平素 より お世話 に なっ て おり ます。 意外とバリエーション豊富!?「お世話になっております」の言い換え表現まとめ

間違いも多い「日頃より」の使い方と例文・「平素より」との違い

平素 より お世話 に なっ て おり ます

Topics• 「平素」の読み方と意味 「平素」は「へいそ」と読み、「ふだん。 つね日頃。 」という意味があります。 基本的にはメールや手紙などの冒頭の挨拶文で使われることが多く、ビジネスにおいても日常会話で「平素」と言うことはほとんどありません。 会話で使う場合は「日頃」や「ふだん」、「いつも」を使います。 「平素より大変お世話になっております」の使い方とその注意点 「平素」は非常に丁寧な表現であり、顧客先などに対して使う言葉です。 そのため、「平素」から始めた文章は「平素より大変お世話になっております」など、その後も丁寧な表現で書く必要があります。 さらに、「拝啓・敬具」を「平素」とともに記載すると、より丁寧な言い回しをすることができます。 間違っても「平素より大変お世話になってます」とはしないようにしましょう。 また、「平素」はその意味合いから、継続的に関係性がある相手に対して使います。 初対面の相手に対して「平素」は使わないので、注意してください。 「平素は」と「平素より」の違い 「平素は」と「平素より」には、厳密に言うと違いがあります。 「平素は」は、過去の状況や過ぎたことに使う言葉であるのに対し、「平素より」は過去から現在にいたるまでを表しています。 「平素は」を使う場合は、その後に続く言葉が下記のようにほぼ慣用的な言い回しになっています。 平素は格別のご高配を賜り…• 平素は格別のお引き立てを賜り… 「平素」を使った例文 ここで、ビジネスメールなどに使える「平素」を使った例文をいくつかご紹介していきます。 平素より大変お世話になっております。 〇〇株式会社の〇〇(あなたの名前)です。 平素より当店をご利用くださり、誠に有難うございます。 平素より弊社商品をご愛用頂きまして、誠に有難うございます。 平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 平素より格別のご協力を頂き、有難うございます。 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 平素は格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。 「平素」の類語表現 「平素」は「「ふだん。 つね日頃。 」という意味ですが、似た言葉がいくつかあります。 つぎに、「平素」の類語表現をご紹介いたします。 平生 「平生」は「へいぜい」と読みます。 意味は「ふだん。 いつも。 つね日頃。 」のことを言い、「平素」と同義になります。 しかし、「平生」という言葉はビジネスにおいてあまり見かけることはありません。 同じ意味で使うのであれば、一般的に使われている「平素」を用いる方が無難です。 日頃 「日頃」はもちろん「ひごろ」と読み、意味を辞書で調べると「ふだん。 つね日頃」とあります。 つまり、「日頃」も「平素」と同義です。 「日頃より大変お世話になっております」や「日頃より当店をご利用くださいまして、ありがとうございます」など 基本的に「平素」と記載するところを「日頃」に言い換えて使うことができます。 より丁寧に表現したい場合に「平素」を、親しい間柄の相手に使う場合は「日頃」を使うなど、自分と相手との関係性で使い分けします。 先般 「先般」は「せんぱん」と読み、「さき頃。 この間。 」といったあまり遠くない過去の出来事をさします。 「平素」は継続性のある過去や過去から現在にいたるまでをあらわしていますが、先般は直近のとある時点のことを言います。 「先般おこなわれた会議の件」や「先般連絡させて頂いた通り」などと言いますが、「平素におこなわれた」とは言えません。 毎度・毎々 「毎度」は「まいど」、「毎々」は「まいまい」と読みます。 どちらも「いつも。 その都度」という意味です。 毎回同じことを繰り返すことに対して使用する言葉で、「平素」とは若干ニュアンスが異なります。 「毎度ありがとうございます」や「毎度のこととなり恐縮ですが」などと用いることができます。 まとめ 「平素」は「いつも。 日頃」という意味をもつ丁寧な表現で、主にメールや文書で使う言葉です。 初対面の相手に対しては使わず、後に続く言葉も丁寧な言い回しにする必要があります。 また、「平素は」と「平素より」は意味が多少違うため、正しく使い分けるようにしましょう。 更に類語表現も覚えておけば、様々なシーンに対応できるようになりますよ。 今回ご紹介した内容を復習して、正しい日本語が使えるビジネスマンになるといいですね。

