インスタ フォロワー ユーザーを読み込めませんでした。 【インスタグラム】アプリの不具合のまとめ ログインできない?フィードが更新しない?

インスタグラム投稿時のエラー・トラブルの解決方法と対処法

インスタ フォロワー ユーザーを読み込めませんでした

2つのデータ インスタグラムでは、いつでも 自分のアカウントに関するデータを確認したり、 過去の写真やコメント履歴などのデータ(のコピー)をダウンロードして確認することができます。 自分のアカウントデータでは、下のようなアカウント情報やプロフィール情報、アクティビティなどを確認することができます。 以前のメールアドレス• 以前の電話番号• 以前のユーザーネーム• 以前のプロフィール• フォロワーのアカウント一覧• フォロー中のアカウント一覧• ログイン履歴• 検索履歴 など 過去の写真やコメント履歴などのデータをダウンロードすると、下のような内容を確認することができます。 過去に投稿した写真や動画• ダイレクトやストーリーで投稿した写真や動画• 自分がしたコメント履歴• 自分がしたメッセージ履歴• 自分がしたいいね履歴• 自分のプロフィール• 自分の検索履歴 など さっそく、それぞれの方法についてご紹介いたします。 自分のアカウントデータを確認する アカウントに関する基本的な情報やプロフィール情報などを確認することができます。 プロフィール画面に移動して、 オプションアイコンをタップ。 オプション画面から 「アカウントデータ」をタップします。 Instagramのアカウントでログインすると、アカウントデータ一覧が表示されますので、それぞれの項目で 「すべて見る」をタップすれば、詳細な情報を確認することができます。 フォロー中のユーザー一覧を改めて確認する際や、以前のプロフィール(自己紹介文)などを確認したい場合などに役立つかもしれません。 過去に投稿した写真や動画、自分のコメント履歴などを確認する 過去に投稿した写真や動画、コメント履歴などのデータをダウンロードして確認することができます。 写真や動画については分かりやすいですが、コメント履歴やメッセージ履歴などのデータについては多少分かりにくい部分もありますので、その点も含めて、ご紹介いたします。 プロフィール画面に移動して、 オプションアイコンをタップ。 オプション画面から 「データのダウンロード」をタップします。 メールアドレスを確認して「ダウンロードをリクエスト」をタップします。 データの準備に多少時間がかかります。 完了するとメールで通知がきます。 パソコンでメールをチェックしましょう。 「データをダウンロード」をクリックします。 Instagramのアカウントでログインして、 「データをダウンロード」をクリックします。 ダウンロードしたzipファイルを解凍して中身を確認してみましょう。 いくつかのフォルダと、機械可読(JSON)形式のファイルが含まれています。 フォルダは、photosや、direct、storiesといった名前になっており、 自分が過去に投稿した写真や動画、ダイレクト、ストーリーなどに投稿した写真や動画などが含まれています。 一方、 JSON形式のファイルは、comments. jsonや、likes. json、messages. jsonといった名前になっており、自分がしたコメント履歴や、いいね履歴、メッセージ履歴などを確認することができます。 それぞれの確認方法についてご紹介いたします。 様々な情報を含むデータですので、取り扱いには気をつけましょう。 写真や動画を確認する お使いのパソコン(Windowsや、Mac)に標準でついている写真アプリで、先程の フォルダーを読み込めば、すぐに写真や動画を閲覧することができます。 このように、簡単に写真や動画を一覧で確認することができます。 Mac標準の写真アプリで読み込んだ場合 Google フォトで写真や動画を管理している場合は、Chrome ブラウザで Google フォトを開き、 先程のフォルダをブラウザにドラック&ドロップすれば、まとめてフォルダ内に入っている写真や動画をアップロードすることができます。 自分のコメント履歴や、メッセージ履歴などを確認する 次に、自分のコメント履歴や、メッセージ履歴などを確認する方法ですが、先程のフォルダに含まれていたcomments. jsonや、messages. jsonといったファイルは、機械可読(JSON)形式のファイルとなっており、Windowsのメモ帳などで開いても、、、 このようになって、よく分かりません。 そこで、エクセルから読み込む方法と、CSVに変換して確認する方法をご紹介いたします。 エクセルからJSONを読み込んで確認する 実は、最近のエクセル(Windows版)は、JSONファイルを読み込むこともできるんです。 ただし、使い慣れていないと分かりづらいので、やや上級者向けの方法になります。 このような Power Query エディターという画面が表示されますので、手順に沿って作業をしていきます。 こちらの手順の詳しい説明は、こちらの記事 などの記事をご参照ください。 作業が完了すると、、、 エクセルで見ることができました。 やや上級者向けの方法になります。 ご自身のエクセル(Windows版)に、JSONファイルを読み込む機能がついていたら、いろいろ試してみていただければと思います。 JSONをCSVに変換して確認する 「JSON CSV 変換」などで検索すると、いくつかのサービスや、変換方法などの記事が見つかるかと思います。 CSVに変換して、エクセルで開くと、、、 見ることができました。 このように、過去にいろいろなユーザーに対して自分がしたコメント履歴などを確認することができます。 まとめ いかがでしょうか? インスタグラムで、 自分のアカウントデータを確認する方法と、 過去に投稿した写真や動画、自分のコメント履歴などを確認する方法をご紹介いたしました。 写真や動画については、すぐに閲覧することができて分かりやすいですが、コメントやメッセージ履歴などは、JSON形式のファイルになっていますので、若干分かりづらいかもしれません。 様々な情報を含むデータですので、取り扱いには気をつけていただければと思います。

次の

インスタのフィードとは?リフレッシュできない理由と解決方法は?

