愛原実花 nhkから国民を守る党。 対レイシスト行動集団とは

非公開: 【参院選】「NHKをぶっ壊す」立花代表の政見放送パワーアップ 局アナ同士の路上社内不倫を4分間糾弾 (2019年7月6日)

愛原実花 nhkから国民を守る党

カテゴリー• バックナンバー• 朝鮮半島を「併合」(1910年)した日本(朝鮮総督府)が持ち去ったままにしていましたが、このほど関係団体の運動と日本共産党の努力が実って返還され、記念式典が13、16日の両日、韓国で行われました。 日本の国会議員でただ一人招待された日本共産党の笠井亮衆院議員に経過や感想を聞きました。 そんな底冷えのする雇用状況をはね返すたたかいが話題を呼んでいます。 京都放送(KBS京都・京都市上京区)で、アルバイト職員100人が雇い止めを撤回させ、1年間の雇用継続を勝ち取ったのです。 4兆円を超す内部留保をため込みながら、1万5千人削減という国内最大規模のリストラをすすめるパナソニックグループ。 日本共産党の志位和夫幹部会委員長は19日、談話を発表しました。 20日行った「綱領教室」のなかでも、発言しました。 「不退転の決意」で消費税10%への増税を進める野田首相。 その上、社会保障もあらゆる分野で削減する「一体改悪」であることが、ますますはっきりしました。 「不公平な税制をただす会」事務局長・税理士の富山泰一さんにも聞きました。 「メルトダウンに『冷温停止』ない」という元GE(ゼネラル・エレクトリック)社の原発技術者・菊地洋一さんのコメントも紹介します。 実は過酷事故で原発建屋に水素が漏れ出すことは、政府機関も"想定"していたのに対策はとられていませんでした。 事故が人災であることをあらためて示すものです。 日本共産党の吉井英勝衆院議員にも話を聞きました。 申し入れは平野達男復興担当相におこないました。 神奈川・箱根の旅館で仲居をする茂村ひとみさん(63)は、お客さんや地元の人と一緒にひな人形を手作りしています。 来春、被災地の女性たちに届ける予定です。 初公開作を含む250点に多数の資料を加えた最大級の回顧展です。 東日本大震災後、最初の紅白歌合戦。 少女時代とKARAが初出場し、東方神起を含む韓流3ユニットが、どのようなパフォーマンスをみせるかは一つの見どころ、というフリーライターの寧樂小夜さんが、今年の「紅白」を展望します。 どの撮影の瞬間も必死だったと満島(みつしま)ひかりさん。 新年放送のNHK・BSプレミアムドラマドキュメンタリードラマ「開拓者たち」で主演します。 戦前、旧「満州」(中国東北部)に渡った"大陸の花嫁"です。 しかし、自主避難者が納得できる賠償指針ではありませんでした。 野田佳彦内閣・民主党は「税と社会保障の一体改悪」へと突き進んでいます。 日本共産党の志位和夫委員長は、国会閉会にあたって、9日の議員団総会であいさつしました。 志位氏は、今国会で、労働者派遣法の骨抜き改定案や国家公務員給与削減法案の成立を断念させたことは「国民のたたかいの重要な成果だ」と指摘しました。 「橋下独裁政治ノー」で共同の輪が広がった選挙戦の後も、「独裁政治」の柱、「教育基本条例案」「職員基本条例案」の撤回を求めるたたかいが盛り上がっています。 「本来の年金額より高い」というのですが、これには高齢者の生活実態に合わないカラクリがあります。 放射能汚染に苦慮する福島県内の各市町村は、本格的な除染に着手しようとしています。 しかし汚染の実態把握は進まず、廃棄物処分の場所や方法も未定という難題も。 この間、党機関に寄せられた募金は9億3000万円をこえました。 首、おなか守って動かない ヒグマ学習センター学芸員 前田菜穂子さんに教わる 北海道にすんでいる「エゾヒグマ」というクマを知っていますか。 