まんが 村。 漫画村

漫画村・漫画タウンの代わりはどこ?安全性100%の無料で読める代替サイト

まんが 村

1 漫画や小説、映画、音楽、ライブビデオ、テレビ番組など、 他人の著作物を権利者の許可なく無断で配信するもの 2 無修正で露骨に性器が見えるなど、 わいせつな動画や画像を配信するもの 3 2 と同様だが、過去に撮影・録画されたものではなく、視聴者とチャットなどでやり取りしつつ、 性行為などをライブ配信するもの 4 2 や 3 と重なる場合も多いが、被写体が18歳未満の男児や女児である 児童ポルノを配信するもの 懲役・罰金の最高刑は、会費や広告収入を得るなど有償によるものか否かを問わず、 1 が10年・1千万円(法人だと3億円)、 2 が2年・250万円、 3 が6か月・30万円、 4 が5年・500万円とされている。 わいせつ事案に関しては、 3 のように視聴者のリクエストに応じてアップに応じるなど、リアルタイムに見せる方が性的興奮をもたらし、風紀を乱すようにも思えるが、実際には 2 のように過去に撮影された動画や画像を単純に配信するほうが罪が重い。 著作権という他人の財産を勝手に盗むという意味合いから窃盗罪(10年・50万円)と類似している 1 のほうが、 2 3 のわいせつ事案や 4 の児童ポルノ事案よりも格段に重くされているという点に注意を要する。 1 は著作権管理団体や出版社、放送局など権利者側から被害申告を受けて捜査を進めており、 2 ~ 4 は警察自らないし民間の協力を得て違法配信などを監視する「サイバーパトロール活動」が端緒となることが多い。 【サーバーが海外にあってもアウト】 ただ、インターネットには国境がなく、 1 ~ 4 について「サーバーコンピューターがアメリカやロシア、ウクライナなどの海外にあれば、日本の警察としても手出しができないから大丈夫だ」といった見解も見られる。 確かに、 2 と 3 のわいせつ事案は、海外における犯行を処罰の対象としていない。 それでも、裁判所が示した解釈によって、犯罪行為の一部が日本国内で行われ、その結果が国内で発生する場合には、「国内における犯罪」として処罰できるとされている。 したがって、国内で閲覧や視聴されることを前提として国内から海外のサーバーに向けたアップロードなどが行われていれば、国内で行われた事案として摘発が可能だ。 現に、データ送信に使われた国内のパソコンなどを押収し、元データや送信履歴などの客観的な証拠を押さえ、逮捕や起訴、有罪に持ち込んでいる。 一方、 1 の著作権侵害事案と 4 の児童ポルノ事案は、日本人の海外における犯罪行為をも処罰の対象としているから、被疑者が日本人であれば、サーバーの所在地がどこであっても関係ない。 ましてや、被疑者の国籍を問わず、日本国内から海外のサーバーにアップロードが行われているなど、国内における事件だとみることができれば、全く問題ない。 警察も、その点に重点を置いた捜査を行っている。 【なぜ「漫画村」が警察に狙われたのか】 ただ、インターネット上には 1 ~ 4 の事案があふれかえっているのが現実だ。 そうした違法コンテンツこそが、インターネット普及の原動力の一つともいえる。 その中で 1 に当たる「漫画村」が捜査のターゲットになったのは、2018年4月のサイト閉鎖までの間、『ONE PIECE』や『進撃の巨人』といった7万冊超の漫画の違法配信を平然と行い、国会で取り上げられ、政府も接続のブロッキング措置まで検討するなど、大きな社会問題となっていたからだ。 サイトへのアクセス数は6億2000万に上り、数億円規模の広告収入などを得ていたとみられるうえ、出版社などに与えた流通額ベースの損害が推計で3200億円とも言われているから、数ある海賊版サイトの中でも特に目立つ存在だった。 しかも、無料版の「漫画村」が問題視されてメディアなどで取り上げられるや、「漫画村プロ」という有料版のサイトを開設するといった挑発行為に出た。 「いたちごっこ」と揶揄(やゆ)されてはいるものの、現在、警察はインターネットを舞台とした著作権侵害事案の摘発に力を入れており、2018年の検挙数も691件と、前年の398件から大幅に増加している。 【今後の捜査のポイントは?】 「漫画村」に関しても、KADOKAWAや講談社、小学館、集英社、スクウェア・エニックスといった出版社の刑事告訴を受け、警視庁、福岡、栃木、鳥取、熊本、大分県警からなる合同捜査本部が立ち上げられている。 