パイ 生地 の 作り方。 ホームベーカリーで簡単にできる!さくっと軽い食感のアップルパイのつくり方

パイ生地は作ってからどれくらいもつ?

パイ 生地 の 作り方

Q もうすぐホワイトデーの時期ですね^^ バレンタインデーに手作りお菓子を作ってもらった彼女へのおかえしに、自分も手作りお菓子を作る予定です。 ですけど今月の11~14日まで部活の合宿があるんですよね。 なので10日にお菓子を作って合宿所まで持参し、合宿が終わったらそのまま彼女のもとへ行って渡そうと思ってたんですけど…こうするとお菓子を作ってから4日間も間を空けて渡すことになりますよね。 もしその間にお菓子が悪くなって彼女の体調崩しちゃったら大変なんで…みなさんに賞味期限の目安を伺いたいと思っています。 情けないんですけど、料理に関して全く知識がないので^^; 作るつもりのお菓子は2種類で、これがレシピです。 【クッキー】 ・クッキーミックス・卵・チョコチップ・アーモンド 市販のクッキーミックスに卵を混ぜ、中にチョコチップとアーモンドを入れて焼くだけのシンプルなものです。 【チョコパイ】 ・冷凍パイシート・刻んだチョコレート・シナモン・砂糖・粉糖 2枚のパイシートの間と表面に、刻んだチョコレート、シナモン、砂糖をかけて焼き、最後に粉糖をかけます。 少しでも保存を長く出来るように焼き菓子にしてみたんですが…この2種類のレシピ、4日ももちますか? もし問題点などがあれば、アドバイスをいただければ光栄です。 よろしくお願いします。 もうすぐホワイトデーの時期ですね^^ バレンタインデーに手作りお菓子を作ってもらった彼女へのおかえしに、自分も手作りお菓子を作る予定です。 ですけど今月の11~14日まで部活の合宿があるんですよね。 なので10日にお菓子を作って合宿所まで持参し、合宿が終わったらそのまま彼女のもとへ行って渡そうと思ってたんですけど…こうするとお菓子を作ってから4日間も間を空けて渡すことになりますよね。 もしその間にお菓子が悪くなって彼女の体調崩しちゃったら大変なんで…みなさんに賞味期限の目安を伺いた... A ベストアンサー パイの層は、よく切れる包丁で断面を切断することがポイントで、急激な温度差により膨らむと読んだ記憶があります。 最初から低い温度で焼き始めると、生地がだれて、膨らむ前にバターが溶けてしまい、きれいな層にはなりません。 つやをだすために塗る卵が切り口の側面につくと、膨らみませんので側面につかないように注意も必要です。 また、これからの季節は、暑くて生地がだれやすいので、クーラーが効いた部屋以外の環境では、そもそもパイ作りには向きません。 オーブンに入れる前、フィリングも入れて成形したあと、冷蔵庫で30分ぐらい休ませてみてはいかがでしょう。 私が作るパイのレシピはそのようになってます。 つや出しを塗るのはオーブンに入れる直前です それから、きっちり200度以上の高温になったオーブンで焼けば、膨らむはずだと思います。 ただ、15センチぐらいのものを20分、は、時間が少ないような気がします。 膨らむ以外に美味しそうな焦げ目、ちゃんとついてますか?ついていないなら、時間が足りません。 お持ちのオーブンのくせもあると思うので一概に何分がいい、とは言えませんが、200度以上の高温でしっかり膨らんである程度焼き色がついたことを確認してから、180度に下げて中までしっかり火を通すのがよいのではと思います。 計30分ぐらいは必要なのではと思います。 パイの層は、よく切れる包丁で断面を切断することがポイントで、急激な温度差により膨らむと読んだ記憶があります。 最初から低い温度で焼き始めると、生地がだれて、膨らむ前にバターが溶けてしまい、きれいな層にはなりません。 つやをだすために塗る卵が切り口の側面につくと、膨らみませんので側面につかないように注意も必要です。 また、これからの季節は、暑くて生地がだれやすいので、クーラーが効いた部屋以外の環境では、そもそもパイ作りには向きません。 