陸上にすむ野生動物としては日本最大で、人を襲うこともあります。 ちょっと怖い? でも大丈夫。 ピンチのときに助かる方法があります。 ヒグマ学習センターの学芸員の前田菜穂子さんが教えてくれました。 先月、第2作となるニューアルバム「ブエノスアイレスの四季」(ビクター)を発表しました。 最終回は、照明器具の選び方と加齢への対応について紹介します。 元宝塚娘役トップの愛原実花さんが、昨秋の対談後初となる「ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち」(原作/ジャン・ポワレ)に出演します。 主人公はゲイのカップル。 優しさあふれる感動作です。 11月27日までの9日間、有楽町を中心に開かれました。 韓国やイラン、中国などアジアの話題作が並び、現実に迫る映画の力を示しました。 8月11日、タイの首都バンコクの屋外特設リングで、高田結(ゆい)さん(34)=長野県岡谷市=が念願のムエタイ(タイ式キックボクシング)女子ライト級世界王座を獲得しました。 ムエタイを始めて8年目の快挙です。 素顔の結さんに迫ります。 村井嘉浩知事が「水産特区」構想に続いて、今度は県内142漁港の機能を60漁港に集約・再編するとの方針を打ち出しました。 漁民からは不安や怒りの声があがっています。 宮城県漁協の阿部力太郎理事長にも話を聞きました。 野田佳彦首相が消費税増税と社会保障切り捨ての「一体改革」=「一体改悪」を急いでいます。 政府・与党社会保障改革本部の初会合(5日)で、年内に政府・与党の「素案」をまとめ、そこに消費税増税の幅や時期、社会保障改悪の具体化を盛り込むよう指示しました。 素案をもとに各党協議を呼び掛け、年度内に法案を国会に提出する、というのです。 その内容や問題点を随時追及していきます。 「重度化進め、生活困難者増やす」という立教大学コミュニティ福祉学部教授の芝田英昭さんにも話を聞きました。 日本共産党の第4回中央委員会総会(3、4日)。 報告に立った志位和夫委員長が今日の情勢の特徴を明らかにしながら、新しい総選挙方針を示し、党勢拡大大運動の飛躍を呼びかけました。 ことは単に閣僚らの資質の問題ではなく、民主党政権の米軍基地押しつけの姿勢が問われています。 沖縄県議会で2日、日本共産党の西銘純恵県議が代表質問に立ち、相次ぐ暴言に対し「県民の苦しみや痛みを全く理解しない、政府の基地押し付けの体質そのもので、二重に看過できない」と抗議しました。 原子力発電所建設推進のため自民、民主両党にばらまかれた巨額な電力マネーの実態と国民の税金を原資とした政党助成金に注目しました。 日本共産党員町長で「明るい福崎町をつくる会」の嶋田正義氏(76)=無現=が5716票(得票率56.4%)を獲得して5選を果たしました。 公正・明朗で「町民が主人公」を貫いてきた嶋田氏。 町民から当選への喜びや期待の声が相次いでいます。 集光プラスチックという名前で売られてもいます。 同じ原理で端が光る集光スライムを作ってみましょう。 今はさらに「深い喜びを感じている」と言います。 各国を回りながら強い手ごたえを味わっているからです。 日本公開を前に来日した監督に聞きました。 今回は、布ナプキンを製作・販売するユーゴさん(37)です。 カラフルでおしゃれな布使いに驚かされます。 栄養たっぷりのキャベツとカブのスープはいかがですか。 レシピを紹介するのは、野菜ソムリエの関佳代子さんです。 「水樹奈々を『アニメソングの女王』と紹介する見出しを最近よく見かける。 間違いではないが、なにか違和感もないだろうか。 女王の割には親しみやすい。 アニメソングの枠に収まらない気がする」という、音楽ライターの山浦祐介さんが、ニューアルバムと彼女の魅力について語ります。 