安倍 晋三 うち で 踊 ろう。 sm36670547

スシローの仲間入りを策して安倍ヨイショする愚かな政治評論家。(日々雑感) 笑坊

安倍 晋三 うち で 踊 ろう

引用:Instaguram 仲介人の段取りにより、安倍晋三さんと安倍昭恵さんは「オーラ」という原宿のパーラーで食事をすることになります。 ただその初顔合わせで安倍昭恵さんは仕事のせいで 50分遅刻してしまいます。 その時のことを安倍晋三さんは 「家内は約束の時間に30分ぐらい遅刻して来てね。 ずいぶん待たせるなと、 第一印象はあんまりだった(笑い)。 だから最初は私もむっつりしていた。 こっちは 8歳も年上だしね。 ただ、話は非常に合って、面白かった。 印象は良かった。 それで、もう1回会うことになり、その後は食事をしたり、 一緒にゴルフに行ったりとか」 引用:女性セブン と話しています。 というのも、実は安倍晋三さんと安倍昭恵さんは初めて食事をする前に 一度同じ会に参加しており 、顔は知っていた仲だったんですね。 そして安倍晋三さんの方が安倍昭恵さんに 一目ぼれをしていたんだそうです。 遅刻してしまったものの、安倍昭恵さんと安倍晋三さんは初対面ながら話が合い、その後一緒に出掛けるようになります。 そしてほどなく交際に発展し、3年後の1987年に結婚式を挙げるのでした。 それでも2人は 30年以上連れそうおしどり夫婦として知られています。 引用:Instaguram 森友問題が長引き、深刻化するうち、あまりに当事者意識の低い昭恵夫人に 露骨にイラつくようになりました。 政権のリスクになるので活動をセーブしてほしいと言ってもどこ吹く風。 大好きなお酒も自由に飲めなくなるし、友達とも会えない。 最近は外遊先のホテルでも部屋は別々のことがほとんど。 年末年始に夫婦で地元・山口に帰っても、昭恵さんは実家に泊まらず、わざわざ北九州のホテルに泊まった。 そして安倍首相は しだいに公邸で寝泊まりし、私邸に帰らなくなる。 私邸に帰れば、母・洋子さんにも怒られるそうだ。 最近、首相公邸の椅子に座り、こう口にすることもあるという。 「昭恵はただの目立ちたがりなんだ。 何もわかっちゃいないし、わからせることもできない。 離婚ができるならとっくにしてるよ。 (総理という)立場がなければね」 引用:女性セブン 引用:GoogleImage 安倍昭恵さんは聖心女子専門学校を卒業し、 電通に入社しています。 電通時代も天真爛漫で活動的な安倍昭恵夫人は健在だったようです。 会社の英会話サークルに入っていましたが、英語力はちょっと?? なレベル。 トランプ大統領とコミュニケーションはとれたのかしら…」 (中略) 「当時から呼び名はアッキー。 背が高くて、華やかだから社内の人気者でした。 でも、気がつくと席にいないことも多く、お茶くみのひとつも頼めない(笑)。 (昭恵さんの電通時代を知る人)引用:女性セブン 安倍昭恵が活動的なのはブッシュ大統領夫人との出会いがきっかけ 引用:GoogleImage 安倍昭恵夫人は行動的すぎて軽率すぎると、家族からは愛想をつかされている程。 ただそんな安倍昭恵夫人は以前は何をしたらよいかわからず悩んでいた時期がありました。 安倍昭恵夫人を変えたのが、 ブッシュ元大統領の夫人ローラさんとの出会いだったんですね。 「ファーストレディになって間もないころ、 ブッシュ米大統領の妻・ローラ夫人に 『首相夫人として何をしたらいいのかわからない』 と打ち明けたことがあったそうです。 するとローラ夫人からは、『やりたいことをやればいいのよ』 と助言された。 昭恵氏は、『気持ちが楽になった』と吹っ切れた様子でした」 吹っ切れて動き回った結果、籠池夫妻が逮捕、 財務省内の文書が改竄され、自殺者まで出てしまう。 引用:女性セブン 安倍昭恵夫人は夫のためにも、自分の周りのためにもよかれと思って精力的に活動しているんだそうです。 そんな安倍昭恵夫人に頭を抱えながらも、安倍晋三首相は.