インスタ フォロワー ユーザーを読み込めませんでした

Instagramを利用していると、ちょっとしたエラーに出くわす場面があります。 投稿したつもりが投稿できていなかったり、改行ができなかったり、連動ができなかったりとエラーの種類はさまざまです。 こうしたエラーも解決法をある程度知っているとスムーズに解消することができます。 今回はInstagramで発生頻度の高いエラーについて、原因と解決策をご紹介いたします。 インスタグラムに投稿ができない Instagramに投稿できない場合は、• キャプションが長すぎる• メンション(@ユーザー名)やハッシュタグが多すぎる• 動画のデータサイズが大きすぎる といったことが原因の場合が多いので、投稿を見直してみましょう。 Instagramのキャプション上限文字数は2,200文字程度。 これ以上になるとエラーが出て投稿ができないので、この文字数以下にしましょう。 また、メンションは5人まで、ハッシュタグは30個までと決まっています。 たくさんつけてリーチを増やしたいところですが、グッとこらえて制限内に収まるようにしましょう。 動画は4GB、60秒というのが制限です。 基本的には60秒以内の動画なら問題ありませんが、高機能なカメラで撮影した場合は4GBの制限に引っかかる可能性があるのでご注意を。 位置情報が追加できない 検索の窓口を増やす意味でも位置情報の付与は重要なポイントです。 しかし、「位置情報が読み込めませんでした」というエラーメッセージが表示されるケースがあります。 原因は投稿写真に位置情報が登録されていないこと。 カメラの位置情報をオフにして撮影すると、写真に位置情報が付与されません。 写真の情報として位置情報がないとInstagram側でも位置情報を特定できないので、位置情報を追加できない、というエラーにつながるのです。 解決方法は簡単で、カメラアプリの位置情報をオンにするだけ。 iPhoneであれば、設定から行うことが可能です。 キャプション(投稿文)が改行されない 入力時にはしっかりと改行できていたのに、投稿してみると改行が消えている…という経験はありませんか? この手のエラー、トラブルって結構困りますよね。 こちらのトラブルの場合、原因は不明です。 しかし、半角文字や絵文字の後に改行を入れると改行が外れてしまう、ということが度々発生しているようなので、半角文字・絵文字のあとの改行は避けた方が良いでしょう。 解決方法としてはメモ帳などで一度文章を作成し、Instagramに貼り付けるという方法が有効でしょう。 絵文字を使用していても解決する場合が多いようです。 また、改行したいところで記号を入れて改行を行うことで、改行できない、というトラブルが発生しないこともあるよう。 どちらも解決する場合としない場合があるので、改行できない場合は両方試してみましょう。 投稿時ギャラリーに投稿したい写真が表示されない スマホのカメラで撮影した直後の写真をInstagramにアップしようとしても、写真が表示されない(写真投稿画面に)、という経験はあるでしょうか? あまり多くないエラーですが、なかにはこんなトラブルもあるようです。 こちらも原因は不明です。 しかし、SDカードの差し替えなどでカメラの画像保存先が変わっているか、スマートフォンに古いキャッシュが残ってしまっていることが原因として考えられるよう。 解決方法は撮影した写真はすぐに投稿する、キャッシュクリアできるアプリを入れ、こまめにキャッシュクリアする、くらいしかありません。 スマートフォン側の問題であることが多いので、スマートフォン内の管理を徹底して行いましょう。 いいねなどの通知がこない 頻発するのが通知問題ですよね。 「いいね!」やフォロワーが増えた通知、コメントの通知などが来ない場合が多々あります。 原因としてはInstagramのアップデートによって設定が変わってしまったことが考えられます。 Instagramのメニューの設定からアクションごとに通知の設定を見直してみましょう。 アップデート直後は設定が変わってしまうこともあるので、アップデートを行ったら設定を見直すくせをつけるのが良さそうです。 FacebookなどのSNSと連動できない 複数のSNSを運営していると同じ投稿をさまざまなSNSに行いたいですよね。 しかし、うまく連携がいかないと、結局手動になり、とても面倒です。 原因としてはFacebookとの連携ができていない、連携が切れているといったことが考えられます。 Instagramの設定から改めてアカウントと連携し直してみるなどすると解決することも多いそう。 インスタグラムにログインができない Instagramにログインできないととても焦ってしまいます。 考えられる原因は• ログアウトされている• アカウント情報が誤っている• 複数端末でログインしている• 乗っ取られた• 凍結された といったこと。 解決方法はそれぞれ• ログインしなおす• アカウント情報を確認し、ID・パスワードは正確に入力する• 使っていない端末からはログアウトする• 乗っ取り・凍結の場合はサポートに問い合わせる といったことが有効。 このどれでも解決しない場合はサポートに問い合わせを行いましょう。 まとめ 問題に対して確実にこれが正解、という解決策はありません。 ここでご紹介した解決方法を試してみて、解決できなかったらサポートに問い合わせを行いましょう。

次の

インスタのフィードとは?リフレッシュできない理由と解決方法は?