このほど京都市内で、平清盛(松山ケンイチ)と清盛の生涯の友となる佐藤義清(さとう・のりきよ、後の西行=藤木直人)が、流鏑馬(やぶさめ)の稽古をするシーンが撮影されました。 1枚50円のはがきで届く懐かしい友人の消息、あの人の活躍ぶり...。 近年、金券ショップ(格安店)での年賀はがきの安売り合戦が話題になっています。 その移転先の土壌汚染対策工事をめぐり大手ゼネコンの談合疑惑が浮上しています。 編集部はそれを裏付けるゼネコンの内部資料や証言を得ました。 危険で税金のムダ遣いという総事業費約4300億円の巨大プロジェクトの舞台裏は...。 防衛省沖縄防衛局の田中聡局長が沖縄県民を冒瀆(ぼうとく)する暴言で、11月29日更迭されました。 米軍新基地建設を押し付ける政府に県民の不信は募る一方です。 市長選では、「独裁反対」「大阪の民主主義を守れ」と訴えた現職市長の平松邦夫氏が敗れたものの52万2641票、得票率41. 04%を獲得しました。 結果について記者会見した日本共産党の市田忠義書記局長は、「非常に短期間に『反独裁』の一点での府民的な共同が広がったことは、これからのたたかいの土台を築いたものとして非常に重要だ」と指摘。 橋下氏の独裁批判について「まともな反論も、説明もありませんでした。 『選挙に勝てば"これが民意だ"』といって強行することは許されません」とのべました。 「『独裁』政治が長続きするはずはなく、やがて府民、市民が真実を見抜くときがくる。 われわれは独裁を許さない大闘争を展開したい」と決意を表明しました。 このなかで、志位和夫委員長は李大統領とあいさつを交わしました。 穀田恵二国対委員長・衆院議員、笠井亮政策委員長代理・衆院議員も同席しました。 衆院選比例代表候補は1・2次発表を合わせて18人。 市田氏は「衆院選でも参院選でも『比例を軸に』を貫き、『全国は一つ』の立場から衆・参比例代表選挙で650万票以上の獲得を目指す」と強調しました。 原発事故で取り返しのつかない苦難を住民に与えたからです。 その無謀に警鐘を鳴らす元東芝原発設計技術者の渡辺敦雄さん(64)に聞きました。 気温4度の冷え込みのなか、札幌市の大通公園で11月23日、「とめよう! なくそう! 原発」11・23道民集会(国民大運動北海道実行委員会主催)が開かれ、参加者は3000人を超えました。 静岡県御前崎市では11月26日、4000人の「人間の鎖」が浜岡原発の周囲約4㌔を取り囲みました。 「11・26ひまわり集会in浜岡」でのとりくみです。 東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)で、年に1度の大まつり「東京おもちゃまつり」が開かれました。 その生涯と仕事を紹介する日本初の展覧会が京都で開催中です。 波乱に満ちたレーヴィの人生と著作が現代に語りかけるものとは...。 といっても何かと忙しい毎日。 少ない労力で効率よく、エコできれいにする方法を、掃除のプロに伝授してもらいました。 日本ハウスクリーニング協会の佐藤嘉浩さんです。 3月に春風亭一之輔、9月に古今亭朝太と古今亭菊六が昇進。 一之輔は21人抜きという快挙です。 昨年、落語協会の会長が鈴々舎馬風から柳家小三治に替わり、"実力本位"に改革されたといわれる今回の真打ち昇進について、演芸専門誌・東京かわら版編集人の佐藤友美さんが語ります。 映画「源氏物語~千年の謎」は、世界最古の長編小説の誕生の秘密に迫ります。 鶴橋康夫監督に聞きました。 軍属は裁判にもかけられず、米側の処分は免許停止5年。 世論の批判を受け、事故から10カ月たってようやく起訴に。 それでも残された課題は重い。