オーブンに入れる前、フィリングも入れて成形... A ベストアンサー 物理的に不可能かといえばもちろんできます。 ですから絶対だめということはありません。 一度morisettoさんご自身でお試しになって、「品質が落ちる」ということの意味を実感されてはいかがでしょうか? おそらくよりべちゃべちゃになって膨らまず、うまく層にならず、バターの脂肪分が染みたようになっている部分とそうでない部分で焼きむらになるはずです。 パイは基本的に魚や肉、野菜と同じです。 一度冷凍するとどうしても細胞に損傷を受けます。 冷凍庫などの説明でよく耳にされるかと思いますが、一般家庭ではたいへん難しいということです。 この細胞が云々というために、次に凍らした時点で冷凍庫焼けや、冷凍庫の臭いを吸収するということをしやすくなりますので、一般家庭ではお勧めできません。 また、パイは一度解凍した時点で生地がだれてしまいますので、パイ・シートの説明書には「できるだけ半解凍ぐらいで使うように」などと書いてあるかと思うのですが・・・。 以上のような点から、これらをたいしたことでないとお考えになるのなら一度ためしてどのぐらい品質が落ちるのか、知るのもおもしろいかと思います。 物理的に不可能かといえばもちろんできます。 ですから絶対だめということはありません。 一度morisettoさんご自身でお試しになって、「品質が落ちる」ということの意味を実感されてはいかがでしょうか? おそらくよりべちゃべちゃになって膨らまず、うまく層にならず、バターの脂肪分が染みたようになっている部分とそうでない部分で焼きむらになるはずです。 パイは基本的に魚や肉、野菜と同じです。 一度冷凍するとどうしても細胞に損傷を受けます。 冷凍庫などの説明でよく耳にされるかと思いますが、... A ベストアンサー 生地を寝かせることで、素材同士がなじんで、サクッと軽く焼きあがります。 舌触りもですが、食感に違いが出ると思います。 寝かせないと生地の水分油分が全体に行き渡らず、仕上がりが粉っぽさが出たり、ボソッとしてしまいます。 「イギリスはおいしい」(林望 著)のレシピは、卵が生地に入らないし、バターの量も少なめで、シンプルなレシピです。 (ここで載せていいかわかりませんので省略しますが、検索すれば出ると思います。 ) よって、寝かせないといけない生地というのは卵やバターの多いリッチな生地ですが、どうしても急ぐ時などは、寝かせる時間を短めにしたり、配合の工夫をしてもいいと思います。 余談ですが、バターの混ぜ方もポイントで、両手の指先をよく動かして粉に混ぜ込み、手のひらの温度でバターを溶かさないように混ぜ込んでいくといいみたいですよ。 おいしいスコーンが作れるといいですね! Q チーズケーキが好きでよく焼きます(と言ってもお菓子作りに関しては全くの素人です)。 しかし、何度やっても、土台部分(砕いたビスケットに溶かしバターを加えて作るタイプのもの)がうまくいきません。 ケーキ部分は問題無いのですが、土台がしっかり固まっておらず、焼きあがった瞬間から食べ終わる時まで終始ぽろぽろ崩れてきてしまうのです。 ビスケットの種類を変えたり、砕き加減を変えたり、また直前まで型ごと冷蔵庫で冷やしてみたり等色々してみましたが、いまいち料理本に載っているようなしっかりと固まった土台にはならないのです。 何かコツがあるのでしょうか? もし何かご存知でしたら、教えて下さい。 また、何か特別な方法をしているわけではなくても、「いつもこの材料を使ってこのやり方をして上手くいっている」といった情報でも大歓迎です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 レアタイプでもベイクドタイプでもビスケット台には リッツクラッカーを良く使います。 レシピのバターの分量は、ビスケットの種類にも寄りますので 一概には行かないと・・・経験から悟りました。 