インスタ フォロワー ユーザーを読み込めませんでした

インスタグラムでは「アクションブロック」というエラーが起こります。 2019年までは1週間の期限付きで治る、といわれていました、現状では治らない・解除されないといった反応も大きくなっています。 ちなみに。 アクションブロックは、いいねの押しすぎ、フォローのしすぎなど、特定のアクションをやりすぎてしまった場合に起こるエラーです。 カ時間でももう3日だけど。 watanabe JP30dai アクションブロックが解除されない理由 インスタグラムのアクションブロックでは、何日に解除するというのが表示されます(されない場合もあります)。 しかし、その期限を過ぎてもアクションブロックが解除されない場合があります。 理由は 「警告しているにも関わらずアクションをしているから」というのがほとんどです。 みなさん、アクションブロックが出ているにも関わらず何か触っていたりしませんか?そういった細かいアクションでさえインスタグラムは敏感に察知します。 なので、最もおすすめのインスタグラムアクションブロックの解除方法は、 -- ・インスタグラムから完全にログアウトし復活するまで待つ。 ・所定の日になっても解除されない場合、自分もしくはなどがアクションを継続的に行なっている。 -- となってきます。 アクションブロックされる原因 アクションブロックには、利用者側に原因がほとんどあります。 アクションの多さ、不審なアクションなど、格安の自動化ツールなどを使っている場合がほとんどです。 そのほかにも以下のような理由によって、アクションブロックされる原因となります。 いいね・DM・フォローをやりすぎている 自分のいいねやDM、フォローなどのスピードが他の人より早い場合、アクションブロックされてしまう可能性があります。 私の後輩でも、ストーリーを「ババババババッ」と1秒間に3人ほどのストーリーを見ていたり、いいねもものすごいスピードでつける人がいます。 分析・自動化などインスタ系ツールを利用 インスタグラムの自動化ツールは非常に便利なものです。 しかし、こういったアクションブロックを受ける可能性も上がってしまう諸刃の剣…。 ほとんどの理由がこちらなのではないかと思います。 インスタグラム上でアクションブロックが起こる原因は「インスタグラム向けツールを利用していた」というのがほとんどです。 予約投稿ツール、分析ツール、自動運用ツールなど、さまざまなツールが開発されているので多くの人が一度は使ったことがあるかもしれません。 こういったツールを極力つかわずにクリーンな運用を心がけるのが一番良いです。 (リスクはあるものの、集客面・分析面ではツール利用をおすすめしますが!) 一度に大量のアクションを実行した これも自動化ツールを利用した場合の弊害となる可能性があります。 またツール利用者である場合に多いのですが、同じタイミングで「いいね・フォロー」といったアクションを、とPCで同時にしたなどの場合にも検知されるようです。 一度に複数のアクションをしてしまうという使い方は通常のインスタグラムではあり得ませんからね。 運用上かなり注意が必要です。 ただのエラーやバグのひとつ さまざまな原因の可能性はありますが、完全にインスタグラム側が悪く、利用者は全く悪くない場合もあります。 その場合は、以下の内容を元にエラー・不具合を解決してみてください。 インスタグラムの不具合の直し方 さて、ではインスタグラム上で不具合が出た時の解決方法について、以下で解説していきます。 直し方は状況によって様々な解決方法 インスタグラムの直し方ですが、ほとんどは状況によって変わります。 つまり、どういった原因でインスタグラムが不具合を起こしているのか?ということがわからなければ、解決方法も決まったやり方やプロセスは無いということです。 ただし、原因については以下の2つに集約することができます。 (1)自分だけが制限をかけられており不具合が起きている。 (2)インスタグラム全体(もしくは日本)で不具合が起きている。 特に、(2)のインスタグラム全体の問題であった場合には、何をどうやってもあなたが自分で解決することは難しくなります。 基本的には、「放置」することで解決している場合がほとんどです。 最新情報はで確認すると良い 以下のように「インスタグラム自体が問題があった場合」は、上にあるインスタグラムの公式アカウントからの情報が最も早い情報だったりします。 We know this is frustrating, and our team is hard at work to resolve this. — また、以下のような形で、自分が起きている不具合(例えば、インスタ アクティビティなど)を検索してみると、同時期に同じような不具合になっているアカウントがあるかどうか?がわかります。 インスタのアクティビティ読み込めなくて困った — Haruka haruchamichu 基本的にこういった情報を集めることが必要になりますし、「自分だけがなっているのか」「多くの人がなっているのか」でまったく対応が異なるので注意が必要です。 自分だけに問題が起きていた場合 さて、では自分だけに問題が起きていた場合。 などで同じような状況の人を探しても見つからない・・・ということはよくあります。 その場合、以下のようなことを調べて見てください。 最近「なにかのアクションをやりすぎた」ということはないか 例えば、誰かの投稿や、何かしらのイベントに関する投稿を大量に「いいね」や「フォロー」しませんでしたか?