ハイパーリーグ おすすめ。 【ポケモンGO】ハイパーリーグ最新の環境!対策ポケモンを徹底調査!(シーズン2)【GOバトルリーグ】

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ハイパーリーグ おすすめ

ギラティナ アナザー ,レジスチル,ラグラージ ギラティナ アナザー レジスチル ラグラージ ゴースト ドラゴン はがね みず じめん SCP:2804 SCP:2843 SCP:2514 総評 ギラティナと レジスチルは SCPが高く相性補完が良い(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)。 ただしその二体だとハガネール・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 レジスチル,メガニウム,ギラティナ アナザー レジスチル メガニウム ギラティナ アナザー はがね くさ ゴースト ドラゴン SCP:2843 SCP:2527 SCP:2804 総評 SCPが高く技範囲が優秀な レジスチルを中心に組んだパーティ。 二体目にはレジスチルが弱い ラグラージ・ニョロボンなどへのケアとして メガニウムを採用。 メガニウムが弱いトゲキッス・フシギバナにレジスチルが強いのでこの二体は相性が良い。 ただし、この二体では 炎・格闘タイプへのケアが甘いため三体目にSCPが高くタイプが優秀な ギラティナを採用した。 オプション 相手の フリーザー・リザードンを意識する場合はギラティナのかげうちを げんしのちからにする選択肢もある。 クレセリア,レジスチル,ラグラージ クレセリア レジスチル ラグラージ エスパー はがね みず じめん SCP:3027 SCP:2843 SCP:2514 総評 SCPが高く技範囲が優秀な クレセリアを中心に組んだパーティ。 二体目にはクレセリアが弱い レジスチル・ベトベトン アローラ へのケアとして ラグラージを採用。 三体目にはここまで一貫している相手の ギラティナとフェアリー・草タイプへのケアとして レジスチルを採用した。 オプション クレセリアの技構成は環境上位のギラティナとラグラージの両方に弱点をつける構成となっているが、 フシギバナやリザードンを意識する場合はくさむすびを みらいよちにする選択肢もある。 トゲキッス,カビゴン,ラグラージ トゲキッス カビゴン ラグラージ フェアリー ひこう ノーマル みず じめん SCP:2482 SCP:2736 SCP:2514 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスとの相性補完が良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い鋼・岩・電気タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 三体目には トゲキッスと合わせてギラティナの通常技の一貫を切りつつ高いSCPでパーティ全体の耐久力をケアできる カビゴンを採用した(ギラティナのりゅうのいぶきはトゲキッス、シャドークローはカビゴンが有利に戦える)。 オプション フシギバナに強くしたい場合はカビゴンを ベトベトン アローラ にする選択肢もある。 ハガネール,フシギバナ,ニョロボン ハガネール フシギバナ ニョロボン はがね じめん くさ どく みず かくとう SCP:2725 SCP:2519 SCP:2575 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに対して圧倒的に強い ハガネールを中心に組んだパーティ。 二体目には ハガネールと相性補完の良い フシギバナを採用(ハガネールが弱い水・地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱いエスパータイプやギラティナにハガネールが強い)。 この二体だと ベトベトン アローラ ・ラプラスなどへのケアが甘いため三体目には ニョロボンを採用した。 またニョロボンが弱いエスパータイプにハガネール、フェアリータイプにフシギバナがそれぞれ強いのでこの二体との相性補完も良い形となっている。 ピクシー,リザードン,ニョロボン ピクシー リザードン ニョロボン フェアリー ほのお ひこう みず かくとう SCP:2470 SCP:2383 SCP:2575 総評 ハイパー環境でトップメタの ギラティナに強い ピクシーを中心に組んだパーティ。 二体目にはピクシーが弱い レジスチル・フシギバナに強く出られる リザードンを採用。 リザードンが苦手なギラティナにピクシーが強いのでこの二体の相性補完は良い。 三体目にはリザードンが隙を見せる 水タイプへのケアとして水ミラーで強い ニョロボンを採用した。 ニョロボンは鋼タイプにも強いのでピクシーとも相性が良い。 オプション ニョロボンが弱い クレセリアなどのエスパータイプをケアしたい場合はリザードンを バクフーンにする選択肢もある。

