菊芋 ダイエット。 【菊芋チップスの効能】糖尿病・高血糖の方におすすめ!便秘改善効果も。

菊芋(キクイモ)の効能とダイエットレシピ

菊芋 ダイエット

【38歳 女性 主婦の場合】 様々なダイエットを試しましたが、続かず特に食欲は抑えられませんでした。 何とか食べながらダイエットする方法はないものかと悩んでいたところ、テレビで「菊芋ダイエット」の放送を目にしました。 テレビではダイエット効果だけでなく、高血圧など体調の管理にも有効だという事でした。 今から3か月ほど前の事です。 その日から毎日の食卓にできるだけ菊芋を加えることにしました。 サラダは菊芋をドレッシングで和えたものにし、毎日食べています。 様々な料理を試しましたがイチオシなのがシチューですね。 口の中で菊芋の甘さが広がり他の野菜とも相性が良いため、シチューにぴったりでした。 それをご飯にかけるとなお食べやすいですね。 かと言ってお菓子も食べたかったので、「菊芋チップス」を作ってみました。 薄くスライスして乾燥させるだけ。 作るのに4日ほどかかりますが、市販のポテトチップスに勝るとも劣らない味で、しかもチップスにありがちな脂っこさもありません。 3か月続けた結果、体重が3キロ減と効果がありました。 多少はお菓子などを控えましたが、食事の内容や量はほとんど変えていません。 ただ菊芋を取り入れただけという感じです。 以前はコレステロールも高い状態でしたが、それも幾分改善されたようです。 ただし、このダイエットの欠点は菊芋が手に入りにくいことですね。 普通のスーパーではお目にかかれないことも多いです。 私は主にネットで手に入れていますが、若干高い値段ですね。 ただ、それに値する効果はあると思います。 【41歳 女性の場合】 菊芋ダイエットを三ヶ月行って、5キロほど痩せることが出来ました。 食べていた量は1食あた菊芋をり200gほど、夕食時の主食の代わりに食べていた感じです。 調理方法は基本的にはアルミホイルに巻いてレンジでチンし、塩をかけたり、カロリーハーフのマヨネーズやとろけるチーズをのせたりしながら食べていました。 この方が飽きずに続けやすいからです。 たまに潰してポタージュやら千切りにしてサラダなどとにかく飽きないように工夫して食べ続けました。 食べ始めて最初の一ヶ月でわかったことは、じゃがいも並みの満腹感に加えてカロリーも大幅に抑えられるという点です。 実質一食分のお米を抜いているのと同じなのに、満腹感は同等以上なので苦もなく続けることができました。 そうして最初の1ヶ月で2キロほどの減少しました。 健康的に痩せることが出来た感じです。 菊芋ダイエットのメリットはなんと言ってもその満足感にありますね。 低インシュリン食材ですが、イヌリンという天然のインシュリンと呼ばれる成分がたっぷり含まれおり徐々にゆっくりと血糖値を挙げてくれます。 同時に満腹感もゆっくり理想的なペースで満たされていくため、満足感が長持ちします。 デメリットは味が単調という点が挙げられますが、こちらは味付けや調理次第でなんともなるということなので全く問題ない要素だったりします。 【32歳 女性 主婦の場合】 産後太りが解消せず10年以上肥満気味の私。 洋ナシ形のいわゆる中年太りです。 そんな私の体形と健康を憂いた母から大量の菊芋が届きました。 菊芋は、ダイエットだけでなく様々な成人病予防や美容にも良いということでその日から毎日続けて食べるようにしました。 保存は土の中がベスト!らしいのでもともと家庭菜園が趣味なので空いているプランターに埋めて保存しつつ約一か月かけて毎日一食、小鉢一品分は菊芋料理をして食べました。 味も食感も、ゴボウ…よりのヤーコンのような感じです。 薄切りにしてオリーブオイルで素揚げにし、チップスにしてサラダへ散らせたり、細切りにしてきんぴら、煮物、などにして食べました。 食感と香りにやや癖がありますが、味自体はあまり癖がないためきんぴらがベスト(おいしかった)です。 最終的に送ってもらった菊芋を食べ終わったときには気づかぬうちに微量ですが2キロ落ちていました。 感想としては、あまりダイエットしている感覚がなく続けられますので全然苦ではなかったです。 【49歳 女性 主婦の場合】 ビートたけしさんの健康テレビで見かけた菊芋ダイエット。 ズボラな私でも簡単にトライできそうなので体験してみました。 近くの道の駅で大量に売っていたため、まとめ買い。 1日に1個を目安に頑張って2週間続けてみました。 初めて食べた菊芋はミョウガや牛蒡に似た味わいです。 皮をむくとジャガイモのような、ぷりぷりした実が印象的です。 ピクルスや味噌汁・コロッケにしてせっせと食べました。 仕事をしていて忙しいため、朝と昼はパスして夕食に味わうことが多かったです。 2週間で体重はなんと1. 8キロ減。 お通じが良くなり毎朝トイレに行けるようになったため、お腹まわりがとてもスッキリした印象です。 宿便がどどっと出たせいか、顔の肌荒れもほぼ無くなりました。 小鼻やあごに赤いブツブツや発疹が出来なくなり、肌はつるんと若返った印象です。 ファンデーションを濃い目に塗らなくても良くなり、赤ちゃんのような肌になりました。 調べてみたところ、菊芋には糖の吸収を抑えてくれる働きがあるようです。 美肌や美腸にも良く、腸内フローラを整えてくれる嬉しい作用もあります。 美味しく食べながら美肌とダイエットにいいなんて、こんなに良い話はありません。 これからも我が家の食卓には菊芋が欠かせなくなりそうです。 【35歳 男性 会社員の場合】 知人のすすめで始めた菊芋ダイエットも、そろそろ1年になります。 一人暮らで菊芋を調理するのは大変なので、知人もオススメしてくれた菊芋チップスを食べています。 50gの菊芋チップスが大体3日ぐらいで無くなっていました。 食べ方はそのまま食べたり、時にはお味噌汁に入れたりサラダに割ってかけることで食感も楽しめるので個人的にはふりかけ風に砕いてたべることが多かったです。 食べ始めてからまずは排便が毎日規則正しくなりました。 そして、少しずつですが体重も落ちてきました。 食事も食べ過ぎないように心がけてはいましたが、すごく健康的にダイエットが進行しています。 毎日の朝の目覚めも良くなりました。 パチッと朝早くに目が覚めるので少しストレッチなどの運動をしたり、本を読んだりと一日のタイムスケジュールもいい方向に変化がありました。 これからも続けようと思います。 菊芋に関するオススメ記事•