そういった記憶があるのであれば、おそらくそういった普通では無い挙動に対してインスタグラムが制限をかけている状況です。 また、自動いいねなどを行える、インスタグラム用の自動運用ツールを利用している場合もこういった状態になりやすいです。 (特にアカウントを解説してすぐの場合はかなりなりやすいので注意です。 ) 特に、私が多くこの症状になったのは「海外からのアクセスを行なっている業者」のサービスを利用した場合です。 なんども何度も認証がでて、電話番号やメールアドレスを1日に何回も登録しなければいけませんでした。 逆に「日本国内からのアクセスを行なっている業者」のサービスを利用し始めてからは完全に改善されました。 数週間に1度など認証は求められましたが、基本的には問題なかったですね。 できる限り、日本国内からアクセスを行なっているような会社のサービスを利用されることをお勧めします。 新しい場所からなんどもアクセスしたりしなかったか 例えば、こういった制限があった時に新しい場所からのアクセスをなんども行いませんでしたか?旅行先や、移動中など、さまざまなカフェからインスタグラムにログインした場合に「制限」はかかりやすい傾向にあります。 基本的に、それだけ様々な場所からインスタグラムにアクセスされることは無いと思うので、そういった「いつも通りじゃ無い」状態に対して制限がかなりきつくかけられます。 こういった場合の解決方法は、「放置」になります。 できるだけ新しい場所からのアクセスは避けて、基本的にはほったらかしにしておけば治る傾向にあります。 (基本的に、不具合はインスタグラムからのテスト期間という思想が重要です) アップロードした動画,画像が違反していなかったか さて、こういった場合はかなりきつい制限がかけられます。 みなさんが投稿しているコンテンツは「完全にオリジナルのもの」でしょうか? 例えば、検索してもまったく同じ写真はでてきませんか?もしくは、インスタグラム内の別のアカウントでまったく同じ写真を投稿していたりしませんか? こういった投稿がされている可能性がある場合には、 すぐに該当の違反コンテンツを削除してください。 その上で、やはり「放置」をするのが重要です。 すぐには解決することがないので、長期的な視点をもって解決を待ちましょう。 「 フォローバックします」などの怪しいを使っていないか また、画像コンテンツだけでなく、「 フォロバ」だとか「 f4f」(こういった海外系のの方が危険です!)などをつけてはいませんか? 基本的に こういった怪しいは規制の対象になりますし、こういった経由でフォロワーが増えたとしても2度といいねしてくれないクソアカウントです。 ファンになるはずもない人間・もしくはボットしか友達になってくれないので、こういったをつけたりすることは辞めましょう。 また、こういったがついているだけでも規制の対象になり、さまざまなアクションがかなり制限されてしまいます。 注意して運営してください。 投稿ができない場合 さて、具体的な症例の解決方法で「投稿ができない」という場合があります。 いくつかの原因が考えられるので、それぞれに合わせた解決方法が必要です。 インスタグラム側の不具合 ただのインスタグラム側の不具合であげられない場合、それはあなたにどうすることもできないので、ただただ「放置」して待ちましょう。 など通信環境が悪い場合 さて、こういった「投稿できない」ときによくあるのは、の通信環境が悪かっただけ・・・というような場合です。 もしくは、「特定のが制限されている」というような場合もあるので、様々な通信方法を試して見てください。 投稿に関わる制限を守れているか? 投稿に関して、いくつかのルールがあります(通常利用していればほぼ問題ありませんが・・・) 例えば、 ・アップロードしている動画が1分まで ・画像の枚数が10枚まで ・アップロードできるコンテンツサイズも一定値まで ・投稿できる文章は、2200文字まで ・は投稿&コメント欄合わせて30個まで などなど こういったルールに違反している場合、投稿することができない場合などもありえます。 違反コンテンツでされている 違反コンテンツをあげようとしていませんか?画像、もしくは動画や、BGMに一般的な楽曲が含まれていませんか? BGMをうまく調整しなければ、こういった一般的に販売されている音楽はインスタグラム上にアップロードすることができません。 なので、できるだけ「フリーの音楽」などを使うようにしましょう。 ただ、それだけだと似たり寄ったりのコンテンツになってしまうので、お金を払うなどしてオリジナルのBGMを持つのがベターですね。 アカウントに制限がかけられている さて、最後がアカウント自体に制限がかけられている(いわゆるシャドウバンの状態)になると、投稿ができないという症例もでてきています。 基本的には、シャドウバンの解決方法同様、「2週間程度通常通り利用する」だけで解決することができます。 ただし、期間中はほとんど投稿することができません。 ちなみに私も同じような状態になったことがありますが、10日目前後で投稿できるようになり、14日目以降にはシャドウバン状態は完全に解決しました。 いいねやフォローができない場合 次に、いいねやフォローをしようとしても上記のような表示がでて、「いいね」や「フォロー」ができなくなることがあります。 そういった場合は、以下のような原因が考えられます。 一時的なアクションブロック 基本的には、「特定のアクションのやりすぎ」によって起こります。 