フライング ヒューマノイド。 フライングヒューマノイドの正体は何なのか?襲われた事件も?!真相を調べてみた

フライングヒューマノイドみたいな?何かを抱えてながら空飛んでる黒い人影のような浮遊物体が目撃される(ニュージーランド)

フライング ヒューマノイド

そもそもフライングヒューマノイドって?? 「フライングヒューマノイド」という言葉自体あまり耳にしたことのない方がほとんどだと思います。 私は分からない言葉を聞くと、それがいったい何なのかわかるまで不安になります(笑) フライングヒューマノイドとは、未確認飛行物体の1種で未確認動物UMA。 未確認飛行物体という言葉を聞いて一番初めに思い浮かべるものがUFOという方は多いかと思います。 しかしUFOと同じ未確認飛行物体といえど、UFOとは見た目や特徴などが全然違うのです!そこで今回は未確認飛行物体、未確認生物UMAのフライングヒューマノイドについていろいろご紹介します! フライングヒューマノイドって具体的にどんな生き物? フライングヒューマノイドは「 未確認飛行物体」「 未確認生物(UMA)」だ!と言われてもいまいちピンと来ていないと思います。 そこでフライングヒューマノイドについて具体的にご紹介します。 フライングヒューマノイドの形 未確認飛行物体といえばUFOのような円盤。 未確認生物(UMA)といえばネッシーや河童。 しかしフライングヒューマノイドは未確認飛行物体でもあり未確認生物(UMA)でもあります。 「円盤に河童やネッシーみたいな顔が付いているの!?」「ネッシーがUFOみたいに飛んでいるの!?」と思った方もいるのではないでしょうか。 フライングヒューマノイドの見た目、形は「 人間」のような形をしているんです!フライングヒューマノイドの「ヒューマノイド」の部分の意味は、「人間と似ている」「人間にそっくり」といった意味が含まれています。 そのためフライングヒューマノイドの「フライング」(飛ぶ)と合わせてフライングヒューマノイドは 飛ぶ人間という意味になります。 フライングヒューマノイドの色や大きさ フライングヒューマノイドの皮膚の色は見た人によってバラバラですが基本的に暗い色(黒色や焦げ茶色系の色)が多いみたいです。 フライングヒューマノイドの大きさも見た人によって証言がバラバラです。 目撃情報や写真での情報で、具体的な大きさはおよそ3メートル程と言われています。 どのくらいの距離で目撃したのかもはっきりしているわけではないので、詳しい人がフライングヒューマノイドに遭遇するまで正確な大きさは分からないのかもしれません。 フライングヒューマノイドってどこに現れるの? フライングヒューマノイドが現れる場所は一定の場所ではなく、目撃情報は世界中にあります。 その中でもフライングヒューマノイドの目撃情報が多い地域は「 メキシコ」です。 世界で初めてフライングヒューマノイドの目撃情報があったもメキシコでした。 1999年のメキシコで儀式が行われていた際に、突然フライングヒューマノイドが現れたのです。 現れたのが儀式の最中なのでたくさんの人が目撃しています。 しかしそんなにたくさんの人が目撃しても撮影した人が一人もいなかったのか、写真や映像は全くないようです。 2000年になり、それからフライングヒューマノイドの目撃情報が増えました。 その2000年の年にはフライングヒューマノイドの撮影に成功した人もいるみたいです。 フライングヒューマノイドはとっても危険!? フライングヒューマノイドを目撃した方でも、ほとんどの方が「見た」「写真を撮った」「ビデオに移した」この三つの中のことをして終わることが多いのですが、フライングヒューマノイドに襲われたという事件があったのです! フライングヒューマノイドの目撃情報の多い国メキシコで、メキシコの警察官がパトカーに乗って街をパトロールしているときに、警察官がフライングヒューマノイドに襲われたというのです。 フライングヒューマノイドが突然木から降りてきて、すごい勢いで飛んでパトカーの方に向かってくると思ったらパトカーの窓を何度も何度もたたいたそうです。 その後警官は無事でしたが、約3メートル(またはそれ以上)のフライングヒューマノイドが突戦目の前に現れて攻撃してくるとなると私は気絶する自信しかありません。 (笑) フライングヒューマノイドについての疑問 その時のパトカーなどの状況を何も見ていないのでわかりませんが、そんな大きなフライングヒューマノイドがパトカーの近くまで来ると周りは影になるし、他に目撃した人はいそうですよね。 とても気になります。 もう一つ気になるのは、大きな体を持つフライングヒューマノイドですから、力も相当な力を持っているのではないかと思いました。 そんなフライングヒューマノイドがパトカーを何度もたたいたら、人間が作ったパトカーなんて跡形も消えてなくなるのではないかと思いますが、想像通りにフライングヒューマノイドの力が強ければ警察官の命はなくなってしまっていますよね。 フライングヒューマノイドは空を飛べるので、あの大きな体が浮くくらいの軽さしかないという事なのでしょうか。 すごく気にはなりますが、実際目の前で見ると私は撮影すらも出来ずただ怖いだけだと思うので見たくないです。 (笑) 今の時代はスマートフォンがあるのでどこでもみんな写真や映像を撮ることが出来ますよね。 未確認生物や飛行物体が人間に見られないところにいるときはどこにいるのかも気になりますよね。 私たち人間が住んでいる陸については、すべてではないですがある程度知りつくされていると思います。 しかし空や海や宇宙については知っていることがあっても、まだまだ知らない場所や誰も見たことが無いものがたくさんあると思います。 そういった人間からはまだ近づくことが出来ないようなところに息をひそめて生活している可能性も否定できません。 これから人間の力がどんどん大きくなっていったら全て明らかになる日が来るのでしょうか? 私が生きているときには不可能かもしれませんがもしその時が来たとき、たくさんの未確認飛行物体や未確認生物の正体や居場所が分かってしまうとどうなるのでしょうか。 その子たちの居場所は人間に奪いとられ、その子たちの行動がすべて制限される日が来るのでしょうか。 しかしその反対に人間の行動が制限されたりする可能性もあります。 今まで撮られてきた写真や映像がもし本物なら、なぜみんな人間の存在を知っておきながら避けることを選んでいるのでしょうか。 彼らだけが知っている人間と仲良くできない原因か何かがあるのかどうか。 気になる事をあげていったらキリがありませんね。 まとめ この記事では未確認飛行物体、未確認生物(UMA)のフライングヒューマノイドについてご紹介しました。 写真や映像がたくさん出回っていても、信じることが出来ない人もいると思います。 実際、UFOなどの未確認飛行物体を自分で作って本物だと見せている方もいないわけではありません。 皆さんは未確認の物を信じますか?信じませんか?.

