綾香 に じ いろ 歌詞。 平原綾香の「ジュピター」の原曲はなんですか?

「Jupiter / 平原 綾香」の楽譜一覧

綾香 に じ いろ 歌詞

懸命に生きる人に寄り添う曲 ホルストが作曲した組曲「惑星」の中の「木星」は多くのクラシック・ファンから愛されている名曲ですよね。 学校で音楽の時間に習った読者も多いのではないでしょうか。 この「木星」に美しい日本語の歌詞を付けたのが、平原綾香のデビュー曲『Jupiter』です。 『Jupiter』って、心が傷ついたときに、そっと寄り添ってくれる曲なんです。 一生懸命に生きているからこそ、その分、思いもよらない出来事で深く傷ついてしまうことがありますよね。 この曲で描かれているのは、そんな傷ついた人に対して「自分に何ができるだろうか?」と真剣に悩みながらも、傷ついた人のために心を尽くす主人公の姿なんです。 だから『Jupiter』を聴いていると、大きな愛に包まれているような気がして、凄く癒されるんですよね。 そんな愛に満ちた『Jupiter』からの5つのメッセージを、一つ一つ紹介していきましょう。 「ひとりじゃない 深い胸の奥でつながっている」と。 自分は「つながっている」、つまり傍にいるのだ、寄り添っているのだと、自分の立ち位置を明確にしています。 「輝く星」の光を私たちが目にするまでには、およそ数十億年かかるとされています。 数十億年はとんでもない時間であり、想像もつきませんね…。 そんなとんでもない時を越えて私達の目に星の光が届く。 一件何気ない出来事のように思えますが、冷静に考えると「とんでもない奇跡」ですよね。 この奇跡と比較するかのように、地球には数十億の人がいる中で、「傷ついたあなたの味方になる。 側にいる」と思えるくらい大切な人に出会えた…。 メッセージ2 あなたの為に何かしたい ---------------- 私の この両手で 何ができるの? 相手に寄り添った立ち位置から、傷ついた人の力になろうとしています。 それと同時に、「私のこの両手で何ができるの?」と深く思い悩む様子も伝わってきます。 傷つき、「自分を信じてあげられなくなった」人は、自分から助けを求めないでしょう。 だから、「私」は悩みながらも、「私」の方から相手の傷にそっと触れて癒そうとしています。 早く痛みが治るようにと、祈るような気持ちが伝わってきます。 「そっと目を閉じて」いるのは、相手の傷に触れて痛みを共有しようとしている「私」の方なのかもしれませんね。 この「そっと傷に触れる」行動からも、「私」が上から目線で傷ついた人に接しているのではないことが分かります。 傷ついた人を応援しているだけではなく、敬意を持って相手に接する姿からも愛を感じますね。 「私」は呼ばれたらどこへでも行く覚悟を持っています。 そして「あなたの涙(悲しさ)」を受け入れ、自分のものにしようとしています。 そのことによって、自分の心が(受け入れた)涙でいっぱいになっても構わない。 そんな深い愛が表現されています。 愛が深いからこそ聴いている人の心を癒していくのですね。 また悲しみが深すぎて、何をしたらよいのかさえ分からないこともあります。 この歌詞では、そのような人に対して、「今は自分を抱きしめて」という優しく温かい言葉を贈っています。 「命のぬくもり」という温かさを感じる言葉も優しいですよね。 まるで、悲しいときに「まずはあったかい物でも飲んで」と、自分を愛してくれている人が作ってくれるスープのようです。 傷ついた人は、まずはアレコレ考えるのを止めて、自分を労わった方が良さそうですね。 『Jupiter』は、そう伝えています。 また、聴いている全ての人に当てはまるように、それぞれの人生を全肯定する言葉でもありますね。 傷つき、涙する日はきっと誰にでもあります。 それでも、望むように生きていい。 その先にこそ輝く未来がある。 そんな力強い励ましの言葉が深いですね。 傷つき、涙する人に寄り添いたい 『Jupiter』からの5つのメッセージ、届いたでしょうか?いずれのメッセージからも、「傷つき、涙する人に寄り添いたい」という温かい気持ちが伝わってきますね。 私はこの曲と、この曲を心を込めて歌う平原綾香の姿に、何度も励まされてきました。 そして、いつしか、「もしも自分の大切な人に涙する日が訪れたら、この曲の主人公のように、敬意を持って寄り添いたい」と思うようになりました。 『Jupiter』に込められた、「傷ついた人に対して、自分は何ができるのか?」という真摯な問いと、考え抜かれたその答え。 愛に満ちた5つのメッセージ。 『Jupiter』から伝わってくる温かい気持ちは、いつしか聴いている人を染めていくのですね。 星の美しい秋の夜に、宇宙のような壮大さと深い愛を感じる『Jupiter』を、是非もう一度聴いてみませんか? TEXT 三田綾子.