例えば、短期間になんどもいいねしたり、あるいは自動運用ツールなどを頻繁に活用しませんでしたか? (それほど大量でなくとも、アカウントを開設して3ヶ月〜半年程度はこちらの表示がかなりでやすいので注意です。 ) 通常通り活用していたとしても、アカウント開設直後であればこういった表示がよく出てきます。 「え・・・^^;?」って感じですよね笑。 ただ、ある程度アカウントを長期的に活用していれば、こういった表示もほとんどなくなります。 基本的にはインスタグラム側からの「あなたは本当に人間なの?」というテストでしかありません。 つまり、異常だと思われても気にせずそのまま使うのが重要です。 デごとの制限 さて、もうひとつですが、デごとの制限がかけられている可能性があります。 そして、一般的には「パソコンではいいねできないが、ではいいねができる」というような、アプリであれば色々とできるが、パソコン上でのアクションが制限されている場合が多いです。 その他の障害について また、その他にも「ストーリー投稿をあげることができない」だとか「がすべて消えている」だとか「DMの情報が全て消えている」というようなことがありました。 極め付けには、「勝手にフォロワーが減少する(フォロー解除が勝手に行われる)」ということまでありました。 ほんと最悪・・・という感じですが、インスタグラムは10億人が利用するサービスなので、まあそういった全体の障害も大規模になります^^; 基本的にこういった現象は、インスタグラムのシステム全体の問題となっております。 特に4月頭にはかなりひどい障害があり、多くの情報がなどかなり大きめのアカウントからも失われたようです。 そして、こういった大きめの障害の場合、私たち個人にできることはなにもありません。 そう、なにもありません。 以下、できそうなことをいくつか書いて見ましたが気休めにしかならないでしょう。 が、試して見る価値はあります(こういったことで治ったという報告もあるので) インスタグラムを再起動して見る アプリなのでほぼ意味不明ですが、一度インスタを閉じて再起動することによって症状が改善した事例もあるようです。 インスタを一度アンインストールして入れ直す 最新バージョンへのアップデートなどがうまくいってない場合は、インスタ自体を一度削除し、新たにアプリとしてダウンロードするのも一つの方法なようです。 携帯自体を再起動して見る 自体の電源を落とし、再起動して見ることによって改善する場合もあるようです。 ログアウトして2日放置 「シャドウバン」の解決方法においてよく取られる方法ですね。 ログアウトして2日放置は比較的よくある解決方法です。 14日間なにもしない また、14日間なにもしない、というのもシャドウバンになったときにはよく取られる方法です。 気にせず2週間使う、ということもよくいわれます。 どちらにせよ「2週間」というのはひとつのポイントになるみたいですね。 それでもまったく改善しないなら問い合わせ 以下のヘルプセンターなどを参照してインスタグラムから出されている公式の解決方法を参照しましょう(といっても、この記事で書いている内容とそれほど変わりませんが)。 そして、以下の方法でアプリから技術問題について報告することができます。 ただし、世界中の10億人から毎日想像を絶する報告がなされており基本的に真摯に問題に返答が来る可能性はゼロに近いです。 それでも問い合わせたい方は、以下の方法で問い合わせて見てください。 そして、その上で私たちにできること。 それはそう、「放置!」なのです。 不具合な場合にも頼れる運用者向けサービスをご紹介[PR] DIGITALPANDA 圧倒的な15以上の機能数と美しいボードのオートメーション。 業界でもっとも機能数が多く、実際に私が使っている自動いいねサービスです。 フォロワーを増やす為に必要なターゲティングを超細かく設定することができます。 特徴 ・15以上の機能!DIGITALPANDAでしか自動化できないものもあるので欠かせません。 ・ 大手企業や体の実績が多数(、、観光局など) 実際に使っている感想 私自身の感想になってしまいますが、機能面が非常に強いです。 「自動いいね」「自動フォロー」などはもちろん、稼働している時間、どれくらいいいねしたいか?、にいいねしている人、最近ログインしている人など、超細かく設定することができます。 また、「こういうを使っている人はいらない」という、NGキーワードの設定なども充実しており、基本的にこちらが望んでいないフォロワーは増えません。 (外国人が増えない設定、詐欺系アカウントが増えない設定なども可能です) 👇今だけ無料でAIを使ったインスタ診断することも可能です。 リムフォローアップ 業界での実績は非常に高い!大手企業も利用しているサービスです 業界でもっとものあるサービスの一つです。 機能数などは劣りますが、現在でも稼働している数少ないサービスのひとつです。 特徴 ・無料相談や返証など、サポート面での手厚さは非常に高い。 ・ 大手企業や体の実績が多数(ライザップ、など) 実際に使っている感想 こちらは私のクライアントが実際に利用していました。 設定内容などをこちらが細かくするのではなく、によって自動的にターゲティングしていくモデルだそうです。 サポートなどもあり、インスタグラム初心者にとってはかなりおすすめできるツールとなるでしょう。 👇今だけ効果がでなければ返証などキャンペーンもあります。 