次の

効果絶大!?キクイモでダイエット!?

菊芋 ダイエット

肥満のメカニズムを知ることで無理のない自然なダイエット 肥満は食事の量だけではなく「運動量が少ない。 」「ストレス」「不規則な生活」など様々な原因があります。 それをすべてなくすことは大変な労力です。 例えば適切な運動とカロリー計算をしながら食事をし続けるのはこの忙しい現代至難の業でしょう。 「ストレスがいけない」といわれても、この現代社会でどうすればよいのでしょう。 そこで自然なダイエットとして低インシュリンダイエットが提唱されています。 『インシュリン』という言葉で思い当たるように、そもそもはアメリカでの糖尿病の食餌療法から生まれたダイエット理論です。 インシュリンの量をコントロールすることでダイエットを行う方法です。 インシュリンには、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んで蓄えさせる働きがあります。 このインシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなるだけでなく、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させるグルカゴンの分泌が促進されるようになります。 つまり、「運動しなくても痩せる」ことができるのです。 しかも自然な食品によるものなので、リバウンドなど肥満体質になるような副作用がなく体質そのものを改善できます。 インシュリン すい臓から分泌され血糖血を下げる働きをする。 血糖値が急激に上昇すると肝臓やあるいは筋肉に蓄えられずにあまった糖をインシュリンによって中性脂肪に変えて脂肪細胞に蓄積する働きがあります。 グルカゴン 血糖値が下がった時にすい臓から分泌され体内の脂肪細胞から蓄えられた脂肪を分解する働きがあるホルモンです。 低インシュリンダイエットの勧め• 低インシュリン値の食事• 自然でしかも積極的にインシュリンを抑える食品を摂取する。 インシュリンの分泌を抑えるには血糖値の上昇しにくい食事をすることです。 この時、上昇しにくい食品の目安となるのが食材のGI値(グリセミック・インデックス値)です。 GI値60を基準として(穀類は65)食品を食べていい食品と避けたほうがいい食品におおまかに分けて、それを意識して食事を摂ります。 又、摂取時に酢、乳製品、食物繊維を同時に取ると血糖値の急激な上昇が抑えられます。 積極的に健康に配慮しインシュリンを低く抑える 下の表は前述のGI値を各食品カテゴリに分けたものです。 右側の食品がGI値が低い値の食品です。 かなり多くの種類がありちょっと気をつけるだけでよく、カロリー計算も不要です。 これは「菊芋」の成分に関係します。 この菊芋には「イヌリン」と呼ばれるインシュリンの分泌を抑える働きがあるのです。 これにより食後の血糖値の上昇にもかかわらずインシュリンの分泌を抑えそれにより脂肪細胞への蓄積を防ぐ働きを積極的に行うのです。 そしてこの「菊芋」働きはそれだけにとどまりません。 健康上の効果は計り知れないのです。 アメリカ開拓時代、ヨーロッパからの移住者が厳しい寒さの中で病気になって倒れていく中、菊芋を食べていた先住民のトピナンプー族だけは元気に働いていた、と語られています。 キクイモは、北米原産のキク科の植物。 花は菊に似て、根はイモ状です。 茎はまっすぐに2~3m 位にまで伸びます。 ビタミン・ミネラル・酵素を含み、非常に生命力の強い植物です。 菊芋の成分について 副作用なしに血糖値を上げることのない作用が菊芋には認められ、それが「天然のインスリン」として多くの方に愛用されています。 徳島大学薬学部の村上先生の分析によると、菊芋の栄養組成は、乾燥重量に対して粗脂肪3. 6%、繊維1. 7%、タンパク質10. 6%、糖質69%、ミネラル2. 1%とのデータがあります。 菊芋の糖質はイヌリンだけでデンプンは含まれていません。 菊芋の主成分であるこのイヌリンこそが、血糖値、HbA1cに大きな影響を及ぼしています。 イヌリンはタマネギ、ニラまたダリア、ゴボウ、たんぽぽ、アザミなどのキク科の植物に多く含まれているといわれますが、このイヌリンが最も多いのが菊芋と言われています。 ktv. 生で菊芋の有効成分であるイヌリンを摂取するには毎日相当量(生20g2ヶ以上)を食べなくてはなりません。 また生の菊芋は冬場だけの収穫です。 本当に改善を望むなら、凝縮してイヌリン量の多いエキス・粒・粉末パウダーが最適です。 Contents•