次の

マスカット

綾香 に じ いろ 歌詞

懸命に生きる人に寄り添う曲 ホルストが作曲した組曲「惑星」の中の「木星」は多くのクラシック・ファンから愛されている名曲ですよね。 学校で音楽の時間に習った読者も多いのではないでしょうか。 この「木星」に美しい日本語の歌詞を付けたのが、平原綾香のデビュー曲『Jupiter』です。 『Jupiter』って、心が傷ついたときに、そっと寄り添ってくれる曲なんです。 一生懸命に生きているからこそ、その分、思いもよらない出来事で深く傷ついてしまうことがありますよね。 この曲で描かれているのは、そんな傷ついた人に対して「自分に何ができるだろうか?」と真剣に悩みながらも、傷ついた人のために心を尽くす主人公の姿なんです。 だから『Jupiter』を聴いていると、大きな愛に包まれているような気がして、凄く癒されるんですよね。 そんな愛に満ちた『Jupiter』からの5つのメッセージを、一つ一つ紹介していきましょう。 「ひとりじゃない 深い胸の奥でつながっている」と。 自分は「つながっている」、つまり傍にいるのだ、寄り添っているのだと、自分の立ち位置を明確にしています。 「輝く星」の光を私たちが目にするまでには、およそ数十億年かかるとされています。 数十億年はとんでもない時間であり、想像もつきませんね…。 そんなとんでもない時を越えて私達の目に星の光が届く。 一件何気ない出来事のように思えますが、冷静に考えると「とんでもない奇跡」ですよね。 この奇跡と比較するかのように、地球には数十億の人がいる中で、「傷ついたあなたの味方になる。 側にいる」と思えるくらい大切な人に出会えた…。 メッセージ2 あなたの為に何かしたい ---------------- 私の この両手で 何ができるの? 相手に寄り添った立ち位置から、傷ついた人の力になろうとしています。 それと同時に、「私のこの両手で何ができるの?」と深く思い悩む様子も伝わってきます。 傷つき、「自分を信じてあげられなくなった」人は、自分から助けを求めないでしょう。 だから、「私」は悩みながらも、「私」の方から相手の傷にそっと触れて癒そうとしています。 早く痛みが治るようにと、祈るような気持ちが伝わってきます。 「そっと目を閉じて」いるのは、相手の傷に触れて痛みを共有しようとしている「私」の方なのかもしれませんね。 この「そっと傷に触れる」行動からも、「私」が上から目線で傷ついた人に接しているのではないことが分かります。 傷ついた人を応援しているだけではなく、敬意を持って相手に接する姿からも愛を感じますね。 「私」は呼ばれたらどこへでも行く覚悟を持っています。 そして「あなたの涙(悲しさ)」を受け入れ、自分のものにしようとしています。 そのことによって、自分の心が(受け入れた)涙でいっぱいになっても構わない。 そんな深い愛が表現されています。 愛が深いからこそ聴いている人の心を癒していくのですね。 また悲しみが深すぎて、何をしたらよいのかさえ分からないこともあります。 この歌詞では、そのような人に対して、「今は自分を抱きしめて」という優しく温かい言葉を贈っています。 「命のぬくもり」という温かさを感じる言葉も優しいですよね。 まるで、悲しいときに「まずはあったかい物でも飲んで」と、自分を愛してくれている人が作ってくれるスープのようです。 傷ついた人は、まずはアレコレ考えるのを止めて、自分を労わった方が良さそうですね。 『Jupiter』は、そう伝えています。 また、聴いている全ての人に当てはまるように、それぞれの人生を全肯定する言葉でもありますね。 傷つき、涙する日はきっと誰にでもあります。 それでも、望むように生きていい。 その先にこそ輝く未来がある。 そんな力強い励ましの言葉が深いですね。 傷つき、涙する人に寄り添いたい 『Jupiter』からの5つのメッセージ、届いたでしょうか?いずれのメッセージからも、「傷つき、涙する人に寄り添いたい」という温かい気持ちが伝わってきますね。 私はこの曲と、この曲を心を込めて歌う平原綾香の姿に、何度も励まされてきました。 そして、いつしか、「もしも自分の大切な人に涙する日が訪れたら、この曲の主人公のように、敬意を持って寄り添いたい」と思うようになりました。 『Jupiter』に込められた、「傷ついた人に対して、自分は何ができるのか?」という真摯な問いと、考え抜かれたその答え。 愛に満ちた5つのメッセージ。 『Jupiter』から伝わってくる温かい気持ちは、いつしか聴いている人を染めていくのですね。 星の美しい秋の夜に、宇宙のような壮大さと深い愛を感じる『Jupiter』を、是非もう一度聴いてみませんか? TEXT 三田綾子.