次の

#うちで踊ろう ☆www.m6mobile.fr [ニコニコあっぷる]

安倍 晋三 うち で 踊 ろう

どちらが歪めているかは見る人の心の鏡が歪んでいれば正しい者が歪んで見えるから、余り大口を叩いて前川氏を批判しない方が良い。 更に言及すれば、門下官僚の天下りは確かに問題だし、禁止すべきだ。 それに関して前川氏は歴代文科官僚の責任を一身に浴びて身を退いたわけで、これほど歴然とした状況証拠があるにも拘らず「ボクちゃんは悪くないもの」と首相の椅子に居座っている安倍氏をヨイショする老政治評論家のオゾマシサにはゾッとする。 なぜ前川氏がマスメディアに出て文書の正当性に言及したのか。 それは安倍官邸と民間委員という隠れ蓑に隠れて国家戦略特区を私利私欲のために利用していた疑いが濃厚だからだ。 国家戦略特区の諮問委員会の議事録は一切公表されていない。 国家予算を使って委員に旅費・日当を支払いオマケに便益まで与えているのだから、その委員会審議が公正に進められているのか国民は検証する権利がある。 しかし安倍氏は諮問委員会で「議長の私が決めるわけがないじゃありませんか」と色を成して否定するだけで、「それなら全国各地に獣医学部を作ろうではありませんか」と自分が決めていることを自ら暴露する、という体たらくだ。 馬鹿に付ける薬はない。 獣医師一人育成するのに国家予算が幾ら大学助成金として支出されているのか。 獣医学部は安倍氏の玩具ではない。 それこそ国家戦略に則って学部新設を決めるべきだ。 むしろ獣医師が足らないというのなら、中四国で山大と鳥取大学の定員合計65名を100人に増員する方がマトモだろう。 屋山氏は行政の機密を守るため利益が国民に情報を公開する利益に勝ると考えているのだろうか。 個人の秘密とかではなく、政策決定経過の「機密」など糞喰らえだ。 政策決定の経緯は細大漏らさず国民に情報公開すべきが筋だ。 税金の使われ方を国民は知る権利がある。 安倍官邸だけが「機密事項」としてヤンキー副大臣が「文書を漏らした官僚は処罰に値する」などと述べるとは、ヤンキーが取れて単なる馬鹿になり下がっただけだ。 民主主義国家において国民の知る権利に勝る国家機密とはいったい何があるというのだろうか。 屋山氏は戦前回帰志向の強い安倍氏にヨイショして、寿司ローの仲間入りしようとしているのだろうか。 いよいよネトウヨ仲間が正体を現しだした。 老害ジャーナリストは情報収集能力も足腰が役立たずなので皆無なのだろう、それゆえ昔の政界裏話などを面白おかしく創作しながら食いつないでいるのが如実に露呈している。 飯のタネになるならばと恥も外聞もかなぐり捨てて時の権力者のちょうちん持ちをしながら餌をあさっているのが田崎や屋山などのボケジャーナリストだ、多くの常識ある国民はそのようなことは承知の上でお笑い芸人風情と同じような感覚で冷笑しているだけが老害ジャーナリストへの蔑視見解である。 旧民主党支持者が政党支持選択理由は反自民の受け皿として民主党を選択したほどフレキシブルな感覚あった、しかし今の無様な民進党にはまったく期待感が戻らないのである。 しかしあほな自民党支持者や公明党支持者はもはや盲信する信者のごときでこの連中を覚醒させるには無理がありすぎる、そのような理解能力をもちあわせしてないからである。 虎の門やニュース女子のスポンサーDHC会長吉田嘉明は こんなことを公言しているのね 「時々とんでもない悪(わる)がいたりしますので、この点は注意が必要です。 純粋な日本人でない人も結構います」 「本物、偽物、似非ものを語るとき在日の問題は避けて通れません。 この場合の在日は広義の意味の在日です。 いわゆる三、四代前までに先祖が日本にやってきた帰化人のことです。 そうい意味では、いま日本に驚くほどの在日が住んでいます。 」 「問題なのは日本人として帰化しているのに日本の悪口ばっかり言っていたり、徒党を組んで在日集団を作ろうとしている輩」 「政界(特に民主党)、マスコミ(特に朝日新聞、NHK、TBS)、法曹界(裁判官、弁護士、特に東大出身)、官僚(ほとんど東大出身)、芸能界、スポーツ界には特に多いようです」 「問題は、政界、官僚、マスコミ、法曹界です。 国民の生活に深刻な影響を与えます。 裁判を始める前から結果がわかっているのです。 似非日本人はいりません。 母国に帰っていただきましょう。 」 また、虎の門やニュース女子に出ている人達が、森友・加計・山口問題を、一切問題視しないのも、アヘ様よいしょ丸出しなのがよく分かります。 逆だろう。 「隠蔽」していることの方が日本の信用を大きく毀損させていることになっているのだ。 日本国外でも「昭恵夫人が極右の学校法人の名誉校長として支援」していたことや、安倍晋三が友達に行政を捻じ曲げて利益誘導を行っていたという疑惑が報道され、これが「日本の信用を大きく毀損」させている原因となっている。 これら御用記者どもは、「オレみたいな優秀な記者が書いたことなら読者はみんな信じるだろう」と、我々一般国民を「バカにしている」のだろう。 どんな人間でも相手を「騙せない」と思ったらウソはつかないものだ。 騙せると思っているからウソやデタラメを平気で記事に書けるのだ。 それにしても日本のマスゴミには「一般の読者をバカにしている記者」が多すぎる。