しっかり砕いて、溶かしバターの他に温めたミルクを少し、又は+ レーズンを漬け込んだ時のラム酒を少々加えます。 (ラム酒に市販のレーズンを入れておくだけ) 特に、バターの少ないビスケットを使う時には、バターの分量を増やすか これらをちゃんと加え無いとぼろぼろします。 パイ皿に敷くときも、しっかり上から押さえつけ、固めるように敷きます。 (ラップを使って、手でしっかり押さえて固めます) 上記のラム酒は風味も増してお勧めです。 台の上にレーズンも散らしてから生地を流し込むと これ又おしゃれで美味しいですよ~。 美味しいチーズケーキ、頑張ってください! A ベストアンサー レシピは何を見たのでしょうか? 信頼性のないレシピの利用は避けたほうが賢明です 基本的に失敗するということはレシピ通りではなかったということです なぜ、生地を冷やすのか理解できていないみたいなので理由を説明すると ・パイのような油脂を多く含む生地は手の表面温度、外気温で生地内の油脂が溶けてしまうので そうならないために生地内の温度を一定に保つため ・生地を休ませることで、水分を浸透させ組織同士が結びついて生地が安定させるため アップルパイの生地作りには 折り込み・練り込みの2種類の製法があります そのどちらか明言がないので、どこまで進んでいるのかわかりませんが >回答中に補足から練り込み生地だとわかったのでそちらで回答させてもらいます 冷やしすぎて固くなった生地を半解凍させて加工しやすいように程よく柔らかくなったら パイ皿に敷いてレシピ通りに進めていけば形にはなると思われます 混合生地を一度生成してしまうとその後は微調整しかできませんから 分量、工程には充分気をつけてください オーブン毎に焼きむらなど癖がありますから 機器の特性に合った設定温度、余熱・加熱時間などの環境を整えることが出来ると 焼き上がりがより良くなります レシピは何を見たのでしょうか? 信頼性のないレシピの利用は避けたほうが賢明です 基本的に失敗するということはレシピ通りではなかったということです なぜ、生地を冷やすのか理解できていないみたいなので理由を説明すると ・パイのような油脂を多く含む生地は手の表面温度、外気温で生地内の油脂が溶けてしまうので そうならないために生地内の温度を一定に保つため ・生地を休ませることで、水分を浸透させ組織同士が結びついて生地が安定させるため アップルパイの生地作りには 折り込み・練り込みの2種... Q パイ生地がふくらまない。 先日、アップルパイを作りました。 表面の生地は、うまく焼きあがって膨らむのですが、底面の生地のふくらみがよくありません。 食感がよく、うまく膨らむ方法を教えてください。 先日、作ったアップルパイの写真を添付いたします。 アップルパイは何度か作っています。 煮たリンゴの下に、カステラや、パン粉などを敷いて水分が出るのを防いでいます。 冷凍のパイ生地を使って作りました。 私が作った作り方は、以下の通りです。 (必要な部分だけ載せています) ・麺棒でパイ皿の大きさに合わせて生地をのばす。 ・パイ皿に敷き、余分な生地は、切り落としてフォークで空気穴を開ける。 ・次にパイ生地に1cm厚さのカステラを敷き、煮たりんごをのせる。 ・生地をかぶせる。 A ベストアンサー こんばんは。 パティシィエです。 画像を拝見しましたが 素晴らしい出来上がりだと思いました。 アップルパイとは、そう言うものだと思います。 たぶん 失敗ではないと思います。 食感がよくないかもしれませんが 生焼けなどが なければ、煮たリンゴの重さなどで膨らみません。 あと最近の家庭用のオーブンは、下火が著しく弱いものがあります。 この場合、生焼けになるので 余熱の段階で鉄板を入れておいて 十分に熱しておいて そこへパイを乗せて焼くことで ある程度は、解決できると思います。 アップルパイの美味しい季節になりましたね。 ぜひ また挑戦されてください。 もしご参考になったなら幸せです。 ジルより.