次の

「平素よりお世話になっております」の意味/用例・正しい使い方

平素 より お世話 に なっ て おり ます

結論から言うとビジネス文書の書き出しとして「平素は」は、正しいといえます。 もう一度、先ほどの例文を見ていただきます。 最初に、「平素は」は、ビジネスシーンの尖兵と述べましたがどの文例を見ても、例文のひとつめか二つ目の文章に出てきています。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」この文章は、日常会話に当てはめると「いつもお世話になっています」と同じ意味合いでより丁寧にした文章です。 「平素は」の書き出しで始まる定形文は、これひとつのみですが、「平素より」ではじまる書き出しも含めるとかなり多くあります。 ビジネス文書の書き出しとして「平素は」は、正しいといえるでしょう。 ただ、かしこまった文書で、普段からメールをやり取りする取引先や社内では、相手に違和感を与えてしまいます。 ビジネス文書で「平素は」を使用するのは、大切な内容や特別に丁寧にしたい場合に限定して普段のやり取りは、普段のやり取りは、「いつもお世話になっています」くらいのもっとフランクな書き出しの方がいいでしょう。 お客様向けには、フランクな印象を与えるとよくないので「平素は」の方が適切です。 「平素は」を使った挨拶の仕方 平素は(より)大変お世話になっております 「平素は(より)大変お世話になっております」は、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」や「いつもお世話になっています」と同じ意味で「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」ほど堅苦しくなく、「いつもお世話になっています」を丁寧にいった言葉です。 使い方としては、「いつもお世話になっています」の気持ちをより強く表現したいときに使います。 一般的には「平素は」よりも「平素より」の方が多く使用され、「平素より大変お世話になっております」と使われますが意味は同じです。 平素はお世話に 「平素はお世話に」に続く文章としては、「なっております」が一般的です。 先ほどの「平素は(より)大変お世話になっています」から「大変」の字が抜けただけです。 使い方としては、「平素は(より)大変お世話になっています」より少し気持ちを弱く表現したいときに使います。 一般的には「平素は」よりも「平素より」の方が多く使用され、「平素よりお世話になっております」と使われますが意味は同じです。 平素は格別のご高配 「平素は格別のご高配」に続く言葉としては、何度か出てきていますが「を賜り厚く御礼申し上げます」になります。 定形文になっているのでそのまま覚えておくと便利です。 意味は、「日頃から特別な心配りをありがとうございます」の意味で相手への感謝の気持ちを表現するときに使用します。 平素は(より)ご愛顧 「平素は」は、日頃の相手の配慮に対する感謝の挨拶で使用されることが多く、使用してはいけない場面が多くあります。 ここでは、「平素は」を使用しては、いけない場面について説明します。 文面以外での使用 「平素は」は、メールやはがきといった書面での挨拶のビジネス用語です。 電話や直接対面したときには、使用しません。 面識のない相手 「平素は」は、普段からや常にという意味です。 面識のまだない相手に使用すると違和感のある文章になってしまうので別の表現で挨拶します。 」「突然のご連絡失礼します。 」と書きます。 自分のした行為 「平素は」は、相手のした行いに対して感謝を表す挨拶文です。 謝罪など自分のした行いに対しては、使用しません。 同じ文面で複数回使用 「平素は」は、挨拶の言葉なので同じ文面では、一回だけの使用に留めます。 軽い言葉と一緒に使わない 「平素は」は、重い言葉なので軽い言葉と一緒に使ってしまうと相手に違和感を与えてしまいます。 たとえば、「平素より大変お世話になっています」というだと「平素」に対して「います」が軽いため、バランスが取れなくなっています。 バランスをとるためには、「います」を「おります」に代えて「平素より大変お世話になっております」にします。 同じ相手に毎回使わない 前の方でも書きましたが、いくら相手のしてくれたことに対する感謝の気持ちを表わす挨拶の文章だとしても、毎回、同じ文章の出だしでは、手抜きと思われてもしかたありません。 通常のメールでは、「いつもお世話になっています」くらいの少しフランクな出だしの挨拶文にして大切な内容や特別丁寧にしたい場合に限定したほうがいいでしょう。 挨拶文を何種類か用意して、季節ごとに変えたりすると、相手に好印象を持たせられます。 「平素は」と「平素より」の使い分け.