テテマーチ インスタグラム運用に非常に強い実績をもつテテマーチです。 ただしある程度は予算のあるプロジェクトが中心となっているようです。 予算は月30万円程度以上を検討しているのであればお願いできる可能性が高い会社です。 テテマーチ株式会社は、創業も若いです。 若いスタッフが柔軟な思考で、常に世の中にとって価値のある新しいサービスを構想しています。 主力事業は、関連事業とメディア事業です。 引用:より) インスタグラム向けツールSINISを提供 インスタグラムではアナリティクスがウェブ上で公開されていない為、さまざまな分析をすることが難しくなっています。 しかし、SINISではインスタグラムに関する分析などを誰でも簡単に行うことができます。 インスタグラム自体のとも連携しているので非常に精度の高いデータ分析となりそうです。 分析ツール「SINIS」では分析を依頼した企業はインスタグラムの親会社であるとページを連携させると、フォロワーの精巧なデータを取得できるようになります。 「SINIS」運営するテテマーチはこうしたデータを企業のかわりに得て、インスタグラムが公開している他社データも活用。 競合先などを比較しながら分析内容をグラフにして提供します。 (引用:公式HPより) Find Model 上場企業であるソーシャルワイヤー社の子会社となっています。 もともとプラットフォームであり、現在は広告運用なども含めインスタグラム運用の代行事業などを行なっています。 こちらもやはり予算は30万円〜で考えておくと良いでしょう。 インスタグラム・を中心として直接ン可能な登録(2,000名、総計6,000万リーチ超)を活用した高ENGのを提供しています。 ソーシャルワイヤー株式会社(東マ:3929)の中核事業として位置づけられ、業界でいち早くキャスティング選定にAI導入し、更にスタッフ拡充による高品質を持続的に提供しています。 また、レポート機能の大幅拡充、配信(@Press/NEWSCAST)との連動ソリューション等、『』を活用した各種各様のプロモーション施策支援をご提供しております。 (引用:公式より) ナーの実施 りょうくんグルメなど、を活用したPRナーを行なっています。 やはりをつかったPRを強みにしているだけはあるのかなと思います。 りょうくんグルメがプロデュースしてPRすることで行列ができるのは何故だろうか、その仕掛けに迫るべく、りょうくんグルメがとして大切にしていること、企画の作り方、投稿時の工夫など、飲食・食品業界のTOPのノウハウを公開します。 飲食店、食品業界必見のセッションです。 予めご了承ください。 (HPより) コムニコ コムニコはインスタグラムだけでなく、などの運用代行にも取り組んでいる企業です。 や航空会社など大きな会社を相手に事業しています。 ざっくり運用代行であれば、月額40万円〜となっており、さらに予算を割ける企業の為の会社ですね。 2008年は、奇しくも や が日本語版を立ち上げた年ですが、まだ利用者も限定的でした。 「」という言葉は既に存在していたものの、日本ではまだ一般化しておらず、 などの国内 サービスや、前年の2007年に日本語化された 、をはじめとするブログサービスが生活者の発信するメディアという意味で、 Consumer Generated Media と呼ばれ、注目を集めていた時期でした。 最初はもの珍しいインターネットサービスのひとつとして理解される事の多かったですが、いまや生活に欠かす事の出来ないインフラに成長しつつあります。 増え続ける情報の波のなかで、人は多くの情報との出会いを上で果たすようになりました。 コムニコはのプロフェッショナルとして、数多くの企業のパートナーとして創業以来増収を続け、黒字を継続しています。 これはいかにコムニコが得意とするの領域が注目され、その中でいかにコムニコが評価を得ているかの証明です。 業界は今大きな変化の時代を迎えています。 それは企業による一方通行の宣伝活動から、一般生活者目線のコミュニケーションへの変化です。 コムニコはこの業界の変革の主役となるべく、邁進していきます。 (引用:公式HPより) コムニコスウィート テテマーチも提供していましたが、こちらはを統合的に分析することができるツールのようです。 アカウント(、、)の投稿管理や効果測定にかける作業を、大幅に軽減するツールです。 競合比較や、レポートのワンクリック生成などの機能も備えています。 企業のアカウント運用担当者様、複数のブランドやを管理する広告代理店・制作会社様など、累計3,000アカウント以上の実績があります。 (2019年10月現在) キャンペーンツール ATELU キャンペーン(応募者の収集・抽選から当選まで)の作業を一括で管理し、キャンペーンの手間を軽減できるツールです。 キャンペーン・インスタントウィン・キャンペーンに対応しています。 ツールを導入することで、効果測定や分析、より効果的なキャンペーン企画の立案などに時間を充てられるようになります。 また、人為的なミスを防ぐことにもつながるため、担当者にかかる負担も軽減できます。 永田町に大きなオフィスを構えるは、かなり大手の企業です。 体や大企業などのアカウントサポートが基本となっており、より上流での相談という形になります。 その為インスタグラム運用であれば、最低でも50万円程度〜ではないでしょうか。 本音を言えば100万円程度かけれる企業でないと、フルにのリソースは使えないのでは?と思います。 