手間をかけずに家計簿。 【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!|エクセルドクター

家計簿アプリ「かけ~ぼ」と「マネーフォワード」を改めて比較。やっぱり「マネーフォワード」が便利。

手間をかけずに家計簿

資産を増やすためには収入を増やすか、支出減らすか。 自分のようなサラリーマンにとって簡単にできるのは支出を減らすこと。 そこで、 支出削減の第一歩として家計簿をつけています。 現在、自分が使っているのは「マネーフォワード」。 その前に使っていた「かけ~ぼ」も併せてご紹介します。 なぜ家計簿をつけるのか。 3つのメリット。 何に最もお金を使っているかわかる 記録することで何に最もお金を使っているかわかります。 食費なのか、日用品なのか、交際費なのか。 当たり前ですが、支出が多いところに手を入れれば効率よく支出を減らすことができます。 メスを入れるべき場所がわかることこそ、家計簿最大のメリットだと思います。 地味だが定期的に出ていく支出に気付ける こちらも記録することで、 金額は大きくなくても継続して出ていくそこそこ大きな支出に気づけます。 自分の場合は通信費(携帯)が大きいことに気づき、に切り替えました。 妥当な月の予算を設定できる。 (息抜きに使える金額がわかる) 記録を繰り返すことで、月にいくら使っているかわかってきます。 この基本的な金額を予算として設定できます。 予算を設定することで、今月は支出が少ないから息抜きに〇〇円使えるという計画が立てられます。 節約ばかりでは疲れてしまうので、続けるためには適度な息抜きも重要だと思います。 小学生までさかのぼれば、お小遣い帳なんかつけてましたが社会人になってから使ってみたのは3種類(ほぼ2種類)。 以下で紹介します。 2日で止めました。 笑 ・カレンダーなのでどの予定でいくら使ったかわかると思った ・予定表と家計簿を集約できるので定期的に見るから継続できると思った ・速攻で乗り換えたので特になし 強いて言うなら上記の選んだ理由でしょうか ・月の支出の合計が、自分で計算しないとわからない むしろ始める前に気づけよという話ですが、一度カレンダーに記載して、さらに電卓やエクセルなどで計算するという二度手間が発生することに気づき止めました。 カレンダーアプリに家計簿の役割を持たせれば、いついくら使ったかシンプルにわかるし、アプリも増やさなくていい。 理想的だ!・・・と思っていましたが、さすがに二度手間は嫌だという事で乗り換え。 1年以上継続、結構気に入っていました。 ・前回の失敗、月の収支計算をやってくれる ・食費や趣味などカテゴリ分けできて、無駄遣いが見つけやすそう ・デザインが好みだった ・入力が簡単 サクサクと簡単に入力できた。 また、履歴機能や毎月の固定費自動入力機能もあるため、繰り返し入力系の手間はほとんどなかった。 ・支出の把握が簡単 支出合計値も出せるし、円グラフも見やすく表示できるので視覚的に支出を確認できた ・無駄使いが減った 後で入力する手間を考えてグッと無駄遣いを抑える事ができた。 まあ、それが無駄遣いを抑える助けになっていたのは否めませんが。 ・投資の状況を反映できない こちらが辞めたメインの理由。 「かけ~ぼ」はあくまで家計簿アプリなので、金融資産管理という観点では弱かった。 例えば株式投資の含み収支などの反映ができない。 簡単に言うと、管理したいものが変わったので乗り換えることにしました。 自分のニーズと一致、かなり気に入ってます。 ・基本的な家計簿機能が付いている ・カード支払いを自動で入力してくれる ・ネット証券口座(株)の情報も取得できる ・カード支払いの自動取得が圧倒的に便利 支払いはカード派なので、自動取得してくれると入力の手間がほとんどありません。 たまに現金のみだとか割り勘の時だけ手入力しています。 なので、先月と比べて使いすぎていないかチェックするだけ。 また、円グラフの表示もできます。 ・証券口座、ネットバンキング、カード引き落としなど多彩な連携 狙いの一つだった証券口座との連携も簡単。 さらに銀行残高やカードの引き落とし額もこれだけでわかるので、カード引き落とし額が足りない!なんてことも起こりにくいと思います。 ・銀行引き落としのデータも取得してくれる こちらは使ってから気づきましたが、口座引き落とし情報も自動取得してくれます。 水道代など口座引き落とし限定なので、いつ引き落とされたかわかり重宝しています。 まとめ ・現金支出の入力利便性:引き分け ・カード支出の入力利便性: マネーフォワードの勝 ・各資産口座との連携: マネーフォワードの勝。 かけ~ぼは未対応。 ・家計簿の見易さ:引き分け。 どちらもカテゴリ分けや円グラフに対応 かけ~ぼも好きでしたが、正直、マネーフォワードの上位互換感が否めません。 「マネーフォワード」を選べば良いと思います。 「かけ~ぼ」を選ぶ理由を強いて挙げるならデザインの好み差くらいでしょうか。 あとは、 自動取得や連携に嫌悪感のある人は手入力のかけ~ぼの方が合ってるでしょうね。 職場にもそういう人います。 今の時代、連携に嫌悪感を持つのは損していると思いますが。。 yutori1oku.

