睡眠 時 無 呼吸 症候群 対策。 睡眠時無呼吸症候群を治療するなら原因と方法の把握から!対策グッズの検討も。

睡眠時無呼吸症候群の対策❷|気道を狭める【舌の沈み込み】を防ぐ「舌回し」|カラダネ

睡眠 時 無 呼吸 症候群 対策

スポンサードリンク 睡眠中って、自分がどんな寝相で寝ているのかとか いびきをかいていたり、静かに寝ているのかどうかとか 自分ではわからないことって多いですよね。 その中でも注意をしたいのが睡眠時無呼吸症候群の可能性。 睡眠時無呼吸症候群の自覚症状ってあるのでしょうか? そうならないためにも対策法を知っておきたいもの。 今回は睡眠時無呼吸症候群について注目をしていきます。 睡眠時無呼吸症候群 自覚症状は? 睡眠中の状態によって その人が今どんな健康状態なのかということなどを 見つけることができます。 例えばいびきをかくことがあれば ストレスや疲れなどが溜まっている可能性や 口呼吸を無意識にしてしまっている可能性など 様々なことが挙げられますよね。 今回注目する 睡眠時無呼吸症候群は 「Sleep Apnea Syndrome」とも言い、SAS(サス)とも 呼ばれます。 睡眠中、10秒以上の無呼吸が だいたい7時間の睡眠中に30回以上 または 1時間に5回以上の無呼吸が起これば それは睡眠時無呼吸症候群に診断されます。 無呼吸ということはその名の通りに 起動の空気の流れが止まった状態 つまり 息をしていない状態なので 睡眠中に、無意識に何度も無呼吸になっている と考えると少しこわいですよね。 しかもこの睡眠時無呼吸症候群の怖いところというのが 自覚症状がほとんどない、睡眠中ならば自分自身で 呼吸をしているかしていないかということを 見極める手段はないために 家族などに指摘されて気づくこともあるということ。 では睡眠時無呼吸症候群になってしまっている場合 どんなリスクがあるのかを見てみましょう。 ・疲れやすい ・睡眠不足 ・集中力の低下 ・頭痛 ・常に疲労感・倦怠感がある などが挙げられます。 無呼吸が頻繁に起こってしまうと 睡眠中も十分に体を休めることもできませんし 質のいい睡眠を取ることもできないために 睡眠を十分にとれていない、疲れを取れないということから このような症状が日中起こってしまいます。 例えば車の運転をするという時には 強い睡魔や疲労感に襲われてしまい 事故率が上がってしまうとも言えます。 スポンサーリンク 日常生活においても大きな支障をきたしていくために もし睡眠時無呼吸症候群ならば 早めに治療をする必要がありますが なかなか自分では気づくことができないために 自覚症状を知ることも大切になります。 自覚症状としては 症状としても出ている通りに 寝ている気がしない、疲れている、疲労感や 日中の急激な眠気、頭痛や集中力の低下など 最近こういうことが多いと思った場合には 睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いと言えます。 さらに無意識のうちに たとえ睡眠中ではなかったとしても 鼻呼吸ではなく口呼吸をしていることに気付いたら 睡眠中、無呼吸になっている可能性が高いと言えます。 現在自分はどうなのか 症状と当てはまることがあれば 一度医師に診察をしてもらうか または家族などに少し睡眠中に様子をみてもらうのも いいかもしれません。 スポンサーリンク 対策にはマウスピースが効果あり? 対策方法を知ることも 未然に睡眠時無呼吸症候群を防ぐ手段の1つ。 マウスピースは対策方法として 使っている人も多くいたりするために かなり効果的だと言えます。 睡眠時無呼吸症候群ではなかったとしても いびき対策などに使われることも多いので いびきが気になるという人も マウスピースを使ってみるといいかもしれませんね。 しかし対策としては 何故睡眠時無呼吸症候群になってしまうのか 原因を知ることも重要です。 睡眠時無呼吸症候群になってしまう原因として ストレスを感じている場合や 口呼吸をしてしまっている人 または 肥満症の人に多くみられます。 特に肥満の人となると 喉に余分な脂肪がついてしまうことにより 呼吸がしづらくなってしまい 睡眠時無呼吸症候群になってしまう場合が多いと言えます。 自分がもし睡眠時無呼吸症候群だとわかった場合には 原因を解決することが治す方法に繋がりますし 原因でも挙げられている、ストレス、口呼吸、肥満気味 という人は睡眠時無呼吸症候群にならないためにも そういったものを解消していく必要があります。 たかが睡眠不足や集中力の低下と思うかもしれませんが 睡眠は人が生きていくためにはとても必要で重要なもの。 睡眠をしっかりととることができなければ 事故が起きてしまったり、体を壊すことにも繋がるので、 自分が睡眠時無呼吸症候群なのか、それを一度考えてみるといいでしょう。