次の

【動画あり】フライングヒューマノイド、日本でも!その正体は「宇宙人が監視している」と専門家は言うが偽物も…。

フライング ヒューマノイド

みなさん、フライング・って知ってますか? フライング・は、 (未確認動物)、 未確認飛行物体の一種です。 詳しくは下を参照。 フライング・ フライング・は世界中で目撃情報が報告されている。 特にメキシコで目撃されることが多い。 大きさは3m程と推測されているが、空中に浮かんでいるため、実際の大きさは不明である。 形がかなりまとまっておらず、それぞれによって形が違う。 大抵、人間のように見えるが、グレイのような形のものも撮影されている。 目撃者によると黒いマントを羽織っており、まるで魔女のようだったとも言われている。 正体は宇宙人だと考える者もいる。 何度か日本のバラエティ番組でも紹介された。 引用元: 正体 諸説あるが、エンジン音などはないと言われ、先に述べたように形状が様々なところから、最近では風船(気球)説が有力となっている。 空を飛ぶためUFOと同一視されることもあるが、UFOとはまた違ったおかしな飛行をすることなどから、UFOとは別扱いされ、に分類されることが多い。 しかし、「空を飛ぶ未確認の物体」と言う点において、UFO(未確認飛行物体)の定義と一致する。 また、空中を飛行するマシン「ウィリアムズ X-ジェット」や、ウイングスーツという説もある。 引用元: 僕が高校生の時、このフライング・が流行り出したんですよ。 それで、 実際に目撃したって友達がいたんです。 そいつ曰く。 「ふと、空を見上げたら、黒い点のような物がふわふわと宙を漂っていたんだよ。 それで、俺は、こいつが噂の フライング・だとピンときてさ。 携帯を取り出して写メを撮ろうとしたら、すでに奴は いなかったんだよ。 おそらく、俺が携帯で写メを撮ろうとした事に気づいて、奴は姿を消したに違いない。 見ていたのは俺じゃなく て、奴の方だったのかもしれない……。 もしも、俺が近いうちに姿を消したら、そういう事だと思ってくれ」 はぁ? 何言ってるのこいつ。 頭、れちまったんじゃねえの。 当時の僕はそう思ったんです。 クラスで一人はいる、 みんなの注目の的になりたくて、嘘を平然とつく奴、とレッテルを張りました。 フライング・? そんなのいるわけないだろ。 ついこの間まで、そう思ってたんですよ……。 そうです。 僕も目撃してしまったんです。 奴です。 フライング・ですよ! ……ふと晴れた日に、空を見上げたんです。 そしたら、黒い点のようなものがふわふわと浮いて動いているんです。 これはもしや、フライング・! 僕は本当に存在したんだ! という気持ちでの声をあげましたね。 でもね、よくよく観察すると、その黒い点は僕の眼球の動きに合わせて動いてるんですよ。 なにこれ? フライング・とかじゃなくて、もしかして目の病気かなにか? そう思って調べてみると、僕の症状はどうやらという症状に似てたんですよ。 のイメージ画像。 (ひぶんしょう)は、人間の眼球内の原因により視覚に発生する現象。 視界内に小さな薄い影(糸くずや蚊のようにも見える)のようなものが現れる。 網膜上では特定の位置に影は存在しているが、眼球の運動による視界の移動により、この影は相対的に動き回っているように当人には感じられる。 引用元: それで、念のために眼科にも行ってきたんです。 検査結果は、網膜にも水晶体にも異常はないらしくて、どうやら だろうと言う事でした。 特に治療の必要はないそうなので、安心して帰ってきました。 と、いうわけで、僕が見たのはフライング・ではなくて、ただのだったんですね。 そこで、思ったんですよ。 高校の頃、友達が見たっていうのは、フライング・ではなくて、おそらくだったんじゃないかと。 それで、久しぶりに友達に連絡してみたんです。 教えてあげようと思って。 でも 連 絡先はすでに存在していなかったんです。 ……まさか、フライング・に……。 まさか、そんな訳ないですよね。 しばらく連絡も取ってなかったんで、連絡先を変えたんでしょう。 そういえば、調べてたら フライング・の動画があったんで、UPしときます。 これは、 ヤバイ!!フライング・の動画らしいですよw ……あれ? でも動画の奴との見え方はちょっと違うかな? うーん。 あっ、これはCGですかね? 多分、CGですよ。 フライング・? あんなのいるわけないですもんね。 おや、誰か来たようだ? どうやら玄関先に誰か来たみたいなので、今日はこの辺で。 unngamikata.

