すみ ちゃん きよ ちゃん。 この世界の片隅にのネタバレ!すみちゃんのその後は?

可愛い彼の娘〈壱〉 (ページ21)

すみ ちゃん きよ ちゃん

ネタバレ!妹の腕のあざは原爆症のあざ?? 浦野すみ CV:潘めぐみ すずのひとつ下の妹。 小さな頃からすずと仲が良く、一緒に海苔摘みをしたり学校へ通ったり。 可愛らしく愛嬌があり、お姉ちゃん想い。 女子挺身隊として陸軍の工場で働いている。 潘さんの豊かな表現力で魅力が更に増している、すみちゃんです。 すずが会いに行ったとき、妹は草津の親戚 森田家にいます。 実家がある江波は史実でも原爆被害が少ない場所。 被爆火災も少なく、建物はほとんど残っています。 なのになぜ実家の江波ではなく、草津にいるのか。 なぜ草津の親戚は平気そうにしているのに、妹だけ 原爆症の症状が出ているのか。 それは妹の口から端的に語られています。 原爆が投下されたその日、すずの母は江波の祭りの 準備で、広島の中心街に出かけています。 おそらく原爆の爆風でほぼ即死だったと思われます。 すずの妹と父は母を探して広島の中心街に向かいます。 そして入市被爆してしまうのです。 数日探すも結局母はみつからず。 その後10月に父が突然倒れて亡くなってしまいます。 これも原爆症の症状です。 原爆症は症状に個人差があり、少しづつ症状が 現れることもあれば、心臓発作のような 突然死として現れることもあるのです。 父は死に、母は生死不明(ほぼ確実に亡くなっている) すずは呉。 もう江波の実家にはだれもいません。 妹が草津に行った理由は推測するしかありませんが 母が見つからず、父が亡くなった状況からして 森田家から草津で一緒に暮らすように提案されたのだと 思われます。 この推測は妹の 「鬼いちゃん…江波の家にかえっとらんかねえ… お母ちゃんも…」 という会話から立てられています。 妹が自ら森田の家に向かったと考えるよりも 母が返ってくること信じ、実家で待つことを選んだ。 しかし森田家に呼ばれた…と私は考えています。 妹が具合を悪くしたのは、その後だと 思われます。 海苔の手伝いをしていた、ような会話をしていますからね。 スポンサーリンク 原爆症は治るのか 作中での妹の体調不良とあざについて 「治るかねえ」 「治るよ」 という会話がありますが、原爆症というものは 治るとか治らないではなくて、抱えていくものです。 人のよっては突然亡くなります。 急激に症状が進行して亡くなる人もいます。 何十年もゆっくりと進行する人もいれば、被爆から 何年も経ってから症状がでる人もいる。 だから治るというものではないのです。 でも作中でのこの会話の意味は他にもあります。 それは原爆症というものが当時はまだ知られていなかったことです。 おそらくすずたちは被爆という概念も知らないのでは ないでしょうか。 実際、作中では原爆という言葉がつかわれていません。 新型爆弾としか言われていません。 ちなみに 江波は爆心地から約3キロ。 草津は約4キロ。 いずれも爆心地付近ほどではありませんが 放射能の影響を受けている地域です。 つまり、森田家の人々も原爆症を発症する可能性がある、ということです。 爆風もそうとうなものだったらしく、作中では呉まで ふすまが飛んできていますが 江波にはガラス片など、もっと危ないものも飛んできていたようです。 スポンサーリンク 妹はこのあとどうなった? 終戦後、森田家で寝ているシーンのあと 妹がどうなったのかは描かれていません。 おそらくしばらくは生きていたのだと思われます。 女の子を引き取ってしばらくの様子がエンドロールで 描かれており、そのさなかに妹が亡くなったような 描写がありませんので。 ただ長生きできたかどうかは不明です。 めまいがして寝ているほどの体調不良だったので その後数年以内の命だった可能性も十分あります。 そのほか、妹には 見落としがちですが、ラブロマンスになりそうな描写がありました。 やさしい将校さんが食券をこっそりくれる、と語っています。 その将校がどうなったのかは全くわからないのですが 彼と妹が恋仲に発展していれば、再会した可能性もあります。 大けがをしたすずを見舞いに呉まで妹が来るシーンがありますが 将校は呉に姉がいることを覚えていてくれて、救援物資のトラックで 載せてきてくれています。 すずが北條家に嫁ぐとき、妹と間違えたのではないかと思うあたり 妹は美人な様子。 彼が妹・すみの救いになったと思いたいところ。 将校が無事ならの話ですが…。

