スランプ 試験。 スランプフローとは?1分でわかる意味、スランプとの違い、測定方法、許容値

高流動コンクリートのスランプフロー試験 規格値、JIS、目的

スランプ 試験

コンクリートのスランプとは 生のコンクリートは水の量が多い・少ないによって柔らかさや流動性が変化していきます。 先述した「スランプ」は「下がった」という意味に使われます。 コンクリートのスランプ値は、コーンと呼ばれる高さ30cmほどの型に生コンクリートを入れ、型を引き抜いたときに最初の高さからどのくらい下がったかということを「スランプ値」として出します。 そのため、スランプ値が高いほど柔らかいコンクリートということになります。 コンクリートのスランプ値の出し方 コンクリートのスランプ値の出し方の手順は以下の通りになります。 (1)生のコンクリートを採取する ミキサー車を使ってスランプ試験用の一定量のコンクリートを採取します。 このときの一定量のコンクリートというのは、手押し車1台分に7割から8割程度のコンクリートを指します。 採取したらスコップで生コンクリートをよく混ぜます。 (2)スランプ台を設置する 次にスランプ台と呼ばれる台を設置し、水準器を使って地面と平行になるように高さの調節をします。 (3)スランプ試験をする スランプ試験はなぜ行うかというと、流動性が高すぎるコンクリートは打設したときに空洞ができたり、ジャンカと呼ばれる分離が起こりやすくなるからです。 逆に流動性が低すぎると、余剰水と呼ばれる水が残り、それが蒸発することでコンクリートが収縮しひび割れの原因になります。 そのため、硬すぎず柔らかすぎないコンクリートか見るためにもスランプ試験は必要なのです。 その「硬すぎず柔らかすぎない」という値は、生のコンクリートをコーンから外したときの差が15cmから18cmの間と言われています。 また、スランプ値の測定を行った際に柔らかすぎるコンクリートだとコンクリートが水たまりのようになるため、スランプ値ではなく「スランプフロー値」という値を用います。 これはコンクリートの広がりを測るものになります。 強いコンクリートを作るには? コンクリートのスランプ値が15cmから18cmの範囲内であっても、それが強いコンクリートとは限りません。 強いコンクリートとは強度の高いコンクリートを指します。 セメントはよく水と化合しますが、コンクリートも同じように水を加えればよいかというとそうではありません。 コンクリートは水とセメントの比率が小さいほど強度を増すのです。 水を通しにくいコンクリートや、ひび割れが発生しにくいコンクリートを作る際にも水は少なくします。 ですが、あまりに水の量を少なくしてしまうとコンクリートの流動性がなくなり、非常に作業がやりづらくなるため、ほどよく調節をしながら水を混ぜなければいけません。 コンクリートの乾きは早いほうがよい? コンクリートのスランプ値が水準に満たされていて、水の量を調節して強いコンクリートを作っても、コンクリートを乾かす作業があります。 コンクリートを練って数時間するとコンクリートの流動性はなくなり、手で押してもなかなか動かなくなります。 ですが、この時点ではコンクリートは固まっておらず、1日から2日経つとコンクリートはかなり硬化が進んでいきます。 注意したいのはこの硬化に必要な水分が蒸発して「乾燥」を始めた場合です。 乾燥して乾いたコンクリートは硬化をせず、ひび割れなどが発生してしまいます。 そのため早く乾かそうとして打設直後のコンクリートの建物の中でたき火などを行うと、硬化ではなく乾燥をしてしまい、強度が非常に低くなってしまうため注意です。 まとめ コンクリートのスランプ値はコンクリートの流動性を見るために重要なものです。 これを自分で計るのはミキサー車などが必要なため、スランプ値を計って施工したい場合はプロに依頼をしましょう。 駐車場を作る場合や舗装をする場合、面積があまりにも広かったりするとDIYでは限界があります。 プロは機械を使った転圧作業からコンクリートの施工まで一連の作業を短い期間で施工してくれます。 「しかし金額が心配……」という方は、最低3社ほどから見積りを取り比較をしましょう。 地元の施工会社だと慣れた地盤で工事を行い、出張費用もかからずおすすめです。 アスファルト工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

