているため対外となっている(ゆえに、に対しては頭が上がらない)。 関連動画 内にが含まれている場合がございます。 閲覧の際にはご注意願います。 関連商品 関連コミュニティ 伊集院レイに関するを紹介してください。 関連項目•

次の

伊集院レイ (いじゅういんれい)とは【ピクシブ百科事典】

伊集院 メイ

神奈川県逗子市にあるギター工房・ケイズギターワークス代表の伊集院 香崇尊(かずたか)氏は、ブライアン・メイの愛器「レッド・スペシャル」のオフィシャルシグネチャーモデルを手掛けたことで、世界的に知られたギター製作家だ。 そのケイズギターワークスは、2016年1月のNAMMショーで、初のオリジナルモデル「Kz One Standard」を発表。 レッド・スペシャルの発展系とも言える、このフルオリジナルのハンドメイドギターは、ほかのどのギターにも似ていない音を持ちながら、適正な重量バランスや弾きやすさに優れ、最初から楽器としてパーフェクトな完成度を持っていた。 Kz One Standard取扱店のフーチーズが公開しているデモ動画。 ピックアップとフェイズ切り替えで13通りの幅広い音色が出せる そのKz Oneが気になって仕方ない私は、まず伊集院氏の過去の仕事ぶりを確かめておこうと、彼のギター作りの原点であるレッド・スペシャルのレプリカ「Kz Pro」を持つ友人を訪ねた。 その完璧な機能、思わず顔を見合わせて笑ってしまうくらいの精巧さ、異常なまでにこだわった細部については、 ギター製作技術の高さは当然として、あれはどう考えても普通の入れ込み方でやれる仕業ではない。 そこまでギター製作家を夢中にさせるレッド・スペシャルとはなんなのか。 そして、それがどうオリジナルギターの開発へつながっていくのか。 今回は伊集院氏に会ってみた。 伊集院氏。 まずクイーンのファンとしては、ずいぶんお若くないですか? 僕はいま40です。 僕の周りにもファンはいませんでした。 やっぱりコアなところは、ヨツモトさんみたいな、いま50代くらいの方でしょう。 僕が最初にクイーンに興味を持ったのは17の時で、1992年くらいです。 伊集院 おそらく最初は、NHKで見た日本のトリビュートバンドです。 演奏していたのは「キラー・クイーン」で、いま思うとフレディー・エトウさんがやっていた「KWEEN」というバンドだったんじゃないかな。 いまは「Queeness」というバンドをやっている方です。 クイーン体験がまず我々とは違う。 伊集院 もうフルメンバーでは来日もしませんからね。 高校時代と言えばPERSONZも好きだったんですが、当時ギターを弾いていた本田毅さんもブライアンが好きだったので、そこからクイーンへ行ったのかもしれない。 どっちが先かわからないんですが。 クイーンのなにが良かったですか。 伊集院 「ボヘミアン・ラプソディ」でノックアウトされました。 なにより歌の内容が狂気じみていて。 だから僕にとってのクイーンは、最初はギターではなくて、フレディかもしれないです。 ということはギターを演奏する才能がない。 だから、毎週土日は、自分の持っているギターをバラして、ネジ一個一個磨いて、また組み立ててみたいなことをしていました。 伊集院 結局、ものを作るのが好きなんですよ。 高校が付属だったんで、一応大学には行ったんですが、1ヵ月くらいで行かなくなって、勝手に退学届を出しちゃった。 やっぱりギターが作りたかったんです。 それも、ただレッド・スペシャルが作りたい。 自分のために。

次の