次の

(焼きたて最後)簡単なパイ生地の作り方/竜巻パイ/how to make easy and perfect puff pastry (how to make)/ puff tornado

パイ 生地 の 作り方

ショートニングとバターを使ったアメリカ式パイです。 バターと生地を折り込むパイより簡単で初心者向きです。 特に夏はアメリカ式パイ皮をお勧めします。 ちょっと塩気のあるこのパイ皮に、の甘酸っぱさが最高にマッチします。 ショートニングを使わないパイ皮の作り方はです。 直径22〜23cmのパイ皮 1個 他のサイズの分量はで算出できます。 申し訳ありません。 計算スクリプトをアップデート中ですので暫くお待ちください。 2011年2月28日• 薄力粉 又は 普通の小麦粉 (強力粉以外の粉) 150グラム• 60 グラム トランスファットを避けていらっしゃる方はをご覧ください。 バター 冷蔵庫で冷やしておく ) 30 グラム• バターは冷蔵庫で冷やし薄くナイフで切っておく。 冷やしておいた方が、粉と混ぜた時にポロポロになり、層のある軽いパイ皮になります。 ボールに下記を合わせてペーストリーブレンダーでぱらぱらの状態になるまで切るように粉とショートニング、バターを混ぜる。 ここで切りすぎるとぱらぱらの状態を過ぎて、ねちっとくっついた生地になりますから、ぱらぱらになったらそこで止める事。 夏はねちっとなりやすいです。 ペーストリーブレンダー(下の左写真)がないときは泡だて器の先でバターとショートニングを小さく切る(押しつぶす)ように粉と混ぜてください。 指先でつぶすのは体温がバターを溶かしてしまいますので、避けた方がよいでしょう。 その後はスプーンやヘラで混ぜない事。 ここで混ぜると出来上がりが硬い生地になります。 水分が極端に少ないように思えますが、これで充分です。 そのまま大きく切ったサランラップに移す。 この時点では生地はまだぱらぱらです。 取り出すときに、へらで水分を散らすように心持ち混ぜながら取り出す。 ラップにひとつのボール(球)のように硬くまとめる。 これを冷蔵庫で冷やす。 (20分) ラップ(動画ではの袋を大きく四角に切ったものを使っています)をパイ皿のサイズより大きく切り平たく伸ばして粉を軽くふりかけておく。 (生地がくっつかないように)その上にパイ生地をのせて手の平で軽く押さえる。 生地の上に粉を軽く振ったプラスティックラップを覆いかぶす。 ラップの上から麺棒で丸くパイ皿より大きめに広げる。 上下のラップを利用して淵を丸くしていく。 上のラップを少しはいで(A 、下のラップを淵にかぶす(B。 上のラップを再び元に戻して、麺棒で押さえる(C。 うえのラップをはがしてその上にパイ皿を逆さにしてかぶしパイ皮ごとひっくり返す。 この状態ではまだ生地がしっかりとラップにくっついているので、生地がパイ皿の中心に来るようにする。 ゆっくり上のラップをはがす。 水分の少ないところは写真の様にくずれてしまいますが、大丈夫です。 パイ皿からとび出ている部分は、下に折り曲げて端をぶ厚くする。 それでも長過ぎる時は少し切って、足りないところに補給する。 崩れ落ちたところはぱらぱらにならない様にそっと拾い上げ、押さえてくっつけ、同じように下に折り曲げて端をぶ厚くする。 くっつけたところは写真の様に段ができても焼けば段が分からなくなりますので気にしない。 端は指先で立ててジグザグにしていきますが、スプーンの裏で押し付けるように形作ってもよいです。 焼く間に底が上がってこないように、底に5つほど切り目を入れる。 200度C(400度F で15分から18分焼く。 (こんがり焼き目がつくくらいに)は【カスタードが】熱いうちにパイ皮に流し入れること。 冷えてから生クリームで飾る. フードプロセッサーを使う時は、ショートニング、バター、塩、粉をぽろぽろになるまで攪拌した後、ボールに取り出して水分(牛乳又は水)を加えた方がよいと思います。 水分を加えてから攪拌すると捏ねすぎになってしまいます。 スーパーで買い物をするとプラスティックの袋に入れてくれますね。 あの袋を平たく切って、文字の入っていないところを四角に切り抜いて使っています。 ラップより強くて扱いやすいです。 バターを折り込んだパイ生地よりも、あっさりして、軽く仕上がり、簡単で格段に美味しいです。 パイ生地は面倒という先入観があるかもしれませんが、一度是非お試しください。 意外と簡単なんです。 第一号パイのフィリングは是非かで! 申し訳ありません。 計算スクリプトをアップデート中ですので暫くお待ちください。 2011年2月28日 このレシピでパイ皮を作られた方 お探しのレシピが見つからないときはGoogleで検索してみましょう。