スランプ試験ってなに?スランプコーンとスランプ値、Fcとの関係

スランプ 試験

5及び6. 5cm 」• 5cm 」• スランプフローについては、を参考に。 スランプ試験方法 コンクリートのスランプ試験方法は、JIS A 1101に規定されています。 まずは試験器具と試験方法について解説します。 試験器具 スランプ試験を行うために必要な器具をまとめました。 太字で書かれている器具は、JISで規定されているもの。 細字は、JISの規定通りに試験を行うために必要となる器具です。 step1 初めに、 スランプ板を水平台の上に設置します。 その時、水準器を用いて 水平の確認をします。 水平の確認を終えたら、スランプ板とスランプコーンの内側を、湿った布などでふき、板の中央にコーンを置きます。 step2 スランプコーンの中に、 ほぼ等しい量の3層となるようにコンクリートを詰めていき、 各層を25回ずつ突き棒で一様に突きます。 これを、2層目、3層目と繰り返した後、スランプコーンの上面に合わせてコンクリートをならし、スランプ板の上にこぼれたコンクリートをふき取ります。 step3 スランプ板をふき取ったら、 2~3秒間で、スランプコーンを 30cmの高さまで、まっすぐ上に引き上げます。 この時の コンクリートの下がり具合をスランプと呼び、スランプゲージで0. 5cm単位で測定します。 スランプ試験の注意点として、スランプコーンにコンクリートを詰め始めてから、コーンを上に引き抜くまでの時間は、 3分以内に行わなければなりません。 スランプ試験の判定基準 スランプの規格値によって許容範囲が決まっていますので、判定は、測定値がその範囲内かを確認します。 ですが、スランプの値を測定する前に、 スランプ試験の妥当性を確認します。 試験後のコンクリートが、スランプコーンの中心軸に対して偏ったりくずれたりして、不均衡な形となった場合、 試験のやり直しを行います。 その際、スランプコーンに詰めたコンクリートは捨て、別のコンクリートで再試験を行います。 スランプ試験が妥当だった場合、 スランプ値を0. 5cm単位で測定しますが、ここでポイントです。 5cm、つまりスランプ試験の結果が 15. 5cm~20. 5cmの範囲にあれば合格ということになります。

次の

試験 ・ 検査料金一覧

スランプ 試験

スランプコーンに詰め始めてから、 2分以内に詰め終わること。 詰め方は、 突き固めや振動を与えない1層詰めとするか、3層詰めの場合、 各層5回突き固めること。 スランプコーンを引き上げる時間は、高さ 30 cm で 2〜3秒とするが、 コンクリートがコーンとともに 持ち上がる恐れがある場合は、10秒でゆっくり引き上げる。 コーンの内側にコンクリートの付着が多い場合は、静かにコンクリートの中心部に かき落とす。 コンクリートの動きが止まったら、 直径が一番大きく広がった所と、そこと 直交する部分の直径を1mm単位で測定する。 測定した両直径の差が50mm以上となった場合、試験をやり直す。 フローの 流動停止時間を測定する場合は、コーンの引き上げるタイミングでストップウォッチをスタートし、目視でコンクリートの動きが止まったタイミングでストップする。 スランプフローの結果は、 両直径の 平均値を5mm又は0. 5cm単位に丸めて表示する。 ここで、 スランプフロー試験方法についてのポイントです。 粘性が大きくなりがちなスランプフローコンクリートの場合、コーンの引き上げと同時に、詰めたコンクリート自体も、コーンにへばりついて持ち上がる事があります。 そういった場合、コーンの上げ方をゆっくりとさせ、平板とコーンの隙間からコンクリートが流れ出ていくようにゆっくりと引き上げます。 スランプフローは1mm単位で測定し、平均値を5mm単位に丸めます。 5mm単位で測定する間違いがよくありますが、1mmで測定し、平均値を5mmに丸めるが正しいやり方です。 正しい表示例 スランプフロー 62. 3=61. 5cm そしてフローの流動停止時間ですが、以前は、50cm到達時間と流動停止時間の2項目について規定がありましたが、50cm到達時間については、誤差が生じやすいこと・50cm到達時間自体は、管理項目として利用されていない等のため、規定から削除されています。 Jリングフロー試験とは JIS A 1159 コンクリートのJリングフロー試験方法とは、普通コンクリートのスランプフロー管理のコンクリートが規定された事により、新たに制定された規格です。 Jリングとは、鉄筋を想定とした障害物の事で、直径30cmのリングに等間隔に16本の銅棒が刺さっている装置です。 この規格と合わせて制定された規格がもう一つあります。 それが、 JIS A 1160 増粘剤含有高性能AE減水剤を使用した高流動コンクリートのワーカビリティーの評価基準です。 Jリングフロー試験で得た試験結果を、どのように評価したら良いのかが書かれた規格です。 増粘剤含有高性能AE減水剤とは、通常の高性能AE減水剤の機能に加えて、 コンクリートに 粘性を付与する機能を追加した混和剤です。 なぜ粘性が必要かと言うと、 材料分離抵抗性は単位セメント量の影響が大きく、普通コンクリートレベルの単位セメント量では、スランプフローにまで流動性を大きくすると、材料分離ぎみの状態になってしまうからです。 しかし流動性のみ大きくし過ぎると、材料分離をおこし、間隙通過性は小さくなります。 3つの要素には適度な粘性が重要であると言えます。 最後に スランプフロー管理のコンクリートについては、材料分離を生じない配合で製造するように、という規定があり、その評価方法として、JIS A 1159 と JIS A 1160が制定されました。 あくまで、 配合設計時に評価すべきであって、通常の管理ではスランプフローが許容範囲内であること、フロー試験後の状態が材料分離を起こしていないことを確認する、という認識で良いでしょう。 同じカテゴリーの記事>>>.

次の