次の

日曜版「しんぶん赤旗」

愛原実花 nhkから国民を守る党

渡辺喜美 みんなの党代表 の不徳 最側近からもついに三行半 鳩山 元首相 ひとりぼっちの夏祭り 消費増税法成立で退任 勝 前財務事務次官 天下り先は日銀!? 第20回富士通杯達人戦 準決勝・第2局[上] 森内俊之(名人)VS. 渡辺喜美 みんなの党代表 の不徳 最側近からもついに三行半 鳩山 元首相 ひとりぼっちの夏祭り 消費増税法成立で退任 勝 前財務事務次官 天下り先は日銀!? 公文書の改ざんを命じられ、自殺した赤木俊夫さんの妻・雅子さんが、国と佐川元理財局長を訴えた裁判が始まった。 寝たままできる体操で、姿勢を正してぽっこりおなかをぺたんこに! 第二特集は「家の中の除菌・ウイルス対策」。 外出先から帰って、まずすること 5 つ!でしっかりコロナ対策をして、この時期気になるカビ、細菌、ウイルスを除去していきましょう。 また、「旬を味わえる夏の漬物」や「尿漏れにもう悩まない!」など、今号も情報がぎゅっと詰まっています! ぜひご購読ください。 jpg 家の中の除菌・ウイルス対策 洗濯物の細菌を増やさない洗濯習慣や食中毒を防ぐ台所の除菌方法など、この時期にしっかりしておきたい家の中の除菌・ウイルス対策について専門家にお聞きしました。 その他特集 旬を味わえる 夏の漬物 村上祥子のおいしい! 健康! レシピシリーズ 暑さを吹き飛ばす! ゴーヤレシピとゴーヤ酢 足に青い血管が浮き出てきたら... 下肢静脈瘤を体操とマッサージで治しましょう 水分の摂り方や体操、最新治療で 尿漏れにもう悩まない! 好評連載 ・鎌田實さん「もっともっとおもしろく生きようよ」 ・岸見一郎さん「生活の哲学」 ・「わたしの体験記」麻木久仁子さん ・スマホお悩み相談室「声で検索できると聞いたのですが...... 先行き不透明な時代を 豊かに健やかに生きるためには、 マイナスのエネルギーを 除けることが不可欠です。 邪気、穢れ、悪縁を払い、 場や心身をクリアリングすれば、 運気が磨かれ、人生が輝き出します。 今こそ達人が教える、 お清め・浄化の秘法をお試しください! そして、世の中の枠組みに 大変動が起きている今こそ、 つながりやすくなっているのが 鳳凰・麒麟・神龍の3神獣です。 これまでたくさんの人々を 豊かで幸せな世界に誘ってきた 3名の達人が、それぞれとつながり 力をいただく方法を伝授します。 さらに、コロナ禍を予言した占い師芸人・ ゆうたろうさんが2020年後半を予測する 特集、幸せ富豪の斎藤一人さんが コロナ時代の疑問や不安に回答する 緊急特集など、必見特集が満載です! 貧乏神も退散! 「最強のお清め」 運気が磨かれ人生が輝く超秘法 場と心身を浄化する「いろは書画」カード付き! 特集2 大いなる力に守られる! うれしい奇跡が次々起こる! 「鳳凰・麒麟・神龍」とつながって富と幸せをつかむ! 「鳳凰とつながる誘導音声」を無料ダウンロード! 「麒麟の運勢診断」を全員プレゼント! 特集3 新型コロナ・オリンピック延期 ・株価暴落の予言が的中! 霊感タロット占いで話題沸騰の人気芸人が読み解く!

次の

非公開: 【参院選】「NHKをぶっ壊す」立花代表の政見放送パワーアップ 局アナ同士の路上社内不倫を4分間糾弾 (2019年7月6日)