次の

【口コミ】イヌリン(菊芋)ダイエットの方法と副作用をブログ解説

菊芋 ダイエット

Contents• イヌリンでダイエット開始 わかりやすいように、体重計の写メを撮りながらダイエットをスタートしました。 iPhoneだと、写メの上に日付も記録されていますね。 わかりやすいので、日付込みで写メを載せていきます。 [2018年5月13日 70. 効果的な食前に飲みました。 その際利用したサプリはこちら、イヌリンとHMB。 このサプリを選んだ理由は、イヌリンの含有量が他のサプリより全然多かったからです。 また、イヌリンだけでなくプラスの成分も豊富でダイエットをサポートしてくれます(人気のHMBも入ってる!)。 つまり、他のイヌリンや菊芋のサプリより、断然成分が優れていたわけですね。 もちろん、血糖値の上昇を抑える目的でイヌリンを摂る場合も、 イヌリン含有量に効果が左右されるのでおススメ度は高いです。 95キロ(ダイエット終了!) これにて、 約10ヶ月のイヌリンダイエットを終了し、-13キロを達成!日付とともに、徐々にですが着実に体重が減っていってるのが確認できますね。 多少落ちにくくなってきた場面はありますが、落とす脂肪がなくなってきたせいとも言えます。 そして、お腹はどうなったかというと・・・ こんな感じです。 こちらも公開しておきます。 イヌリンダイエットの条件• イヌリンをサプリで飲む• 朝食前と夕食前に飲む• 毎日しっかり継続• 食事制限や運動はなし 私が実践で使用したサプリは、 イヌリン含有量が多くてプラス成分も摂れるイヌリンとHMBです。 イヌリンとHMBを選んだ理由を簡単に説明しておくと、以下の3つです。 イヌリン含有量が最強だったから• コスパが最も良いから 後ほど詳しく解説しますが、イヌリンとHMBについて詳しくは公式サイトを確認してみてください。 イヌリンサプリの中でも 配合量が最高、さらにダイエット成分HMBまで一緒に摂れる、成分が優れたイヌリンのサプリです。 イヌリン含有量はちょっと落ちる(1350mg)けど、 継続条件がない方がいいよって人は ルックルックイヌリンプラスもチェックしてみてください。 イヌリンとHMBにほぼ同じレベルでイヌリンを摂ることができます。 ではなぜ、イヌリンを摂るだけでこんなに順調にダイエットできたのか? イヌリンが効果的に痩せる理由を確認してみましょう。 食前に摂ることで、血糖値の上昇を抑える イヌリンと言えば、天然のインスリンと言われるほど、血糖値の上昇を抑える作用があります。 なので、血糖値が気になる人、糖尿病の人にも推奨されますが、血糖値の上昇を抑えること=強力なダイエット(糖質制限)になるからです。 それはなぜか・・・? インスリンが出ると太る。 逆に言えば? 私たち人間の体は、血糖値が上がると下げる作用があるインスリンが分泌されます。 このインスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれ、分泌されるほど太る。 なぜなら、インスリンは体に脂肪を付ける作用があるからですね。 ということは?はい、 イヌリンで血糖値が上がらなければ、脂肪がとても付きにくくなるわけです。 ちなみに、糖質制限がとても痩せやすい理由でもあります。 ライザップなんかで採用されているので、CMで糖質制限の威力をご存知の方も多いのではないでしょうか。 まずはデメリットから 【サプリの必要性が高い】 イヌリンと言えば菊芋に豊富に含まれますが、菊芋自体がなかなか手に入りにくい上に保存も難しい。 