次の

睡眠時無呼吸症の対策3〜枕や睡眠中の体位を工夫して変える

睡眠 時 無 呼吸 症候群 対策

私たちの舌は、単に味を感じるだけでなく、食べたり、話したり、呼吸をしたりするときなどに、重要な役割を果たす器官です。 ところが現代人は、食べるときの噛む回数が減ったり、口呼吸が習慣化したりして、舌や舌周辺の筋肉が弱まります。 舌や舌周辺の筋肉を鍛えると、咀嚼力 (噛む力)の向上、誤嚥 (異物を気管内に吸い込んでしまうこと)防止、噛み合わせのズレ予防、唾液の分泌促進、顔のシミ・シワ予防といった、多くの健康作用を得ることができます。 さらに、イビキや睡眠時無呼吸症候群の改善も期待できます。 そのため、歯科医師の私がすすめているのが「舌回し」です。 中国の蘇先生が学会で紹介した内容と、従来から口周囲の筋肉を鍛える体操と示されていたもの参考にして治療に取り入れ、大きな成果を上げています。 イビキや睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に舌根(舌の最も奥の部分)が後方に沈み込み、気道(呼吸をするときに空気が通る道)が狭まることが大きな原因です。 舌回しを行うと、舌を前上方へ引き上げる舌骨上筋群や外舌筋を鍛えることができ、イビキや睡眠時無呼吸症候群の症状を軽くすることができます。 舌回しでは、基本の「歯ぐきなぞり」に加えて「舌出し」 「上あご押し」という3つの動作を行います。 舌の筋肉を強化!「舌回し」のやり方 慣れてきたら舌先だけでなく、舌のまん中や根もとの部分も、同時に上あごに強く押しつけるようにして行う。 さらに余裕のある人は、口をできるだけ大きくあけて舌をより強く押しつける。 舌回しを続けていると、しだいに舌の力(舌圧)が強くなっていきます。 私の研究では、毎日行えば、およそ2週間で作用が現れてきます。 その後、3カ月を過ぎるまでどんどん舌圧が強くなっていくことがわかりました。 そのため、短期間でやめてしまわず、3カ月間はぜひとも続けてください。 そのあとも習慣にして、「舌回し」を継続してもらえれば、作用が持続します。 なお、舌回しを行って、あごや首に痛みの起こる人、舌や口内に傷のある人は、行わないようにしてください。 【症例報告】2〜3週間で睡眠時無呼吸症候群が改善 私は、歯科医師として「舌回し」を、歯の噛み合わせの改善治療の補助として活用しています。 その中には、イビキや睡眠時無呼吸症候群の症状がよくなったと報告してくる人が少なくありません。 以下は、健康情報誌『わかさ』で2017年に紹介されたものをウェブ用に再編集したものです。 最近、イビキをかかなくなったとうれしそうに報告してくれたのは、新潟市に住む主婦の佐野香子さん(仮名・60歳)です。 佐野さんは、更年期を迎えたころから歯の噛み合わせに異常を感じ、ときには頭痛にも悩まされるようになっていました。 噛み合わせの異常の原因はさまざまですが、舌やくちびるの筋肉の機能が低下したり、バランスがくずれたりして、舌骨の位置が下がることも大きく関係しています。 こうした場合、あごまわりの筋肉のバランスを取ることが、噛み合わせの矯正に役立ちます。 それとともに、舌回しは、気道が狭くなることを防ぐため、イビキや睡眠時無呼吸症候群も改善できるのです。 実際に、舌回しを始めて2~3週間後から、佐野さんのイビキは軽くなり、それにつれて呼吸が止まることもほとんどなくなったと、ご主人からいわれているとのことです。 佐野さんは、気にしていた二重あごも目立たなくなったといっていました。 これも、リンパの流れがよくなり、舌まわりの筋肉のバランスが取れたためでしょう。 そして、二重あごの改善が、気道の確保にも役立っているのです。 佐野さんは、舌回しを始めて2~3週間で作用を感じましたが、3カ月までは舌圧(舌の力)が上昇することが私たちの研究で明らかになっているので、今後もさらに改善していくはずです。 記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。 また、効果効能を保証するものではありません。