次の

きよちゃん

すみ ちゃん きよ ちゃん

鬼滅の刃 204話 ネタバレ 戦いから3ヶ月後、炭治郎たちは蝶屋敷に入院して療養していた。 炭治郎の左腕はおじいちゃんのようにしわしわで上下に動かすことしかできなかった。 目も形は元に戻っていたが見ることはできなかった 義勇と不死川は最後の柱合集会へ。 輝利哉は鬼殺隊の解散を宣言した。 炭治郎のもとに宇髄や槇寿郎、鱗滝や冨岡が見舞いにやってくる。 炭治郎は退院し、伊之助、善逸、禰豆子と共に平和に暮らした。 そして・・・時は流れ時代は現代に 鬼滅の刃 最終話 205話 ネタバレ 感想 現代編、暫く続くのかと思いきやまさかのやっぱり最終回!! センターカラーは炭治郎たちの子孫!? 学生服着てまさにキメツ学園!! 平穏な時代 竈門カナタは弟の炭彦(すみひこ)に起きろというが炭彦は眠ったまま起きていると答える おおおーー炭治郎はやっぱりカナヲと結ばれたのかー スポンサーリンク 現代 東京 善逸のひ孫、吾妻善照(あがつまよしてる)は庭の倉庫にしまってあった善逸伝記を読み号泣 また嘘小説を読んでいるのかと姉の橙子(とうこ)が後ろからケリを入れる これは・・・見た目禰豆子なので善逸は夢が叶って禰豆子と結ばれたんですね!! 登校途中 善照は輪廻転生を信じるか、鬼と戦って命を落とした人たちは皆転生して幸せに暮らしていると語る 橙子は話を聞いておらずスマホで体操金メダルを取得した宇髄のニュースに大興奮 善照は植物学者で伊之助の子孫である、嘴平青葉のニュースを見て美人だと興奮 この姉弟(笑) まずは柱から宇髄さん登場!!金メダリスト、体操、そして髪型!!かっこいい。 ほんとは今年オリンピックだったもんね 伊之助は植物学者ですかー、現代では被り物できないから美顔晒してるんだね 植物学者ピッタリ! 前話の最後で4人で暮らしていたんで伊之助の家族とも親交がありそうですけどね。 疎遠になっちゃったんですかね。 続いてふたりは時透と有一郎の生まれ変わりの双子の赤ちゃんとすれ違う そして他校の女子生徒が続く それはしのぶとカナエの生まれ変わりだった スポンサーリンク 時透と有一郎、そしてしのぶとカナエ 現世では幸せになってほしい 橙子はカナタに追いつき声をかける ふたりがいちゃつくのを見てイラつく善照 悲鳴嶼は幼稚園の先生に 伊黒と甘露寺はふたりで定食屋を 遅れて目覚めた炭彦は着替えて窓から飛び出した 忍者のように建物を飛び越えたり、庭を横切って学校へ向かう 既に周りからはランニングマンと呼ばれ有名だった パトカーを飛び越え急ぐ炭彦 パトカーには不死川と玄弥の生まれ変わりが乗っていて、キレる 炭彦は小学生の錆兎、真菰、冨岡の生まれ変わりの隣を走りすぎる 柱これでほぼ全部出たかな 冨岡さんは結婚せずーですかね。 錆兎とまた仲良くやれていて嬉しいです 後藤はスマホで愈史郎の描く珠世の絵を見つめ頬を赤らめる 愈史郎は珠世の絵を描き続け有名になっていたのだった スポンサーリンク 愈史郎しなないでいてくれたんですねー(泣) にしても取材に来た記者に猟銃ぶっ放すって笑う 炭彦に煉獄の子孫、桃寿郎(とうじゅろう)が追いつく 桃寿郎は部活に入れと誘う ふたりをパトカーが追いかけるが、話に夢中で気づかない そのまま教師の村田が止めるのも無視して校門を飛び越えた 炭彦の家には警察から?苦情の電話が入る 電話の側には炭治郎たちがみんなで撮った笑顔の写真が飾られていた 大満足の最終回でした!!無惨の片鱗をどこにも感じさせなかったのが良かったです。 本当に平和になったんですね・・輪廻転生素敵です。 十二鬼月も輪廻転生出来ていたら良かった?かな・・・ 大人気のなか、きっと継続を望む意見も多かったと思うのですが勢いそのまま完結させててかっこいいです!! 作家って感じします! 23巻に収録の話数が足りなくて番外編とか収録されそうな予感!というか期待 スポンサーリンク 炭治郎たちの輪廻転生、子孫 竈門カナタ(16) — 炭治郎とカナヲのひ孫、炭彦の兄。 橙子の彼氏? 竈門炭彦(15) — 炭治郎とカナヲのひ孫、カナタの弟 我妻善照(17) — 善逸と禰豆子のひ孫、橙子の弟 我妻橙子(18) — 善逸と禰豆子のひ孫、善照の姉、カナタの彼女? 嘴平青葉 — 伊之助のひ孫? 宇髄天満(20) — 宇髄の転生、体操選手、金メダリスト 時透、有一郎 — 双子として転生 しのぶ、カナエ — 転生して鶺鴒女学院の生徒 悲鳴嶼 — 転生して幼稚園の先生 伊黒、甘露寺 — 転生して定食屋を営む 不死川、玄弥 — 転生して警察官 冨岡 — 転生?して小学生 煉獄 — 転生して高校生、剣道部 錆兎、真菰 — 転生して小学生 桑島慈悟郎(善逸の師匠) — 転生?して炭彦の近所に住む 鱗滝左近次 — 転生?して師匠の将棋友達 産屋敷輝利哉 — 日本最高記録を更新し存命 愈史郎 — ひたすら珠世の絵を描き続ける 後藤、竹内 — ひ孫? が炭彦と同じ高校 村田 — ひ孫? が高校教師 鋼鐵塚 — ひ孫? が鋼鐵塚整備という車の整備工場を運営 高田なほ、寺内きよ、中原すみ(なほちゃん、きよちゃん、すみちゃん) — ひ孫? 転生?して炭彦をランニングマンと呼ぶ女子小学生に 鬼滅の刃 最終話 完結.

