ミミズ 鳴く。 何と読む?「集く」「集る」ミミズは鳴くのか鳴ないのか「米光一成の表現道場」(エキサイトレビュー)

ミミズって鳴くのですか?なんか「ジー」と鳴くのがミミズと聞きました ...

ミミズ 鳴く

何と読む?「集く」 「集まる」は「あつまる」と読む。 「集う」は「つどう」と読む。 では、 「集く」 は 何 と 読 む の か ? 正 解 は 「すだく」。 「くさむらに集く虫を聞く」というふうに使う。 もともとは「集まる」意味だったが、 虫などが集まって鳴く、という意味にも使われるようになった。 もう一問。 何と読む?「集る」 さて、 「集る」 は 何 と 読 む の か ? 正 解 は 「たかる」。 「ハエが集る」「お金を集られる」というふうに使う。 よりあつまる、群がる、という意味。 人に金品をせびるときにも使う。 ミミズは鳴くのか? 前回、【何と読む?「蚯蚓」】を出題し、その解説で次のように書いた。 「蚯蚓鳴く」で秋の季語。 とはいえ、発音器官を持っていないので鳴いたりはしない。 最初は、「発声器官を持っていないので鳴いたりしない」と書いたのだ。 だが、考えてみれば、ほとんどの虫は発声器官で鳴くわけじゃない。 鈴虫をはじめとして、多くの虫は羽根をすり合わせて「鳴く」。 だから、発声器官をもってなくても鳴ける。 だから、推敲して、発音器官にした。 前回の記事に対して、間違いを発見したとアクションをもらった(感謝)。 大きなミミズだとわかりやすくて、捕まえたりすると「キュッ、キュッ」って鳴くよ。 という指摘だ。 たしかにミミズが「キュッ、キュッ」と音を立てるという事例は、いくつか報告がある。 たとえば、『調べるっておもしろい! ミミズが鳴くってほんとう?』という本。 ミミズは鳴くのか?という疑問を、徹底的に調べている本である。 新聞記事や資料を調べる。 周りの人にしらみつぶしに聞いてみる(235人!)。 ミミズの本はもちろん、歳時記、漢字の本の「ムシ類の漢字」の項、ミミズが出てきそうな本はかたっぱしから調べる。 さらには専門家をたずねて聞いてみる。 さらにさらに、自分でミミズを飼って、調べてみる。 調べることの楽しさがつまった本だ。 この本の中でも、ミミズが「キュッ、キュッ」や「ギュッ」と音を立てるという報告事例が紹介されている。 その問いに、専門家の先生は「うーん、むずかしいですが、絶対にないとはいえませんねえ」と答える。 たとえ、からだを縮めるときに体節から音が出たとしても、それを「鳴く」と言ってよいものか。 「ミミズが鳴くかどうか」を調べるだけでも、とてもたいへんで、とても楽しいことなのだ。 【過去問】 何と読む?「牛蒡」 何と読む?「七五三掛龍也」 何と読む?「竜髭菜」 (テキスト:米光一成 タイトルデザイン/まつもとりえこ).

次の

ミミズの鳴き声はケラだった?夏に聴こえるジーと言う音の正体とは?