次の

睡眠時無呼吸症候群を3つの手段で自力で治した方法とは

睡眠 時 無 呼吸 症候群 対策

睡眠時無呼吸症候群とは 睡眠時無呼吸症候群は英語でSleep Apnea Syndromeと言い、「SAS」という言い方もします。 言葉の通り、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。 どのような状態の時を無呼吸だと判定するかというと、呼吸が10秒以上止まっている時になります。 この呼吸が止まっている状態が眠っている7時間に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上呼吸が止まっていた場合、睡眠時無呼吸症候群にあたります。 いびきをよくかいていたり、突然呼吸が止まっていたりするなら、あなたは睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。 一緒に眠っている人がいるなら、自分が眠っている時の状態についてチェックしてもらいましょう。 眠っている間は意識がないので、一人暮らしの人などは気づきにくいかもしれませんが、朝起きた時に口が渇いていたり、長時間眠ったのに疲れがとれていなかったり、頭が痛かったりした場合は、睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。 また高血圧の人は睡眠時無呼吸症候群を併発させやすので、高血圧の人は眠っている時の自分の呼吸に注意してみてください。 眠っている時に呼吸が止まってしまうと、活動する時に働く交換神経が休むべき夜に働いてしまいます。 その結果血圧が上昇してしまい、昼間の血圧を上昇させることにも繋がってしまいます。 睡眠時無呼吸症候群の原因2つ 睡眠時無呼吸症候群になってしまう原因は2種類あります。 一つ目は上気道という、鼻から喉頭までの気道に呼吸をする隙間がなくなり、呼吸が止まってしまうパターンです。 上気道で呼吸が上手くいかなる原因として、首や喉の脂肪が増えて圧迫してしまうことがあります。 しかし顔や首まわりの骨格や舌の大きさによって、元々発症する可能性が高い人もいます。 そしてもう一つの原因としてあるのが、眠っている時、脳から呼吸をするよう指令が出なくなってしまう、呼吸中枢の異常によるものです。 これを中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)といいます。 睡眠時無呼吸症候群になりやすい人にはこんな特徴があります 睡眠時無呼吸症候群は、太っている人ばかりがなってしまう病気ではありません。 さきほども説明したように、上気道の呼吸を圧迫してしまうのがほとんどの睡眠時無呼吸症候群の原因であるので、元々首が短かったり、舌が大きかったりする人もかかりやすい病気です。 あとは歯並びが悪かったり、下あごが後ろの方に下がっていたりする人もこの病気にかかりやすいです。 そして女性よりも2〜3倍の割合で男性の方がかかりやすい病気です。 理由の一つとして、太る時に男性は上半身に脂肪がつきやすいことが挙げられます。 女性よりも頸部、つまり首などに脂肪がつきやすいので呼吸を圧迫させやすいのです。 しかし女性も、更年期以降、おおよそ50歳以降に睡眠時無呼吸症候群になる確率が上がります。 理由は閉経による、女性ホルモンの働きの変化です。 女性ホルモンのうちの一つであるプロゲステロンの働きとして、上気道の筋肉の運動を高める運動があります。 女性ホルモンの働きが変わり、うまく上気道の筋肉が動かなくなってしまっている可能性が高いです。 男性も年齢を重ねていくにつれ、体全体の働きが衰えていくように首や喉の筋肉が衰えてしまい、呼吸をする気道を確保することができなくなっていくことがあります。 そして年齢を重ねると自然と代謝も落ちてしまい太りやすくなります。 結果首まわりに脂肪が増えてしまい、気道を塞いでしまうのです。 