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグ最強ポケモンランキング【PvP対戦】

ハイパーリーグ おすすめ

どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続けるゆずみんです!今回は新しく実装されたレシラムをハイパーリーグで使っていきたいと思います! レシラムが実装されて数日経ちましたが、皆様のゲット状況はいかがでしょうか?レシラムはものすごく強いので、1匹でも多くゲットするべきガチポケモンです! レシラムはほのお、ドラゴンタイプの伝説のポケモン。 種族値が高く、ジム戦、レイド戦、対人戦全てにおいて活躍できます。 特に攻撃面が優れており、種族値はすでに実装されていてとても強いディアルガと全く同じ!弱点はじめん、いわ、ドラゴンタイプなので、対人戦で使う際はこの3タイプに気をつけましょう。 続いてレシラムの技についてです。 技1 ・りゅうのいぶき ・ほのおのキバ 技2 ・かみくだく ・オーバーヒート ・りゅうせいぐん ・ストーンエッジ 対人戦で使う際は、技1だけでどんどん相手のHPを削れるりゅうのいぶきがおすすめです!しかしハイパーリーグにはくさ、はがね、むし、こおりタイプのポケモンも出てきます。 レシラムと組ませるポケモンを考え、これらのタイプのポケモンに弱いと思ったらほのおのキバを採用するのも良いでしょう。 技2は回転率を考えて、かみくだくがオススメです。 開放によって2つ目の技を覚えさせる場合は、自分のパーティーと照らし合わせて、苦手なタイプへの技を覚えさせましょう! 参考までに各技の有効な相手の一例です。 かみくだく エスパー、ゴーストに弱点をつけるあく技。 ミュウツー• アーマードミュウツー• ギラティナ• クレセリア オーバーヒート くさ、はがね、こおり、むしに弱点をつけるほのお技。 フシギバナ• ハッサム• ジュカイン• ダーテング• メタグロス• ジラーチ• モジャンボ• シュバルゴ• ナットレイ• メガニウム• レジスチル• メルメタル りゅうせいぐん ドラゴンに弱点をつけるドラゴン技。 非常に威力が高いので、等倍でもものすごくダメージが入ります。 ギラティナ• レシラム• パルキア• ガブリアス• ラティオス• フライゴン ストーンエッジ ほのお、こおり、ひこう、むしに弱点をつけるいわ技• ウインディ• パルシェン• ラプラス• ルギア• リザードン• フリーザー• バクフーン• トゲキッス オーバーヒート、ストーンエッジ、りゅうせいぐんは威力は高いですが、その分ゲージが溜まるのが遅いのがネック。 相手がシールドを使えない状況にしてから使うと強いので、バトルの後半に温存しておく作戦も有効だと思います。 また、レシラムはほのお、くさタイプのポケモンに2重耐性を持っており、相手に合わせてうまく出せれば、大活躍してくれますよ。 例えばハイパーリーグでよく使われるラグラージは、くさタイプが弱点です。 自分がラグラージを使う際、相手のくさタイプにレシラムを出す事が出来れば、2重耐性で戦う事が出来ます。 しかしジュカイン、メガニウムはじしんを持っている可能性があるので、相手の技2には気をつけなければいけません。 実際にレシラムを使用している動画はこちら。 今のうちに厳選しとけ!レシラムがハイパーリーグで活躍してやばい【ポケモンGO】 レシラムはレイドでゲットすると、通常時CPが2,300前後。 4回ほど強化するだけでCPが2,500以下になるので、アメとほしのすなを大量消費しなくてもすぐにハイパーリーグで使えるというのが最大のメリットだと思います。 もちろん技を開放した方が強いですが、開放するにはほしのすな10万とアメ100個が必要になってしまうので、まずは少し強化して使ってみましょう。 なお今回はハイパーリーグで使う場合について書きましたが、レシラムはそもそも強く、MAX強化するとレイドバトルを筆頭に、幅広く活躍してくれるポケモンです!この機会に1匹でも多くゲットしておきましょう! ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 《ゆずみん》.

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ハイパーリーグ おすすめ

環境にもよりますが、初手はギラティナやエスパータイプに有利なベトベトンが安定する気がします。 立ち回り 初手ベトベトンで解説していきます 初手が有利な場合 有利なポケモン• ギラティナ• Aミュウツー• クレセリア• フシギバナ 初手が有利な場合は 先に相手を倒せるようにシールドを調節しながら戦います。 相手が交換してきた場合は基本的にこちらも交換するのですが、交換先は有利なポケモン又は 相手の初手に不利なポケモンに交換します。 ここでは、ベトベトンのゲージ技を相手の交換先のポケモンに撃たないように温存します。 初手が不利な場合 相手の初手が• ラグラージ• ニョロボン の場合はギラティナに交代します。 ここでフシギバナに交代するのは、相手も交代してきてフシギバナが倒されてしまうのでやめましょう。 相手の初手が• ピクシー• トゲキッス• グランブル などのあまえるを使ってくるポケモンだった場合は、無闇に交換はせずにそのまま戦いましょう。 こちらがやられてしまいますが、相手はヘドロウェーブを警戒してシールドを張ってくるはずなので、シールドでアドバンテージが取れます。 そのままフシギバナで倒して、巻き返しましょう。 まとめ この記事ではおおまかな解説だけで、説明しきれていないポイントはいくつもありますが、そこは実践で学ぶ方のが1番だということです笑 とにかく、無闇に交換、ゲージ技を撃たないことが上手い立ち回りになってきます。 落ち着いて対処することが大事です。 それでは!.

次の