次の

スシローの仲間入りを策して安倍ヨイショする愚かな政治評論家。(日々雑感) 笑坊

安倍 晋三 うち で 踊 ろう

職名 氏名 内閣総理大臣 安倍 晋三 (あべ しんぞう)• 内閣法第九条の第一順位指定大臣(副総理)• 財務大臣• 内閣府特命担当大臣 (金融)• デフレ脱却・円高対策担当 麻生 太郎 (あそう たろう)• 総務大臣• 内閣府特命担当大臣 (国家戦略特別区域 地方分権改革)• 地域活性化担当• 道州制担当 新藤 義孝 (しんどう よしたか) 法務大臣 谷垣 禎一 (たにがき さだかず) 外務大臣 岸田 文雄 (きしだ ふみお)• 文部科学大臣• 教育再生担当• 東京オリンピック・パラリンピック担当 下村 博文 (しもむら はくぶん) 厚生労働大臣 田村 憲久 (たむら のりひさ) 農林水産大臣 林 芳正 (はやし よしまさ)• 経済産業大臣• 内閣府特命担当大臣 (原子力損害賠償・廃炉等支援機構)• 原子力経済被害担当• 産業競争力担当 茂木 敏充 (もてぎ としみつ)• 国土交通大臣• 水循環政策担当 太田 昭宏 (おおた あきひろ)• 環境大臣• 内閣府特命担当大臣 (原子力防災)• 石原 伸晃 (いしはら のぶてる) 防衛大臣 小野寺 五典 (おのでら いつのり)• 内閣官房長官• 国家安全保障強化担当 菅 義偉 (すが よしひで)• 復興大臣• 福島原発事故再生総括担当 根本 匠 (ねもと たくみ)• 国家公安委員会委員長• 拉致問題担当• 国土強靱化担当• 内閣府特命担当大臣 (防災) 古屋 圭司 (ふるや けいじ)• 内閣府特命担当大臣 (沖縄及び北方対策 科学技術政策 宇宙政策)• 情報通信技術(IT)政策担当• 海洋政策・領土問題担当 山本 一太 (やまもと いちた)• 女性活力・子育て支援担当• 内閣府特命担当大臣 (消費者及び食品安全 少子化対策 男女共同参画) 森 まさこ (もり まさこ)• 経済再生担当• 社会保障・税一体改革担当• 内閣府特命担当大臣 (経済財政政策) 甘利 明 (あまり あきら)• 行政改革担当• 国家公務員制度担当• クールジャパン戦略担当• 再チャレンジ担当• 内閣府特命担当大臣 (規制改革) 稲田 朋美 (いなだ ともみ) 内閣官房副長官 加藤 勝信 (かとう かつのぶ) 内閣官房副長官 世耕 弘成 (せこう ひろしげ) 内閣官房副長官 杉田 和博 (すぎた かずひろ) 内閣法制局長官 横畠 裕介 (よこばたけ ゆうすけ)• 内閣法制局長官• 平成23年12月22日~平成25年8月8日 山本 庸幸 (やまもと つねゆき)• 内閣法制局長官• 平成25年8月8日~平成26年5月16日 小松 一郎 (こまつ いちろう) 職名 氏名 復興副大臣 谷 公一 (たに こういち) 復興副大臣 浜田 昌良 (はまだ まさよし) 内閣府副大臣 後藤田 正純 (ごとうだ まさずみ) 内閣府副大臣 西村 康稔 (にしむら やすとし)• 内閣府副大臣• 兼復興副大臣 岡田 広 (おかだ ひろし) 総務副大臣 上川 陽子 (かみかわ ようこ)• 総務副大臣• 兼内閣府副大臣 関口 昌一 (せきぐち まさかず) 法務副大臣 奥野 信亮 (おくの しんすけ) 