愛原実花 nhkから国民を守る党

カテゴリー• バックナンバー• 朝鮮半島を「併合」(1910年)した日本(朝鮮総督府)が持ち去ったままにしていましたが、このほど関係団体の運動と日本共産党の努力が実って返還され、記念式典が13、16日の両日、韓国で行われました。 日本の国会議員でただ一人招待された日本共産党の笠井亮衆院議員に経過や感想を聞きました。 そんな底冷えのする雇用状況をはね返すたたかいが話題を呼んでいます。 京都放送(KBS京都・京都市上京区)で、アルバイト職員100人が雇い止めを撤回させ、1年間の雇用継続を勝ち取ったのです。 4兆円を超す内部留保をため込みながら、1万5千人削減という国内最大規模のリストラをすすめるパナソニックグループ。 日本共産党の志位和夫幹部会委員長は19日、談話を発表しました。 20日行った「綱領教室」のなかでも、発言しました。 「不退転の決意」で消費税10%への増税を進める野田首相。 その上、社会保障もあらゆる分野で削減する「一体改悪」であることが、ますますはっきりしました。 「不公平な税制をただす会」事務局長・税理士の富山泰一さんにも聞きました。 「メルトダウンに『冷温停止』ない」という元GE(ゼネラル・エレクトリック)社の原発技術者・菊地洋一さんのコメントも紹介します。 実は過酷事故で原発建屋に水素が漏れ出すことは、政府機関も"想定"していたのに対策はとられていませんでした。 事故が人災であることをあらためて示すものです。 日本共産党の吉井英勝衆院議員にも話を聞きました。 申し入れは平野達男復興担当相におこないました。 神奈川・箱根の旅館で仲居をする茂村ひとみさん(63)は、お客さんや地元の人と一緒にひな人形を手作りしています。 来春、被災地の女性たちに届ける予定です。 初公開作を含む250点に多数の資料を加えた最大級の回顧展です。 東日本大震災後、最初の紅白歌合戦。 少女時代とKARAが初出場し、東方神起を含む韓流3ユニットが、どのようなパフォーマンスをみせるかは一つの見どころ、というフリーライターの寧樂小夜さんが、今年の「紅白」を展望します。 どの撮影の瞬間も必死だったと満島(みつしま)ひかりさん。 新年放送のNHK・BSプレミアムドラマドキュメンタリードラマ「開拓者たち」で主演します。 戦前、旧「満州」(中国東北部)に渡った"大陸の花嫁"です。 しかし、自主避難者が納得できる賠償指針ではありませんでした。 野田佳彦内閣・民主党は「税と社会保障の一体改悪」へと突き進んでいます。 日本共産党の志位和夫委員長は、国会閉会にあたって、9日の議員団総会であいさつしました。 志位氏は、今国会で、労働者派遣法の骨抜き改定案や国家公務員給与削減法案の成立を断念させたことは「国民のたたかいの重要な成果だ」と指摘しました。 「橋下独裁政治ノー」で共同の輪が広がった選挙戦の後も、「独裁政治」の柱、「教育基本条例案」「職員基本条例案」の撤回を求めるたたかいが盛り上がっています。 「本来の年金額より高い」というのですが、これには高齢者の生活実態に合わないカラクリがあります。 放射能汚染に苦慮する福島県内の各市町村は、本格的な除染に着手しようとしています。 しかし汚染の実態把握は進まず、廃棄物処分の場所や方法も未定という難題も。 この間、党機関に寄せられた募金は9億3000万円をこえました。 首、おなか守って動かない ヒグマ学習センター学芸員 前田菜穂子さんに教わる 北海道にすんでいる「エゾヒグマ」というクマを知っていますか。 陸上にすむ野生動物としては日本最大で、人を襲うこともあります。 ちょっと怖い? でも大丈夫。 ピンチのときに助かる方法があります。 ヒグマ学習センターの学芸員の前田菜穂子さんが教えてくれました。 先月、第2作となるニューアルバム「ブエノスアイレスの四季」(ビクター)を発表しました。 最終回は、照明器具の選び方と加齢への対応について紹介します。 元宝塚娘役トップの愛原実花さんが、昨秋の対談後初となる「ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち」(原作/ジャン・ポワレ)に出演します。 主人公はゲイのカップル。 優しさあふれる感動作です。 11月27日までの9日間、有楽町を中心に開かれました。 韓国やイラン、中国などアジアの話題作が並び、現実に迫る映画の力を示しました。 8月11日、タイの首都バンコクの屋外特設リングで、高田結(ゆい)さん(34)=長野県岡谷市=が念願のムエタイ(タイ式キックボクシング)女子ライト級世界王座を獲得しました。 ムエタイを始めて8年目の快挙です。 素顔の結さんに迫ります。 村井嘉浩知事が「水産特区」構想に続いて、今度は県内142漁港の機能を60漁港に集約・再編するとの方針を打ち出しました。 漁民からは不安や怒りの声があがっています。 宮城県漁協の阿部力太郎理事長にも話を聞きました。 野田佳彦首相が消費税増税と社会保障切り捨ての「一体改革」=「一体改悪」を急いでいます。 政府・与党社会保障改革本部の初会合(5日)で、年内に政府・与党の「素案」をまとめ、そこに消費税増税の幅や時期、社会保障改悪の具体化を盛り込むよう指示しました。 素案をもとに各党協議を呼び掛け、年度内に法案を国会に提出する、というのです。 その内容や問題点を随時追及していきます。 「重度化進め、生活困難者増やす」という立教大学コミュニティ福祉学部教授の芝田英昭さんにも話を聞きました。 