次の

(焼きたて最後)簡単なパイ生地の作り方/竜巻パイ/how to make easy and perfect puff pastry (how to make)/ puff tornado

パイ 生地 の 作り方

Q もうすぐホワイトデーの時期ですね^^ バレンタインデーに手作りお菓子を作ってもらった彼女へのおかえしに、自分も手作りお菓子を作る予定です。 ですけど今月の11~14日まで部活の合宿があるんですよね。 なので10日にお菓子を作って合宿所まで持参し、合宿が終わったらそのまま彼女のもとへ行って渡そうと思ってたんですけど…こうするとお菓子を作ってから4日間も間を空けて渡すことになりますよね。 もしその間にお菓子が悪くなって彼女の体調崩しちゃったら大変なんで…みなさんに賞味期限の目安を伺いたいと思っています。 情けないんですけど、料理に関して全く知識がないので^^; 作るつもりのお菓子は2種類で、これがレシピです。 【クッキー】 ・クッキーミックス・卵・チョコチップ・アーモンド 市販のクッキーミックスに卵を混ぜ、中にチョコチップとアーモンドを入れて焼くだけのシンプルなものです。 【チョコパイ】 ・冷凍パイシート・刻んだチョコレート・シナモン・砂糖・粉糖 2枚のパイシートの間と表面に、刻んだチョコレート、シナモン、砂糖をかけて焼き、最後に粉糖をかけます。 少しでも保存を長く出来るように焼き菓子にしてみたんですが…この2種類のレシピ、4日ももちますか? もし問題点などがあれば、アドバイスをいただければ光栄です。 よろしくお願いします。 もうすぐホワイトデーの時期ですね^^ バレンタインデーに手作りお菓子を作ってもらった彼女へのおかえしに、自分も手作りお菓子を作る予定です。 ですけど今月の11~14日まで部活の合宿があるんですよね。 なので10日にお菓子を作って合宿所まで持参し、合宿が終わったらそのまま彼女のもとへ行って渡そうと思ってたんですけど…こうするとお菓子を作ってから4日間も間を空けて渡すことになりますよね。 もしその間にお菓子が悪くなって彼女の体調崩しちゃったら大変なんで…みなさんに賞味期限の目安を伺いた... A ベストアンサー パイの層は、よく切れる包丁で断面を切断することがポイントで、急激な温度差により膨らむと読んだ記憶があります。 最初から低い温度で焼き始めると、生地がだれて、膨らむ前にバターが溶けてしまい、きれいな層にはなりません。 つやをだすために塗る卵が切り口の側面につくと、膨らみませんので側面につかないように注意も必要です。 また、これからの季節は、暑くて生地がだれやすいので、クーラーが効いた部屋以外の環境では、そもそもパイ作りには向きません。 オーブンに入れる前、フィリングも入れて成形したあと、冷蔵庫で30分ぐらい休ませてみてはいかがでしょう。 私が作るパイのレシピはそのようになってます。 つや出しを塗るのはオーブンに入れる直前です それから、きっちり200度以上の高温になったオーブンで焼けば、膨らむはずだと思います。 ただ、15センチぐらいのものを20分、は、時間が少ないような気がします。 膨らむ以外に美味しそうな焦げ目、ちゃんとついてますか?ついていないなら、時間が足りません。 お持ちのオーブンのくせもあると思うので一概に何分がいい、とは言えませんが、200度以上の高温でしっかり膨らんである程度焼き色がついたことを確認してから、180度に下げて中までしっかり火を通すのがよいのではと思います。 計30分ぐらいは必要なのではと思います。 