その後、違法配信者の解明に向けた捜査を進める中、元運営者で首謀者と目される男を特定し、2018年春にその取調べや関係先の捜索を行ったものの、直後に出国、逃亡されたことから、警察は関係各国の協力を得て行方を追っていた。 外交ルートを介した要請に基づいてフィリピンの入国管理局がこの男の身柄を確保したため、合同捜査本部は男や関係者らの逮捕状を取得し、このタイミングで強制捜査に着手したというわけだ。 10人以上の若者が違法配信に関与していた模様だが、アップロードの状況や彼らの役割分担のほか、メールなどを介した日々の連絡状況や報酬の分配状況などが今後の捜査のポイントとなるだろう。 警察の狙いは首謀者の検挙に伴う事件の全容解明とこの男の厳重処罰だが、違法配信で得た不法収益の隠匿を含め、さまざまな隠ぺい工作が行われているものと思われる。 フィリピンからの強制送還を待って逮捕に至ったとしても、男の黙秘や否認も予想される。 2018年6月からわが国で始まった司法取引制度は著作権法違反事件も対象としているし、まさしく「うってつけの事案」ともいえる。 起訴されて有罪になれば相当長期の実刑が見込まれるだけに、場合によっては警察が検察と連動し、共犯者らと司法取引を行い、首謀者に対する「突き上げ捜査」を進めていくことも考えられる。 【ユーザーはどうなる?】 最後に、多くのインターネットユーザーが経験するであろう違法配信サイトの閲覧や受信行為についても触れておきたい。 まず、 1 ~ 4 のいずれの場合も、 単に「パソコンやスマホの画面上で見るだけ」だと罪に問われない。 また、 2 3 であれば、データをダウンロードして保存しても、転売やアップロードなどによって利益を得るためではなく、単に私的に楽しむ目的だと、なんら問題ない。 ただ、 4 は児童ポルノの単純所持罪として処罰される。 懲役・罰金の最高刑は1年・100万円だ。 1 についても、音楽と動画については、ダウンロードする作品が著作権者に無断でアップロードされた海賊版であることや、本来は有償で提供されているものであることを知っていた場合、処罰の対象となる。 懲役・罰金の最高刑は2年・200万円だ。 ただし、 小説や静止画である漫画、写真などは対象外だから、書店などで販売されている単行本の海賊版だと分かったうえでダウンロードをしていても処罰されないし、当然ながら逮捕もない。 規制の範囲を拡大するため、文化庁が著作権法の改正を目指したものの、反対論も根強く、2019年3月にいったん見送りとなっている。 しかし、わいせつ事案などでは、違法配信者に対する捜査の一環として、閲覧やダウンロードしたユーザーが「参考人」として取調べを受けたり、パソコンやハードディスクなどを押収されたりしている。 これを蛸に照らして「足の捜査」と呼ぶ。 「漫画村」事件でも、このサイトを介してどれだけの範囲にまで違法配信が行われていたのかや、閲覧者の具体的な利用状況、その漫画の単行本を購入しなくなるといったサイトの影響力などを特定する必要がある。 サイトへの接続記録や有料版への登録情報などから閲覧者を特定したうえで、 ヘビーユーザーに対する「参考人」としての取調べのほか、パソコンやスマホの任意提出に応じないなど捜査に非協力的な場合には捜索差押えまで行われることも十分にあり得る。 こうした幅広い捜査の結果、ダウンロードした海賊版漫画のデータを別のサイトにアップロードして配信していたとか、それこそダウンロード規制の対象となっている音楽や動画を別のサイトから違法にダウンロードして保存していたといった事実が新たに発覚することも考えられる。 海賊版サイトのユーザーが、「参考人」から一転して「被疑者」になるというわけだ。 また、将来、著作権法の改正により、先ほどのような悪意に基づく海賊版漫画のダウンロードが処罰の対象となったり、それこそ児童ポルノの単純所持罪のように、過去にダウンロードしたものであっても権利者を害する意図に基づいて所持しているだけで処罰されるといった時代が来るかもしれない。 違法配信の閲覧は少なからずリスクを伴うし、海賊版の流通を助長することにもつながる。 海賊版サイトの利用は避けるべきだし、特にダウンロードは絶対にやめておくべきだろう。 (了) ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