日本共産党の第4回中央委員会総会(3、4日)。 報告に立った志位和夫委員長が今日の情勢の特徴を明らかにしながら、新しい総選挙方針を示し、党勢拡大大運動の飛躍を呼びかけました。 ことは単に閣僚らの資質の問題ではなく、民主党政権の米軍基地押しつけの姿勢が問われています。 沖縄県議会で2日、日本共産党の西銘純恵県議が代表質問に立ち、相次ぐ暴言に対し「県民の苦しみや痛みを全く理解しない、政府の基地押し付けの体質そのもので、二重に看過できない」と抗議しました。 原子力発電所建設推進のため自民、民主両党にばらまかれた巨額な電力マネーの実態と国民の税金を原資とした政党助成金に注目しました。 日本共産党員町長で「明るい福崎町をつくる会」の嶋田正義氏(76)=無現=が5716票(得票率56.4%)を獲得して5選を果たしました。 公正・明朗で「町民が主人公」を貫いてきた嶋田氏。 町民から当選への喜びや期待の声が相次いでいます。 集光プラスチックという名前で売られてもいます。 同じ原理で端が光る集光スライムを作ってみましょう。 今はさらに「深い喜びを感じている」と言います。 各国を回りながら強い手ごたえを味わっているからです。 日本公開を前に来日した監督に聞きました。 今回は、布ナプキンを製作・販売するユーゴさん(37)です。 カラフルでおしゃれな布使いに驚かされます。 栄養たっぷりのキャベツとカブのスープはいかがですか。 レシピを紹介するのは、野菜ソムリエの関佳代子さんです。 「水樹奈々を『アニメソングの女王』と紹介する見出しを最近よく見かける。 間違いではないが、なにか違和感もないだろうか。 女王の割には親しみやすい。 アニメソングの枠に収まらない気がする」という、音楽ライターの山浦祐介さんが、ニューアルバムと彼女の魅力について語ります。 このほど京都市内で、平清盛(松山ケンイチ)と清盛の生涯の友となる佐藤義清(さとう・のりきよ、後の西行=藤木直人)が、流鏑馬(やぶさめ)の稽古をするシーンが撮影されました。 1枚50円のはがきで届く懐かしい友人の消息、あの人の活躍ぶり...。 近年、金券ショップ(格安店)での年賀はがきの安売り合戦が話題になっています。 その移転先の土壌汚染対策工事をめぐり大手ゼネコンの談合疑惑が浮上しています。 編集部はそれを裏付けるゼネコンの内部資料や証言を得ました。 危険で税金のムダ遣いという総事業費約4300億円の巨大プロジェクトの舞台裏は...。 防衛省沖縄防衛局の田中聡局長が沖縄県民を冒瀆(ぼうとく)する暴言で、11月29日更迭されました。 米軍新基地建設を押し付ける政府に県民の不信は募る一方です。 市長選では、「独裁反対」「大阪の民主主義を守れ」と訴えた現職市長の平松邦夫氏が敗れたものの52万2641票、得票率41. 04%を獲得しました。 結果について記者会見した日本共産党の市田忠義書記局長は、「非常に短期間に『反独裁』の一点での府民的な共同が広がったことは、これからのたたかいの土台を築いたものとして非常に重要だ」と指摘。 橋下氏の独裁批判について「まともな反論も、説明もありませんでした。 『選挙に勝てば"これが民意だ"』といって強行することは許されません」とのべました。 「『独裁』政治が長続きするはずはなく、やがて府民、市民が真実を見抜くときがくる。 われわれは独裁を許さない大闘争を展開したい」と決意を表明しました。 このなかで、志位和夫委員長は李大統領とあいさつを交わしました。 穀田恵二国対委員長・衆院議員、笠井亮政策委員長代理・衆院議員も同席しました。 衆院選比例代表候補は1・2次発表を合わせて18人。 市田氏は「衆院選でも参院選でも『比例を軸に』を貫き、『全国は一つ』の立場から衆・参比例代表選挙で650万票以上の獲得を目指す」と強調しました。 原発事故で取り返しのつかない苦難を住民に与えたからです。 その無謀に警鐘を鳴らす元東芝原発設計技術者の渡辺敦雄さん(64)に聞きました。 気温4度の冷え込みのなか、札幌市の大通公園で11月23日、「とめよう! なくそう! 原発」11・23道民集会(国民大運動北海道実行委員会主催)が開かれ、参加者は3000人を超えました。 静岡県御前崎市では11月26日、4000人の「人間の鎖」が浜岡原発の周囲約4㌔を取り囲みました。 「11・26ひまわり集会in浜岡」でのとりくみです。 東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)で、年に1度の大まつり「東京おもちゃまつり」が開かれました。 その生涯と仕事を紹介する日本初の展覧会が京都で開催中です。 波乱に満ちたレーヴィの人生と著作が現代に語りかけるものとは...。 といっても何かと忙しい毎日。 少ない労力で効率よく、エコできれいにする方法を、掃除のプロに伝授してもらいました。 日本ハウスクリーニング協会の佐藤嘉浩さんです。 3月に春風亭一之輔、9月に古今亭朝太と古今亭菊六が昇進。 一之輔は21人抜きという快挙です。 昨年、落語協会の会長が鈴々舎馬風から柳家小三治に替わり、"実力本位"に改革されたといわれる今回の真打ち昇進について、演芸専門誌・東京かわら版編集人の佐藤友美さんが語ります。 映画「源氏物語~千年の謎」は、世界最古の長編小説の誕生の秘密に迫ります。 鶴橋康夫監督に聞きました。 軍属は裁判にもかけられず、米側の処分は免許停止5年。 世論の批判を受け、事故から10カ月たってようやく起訴に。 それでも残された課題は重い。

次の