パイの層は、よく切れる包丁で断面を切断することがポイントで、急激な温度差により膨らむと読んだ記憶があります。 最初から低い温度で焼き始めると、生地がだれて、膨らむ前にバターが溶けてしまい、きれいな層にはなりません。 つやをだすために塗る卵が切り口の側面につくと、膨らみませんので側面につかないように注意も必要です。 また、これからの季節は、暑くて生地がだれやすいので、クーラーが効いた部屋以外の環境では、そもそもパイ作りには向きません。 オーブンに入れる前、フィリングも入れて成形... A ベストアンサー 物理的に不可能かといえばもちろんできます。 ですから絶対だめということはありません。 一度morisettoさんご自身でお試しになって、「品質が落ちる」ということの意味を実感されてはいかがでしょうか? おそらくよりべちゃべちゃになって膨らまず、うまく層にならず、バターの脂肪分が染みたようになっている部分とそうでない部分で焼きむらになるはずです。 パイは基本的に魚や肉、野菜と同じです。 一度冷凍するとどうしても細胞に損傷を受けます。 冷凍庫などの説明でよく耳にされるかと思いますが、一般家庭ではたいへん難しいということです。 この細胞が云々というために、次に凍らした時点で冷凍庫焼けや、冷凍庫の臭いを吸収するということをしやすくなりますので、一般家庭ではお勧めできません。 また、パイは一度解凍した時点で生地がだれてしまいますので、パイ・シートの説明書には「できるだけ半解凍ぐらいで使うように」などと書いてあるかと思うのですが・・・。 以上のような点から、これらをたいしたことでないとお考えになるのなら一度ためしてどのぐらい品質が落ちるのか、知るのもおもしろいかと思います。 物理的に不可能かといえばもちろんできます。 ですから絶対だめということはありません。 一度morisettoさんご自身でお試しになって、「品質が落ちる」ということの意味を実感されてはいかがでしょうか? おそらくよりべちゃべちゃになって膨らまず、うまく層にならず、バターの脂肪分が染みたようになっている部分とそうでない部分で焼きむらになるはずです。 パイは基本的に魚や肉、野菜と同じです。 一度冷凍するとどうしても細胞に損傷を受けます。 冷凍庫などの説明でよく耳にされるかと思いますが、... A ベストアンサー 生地を寝かせることで、素材同士がなじんで、サクッと軽く焼きあがります。 舌触りもですが、食感に違いが出ると思います。 寝かせないと生地の水分油分が全体に行き渡らず、仕上がりが粉っぽさが出たり、ボソッとしてしまいます。 「イギリスはおいしい」(林望 著)のレシピは、卵が生地に入らないし、バターの量も少なめで、シンプルなレシピです。 (ここで載せていいかわかりませんので省略しますが、検索すれば出ると思います。 ) よって、寝かせないといけない生地というのは卵やバターの多いリッチな生地ですが、どうしても急ぐ時などは、寝かせる時間を短めにしたり、配合の工夫をしてもいいと思います。 余談ですが、バターの混ぜ方もポイントで、両手の指先をよく動かして粉に混ぜ込み、手のひらの温度でバターを溶かさないように混ぜ込んでいくといいみたいですよ。 おいしいスコーンが作れるといいですね! Q チーズケーキが好きでよく焼きます(と言ってもお菓子作りに関しては全くの素人です)。 しかし、何度やっても、土台部分(砕いたビスケットに溶かしバターを加えて作るタイプのもの)がうまくいきません。 ケーキ部分は問題無いのですが、土台がしっかり固まっておらず、焼きあがった瞬間から食べ終わる時まで終始ぽろぽろ崩れてきてしまうのです。 ビスケットの種類を変えたり、砕き加減を変えたり、また直前まで型ごと冷蔵庫で冷やしてみたり等色々してみましたが、いまいち料理本に載っているようなしっかりと固まった土台にはならないのです。 何かコツがあるのでしょうか? もし何かご存知でしたら、教えて下さい。 また、何か特別な方法をしているわけではなくても、「いつもこの材料を使ってこのやり方をして上手くいっている」といった情報でも大歓迎です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 レアタイプでもベイクドタイプでもビスケット台には リッツクラッカーを良く使います。 