そして、もし仮に毎日手に入っても、調理して食前に食べるのは、正直飽きます。 しかし、ダイエットにしろ血糖値対策にしろ、継続的に摂る必要があります。 継続的にイヌリンを摂るには、 簡単に毎日摂れるサプリで摂ることがやはり現実的で手っ取り早いんですよね。 【急激に痩せるわけではない】 私は13キロほど痩せましたが、10ヶ月間かかっています。 なので、イヌリンのみで一気に痩せたい!という人には不向きな部分もあります。 ただし、食事制限や運動なしの結果なので、イヌリンを摂る以外のダイエットも一緒にしたら短期間でも痩せやすいです。 ライザップ並に一気に痩せたいのであれば、イヌリンを摂りながら、筋トレや有酸素運動、食事制限をしてみるなど一工夫が必要になります。 もちろん、 緩やか(と言っても10ヶ月で13キロ減)に痩せたいのであれば、イヌリンだけで充分です。 その理由としては、次で紹介する続けやすさも関係してきます。 【食事制限や運動がなくても大丈夫だから楽】 我慢が必要な食事制限やキツい運動がなくても良い点は、大きなメリットですね。 なんせサプリであれば、食前に飲むだけでオッケー。 他のダイエットで失敗した人でも、楽に続けられることは結果に繋がります。 【血糖値のコントロールもできる】 どちらかというと、ダイエットより血糖値が気になる人に人気が高いイヌリン。 ダイエット目的でも、血糖値コントロールは健康管理に役立ちます。 【便通も良くなる】 イヌリンは食物繊維なので、便通の改善にも効果的。 ちなみに、腸内環境を整えることは、代謝を良くするため痩せやすい体にもしてくれます。 まとめ ダイエット方法としてメリットが多い 具体的に確認してみると、ダイエット方法としてイヌリンを考えた場合、実はかなりメリットが多いことがわかります。 特に楽に着実にダイエットしたい、今までのダイエットで失敗した、血糖値も気になっている・・・なんて人におススメな方法です。 イヌリンとHMBを選ぶ理由 実はイヌリンとHMB以外にも、イヌリンを摂れるサプリはあります。 例えば、前田の菊芋や、金の菊芋など。 そんな中で、なぜ私がイヌリンとHMBを選んだのか。 冒頭でも軽く触れましたが、イヌリンとHMBの優位性をチェックしてみましょう。 イヌリンとHMBが最も多いことがわかりますね。 プラスの成分が入っている 全体的な筋力をアップしてくれるHMB、糖や脂肪の吸収を抑える桑の葉やサラシア、血圧や血糖値を抑えるビワ茶、内臓脂肪を減らすアイスプラント(詳しい成分やイヌリン含有量も公式サイトから確認ができます)。 前田の菊芋や金の菊芋では成分はイヌリンのみですが、イヌリンとHMBではプラス他の成分も摂ることができます。 2回目は金の菊芋が安いように見えますが、金の菊芋のイヌリン含有量ならなんと半分の量で摂れちゃいます。 しかもプラス成分もあり。 推奨量が6錠でも、別に3錠飲んでもいいわけです。 まとめ イヌリンを摂れるサプリは、イヌリンとHMB以外にも、前田の菊芋や金の菊など。 しかし、 イヌリン含有量、プラス成分、コスパの良さ、3つの理由から、イヌリンとHMBがおススメ! 唯一のデメリット4回の継続条件はありますが、ぶっちゃけ1ヶ月飲んで即痩せる!なんてことはやはり難しいんです。 3キロでしたね) 実際に私が、 70. 95キロまで痩せたイヌリンでのダイエット。 食事制限や運動なし!食前にイヌリンのサプリを飲むだけ!楽に痩せたい!という人は、是非、同じイヌリンとHMBで試してみてください。

次の