次の

フライングヒューマノイドの真相は?風船?メキシコの怖い事件!

フライング ヒューマノイド

フライングヒューマノイド目撃が多発している件 以前でも書きましたが、最近は空中を浮遊する未確認生物の目撃情報が多発しているそうです。 全世界中の動画サイトにも定期的にアップされている動画の数がそれを物語っていますが、真偽の程は別としてもその注目度が物語っていますね。 重複しますが、そもそも フライングヒューマノイドとは読んで字の如く空を飛行する人型のUMAです。 正体の有力の説としてはやはり 宇宙人説が最も聞かれますが、逆に宇宙人以外だとどの様な生物がその正体になりえるでしょうか。 今回ご紹介する動画もフライングヒューマノイドと思しき謎の生物が空を浮遊している様子をカメラに収めた物です。 その他フライングヒューマノイド考察第二弾として色々書いてみたいと思います。 フライングヒューマノイドは南米から広まった あくまで個人的な見解ですが、大元は南米の メキシコ辺りで目撃が多発した印象があります。 写真や動画に収められて認知されていき、最近では世界中で目撃情報がある気がします。 最近だと8月にアメリカのロサンゼルスで撮影されたフライングヒューマノイドが話題になりました。 下記に動画も貼っておきますが、このフライングヒューマノイドは少しコミカルな印象も受けますね。 見方によっては何か宇宙服な物を纏っている様にも見えますし、フォルムとしては確かに宇宙人ぽいと思います。 二本の腕と二本の足があり、二足歩行型の生物と言う事は判明していますが見れば見るほど謎は深まりますね。 もう一つ同じく今年の8月前後にネット上で話題になったメキシコでの動画もあります。 こちらの方が写りは鮮明ですが、逆にはっきり写っているのが人の手が入っている印象も受けてしまいます。 これが本物だとしたらかなり重要な動画になると思いますが、これだけでは正体の判別は難しいですね。 宇宙人以外として他の正体の可能性は何でしょうか? 人工物が空を舞っている可能性 一昔前にイタリアで フライングホースと呼ばれる未確認生物が話題になりました。 これは、明らかに馬の形状をした生物が空を飛行している物ですが、最近の研究だとこれは馬型の風船だと言う説が有力です。 お祭りやイベントなどで使用していた風船が空に舞い、それを撮影したものと考えると可能性は十分にある気がしますね。 これと同じで、過去のフライングヒューマノイドの目撃情報の中には 人工物を誤認した物も含まれていると思います。 現状真っ先に思いつくのはやはり風船ですが、可能性としては 「超能力者」「軍が開発した未確認生物」「別次元の生物」と並びます。 既存の未確認生物と比べてもより一層眉唾感が際立つフライングヒューマノイドですが、先の誤認説も全体の内の一部だと思います。 この辺が一般的な未確認生物と大きく違う所ですね。 水棲型や類似縁型のUMAの目撃情報の殆どは誤認説で解決できると言う説もあります。 流木や遠方の熊がその正体と言った所でしょうか。 しかしフライングヒューマノイドの場合は青一色の空が舞台ですから、誤認する物自体がそもそも存在しないと言うのが実情です。 こうして書いていてもますますその正体が謎に包まれていくフライングヒューマノイド、うーん、分からん。 フライングヒューマノイドは今後も注目されそう 現在でも動画サイトに沢山の撮影されたフライングヒューマノイド動画が存在します。 ソフトウェアが発達した今、中には人が作ったCGの物も多数あると思いますが、本物も多数存在すると思っています。 王道ではありますがやはりその正体は宇宙人で、何かしらの理由で段々地球に干渉して来てたらと思うとゾッとしますね。 目撃情報や研究結果も今後は増えてくるでしょう。 その謎が解明される日も近いかもしれませんね。 アイキャッチ画像引用元:Youtube•

次の