外務副大臣 岸 信夫 (きし のぶお) 外務副大臣 三ツ矢 憲生 (みつや のりお) 財務副大臣 古川 禎久 (ふるかわ よしひさ)• 財務副大臣• 兼復興副大臣 愛知 治郎 (あいち じろう) 文部科学副大臣 櫻田 義孝 (さくらだ よしたか) 文部科学副大臣 西川 京子 (にしかわ きょうこ) 厚生労働副大臣 佐藤 茂樹 (さとう しげき) 厚生労働副大臣 土屋 品子 (つちや しなこ) 農林水産副大臣 江藤 拓 (えとう たく) 農林水産副大臣 川 貴盛 (よしかわ たかもり) 経済産業副大臣 松島 みどり (まつしま みどり)• 経済産業副大臣• 兼内閣府副大臣 赤羽 一嘉 (あかば かずよし) 国土交通副大臣 髙木 毅 (たかぎ つよし) 国土交通副大臣 野上 浩太郎 (のがみ こうたろう) 環境副大臣 北川 知克 (きたがわ ともかつ)• 環境副大臣• 兼内閣府副大臣 井上 信治 (いのうえ しんじ) 防衛副大臣 武田 良太 (たけだ りょうた) 職名 氏名• 内閣府大臣政務官• 兼復興大臣政務官 亀岡 偉民 (かめおか よしたみ)• 内閣府大臣政務官• 兼復興大臣政務官 小泉 進次郎 (こいずみ しんじろう)• 内閣府大臣政務官• 兼復興大臣政務官 福岡 資麿 (ふくおか たかまろ) 総務大臣政務官 藤川 政人 (ふじかわ まさひと)• 総務大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 伊藤 忠彦 (いとう ただひこ)• 総務大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 松本 文明 (まつもと ふみあき) 法務大臣政務官 平口 洋 (ひらぐち ひろし) 外務大臣政務官 石原 宏高 (いしはら ひろたか) 外務大臣政務官 木原 誠二 (きはら せいじ) 外務大臣政務官 牧野 たかお (まきの たかお) 財務大臣政務官 葉梨 康弘 (はなし やすひろ) 財務大臣政務官 山本 博司 (やまもと ひろし) 文部科学大臣政務官 冨岡 勉 (とみおか つとむ) 文部科学大臣政務官 上野 通子 (うえの みちこ) 厚生労働大臣政務官 髙鳥 修一 (たかとり しゅういち) 厚生労働大臣政務官 赤石 清美 (あかいし きよみ) 農林水産大臣政務官 小里 泰弘 (おざと やすひろ) 農林水産大臣政務官 横山 信一 (よこやま しんいち) 経済産業大臣政務官 田中 良生 (たなか りょうせい)• 経済産業大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 磯﨑 仁彦 (いそざき よしひこ) 国土交通大臣政務官 土井 亨 (どい とおる) 国土交通大臣政務官 中原 八一 (なかはら やいち)• 国土交通大臣政務官• 兼復興大臣政務官 坂井 学 (さかい まなぶ) 環境大臣政務官 牧原 秀樹 (まきはら ひでき)• 環境大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 浮島 智子 (うきしま ともこ) 防衛大臣政務官 木原 稔 (きはら みのる) 防衛大臣政務官 若宮 健嗣 (わかみや けんじ) 職名 氏名 内閣総理大臣 安倍 晋三 (あべ しんぞう)• 内閣法第九条の第一順位指定大臣(副総理)• 財務大臣• 内閣府特命担当大臣 (金融)• デフレ脱却担当 麻生 太郎 (あそう たろう) 総務大臣 高市 早苗 (たかいち さなえ) 法務大臣 上川 陽子 (かみかわ ようこ) 外務大臣 岸田 文雄 (きしだ ふみお)• 文部科学大臣• 教育再生担当• 東京オリンピック・パラリンピック担当 下村 博文 (しもむら はくぶん) 厚生労働大臣 塩崎 恭久 (しおざき やすひさ) 農林水産大臣 西川 公也 (にしかわ こうや)• 経済産業大臣• 産業競争力担当• 原子力経済被害担当• 内閣府特命担当大臣 (原子力損害賠償・廃炉等支援機構) 宮沢 洋一 (みやざわ よういち)• 国土交通大臣• 水循環政策担当 太田 昭宏 (おおた あきひろ)• 環境大臣• 内閣府特命担当大臣 (原子力防災) 望月 義夫 (もちづき よしお)• 防衛大臣• 安全保障法制担当 江渡 聡徳 (えと あきのり)• 内閣官房長官• 沖縄基地負担軽減担当 菅 義偉 (すが よしひで)• 復興大臣• 福島原発事故再生総括担当 竹下 亘 (たけした わたる)• 国家公安委員会委員長• 拉致問題担当• 海洋政策・領土問題担当• 国土強靱化担当• 内閣府特命担当大臣 (防災) 山谷 えり子 (やまたに えりこ)• 内閣府特命担当大臣 (沖縄及び北方対策 科学技術政策 宇宙政策)• 情報通信技術 IT 政策担当• 再チャレンジ担当• クールジャパン戦略担当 山口 俊一 (やまぐち しゅんいち)• 女性活躍担当• 行政改革担当• 国家公務員制度担当• 内閣府特命担当大臣 (消費者及び食品安全 規制改革 少子化対策 男女共同参画) 有村 治子 (ありむら はるこ)• 経済再生担当• 社会保障・税一体改革担当• 内閣府特命担当大臣 (経済財政政策) 甘利 明 (あまり あきら)• 地方創生担当• 内閣府特命担当大臣 (国家戦略特別区域) 石破 茂 (いしば しげる)• 法務大臣• 平成26年9月3日~平成26年10月21日 松島 みどり (まつしま みどり)• 経済産業大臣• 産業競争力担当• 原子力経済被害担当• 内閣府特命担当大臣 原子力損害賠償・廃炉等支援機構)• 平成26年9月3日~平成26年10月21日 小渕 優子 (おぶち ゆうこ) 内閣官房副長官 加藤 勝信 (かとう かつのぶ) 内閣官房副長官 世耕 弘成 (せこう ひろしげ) 内閣官房副長官 杉田 和博 (すぎた かずひろ) 内閣法制局長官 横畠 裕介 (よこばたけ ゆうすけ) 職名 氏名 復興副大臣 長島 忠美 (ながしま ただよし) 復興副大臣 浜田 昌良 (はまだ まさよし) 内閣府副大臣 赤澤 亮正 (あかざわ りょうせい) 内閣府副大臣 平 将明 (たいら まさあき) 内閣府副大臣 西村 康稔 (にしむら やすとし) 総務副大臣 二之湯 智 (にのゆ さとし) 総務副大臣 西銘 恒三郎 (にしめ こうさぶろう)• 法務副大臣• 兼内閣府副大臣 葉梨 康弘 (はなし やすひろ) 外務副大臣 城内 実 (きうち みのる) 外務副大臣 中山 泰秀 (なかやま やすひで) 