高須克弥リコール 署名。 高須院長 愛知県知事リコール周知へ新聞広告にOKサイン「感謝。なう」

高須院長 愛知県知事リコール周知へ新聞広告にOKサイン「感謝。なう」

高須克弥リコール 署名

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が2日、名古屋市のホテルで会見し、愛知県の大村秀章知事(60)の解職請求(リコール)のため、政治団体「お辞め下さい大村秀章愛知県知事愛知100万人リコールの会」を設立したことを明かした。 設立主旨とし、芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展」展示による主催者責任を問うことなどとした。 税金で行った展示内容がふさわしくないと主張する高須氏は「愛知県民として恥ずかしいことをしてくれる知事は支持できない」とし、新型コロナウイルス流行以前から解職請求運動を考えていたと告白。 名古屋市の河村たかし市長とも1日に会談したといい、大村知事に対する考えで「ズレは1つもない」と力説した。 住民投票実現には約86万人強の署名が必要とされ、高須氏は「たぶん大丈夫」と自信を見せた。 自身が思う知事像を聞かれ、「河村市長に先頭に立っていただいて、知事をやっていただき、大阪のように市長を選ぶといういうのが1番いいと進言したが、河村市長は『国政を狙ってるから、知事なんてやっとれんがね』と言われた」と拒否されたことを明かした。 会見には高須氏に賛同した作家の百田尚樹氏、政治評論家の竹田恒泰氏、ジャーナリスト・有本香氏、武田邦彦中部大特任教授が同席した。 出席者5人のうち、高須氏と武田氏が愛知県に在住している。 高須氏は大村知事から「府が医療崩壊を起こしていた」と指摘され、完全否定した大阪府の吉村洋文知事にも出席を呼びかけたが、この日は欠席。 「公務でかなわなかった。 (吉村知事の)お使いの方がいらした」と明かした。

次の

「知事は支持できない」…“高須院長”らが大村愛知県知事の“リコール請求”へ 吉村知事らも賛同

高須克弥リコール 署名

高須克弥院長 高須クリニックの高須克弥院長(75)が28日、愛知県の大村秀章知事(60)のリコールに自信をのぞかせた。 「あいちトリエンナーレ2019」への公的資金投入をめぐり、かねて大村知事に抗議しリコールを起こすと表明していた高須院長は、署名集めに対して自身のツイッターに寄せられた「ガチな話、今回の件で高須さんは勝算あるのだろうか。 署名集めを始めて、集まらなかったら県民は大村を信任したことになる」という投稿に「いきなり投票できれば完勝まちがいなし」と断言した。 現在の社会状況をかんがみ「武漢肺炎拡散を予防するための外出と三密を控える時期に署名捺印をお願いするのがとりあえずの障壁なだけだ。 SNSを使った署名が有効とみとめられれば瞬殺なんだ」とリコールの成立を確信しているとみられる。 また同院長は、同知事が「東京と大阪で医療崩壊」と繰り返し発言していることに大阪府の吉村洋文知事(44)が27日にツイッターで「何を根拠に言っているのか全く不明です。 一生懸命、患者を治療する為、受け入れてくれた大阪の医療関係者に対しても失礼な話です」と反論したことを受け「他県からも嫌われるように動く大村知事。 他県からはリコールできないと、なめてるのかな。 東京大阪には沢山の愛知県人の縁者友人がいるんですよ。 彼らは大村知事の外堀です。

次の

愛知リコールの会(略称)

高須克弥リコール 署名

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は17日、愛知県の大村秀章知事の不信任決議を求める請願書を、愛知県議会に提出した。 高須氏は、芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展への対応をめぐり、大村氏への解職請求(リコール)運動を始めたことも表明している。 議会と有権者に呼びかけて、大村氏に「NO!」を突き付ける意気込みだ。 「税金支出は県民への裏切り。 議会も不信任の気持ちは同じだと思う。 誰かが火を付ける必要がある」 高須氏はこう語った。 請願の理由について、企画展に出展された、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏み付けるような映像作品などを挙げた。 リコールの署名集めを8月1日に開始するとも明らかにした。 リコール運動をめぐっては、名古屋市の河村たかし市長が賛同を表明しており、17日の県議会への請願も河村市長が代表を務める政治団体「減税日本」の県議が紹介議員となっている。 高須氏は2日、名古屋市内で、作家の百田尚樹氏や評論家の竹田恒泰氏らとともに記者会見を開き、リコール運動の開始を表明した。 芸術祭実行委員会会長としての大村氏の対応に強い不信感を抱いたという。 高須氏のツイッターには、「勇気と行動力を尊敬します」「成就することを願うばかりです」などと賛同の声が寄せられている。

次の