次の

「ジュピター」歌詞まとめ!その意味とは?(平原綾香)

綾香 に じ いろ 歌詞

A ベストアンサー ホルストは1934年に死去。 日本では音楽の著作権は著作者の死語50年まで保護されますが、 欧米の国々に対しては「戦時加算」(第二次大戦中は著作権を保護していなかったと見なされるため)で、 保護期間がさらに10年ほど加算されます。 ということで、ホルスト作品の著作権は'94年頃に切れました。 (日本国内では) ここらへんの規程は参考URL(JASRAC作成)にわかりやすく解説されています。 で、ホルストは自分の作品の演奏には厳しい注文を付けていた人で、 曲の構成やオーケストラの編成なども細かく規定し、 その規定に外れた形の演奏を一切認めませんでした。 彼の死後も、遺族がそれを守り続けてきました。 (富田勲については 5さんが書いている通りです) 著作権の保護期間が経過していなければ、 「曲の一部だけ・歌詞を付けて・ポップス調アレンジで」 なんてことは絶対に認められなかったはずです。 つまり、著作権の保護期間が過ぎたら、 著作権料も払わなくていいし、 作者の意向なんて無視して何でもやり放題、というわけです(悪い言い方だけど)。 実際、'90年代後半から、平原以外にもホルスト作品のアレンジやカバーがいくつか出てきているそうです。 また、'80年代後半から急にあちこちでエリック・サティ作品が聴かれるようになったのも、 その頃にサティ作品の著作権が切れたからだそうです。 jasrac. html ホルストは1934年に死去。 日本では音楽の著作権は著作者の死語50年まで保護されますが、 欧米の国々に対しては「戦時加算」(第二次大戦中は著作権を保護していなかったと見なされるため)で、 保護期間がさらに10年ほど加算されます。 ということで、ホルスト作品の著作権は'94年頃に切れました。 (日本国内では) ここらへんの規程は参考URL(JASRAC作成)にわかりやすく解説されています。 で、ホルストは自分の作品の演奏には厳しい注文を付けていた人で、 曲の構成やオーケストラの編成なども細か... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の