自分でできる、睡眠時無呼吸症候群の対策と治し方4つ 睡眠時無呼吸症候群の改善には、生活習慣を見直すことが効果的です。 病院に行って治療をすることも大切ですが、まずはあなたの生活習慣を変えることから始めてみて、睡眠時無呼吸症候群を改善しましょう。 肥満解消のために運動や食事制限を始めてみては? 肥満はこの病気の原因の一つです。 特に男性の人は自分の首まわりに脂肪が増えてしまっていないか確認して、減量に挑戦してみましょう。 自分が肥満かどうか確認する方法として、身長と体重から計算できる「BMI」を調べてみるのもおすすめです。 BMI22の体重が標準体重とされています。 仕事が忙しくて運動をしたり食事制限をしたりするのが難しくても、少しずつ生活習慣を変えるようにしましょう。 週に一回から二回、朝にウォーキングをしてみたり、外食でもサラダを取り入れてカロリーを抑えたり。 肥満は睡眠時無呼吸症候群のほかにも高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞になるリスクがあります。 気付いた今から対策を始めましょう。 口呼吸から鼻呼吸に切り替えましょう 人は本来呼吸する時は鼻呼吸が基本です。 しかし口呼吸をしている人もたくさんいると思います。 そして日常的に口呼吸をする人は眠る時も口で呼吸を行っています。 眠っている時に口で呼吸をしてしまうと、舌の筋肉が衰えてしまい、舌が喉の方へと沈んでしまうので気道が圧迫されてしまいます。 この状態が睡眠時無呼吸症候群の原因の一つにもなるので、なるべく鼻呼吸をするように心がけましょう。 今は鼻呼吸にするためのグッズもたくさん販売されています。 口を閉じるテープや、鼻呼吸をスムーズにするためのノーズチューブやノーズピンがあります。 自分の努力だけでは改善は難しいと思うので、ぜひグッズを利用してみてはいかがでしょうか? タバコ・アルコールを控えましょう 普段からタバコとアルコールの量が多い人は注意が必要です。 タバコを吸っていると気道周辺に炎症を起こしてしまったり、また上気道の粘膜をむくませてしまったり、血液中の酸素を減少させている可能性があります。 結果として気道を狭くしてしまっている原因になっている可能性が高いです。 そして眠る前にアルコールを呑むと舌や喉の筋肉が緩んでしまい、こちらも気道を狭くしてしまう原因になります。 眠る前に寝つきを良くするためにアルコールを呑む人もいると思いますがおすすめできません。 眠る2時間前には飲酒は終わらせましょう。 アルコールはいびきの原因にもなるので、量は調節して呑むのが健康のためにも必要です。 仰向けから横向きに変えてみましょう 普段あなたが夜眠るとき仰向けで寝ていて、かつ睡眠時無呼吸症候群ならば、一時的に横向きに変えることをおすすめします。 仰向け自体は悪い姿勢ではないのですが、気道を確保しづらい姿勢ではあります。 なので睡眠時無呼吸症候群が改善されるまで横向きで眠ることをおすすめします。 そしてなるべく眠っている時に呼吸をしやすい、自分の頭に合った枕を使用するようにしましょう。 首の高さなどが合わない時はタオルなどを挟んで調節するのが手軽で便利です。 眠っているうちに仰向きの姿勢に戻ってしまう時は、敷布団の上に片側だけタオルなどを敷き、傾斜をつくって横向きを維持できるようにしましょう。 抱き枕などを利用しても横向きを維持しやすいですよ。 自宅での睡眠の状況を確認するために専用の機械を持ち帰り、いつも通りに夜眠って検査をすることができます。 指先にセンサーをつけるパルスオキシメーターという機械や、鼻と口にセンサーをつけるアプのモニター、またパルスオキシメーターやアプノモニターの機能に足していびきや胸部の動きを測定するスリープテスターなどを利用します。 そして簡易検査の結果、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと診断された場合、精密検査に進みます。 「ポリソノグラフィー(PSG)」という精密検査を行います。 