財務副大臣 御法川 信英 (みのりかわ のぶひで) 財務副大臣 宮下 一郎 (みやした いちろう) 文部科学副大臣 丹羽 秀樹 (にわ ひでき) 文部科学副大臣 藤井 基之 (ふじい もとゆき) 厚生労働副大臣 永岡 桂子 (ながおか けいこ) 厚生労働副大臣 山本 香苗 (やまもと かなえ) 農林水産副大臣 あべ 俊子 (あべ としこ) 農林水産副大臣 小泉 昭男 (こいずみ あきお) 経済産業副大臣 山際 大志郎 (やまぎわ だいしろう)• 経済産業副大臣• 兼内閣府副大臣 高木 陽介 (たかぎ ようすけ) 国土交通副大臣 北川 イッセイ (きたがわ いっせい)• 国土交通副大臣• 兼内閣府副大臣• 兼復興副大臣 西村 明宏 (にしむら あきひろ) 環境副大臣 北村 茂男 (きたむら しげお)• 環境副大臣• 兼内閣府副大臣 小里 泰弘 (おざと やすひろ)• 防衛副大臣• 兼内閣府副大臣 左藤 章 (さとう あきら) 職名 氏名 内閣府大臣政務官 越智 隆雄 (おち たかお) 内閣府大臣政務官 松本 洋平 (まつもと ようへい)• 内閣府大臣政務官• 兼復興大臣政務官 小泉 進次郎 (こいずみ しんじろう) 総務大臣政務官 武藤 容治 (むとう ようじ) 総務大臣政務官 あかま 二郎 (あかま じろう) 総務大臣政務官 長谷川 岳 (はせがわ がく)• 法務大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 大塚 拓 (おおつか たく) 外務大臣政務官 薗浦 健太郎 (そのうら けんたろう) 外務大臣政務官 中根 一幸 (なかね かずゆき) 外務大臣政務官 宇都 隆史 (うと たかし) 財務大臣政務官 大家 敏志 (おおいえ さとし) 財務大臣政務官 竹谷 とし子 (たけや としこ) 文部科学大臣政務官 赤池 誠章 (あかいけ まさあき)• 文部科学大臣政務官• 兼復興大臣政務官 山本 ともひろ (やまもと ともひろ) 厚生労働大臣政務官 橋本 岳 (はしもと がく) 厚生労働大臣政務官 高階 恵美子 (たかがい えみこ) 農林水産大臣政務官 佐藤 英道 (さとう ひでみち) 農林水産大臣政務官 中川 郁子 (なかがわ ゆうこ) 経済産業大臣政務官 関 芳弘 (せき よしひろ)• 経済産業大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官• 兼復興大臣政務官 岩井 茂樹 (いわい しげき) 国土交通大臣政務官 うえの 賢一郎 (うえの けんいちろう)• 国土交通大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 大塚 高司 (おおつか たかし) 国土交通大臣政務官 青木 一彦 (あおき かずひこ) 環境大臣政務官 高橋 ひなこ (たかはし ひなこ)• 環境大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 福山 守 (ふくやま まもる) 防衛大臣政務官 原田 憲治 (はらだ けんじ)• 防衛大臣政務官• 兼内閣府大臣政務官 石川 博崇 (いしかわ ひろたか).

次の