次の

「平素より」の意味とは?ビジネスシーンで使える例文や類語も解説

平素 より お世話 に なっ て おり ます

「平素よりお世話になっております」を他の言葉で言い換えた場合、どのような表現になるのか紹介します。 ・平素より大変お世話になっております。 ・平素よりなにかとお心にかけていただき、誠にありがたく存じます。 ・平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 ・平素より格別のお引き立てをありがとうございます。 ・平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・平素よりご愛用いただき、誠にありがとうございます。 「平素より」の言葉を言い換えた場合も紹介します。 ・日頃より大変お世話になっております。 ・いつも格別のご高配にあずかり、厚く御礼申し上げます。 ・日頃よりなにかとお力添えいただき、誠にありがとうございます。 ・日頃のお心遣い、心より感謝申し上げます。 「平素より」は、「日頃より」や「普段より」の意味があるので、「日頃より~」という言葉にも置き換えることができます。 「平素より」と「日頃より」の違いは? 会社の規模などにもよりますが、社内では「平素よりお世話になっております」を使うよりは「お疲れ様です」を使うほうが一般的です。 ビジネスシーンでは、社内はウチ(身内)、社外はソト(外)という考えより社内は身内であるため、「平素よりお世話になっております」を使うのは不必要に丁寧すぎます。 社内でも上下関係はありますが、ビジネスシーンにおいては社内の人は全員身内と考えます。 社内では部下が上司に対しては「お疲れ様です」、上司から部下に対しては「ご苦労様」などの一般的な常識内の敬語を使います。 これは、社内同士のメールや電話においても同じです。 しかし、これはあくまで一般常識であり、会社や部署ごとに規律があります。 銀行業界やインフラ業界などの上下関係が厳しい会社や社外の人とあまり接点がなく、うち向きの仕事が多い経理や人事などの間接部門の部署などでは社内敬語が不必要に丁寧になるケースもあります。 その場合は、「平素よりお世話になっております」を使用することもあります。 いくつか例文を紹介します。 ・「拝啓 時下ますますご清栄のことお慶び申し上げます。 平素より大変お世話になっております。 ~中略~今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 敬具」 ・「拝啓 初夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 平素より大変お世話になっております。 ~中略~今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 敬具」 または、「平素よりお世話になっております」を「日頃より大変お世話になっております」や「平素は格別のご高配に預かり厚く御礼申し上げます」などを使うのもよいです。 「平素よりお世話になっております」は普段から面識のある方に対して、ビジネスシーンで使う挨拶文です。 初めての方や初対面の方には「お世話になっております」と「平素より」を抜いて挨拶するとよいです。 ビジネスメールや手紙などは顔の見えない相手に送るので、丁寧な挨拶をすることで円滑にコミュニケーションを図ることができます。 ビジネスにおいて一般的には取引先や社外の方に対して日ごろの感謝もこめて「平素よりお世話になっております」を正しい使い方をするとよいでしょう。 メールや手紙においても、個々に正しい使い方をすることで丁寧な言葉となります。 丁寧に使うことで相手に対してよい印象を与えることができます。 「平素よりお世話になっております」を正しく使い、日ごろからの感謝を伝えましょう。

次の