「漫画村」問題:「海賊版サイトブロッキング」はアリかナシか? 問題点はココにある

まんが 村

2つの漫画村 Twitterを中心に「漫画村が復活した」との情報が広がっており、それが本当なのか実際に調査してみました。 その結果、今回はほぼ同時期に2つの漫画村的違法サイトが立ち上がっていた事がわかりました。 追記情報があります。 漫画村. club 1つめの漫画村を模倣した違法サイトは「漫画村. club」です。 サイトの作りがかなり雑でありながらも稚拙でなんとなく「海外アニヲタのファンページ」を思い出させる見せ方となっています。 また、運営者と見られるTwitterアカウントのプロフィールには「どのマンガを読みたいかを コンメンお願いします。 アップロードします。 タップする度に新規タブで広告… 厄介なことに漫画村. clubでは漫画のリンクをタップする度に新規タブで広告が表示されるように作られています。 そのせいでアニメやゲームの18禁コンテンツの全画面広告が毎回表示されます。 もちろん漫画を読む事はできるのですが、従来の漫画村とは違ってて適切なビューアを使うのではなく、おそろしく縦に長いページに漫画のページ画像が羅列されているタイプのページとなっています。 どうしても閲覧したい方は「ブラウザの検索窓」に下記の2つをつなげて入力してください。 アルファベットです。 復活したら記事にいたします。 この記事最後の注意書きを 必ず読んでください。 星のロミ 2つめのサイト「星のロミ」はパッと見た感じは「漫画村とほぼ同じ」といった印象を受けます。 ソースをコピーしているのかもしれません。 しかも細部まで漫画村と同じような作りになっており、ビューアで漫画を表示する方式や管理しているTwitterアカウントから、漫画村と何らかの関係がある人か、漫画村閉鎖前に漫画データを含めたサイト情報をまるっとコピーしておいた人物である事が想像できます。 ところが、事態が一変します。 星のロミがニューヨークで提訴されました。 星のロミも、とうとう逝ったようだ。 閉鎖ですね。 — チキン饅頭 soicowboys そして別サイトが誕生していることを餌にするツイートが数多く見られます。 DMを求める系は金銭的なやり取りを求めるケースが多いようです。 連絡しないようにしましょう。 今のところ、別サイトは誕生していません。 詐欺サイトばかりなのでご注意ください。 どうしても同サイトの状態を確認したい方は「ブラウザの検索窓」に下記の2つをつなげて入力してください。 アルファベットです。 この記事最後の注意書きを 必ず読んでください。 サイト利用の危険性はある 閲覧時、筆者のPCならびにiPhoneには今のところ何の影響もありませんが、上記のサイトを閲覧したところウイルスチェックに引っかかったという情報があります。 サイト自体が何かしら危険な挙動している可能性、ウイルス感染などの可能性があります。 復活した漫画村、ウイルス検出に引っかかる。 — 広瀬直樹 naokis1z また、2019年7月には元運営者は逮捕されています。 つまり閲覧には大きな危険性が伴います。 漫画村の星野路実被告の初公判が決まったので、Twitterで「漫画村」を検索してみたら「漫画村クローン」「漫画村代わり」のハッシュタグばかりで、こりゃまずいと思っているところ。 今回、警察・検察も本気なので、本当にこういう著作権泥棒商売は本当に逮捕されます。 そもそも違法サイトで大きなリスクを犯す必要なんて全くなく、漫画村を遙かに上回る「35万冊」読めるサイトがあります。 合法的に大量の漫画を読む方法 「ワンピースやキングダムのような最新の有名漫画が読みたい」という方には書籍や雑誌を含め 35万冊以上が読めるのU-NEXTがコスパ最強です。 しかも 600円分のポイントがもらえます。 また見放題作品数は国内圧倒的なNo. 1ですし、 さらに雑誌 70誌以上 が読み放題。 早ければ1分ちょっと、遅くとも数分で開始できます。 退会はいつでも簡単にできますよ。 今は確実にお得ですよ。 関連記事.