は「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」ことをミッションに創業しました。 現在はとシェアリングエコノミーに注力し、法人向けのBtoB事業と一般消費者向けのCtoC事業を展開しています。 また、の浸透によって生まれた社内外のシェアリングエコノミーサービスに投資し、社内事業のカーブアウトおよび社外優良スタートアップの投資育成に取り組んでいます。 既に出資先である卒業生創業の企業は複数社株式公開し、その他20社以上のスタートアップ企業にシェアリングエコノミーファンドを通じ投資をしています。 そして、ミッションを実現するための場としてコミュニティビル「Nagatacho GRID」を2017年より運営しています。 また、代表のは、一般社団法人シェアリングエコノミー協会のを務めています。 (引用:HPより) 画像・コメントの目視モニタリング かなり早い段階からコメントや返信などのモニタリングなどの事業を行なっています。 マイナスコメントや、炎上などが起こった場合の対策を実施することができるサービスのようです。 式会社(本社:東京都品川区、代表執行役社長:、以下)の100%子会社であるアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、社長:江戸浩樹、以下アディッシュ)は、投稿のモニタリングサービス「コミュニティパ」()事業において、(インスタグラム)の投稿内容を取り込むシステムを開発し、投稿された画像・コメントの24時間365日、有人目視でのモニタリングを提供開始します。 さらに、の開設・運用代行を行う株式会社シェアコト(本社:東京都、:田中孝治、以下シェアコト)と提携し、のモニタリングと運用のパッケージ販売()を開始します。 アライドアーキテクツ 現在は上場企業であるアライドアーキテクツ社は、企業の4500以上のアカウント運用代行などを実施してきました。 すでに取引がある企業も多いかと思いますが、初期より活動してきた企業です。 予算としては50万円程度が最低ラインですが、やはり100万円程度かけられる企業がメインとなるでしょう。 アライドアーキテクツは「ソーシャルテクで、世界中の人と企業をつなぐ」をミッションに掲げる、国内最大級の企業だ。 自社開発のプロダクトやソリューションを提供し、大企業から中小企業まで約4,500社以上の支援を手がけている。 同社は、まだ国内で「」という言葉すらはっきりとは知られていなかった2005年、「いつかは個人の発信が情報流通の中心になるはず」と考えた中村氏(現・会長)によって設立された。 企業の発信の多くをマス広告が占めていた時代、生活者(消費者)は企業が伝える情報を一方的に受け取ることしかできなかった。 しかしの登場で、ひとりひとりがその想いや考えを世界中に発信できるようになった。 今やその影響力は、時にマスメディアに匹敵するほどのパワーを持つことすらある。 一見すると、企業にとっては「顧客の声」に戦々恐々としなければならない時代になったようにも思えるが、同氏はこの世界を「素晴らしい社会」だと断言する。 (引用:HPより) POST(ポスト) インスタグラムを用いた、予約投稿サービスなどを開始しています。 限られた企業のみこのを利用できるので、インスタグラム側からも信用されたサービスであることがわかります。 アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中村壮秀、:6081)は、このたび、の投稿予約ができる「POST powered by Letro(ポスト・パワード・バイ・レトロ)」の提供を開始いたしました。 これは、が今年1月30日に発表した「 Graph 」のアップデートで追加された「企業アカウント向けの投稿予約機能」により実現しました。 現在は、米社の公式パートナープログラム「 Marketing Partners」または「 Partner」の認定企業のみが、本機能を搭載したサービスを提供することができます。 Letro(レトロ) また、同社はモデルの写真を収集するサービスである「Letro」も提供しています。 こちらとShopNowが連携するなど、インスタグラム側の機能との掛け合わせは活発に行われているようです。 「Letro」は、上にユーザーが投稿した写真や動画を収集し、投稿者の許諾を得た上で広告や、ブランドサイトなどのクリエイティブとして活用できるプラットフォーム。 独自ので解析を行い、高いプロモーション効果が見込める画像を予測する。 2017年11月、およびの公式パートナーに認定された。 のショッピング機能「Shop Now」は、投稿写真に商品名や価格が記載された商品タグを付与することで、ユーザーを外部の購入ページなどに誘客できる機能。 からへのシームレスな画面遷移を実現する。 今回開始したパッケージサービスでは、生活者視点の商品写真を上で収集し、投稿者の許諾のもとにのタイムラインとで横断的に投稿・掲載することができる。 また、「Shop Now」の利用に必要となる各種設定やアカウントの申請をアライドアーキテクツが一括で請け負うため、同機能のスムーズな導入が可能となった。 言わずと知れた日本最大の広告代理店です。 もし予算が数百万円〜数千万円、もしかしたら億単位であるのであればお任せするのが良いでしょう。 どちらかといえば、タレントを起用したCM運用や、王道のセグメントに対する王道プレイが得意なイメージです。 