ミミズ 鳴く

『増殖する俳句歳時記』検索: 蚯蚓鳴く 季語が蚯蚓鳴くの句 October 16 1998 駅前の蚯蚓鳴くこと市史にあり 高山れおな 秋の夜、何の虫かはわからないが、道端などでジーと鳴いている虫がある。 淋しい鳴き声だ。 これを昔の人は、蚯蚓(みみず)が鳴くのだと思ったらしい。 実際には螻蛄(けら)の鳴き声である。 で、ここから出てきたのが「蚯蚓鳴く」という秋の季語。 虚子に「 三味線をひくも淋しや蚯蚓なく」という小粋な句もあり、この季語を好む俳人は昔から多いようだ。 ところで掲句は、鳴くわけもない蚯蚓が駅前で鳴いていたことが、ちゃんと市史には載っていますよと報告している。 そんなことが市史に載っているわけはないのだが、この二重に吹かれたホラが面白い。 ホラもこんな具合に二つ重ねられると、一瞬なんだか真実のようにも思えたりするから不思議だ。 関係者以外はほとんど誰も読まない市史という分厚い本に対する皮肉とも読めるけれど、そんなふうに大真面目に取らないほうがよいだろう。 情緒てんめんたる季語を逆手に取って、クスクス笑いしている作者とともに大いに楽しめばよいと思う。 『ウルトラ』(1998)所収。 (清水哲男) September 28 2000 もの提げて手が抜けさうよ蚯蚓鳴く 八木林之助 重い荷物を両手に提げて、数歩歩いては立ち止まる。 既に秋の日はとっぷりと暮れており、すれ違う人とてない田舎道。 ただ聞こえるのはジーッジーッと鳴く「蚯蚓(みみず)」の声だけで、情けないこと甚だしい。 加えて、たぶん作者には、荷物を道端に置けない事情があるのだ。 道がぬかるんでいるのか、あるいは絶対に汚してはならない進物の類か。 だから、「手が抜けさう」でも我慢している。 「蚯蚓」の鳴き声すらもが、なんだか自分を嘲笑するかのように聞こえてくる。 で、思わずも「手が抜けさうよ」と弱気になり、しかし、くじけてはならじと、またよろよろと歩き出す……。 眼目は「手が抜けさうよ」の「よ」だ。 「よ」は口語的な訴えかけだが、掲句では訴えかける相手はいない。 強いて言えば自分自身に向けられており、少しだけどこにいるとも知れぬ「蚯蚓」にも向けられている。 両者ともに、訴えたってしようがない対象だ。 この「よ」が利いて、句に可笑しみが出た。 季語の「蚯蚓鳴く」であるが、もとより「蚯蚓」が鳴くわけはない。 秋の夜、ジーッと重い声で鳴いているのは「螻蛄(けら)」である。 いわゆる「おけら」だ。 それを昔の人は(いや、今でも)「蚯蚓」の鳴き声だと信じていた。 そんなことは、どっちだっていいっ。 何とかしてくれえっと、作者はまだふらつきながら歩いている。 当分、この句は終わらない。 『合本歳時記・新版』(1974)所載。 (清水哲男) September 19 2009 蚯蚓鳴く六波羅蜜寺しんのやみ 川端茅舎 蚯蚓(みみず)は鳴かない、じーと聞こえるのは螻蛄(けら)などが鳴いているのだ、と言われる。 だから、蚯蚓鳴く、というのは、要するにそんな気がする秋の感じなのだと。 蚯蚓鳴く、が兼題になり、そんな感じと言われても困ったな、と虚子編歳時記を。 すると、なにやら解説が異常に長い。 いきなり「聲がよくなるといふので煎じてのむことも」とあり、うへ、と思いつつ読んでいくと「腹中泥ばかりの蚯蚓が鳴くともおもはれない」、やはりね。 さらに読むと「蚯蚓とけらとを置きかへて見ても詮ないことであらう。 すべての動物は皆それぞれの聲を持つてゐるのかもしれない」と続く。 蝶も実は高音を発しているらしい、と述べながら、それらの音はヒトには聞きとることができないのだ、と書かれている。 土の中で激しく動き回るという蚯蚓が、土中の闇の中で呼び合っているのかもしれない、と思うと、不思議な気持ちになる。 茅舎も、自分の瞬きすらあやふやになるような真闇の中で、本来は聞こえるはずのない音無き音を肌で感じとったのだろうか。 一字一字確認するような、しんのやみ。 『虚子編 新歳時記』(1940・三省堂)所載。 (今井肖子) 『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます.

