ハル ベイリー。 ハリー・ベイリーの出身国は?歌声もスゴイ!MV動画やインスタ画像も!

ハリー・ベイリーの年齢身長出身地プロフィール&かわいいインスタ画像まとめ実写版「リトル・マーメイド」アリエル役Chloe x Halle(クロイ&ハリー)

ハル ベイリー

In case you needed a reminder… Halles get it DONE. — Halle Berry halleberry 「徹底的な調査のもと、ハル・ベイリーが適役であることは明白でした。 スピリット、ハート、イノセンス、若さ、加えて輝かしい歌声ーーアイコニックな役に必要とされる本質的な魅力が備わっています」 (ロブ・マーシャル監督のステートメントより) ディズニーの選択について、いろいろと推測することはできる。 まずは音楽面。 オリジナル版で重要とされたのは、ブロードウェイおよびカリビアン風のサウンドである。 姉妹デュオChloe x Halleとしてディズニーへの楽曲提供経験も持つベイリーの歌唱スキルは決定打になりえただろう。 他キャスト候補にも、オークワフィナにハリー・スタイルズとミュージシャンが並んでいる。 また、マーケティング事情も考えられる。 近年、ハリウッドにおいて「ディズニーがあまり手をつけないから競合スタジオが稼げるジャンル」とされる3つが「ホラー」「黒人ターゲット」「女性もの」だ(2019年アメリカで『ダンボ』に競り勝った『Us』はこの3要素を兼ね備えている)。 黒人スターキャストを多く抱える超実写版『ライオン・キング』はこのうち2つ目、そしてベイリー主演『リトル・マーメイド』は3分の2をカバーするポテンシャルがある。 『美女と野獣』 c Disney Enterprises, Inc. ブランドとしてもそう不自然ではない。 近年、ディズニーは『美女と野獣』等のセルフリメイク実写映画によって進歩主義的な再解釈を行ってきたが、こうした賛否を呼ぶ姿勢は今に始まったことではない。 1989年版『リトル・マーメイド』自体、主演の白人女優がバッシングに見舞われる騒動を起こしているのだ。 少し歴史を振り返ってみよう。

次の

ハリーベイリー(アリエル役)の経歴や動画を調査!差別でなく人選ミス?

ハル ベイリー

Gregg DeGuire Getty Images 白い肌に赤い髪という白人系の外見だったアニメ版『リトル・マーメイド』のアリエル。 これに対して実写版でこの役を演じることになった「クロイ&ハリー」のハリー・ベイリーはアフリカ系アメリカ人。 そのため、ネット上には「 NotMyAriel (私のアリエルではない)」というハッシュタグが浮上、「アニメと肌の色が違う」「黒い肌のアリエルなんて変」という不満の声が書き込まれた。 中には「『リトル・マーメイド』の原作者のアンデルセンはデンマーク人だから、マーメイドもデンマーク人らしいルックスでなくてはいけない」という意見も。 これに対して反論したのがディズニー傘下のケーブルテレビ局「フリーフォール」。 先週末インスタグラムに「哀れな人々( Poor, Unfortunate Souls)への公開書簡」と『リトル・マーメイド』の楽曲のタイトルを使って題したメッセージをアップした。 A post shared by freeform on Jul 6, 2019 at 6:16pm PDT 「確かに『リトル・マーメイド』の原作者はデンマーク人です。 アリエルはマーメイドです。 彼女は国際的水域にある海底の王国に住んでいます。 だから彼女は好きなところに泳いでいくところができます(それは度々、過保護な海のトリトン王を怒らせることになりますが)」と綴っている。 「でもこの問題を考えるためにアリエルがデンマーク人だということにしましょう。 彼女が黒人でもおかしくありません。 なぜならデンマーク人にも黒人はいるからです。 アリエルは海面に上がってきてカモメの友達スカットルやジャマイカ出身のカニのセバスチャン(ごめん、フラウンダー)と過ごし、日に当たってブロンズ色の肌をキープしているのです。 黒人のデンマーク人も民話のマーメイドも遺伝子学上、赤い髪になることはありえます」。 デンマーク人は白人だからマーメイドも白人にするべき、という理論は成り立たないと指摘している。

次の

ハル・ベリーの現在!スタイル抜群元ミスUSAのボンドガールは苦労のオスカー女優!

ハル ベイリー

写真 アリエル役へのバッシングが続くハル・ベイリー 現地時間6日、ロサンゼルスにて開催されたガラに実写版『リトル・マーメイド』のアリエル役を射止めたハル・ベイリーが姉のクロエとともに出席した。 アリエルを演じることに「ミスキャスト」「肌の色が違う」などとバッシングが続くなか、ハルは「ネガティブなコメントは気に留めないようにしている」と冷静な対応を見せた。 先月初めに実写版『リトル・マーメイド(原題:The Little Mermaid)』のアリエル役に起用されたハル・ベイリー(19)。 1989年に公開されたアニメ版では、人魚姫のアリエルは赤毛に青い瞳をした白人の女の子だったが、このたび主役に大抜擢されたのは「Chloe x Halle」の名で活躍するR&B姉妹デュオの妹ハルで、アフリカ系米国人だ。 」 と述べている。 しかし長年親しまれてきたディズニープリンセス・アリエルとのビジュアル的な違和感を訴える声はあとを絶たず、「ハルはミスキャスト」というコメントが続々と寄せられてしまった。 バッシングはやがて「#NotMyAriel(私のアリエルじゃない)」というハッシュタグにまで発展し、今も心ないツイートがあがっている。 アリエル役を射止めたことについて尋ねられると、 「まるで夢を見ている気分。 この機会に感謝の気持ちでいっぱいです。 ネガティブな声は気に留めないようにしています。 」 「私自身にとって大変大きな役になりますが、素晴らしい作品になると思います。 素敵な作品に携われることにワクワクしています。 」 と語ったハル。 姉クロエも、 「大変誇りに思います。 (キャスティングが決まったときは)泣き叫びました。 ハルは懸命に努力したので。 」 と妹の快挙を祝福した。 「#NotMyAriel」が続く一方で、ハリウッドからはハルのキャスティングを祝福する声があがっている。 」 「この素晴らしい機会を祝福します。 あなたの活躍が待ちきれない!」 とツイート、名前もそっくりな19歳のハルにエールを送った。 また当初アリエル役のキャスティングが噂されていた女優ゼンデイヤも、ハートやバンザイの絵文字を添えて「イェェェェス!」とハルの起用に大喜びしている。 全米で11月に公開が予定されている実写版『リトル・マーメイド』、その仕上がりを多くの人が興味津々に待っていることだろう。 (TechinsightJapan編集部 c. emma).

次の