株式会社(でんつう、英: INC. )は、日本最大手、世界規模では5位の広告代理店である[1]。 2020年1月1日に体制へ移行。 また本稿では、である株式会社グループについても記述する。 (引用:より) インスタグラムとの共同レポート発表など インスタグラムと共同してレポートの作成などを行なっています。 それだけ密にインスタグラム側ともコミュニケーションをとっているので、間違いなく問題なくレギュレーションも完璧にプロジェクトは進行していくでしょう。 まだベストプティスも確立していないことから、多くのマーケターが頭を悩ませているという声もよく寄せられています。 今回、とはクリエイターをブランドが活用する際のポイントを特定するため、クリエイター7名へのインタビューと346名へのアンケートにより活動実態の調査をトレンダーズへの委託のもと行いました。 調査結果から得られたクリエイターの生の声と、そこから得られたマーケターのヒントをレポートにまとめています。 (インスタグラム公式) 言わずと知れた日本最大の広告代理店です。 もし予算が数百万円〜数千万円、もしかしたら億単位であるのであればお任せするのが良いでしょう。 どちらかといえば、クリエイティブな発想や、おもしろいイベントなどを絡めた施策が得意なイメージです。 株式会社(はくほうどう、Hakuhodo Inc. )は、日本の広告代理店。 大広、、とともに、の中核企業の一社である。 (引用:より) 2015年ごろよりインスタグラムとウェブを連携した形でのイベントPRプランなどを提供しています。 4年近くの実績から、インスタグラムを活用したPRなどについての知見や、インスタグラムと別のを連携した横断的なプロモーションの実施なども可能となるでしょう。 は、2015年3月より、とWebPRによる情報発信によって企業イベントの話題化を図る「(プラム)」の提供を開始した。 今後さらなる成長が予想されるを注力領域と位置付け、企業のをサポートしていく。 ハッシュラブ HASHLOVEという格安のサービスがありましたが、受付停止していましました。 上記2つのサービスは、現在も稼働しているようなのでどちらか?をおすすめします。 Likesrobo 韓国で使われているサービスで、完全無料のサービスがあったのですが、こちらも動かなくなってしまいました。 SocialDog 若者のが運営していた会社で、機能面では非常に良かったのですが、現在新規の受付などは完全に停止しているようです。 インスタ自動いいねとは? インスタグラム上で利用することができる自動いいねツールとは、自動的にターゲットに対してアクション(自動いいね・自動フォローなど)を行うことによって、フォロワーを増やして行く手法です。 自動いいねはそもそも必要か? インスタグラムでは初期にフォロワーを獲得することが重要です。 手段はいろいろありますが、自動いいね系のサービスを使うことは、アカウント初期にフォロワーを獲得する手段としては悪くはないでしょう。 10万人フォロワーを超えるアカウントでも、初期は 手動でのアクションでフォロワーを獲得しているのが ふつうです。 ガルシアって初期の頃、ファンのインスタもフォロバしてたやん?今は違うけど、その時はガルシア私の鍵垢のフォロワーやった訳よ。 初期の印象的出来事。 インスタグラムではエンゲージメントが最も重要です。 なので、無駄なフォロワーを増やさず、きちんと自分のアカウントに興味のあるユーザーを獲得することが重要になります。 「自動いいねでフォローバックを狙う」以外の方法もありますが、もっとも手軽な方法がフォローバックを狙っていく戦略になります。 また、当然ですがインスタグラム初心者は、圧倒的にインスタグラムについての知識がありません。 何時にアップロードすればいいのか?どんな写真が最近は流行っているのか?ということを働きながら常に最新情報を追いかけることは不可能です。 そこで、インスタグラムの専門家からのアドを受けることができる「自動いいねサービス」を利用することによって知識をつけていくことがベストだと私は考えています。 手動アクションによる凍結リスク 私自身「自動いいねツールって怪しいから使わないでいいかな」と思っていましたが、手動でアクションすることによるリスクが非常に高いことがわかりました。 なんと、こういった傾向が強くなりすぎており手動でのアクションに対しても制限をかけられたり、凍結してしまうことがかなりあるようです。 やぶぁい、インスタいいね押しすぎて凍結喰らったっぽい。 (1名増えているとは思うが、正確にわからないという人がいました) また、実際にどれくらいフォロワーが増加したか?が重要ですよね。 最も多かったのは500人前後で、次が100人以下という結果でした。 アカウントの質にもよるようですが、100人〜500人程度が増えていくのがほとんどみたいです。 中には、 自動いいねを使って1ヶ月で4000人増加したという人もいました! インスタ自動いいねを実際に利用した感想 インスタグラム向けの自動いいねツールを実際に利用している感想です。 某ファッション系のクライアント様のアカウント運営をする際に利用しているDIGITALPANDAですが、1ヶ月に300〜500人前後が増加しています。 また「いいね」だけではなく、「自動コメント」「自動ダイレクトメッセージ」などによって、エンゲージメントを非常に高くあげることに成功しました。 地道なアクションによって、フォロワーとの関係性を築いてきた結果かなと思います。 insta-hack.

次の