レシピのバターの分量は、ビスケットの種類にも寄りますので 一概には行かないと・・・経験から悟りました。 しっかり砕いて、溶かしバターの他に温めたミルクを少し、又は+ レーズンを漬け込んだ時のラム酒を少々加えます。 (ラム酒に市販のレーズンを入れておくだけ) 特に、バターの少ないビスケットを使う時には、バターの分量を増やすか これらをちゃんと加え無いとぼろぼろします。 パイ皿に敷くときも、しっかり上から押さえつけ、固めるように敷きます。 (ラップを使って、手でしっかり押さえて固めます) 上記のラム酒は風味も増してお勧めです。 台の上にレーズンも散らしてから生地を流し込むと これ又おしゃれで美味しいですよ~。 美味しいチーズケーキ、頑張ってください! A ベストアンサー レシピは何を見たのでしょうか? 信頼性のないレシピの利用は避けたほうが賢明です 基本的に失敗するということはレシピ通りではなかったということです なぜ、生地を冷やすのか理解できていないみたいなので理由を説明すると ・パイのような油脂を多く含む生地は手の表面温度、外気温で生地内の油脂が溶けてしまうので そうならないために生地内の温度を一定に保つため ・生地を休ませることで、水分を浸透させ組織同士が結びついて生地が安定させるため アップルパイの生地作りには 折り込み・練り込みの2種類の製法があります そのどちらか明言がないので、どこまで進んでいるのかわかりませんが >回答中に補足から練り込み生地だとわかったのでそちらで回答させてもらいます 冷やしすぎて固くなった生地を半解凍させて加工しやすいように程よく柔らかくなったら パイ皿に敷いてレシピ通りに進めていけば形にはなると思われます 混合生地を一度生成してしまうとその後は微調整しかできませんから 分量、工程には充分気をつけてください オーブン毎に焼きむらなど癖がありますから 機器の特性に合った設定温度、余熱・加熱時間などの環境を整えることが出来ると 焼き上がりがより良くなります レシピは何を見たのでしょうか? 信頼性のないレシピの利用は避けたほうが賢明です 基本的に失敗するということはレシピ通りではなかったということです なぜ、生地を冷やすのか理解できていないみたいなので理由を説明すると ・パイのような油脂を多く含む生地は手の表面温度、外気温で生地内の油脂が溶けてしまうので そうならないために生地内の温度を一定に保つため ・生地を休ませることで、水分を浸透させ組織同士が結びついて生地が安定させるため アップルパイの生地作りには 折り込み・練り込みの2種... Q パイ生地がふくらまない。 先日、アップルパイを作りました。 表面の生地は、うまく焼きあがって膨らむのですが、底面の生地のふくらみがよくありません。 食感がよく、うまく膨らむ方法を教えてください。 先日、作ったアップルパイの写真を添付いたします。 アップルパイは何度か作っています。 煮たリンゴの下に、カステラや、パン粉などを敷いて水分が出るのを防いでいます。 冷凍のパイ生地を使って作りました。 私が作った作り方は、以下の通りです。 (必要な部分だけ載せています) ・麺棒でパイ皿の大きさに合わせて生地をのばす。 ・パイ皿に敷き、余分な生地は、切り落としてフォークで空気穴を開ける。 ・次にパイ生地に1cm厚さのカステラを敷き、煮たりんごをのせる。 ・生地をかぶせる。 A ベストアンサー こんばんは。 パティシィエです。 画像を拝見しましたが 素晴らしい出来上がりだと思いました。 アップルパイとは、そう言うものだと思います。 たぶん 失敗ではないと思います。 食感がよくないかもしれませんが 生焼けなどが なければ、煮たリンゴの重さなどで膨らみません。 あと最近の家庭用のオーブンは、下火が著しく弱いものがあります。 この場合、生焼けになるので 余熱の段階で鉄板を入れておいて 十分に熱しておいて そこへパイを乗せて焼くことで ある程度は、解決できると思います。 アップルパイの美味しい季節になりましたね。 ぜひ また挑戦されてください。 もしご参考になったなら幸せです。 ジルより.

次の