次の

ミミズなんでも研究・・・ミミズは鳴くか?ミミズの干からび?ミミズの種類は?光るミミズ,ホタルミミズなどなど

ミミズ 鳴く

『増殖する俳句歳時記』検索: 蚯蚓鳴く 季語が蚯蚓鳴くの句 October 16 1998 駅前の蚯蚓鳴くこと市史にあり 高山れおな 秋の夜、何の虫かはわからないが、道端などでジーと鳴いている虫がある。 淋しい鳴き声だ。 これを昔の人は、蚯蚓(みみず)が鳴くのだと思ったらしい。 実際には螻蛄(けら)の鳴き声である。 で、ここから出てきたのが「蚯蚓鳴く」という秋の季語。 虚子に「 三味線をひくも淋しや蚯蚓なく」という小粋な句もあり、この季語を好む俳人は昔から多いようだ。 ところで掲句は、鳴くわけもない蚯蚓が駅前で鳴いていたことが、ちゃんと市史には載っていますよと報告している。 そんなことが市史に載っているわけはないのだが、この二重に吹かれたホラが面白い。 ホラもこんな具合に二つ重ねられると、一瞬なんだか真実のようにも思えたりするから不思議だ。 関係者以外はほとんど誰も読まない市史という分厚い本に対する皮肉とも読めるけれど、そんなふうに大真面目に取らないほうがよいだろう。 情緒てんめんたる季語を逆手に取って、クスクス笑いしている作者とともに大いに楽しめばよいと思う。 『ウルトラ』(1998)所収。 (清水哲男) September 28 2000 もの提げて手が抜けさうよ蚯蚓鳴く 八木林之助 重い荷物を両手に提げて、数歩歩いては立ち止まる。 既に秋の日はとっぷりと暮れており、すれ違う人とてない田舎道。 ただ聞こえるのはジーッジーッと鳴く「蚯蚓(みみず)」の声だけで、情けないこと甚だしい。 加えて、たぶん作者には、荷物を道端に置けない事情があるのだ。 道がぬかるんでいるのか、あるいは絶対に汚してはならない進物の類か。 だから、「手が抜けさう」でも我慢している。 「蚯蚓」の鳴き声すらもが、なんだか自分を嘲笑するかのように聞こえてくる。 で、思わずも「手が抜けさうよ」と弱気になり、しかし、くじけてはならじと、またよろよろと歩き出す……。 眼目は「手が抜けさうよ」の「よ」だ。 「よ」は口語的な訴えかけだが、掲句では訴えかける相手はいない。 強いて言えば自分自身に向けられており、少しだけどこにいるとも知れぬ「蚯蚓」にも向けられている。 両者ともに、訴えたってしようがない対象だ。 この「よ」が利いて、句に可笑しみが出た。 季語の「蚯蚓鳴く」であるが、もとより「蚯蚓」が鳴くわけはない。 秋の夜、ジーッと重い声で鳴いているのは「螻蛄(けら)」である。 いわゆる「おけら」だ。 それを昔の人は(いや、今でも)「蚯蚓」の鳴き声だと信じていた。 そんなことは、どっちだっていいっ。 何とかしてくれえっと、作者はまだふらつきながら歩いている。 当分、この句は終わらない。 『合本歳時記・新版』(1974)所載。 (清水哲男) September 19 2009 蚯蚓鳴く六波羅蜜寺しんのやみ 川端茅舎 蚯蚓(みみず)は鳴かない、じーと聞こえるのは螻蛄(けら)などが鳴いているのだ、と言われる。 だから、蚯蚓鳴く、というのは、要するにそんな気がする秋の感じなのだと。 蚯蚓鳴く、が兼題になり、そんな感じと言われても困ったな、と虚子編歳時記を。 すると、なにやら解説が異常に長い。 いきなり「聲がよくなるといふので煎じてのむことも」とあり、うへ、と思いつつ読んでいくと「腹中泥ばかりの蚯蚓が鳴くともおもはれない」、やはりね。 さらに読むと「蚯蚓とけらとを置きかへて見ても詮ないことであらう。 すべての動物は皆それぞれの聲を持つてゐるのかもしれない」と続く。 蝶も実は高音を発しているらしい、と述べながら、それらの音はヒトには聞きとることができないのだ、と書かれている。 土の中で激しく動き回るという蚯蚓が、土中の闇の中で呼び合っているのかもしれない、と思うと、不思議な気持ちになる。 茅舎も、自分の瞬きすらあやふやになるような真闇の中で、本来は聞こえるはずのない音無き音を肌で感じとったのだろうか。 一字一字確認するような、しんのやみ。 『虚子編 新歳時記』(1940・三省堂)所載。 (今井肖子) 『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます.

次の