次の

きよちゃん

すみ ちゃん きよ ちゃん

鬼滅の刃 204話 ネタバレ 戦いから3ヶ月後、炭治郎たちは蝶屋敷に入院して療養していた。 炭治郎の左腕はおじいちゃんのようにしわしわで上下に動かすことしかできなかった。 目も形は元に戻っていたが見ることはできなかった 義勇と不死川は最後の柱合集会へ。 輝利哉は鬼殺隊の解散を宣言した。 炭治郎のもとに宇髄や槇寿郎、鱗滝や冨岡が見舞いにやってくる。 炭治郎は退院し、伊之助、善逸、禰豆子と共に平和に暮らした。 そして・・・時は流れ時代は現代に 鬼滅の刃 最終話 205話 ネタバレ 感想 現代編、暫く続くのかと思いきやまさかのやっぱり最終回!! センターカラーは炭治郎たちの子孫!? 学生服着てまさにキメツ学園!! 平穏な時代 竈門カナタは弟の炭彦(すみひこ)に起きろというが炭彦は眠ったまま起きていると答える おおおーー炭治郎はやっぱりカナヲと結ばれたのかー スポンサーリンク 現代 東京 善逸のひ孫、吾妻善照(あがつまよしてる)は庭の倉庫にしまってあった善逸伝記を読み号泣 また嘘小説を読んでいるのかと姉の橙子(とうこ)が後ろからケリを入れる これは・・・見た目禰豆子なので善逸は夢が叶って禰豆子と結ばれたんですね!! 登校途中 善照は輪廻転生を信じるか、鬼と戦って命を落とした人たちは皆転生して幸せに暮らしていると語る 橙子は話を聞いておらずスマホで体操金メダルを取得した宇髄のニュースに大興奮 善照は植物学者で伊之助の子孫である、嘴平青葉のニュースを見て美人だと興奮 この姉弟(笑) まずは柱から宇髄さん登場!!金メダリスト、体操、そして髪型!!かっこいい。 ほんとは今年オリンピックだったもんね 伊之助は植物学者ですかー、現代では被り物できないから美顔晒してるんだね 植物学者ピッタリ! 前話の最後で4人で暮らしていたんで伊之助の家族とも親交がありそうですけどね。 疎遠になっちゃったんですかね。 続いてふたりは時透と有一郎の生まれ変わりの双子の赤ちゃんとすれ違う そして他校の女子生徒が続く それはしのぶとカナエの生まれ変わりだった スポンサーリンク 時透と有一郎、そしてしのぶとカナエ 現世では幸せになってほしい 橙子はカナタに追いつき声をかける ふたりがいちゃつくのを見てイラつく善照 悲鳴嶼は幼稚園の先生に 伊黒と甘露寺はふたりで定食屋を 遅れて目覚めた炭彦は着替えて窓から飛び出した 忍者のように建物を飛び越えたり、庭を横切って学校へ向かう 既に周りからはランニングマンと呼ばれ有名だった パトカーを飛び越え急ぐ炭彦 パトカーには不死川と玄弥の生まれ変わりが乗っていて、キレる 炭彦は小学生の錆兎、真菰、冨岡の生まれ変わりの隣を走りすぎる 柱これでほぼ全部出たかな 冨岡さんは結婚せずーですかね。 