このポリソノグラフィーは一泊二日で行われ、呼吸や眠りの状態を調べるために体中にセンサーを付けて一晩眠ります。 痛みなどはなく、また病院によっては次の日に退院して仕事に行けるので安心してくださいね。 この精密検査で治療を受けた方がいいという診断結果だった場合、睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つ、「CPAP治療法」が保険適用できるようになります。 気になる人はぜひ検査に行ってみることをおすすめします。 睡眠時無呼吸症候群の治療方法3つ 医療機関で行われる睡眠時無呼吸症候群の治療方法を3つ紹介します。 【CPAP】 「CPAP(シーパップ)」とは、「Continuous Positive Airway Pressure」という喉の気道の隙間がなくなってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプの人に有効な治療方法です。 方法はCPAP装置という装置を使い、眠っている時にその装置に繋がっている鼻マスクをつけます。 そして装置から一定の風圧の空気が送り込まれ、上気道が広がり気道が確保されるものです。 CPAPは日本や欧米では有名な睡眠時無呼吸症候群の治療法で、さらに継続して利用すると長寿につながるという報告もあります。 【マウスピース】 夜眠る時にマウスピースを使用して、下あごを上あごよりも前方に出し、固定させる方法です。 下あごを前方に固定させることで上気道を広くし、気道を確保することができます。 マウスピースは医療機関によってはつくってくれますが、歯の噛み合わせなどもあるので、実績のある歯医者さんに作成を相談してみることもおすすめします。 この治療方法の場合、睡眠時無呼吸症候群の症状が重い人にとって最善の治療方法ではないので、軽度であったり、明確にお医者さんがマウスピースの使用を推奨したりした際に利用するのをおすすめします。 マウスピースをつくる費用は、保険が適用されていた場合1万5,000円前後で、保険の適用がなかった場合は4〜5万円くらいです。 市販でも売られていますが、なるべく自分の歯の型に合ったものを使用するのがおすすめです。 【手術治療(UPPP)】 睡眠時無呼吸症候群は外科手術で治療を行うことも可能です。 一番有名な手術の方法として「UPPP」というものがあります。 UPPPは気道を塞いでいる軟口蓋(なんこうがい)、口蓋垂(こうがいすい)、口蓋扁桃(こうがいへんとう)といった部位を切除し、気道を確保する治療方法です。 いびきの治療にも有効な手術です。 UPPPは入院が一週間から二週間ほど入院が必要な手術になり、費用は最低でも10〜15万円ほど必要になります。 睡眠時無呼吸症候群を放っておくと危険です 今あなたが睡眠時無呼吸症候群の可能性があるのなら、まずはセルフチェックをしてみたい、少しずつ生活習慣を変えてみてください。 一番してはいけないのは、疑いがあっても放っておくことです。 なぜなら睡眠時無呼吸症候群が原因で、現実的に交通事故などが起こっているからです。 2012年の東京の首都高速湾岸線で、一台のトラックがワゴン車に衝突する交通事故が起きました。 その事故で6名の人が命を落としています。 そしてトラックを運転していた人は、睡眠時無呼吸症候群の症状が確認されました。 夜に睡眠時無呼吸症候群によって呼吸が止まり、十分な睡眠がとれないでいると活動しなければいけない昼間にも影響が出てきます。 集中力や神経を使う車の運転をする人は、より自分の体調に敏感でいなければいけません。 さらに睡眠時無呼吸症候群が他の病気を引き起こし、併発してしまうリスクもあります。 自分の健康のためにも、社会の安全のためにも、気になる人は今から行動してみましょう。 いかがでしたか?まずは簡単なセルフケアからはじめ、そして一度医療機関に検査に行ってみるのはいかがでしょうか? 生活習慣と一緒に睡眠時無呼吸症候群を改善させ、良質な睡眠を手に入れてくださいね。

次の