次の

家計簿アプリ「かけ~ぼ」と「マネーフォワード」を改めて比較。やっぱり「マネーフォワード」が便利。

手間をかけずに家計簿

家計管理に重要な3つの条件• 銀行口座と連携できること 【特に重要】• 毎月の収入/支出が入力できること• 入力した収支を自動集計してくれること 今の家計簿アプリは無料のモノでも色々な機能がありますが、重要なのは 「毎月、いくらの収入があって、いくらの支出があったのか、そしてお金はいくら残っているのか」が分かるコトです。 つまり『「貯金残高」と「毎月の収支」が簡単に分かること』が家計簿アプリを選ぶ上で絶対におさえておきたい機能です。 特に銀行口座と連携する機能があると、普段の生活で使った金額を覚えることも、メモする必要もなく、自動的に「どれだけ使ったか」を把握することができます。 家計簿をつけるときに1番大変なのが「日々の収支を記録すること」ですが、それが自動でアプリに反映されれば、家計簿は8割以上終わったも同然です。 私は「マネーフォワードME」を使い始めてから、銀行口座のアプリを見たり、レシートを記録したり、クレジットカード明細を見たり、という作業をほとんどしなくても済むようになったので、本当に助かってます。 月末に自動集計された結果を確認するだけなので、時間の節約にもなるし、他のことに時間を使えるので家計簿を続けるハードルがかなり下がりました。 公式アプリ: 参考:家計簿アプリの比較結果(2019年10月17日時点) 参考までに、今回のために私が確認した家計簿アプリの比較結果を載せておきます。 アプリのバージョンアップがあった場合は情報が古い可能性もありますが、大目に見てください。 家計簿アプリの簡単な使い方(マネーフォワードMEを例にしてます) 今回は私が使っている「マネーフォワード ME」を例にして、どのように使っているかを解説したいと思います。 他におすすめした「家計簿 Zaim」や「家計簿 Moneytree」も同じ機能があるので似たような管理ができますが、 私は銀行口座やクレジット明細だけじゃなく、楽天市場やLOHACO(ロハコ)など普段の生活で使うサービスの利用状況が全部分かるのが好きで「マネーフォワードME」を愛用しています。

次の

家計簿をスマホアプリで簡単記録! 続けられる人の手間いらずな裏技

手間をかけずに家計簿

新着ソフトレビュー 2008. 充実した入力支援機能を備え、キーボードだけでスムーズに操作できる家計簿ソフト。 統計やグラフによる分析や日記の入力なども行える。 「こむぎの家計簿」は、表計算ソフトのように直接セルに入力できる、扱いやすい家計簿ソフト。 面倒な入力を省力化する多彩な入力支援機能を備え、手間をかけずに記録できるのが特徴。 簡易電卓機能を利用して、計算式を使った入力も行える。 メイン画面には7枚のタブが配置され、タブで機能を切り替えながら使う。 なかでも基本となるのが、実際のお金の出し入れを記録する「収支」タブ。 収支表の項目として用意されているのは、初期状態で「日付」「分類(費目)」「支出(額)」「収入(額)」「口座」「メモ」。 ユーザが項目を追加することもできる。 大きな特徴が、充実した入力支援機能。 「分類」「口座」や追加項目では、セルをダブルクリックする(またはスペースキーを押す)とプルダウンメニューが表示され、選択・入力できるようになる。 ダブルクリックなどすることなく、プルダウンメニューを自動表示するように設定することも可能だ。 分類名や口座名にはショートカット文字列を定義することも可能。 ショートカットを自動生成させることも可能で、定義自体を省力化できるよう配慮されている。 「支出」「収入」では、セルをダブルクリックする(またはスペースキーを押す)と簡易電卓が表示され、計算結果を入力できる。 「パターン入力」機能もある。 定期的に(またはよく)入力する項目のパターンを登録しておけば、「毎年」「毎月」「毎週」の指定したタイミングや手動で入力できる。 「日記」タブでは、「収支」記録と連動した日記を書くことができる。 日付の左側にある緑色の印をダブルクリックすると、同日の収支記録にジャンプできるようになっている(収支記録から日記へも同様にジャンプできる)。 「統計」「グラフ」タブでは、収支記録を表やグラフにして分析することが可能。 「統計」では、収支を分類や口座別に表にし、「グラフ」では、折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフが表示される。 「分類」「口座」「パターン」タブでは、分類や口座の項目やショートカットの設定、パターンの設定などを行える。 キー割り当てを変更することも可能だ。 ソフトライブラリからのおすすめソフト reviewer's EYE 家計簿ソフトで最も大事なことは「いかに毎日の記録を面倒でなく入力できるか」ではないかと思う。 自分が面倒くさがりだからそう思うのだろうが、それでも多くの人に賛同してもらえるのではないか。 どんなに便利な機能が満載されていても、記録が長続きしない家計簿ソフトは役に立たない。 その意味で、「こむぎの家計簿」は非常に優れたソフトだ。 とにかく扱いやすく、入力の手間を省く機能が多く備わっている。 特に便利に感じたのがショートカット機能で、「支出」であれば「SHISHUTSU」「食費」なら「SHOKUHI」とローマ字入力の部分一致で入力できるので、IMEの切り替えも不要。 キーボードから手を離さずにどんどん入力してゆくことができ、快適だ。 今回の支出や今月の支出、残高の合計といった情報をステータスバーに表示したり、【Tab】キーでの移動時に入力済みのセルをスキップしたりと、地味に便利な機能もある。 家計簿をつけようと考えている人にはお勧めのソフトだ。 (土屋 佳彦) ソフト作者からひとこと ソフトを開発しようと思った動機、背景 私は普段、仕事の文書作成や予定表などもExcelを使って作ることが多いのですが、その操作感に似た感じの家計簿ソフトがないかと思って探したところ、見つからなかったので、「自分で作ってみよう」と思い、作りはじめました。 編集操作を「元に戻す」や、複数セルのコピー&ペーストなど、似たようなことができるようにしたつもりです。 今後のバージョンアップ予定 現バージョンでは、シート下のステータスバーに現金残高などを表示できるようにしていますが、表示できる情報量が限られているので、別ウィンドウで表示することを検討中です。 そのほか、日々使っていて気づいた点に対して少しずつ改良を加えてゆく予定です。

次の