次の

【漫画村の代わり】新たな漫画村 LHScan(RawLH)_鬼滅の刃,魔入りました!入間くん,などの人気漫画も

まんが 村

まんが村では、多くの漫画や雑誌などが漫画家や出版社の許可なく無料で公開されていたため大きな社会問題となります。 まんが村などの海賊版サイトについてはネットニュースだけでなく、テレビでも報道される事態となりました。 日本漫画家協会も「まんが村を利用しないように」と声明を発表し、2018年2月にはNHKでもまんが村の違法性についての報道がありました。 そしてまんが村は2018年4月に完全に閉鎖され閲覧できなくなっています。 まんが村は閉鎖されましたが、似たような海賊版サイトは次々と生まれています。 今回はまんが村の代わりの海外の無料漫画サイトを紹介します。 海外の無料漫画サイトの安全面についても見ていきましょう。 「RawQV」とは「RawQQ」の兄弟サイトとも言われていて、RawQQとサイトの作りも似ている海賊版の無料漫画サイトです。 RawQVと似たサイトとしてはRawQQやRawLHなどがありますが、この2つのサイトと比べると使い勝手がかなり良いです。 RawQVはRawQQと同様に漫画の数は約1800種類以上揃っています。 RawQVでは日に日に漫画の数が増えていて「約束のネバーランド」などジャンプ系の人気作品も読めるようになっています。 RawQVでは英語版に翻訳された漫画も掲載されています。 RawQVでは英語版であれば基本的にどの人気漫画でも読み放題で日本語版であれば最新話から20話前まで読める状態です。 そのためまんが村は日本からアクセスが多かったのですが、RawQVはアメリカからのアクセスが一番多いです。 「mangaROCK」はその作品数の多さとアプリもあることで知られる海外の海賊版サイトです。 mangaROCKの アプリをインストールすると漫画の閲覧も簡単に行えるので、まんが村の代わりとして利用者の多いサイトと言われています。 ただ、このmangaROCKで配信されている漫画は日本語表記のものがほとんどなく、英語やスペイン語の表記の漫画しか置いていません。 この点においてmangaROCKをまんが村の代わりとするにはなかなか難しいかもしれません。 またまんが村の代わりにmangaROCKを利用すると、外国語表記なので読めないというよりもウイルス感染の危険性もあり安全面において問題がある点を頭に入れて利用することが大切です。 「13DLNET」というサイトは漫画ファイルをダウンロードできるサイトへのリンクを貼っているサイトです。 13DLNETは昔からあるサイトで、漫画をダウンロードできるサイトに誘導してくれると話題になりました。 まんが村の代わりに利用者が増え、月間のアクセス数が8000万PVを超える勢いでまんが村に迫りつつある程です。 13DLNETでは漫画や雑誌、ライトノベルなどが揃っていてカテゴリー別に細かくコンテンツが分類されています。 13DLNETはカテゴリーが綺麗に整理されていて広告も無い上、サイトも軽いのでとても使いやすいとまんが村の代わりに使う人も多いです。 13DLNETはRawQQなどと違ってサイト自体が日本語で馴染みやすいので、日本人向けに作られたサイトと言えますね。 まんが村では、アクセスした利用者が知らずに自動的に仮想通貨の採掘している「Coinhive」というマイニングをさせられていることがありました。 まんが村の代わりになる海外の無料漫画サイトでもマイニングされられる恐れはあるでしょう。 Coinhiveの仕組みは採掘された仮想通貨は一旦Coinhiveに渡り、そのうちの何割かがサイト運営者のものになるというもので、Coinhive自体は害を与えるものではないプログラムでした。 ただこの マイニングをサイトを閲覧している利用者が知らずにさせられていることが問題と言えます。 利用者はスマホが重くなったり電池の消費が早かったりするだけでなく知らないうちに不正プログラムに感染する可能性もあるので注意が必要です。

次の