錆兎とまた仲良くやれていて嬉しいです 後藤はスマホで愈史郎の描く珠世の絵を見つめ頬を赤らめる 愈史郎は珠世の絵を描き続け有名になっていたのだった スポンサーリンク 愈史郎しなないでいてくれたんですねー(泣) にしても取材に来た記者に猟銃ぶっ放すって笑う 炭彦に煉獄の子孫、桃寿郎(とうじゅろう)が追いつく 桃寿郎は部活に入れと誘う ふたりをパトカーが追いかけるが、話に夢中で気づかない そのまま教師の村田が止めるのも無視して校門を飛び越えた 炭彦の家には警察から?苦情の電話が入る 電話の側には炭治郎たちがみんなで撮った笑顔の写真が飾られていた 大満足の最終回でした!!無惨の片鱗をどこにも感じさせなかったのが良かったです。 本当に平和になったんですね・・輪廻転生素敵です。 十二鬼月も輪廻転生出来ていたら良かった?かな・・・ 大人気のなか、きっと継続を望む意見も多かったと思うのですが勢いそのまま完結させててかっこいいです!! 作家って感じします! 23巻に収録の話数が足りなくて番外編とか収録されそうな予感!というか期待 スポンサーリンク 炭治郎たちの輪廻転生、子孫 竈門カナタ(16) — 炭治郎とカナヲのひ孫、炭彦の兄。 橙子の彼氏? 竈門炭彦(15) — 炭治郎とカナヲのひ孫、カナタの弟 我妻善照(17) — 善逸と禰豆子のひ孫、橙子の弟 我妻橙子(18) — 善逸と禰豆子のひ孫、善照の姉、カナタの彼女? 嘴平青葉 — 伊之助のひ孫? 宇髄天満(20) — 宇髄の転生、体操選手、金メダリスト 時透、有一郎 — 双子として転生 しのぶ、カナエ — 転生して鶺鴒女学院の生徒 悲鳴嶼 — 転生して幼稚園の先生 伊黒、甘露寺 — 転生して定食屋を営む 不死川、玄弥 — 転生して警察官 冨岡 — 転生?して小学生 煉獄 — 転生して高校生、剣道部 錆兎、真菰 — 転生して小学生 桑島慈悟郎(善逸の師匠) — 転生?して炭彦の近所に住む 鱗滝左近次 — 転生?して師匠の将棋友達 産屋敷輝利哉 — 日本最高記録を更新し存命 愈史郎 — ひたすら珠世の絵を描き続ける 後藤、竹内 — ひ孫? が炭彦と同じ高校 村田 — ひ孫? が高校教師 鋼鐵塚 — ひ孫? が鋼鐵塚整備という車の整備工場を運営 高田なほ、寺内きよ、中原すみ(なほちゃん、きよちゃん、すみちゃん) — ひ孫? 転生?して炭彦をランニングマンと呼ぶ女子小学生に 鬼滅の刃 最終話 完結.

次の