エドゲイン 作品。 エド・ゲイン : 作品情報

エド・ゲインって怖いの?:ホラー映画って呪怨が怖いの?

エドゲイン 作品

解説 「サイコ」「悪魔のいけにえ」などの古典から最近の「アメリカン・サイコ」まで、数多くのホラー映画に登場する殺人鬼のモデルとなった男、エド・ゲイン。 殺人史的見地から見ても極めて特異な位置に立つゲインの人生に焦点を当て、なぜ殺人を犯すに至ったのかを描く異色のホラー映画。 2000年製作/90分/アメリカ 原題:In the Light of the Moon 配給:日本ヘラルド映画=ポニー・キャニオン ストーリー 1950年代、ウィスコンシン州。 人口640人の簡素な町プレインフィールドに住むエドは、厳格で横柄なキリスト教信者の母から異様な教育を受けていた。 日々聖書を読み合わせ、時には息子たちをベルトで鞭打つ母。 母のしつけでもっとも厳しかったのは、セックスを敵視していたことだった。 しかし、その最愛の母も数年前に他界し、エドは孤独な生活を送っていた。 輪廻転生やカニバリズムなど、一風変わったものに興味を抱くエドの最大の関心事は、女性の体。 母の教えを守り自分の性欲をひたすら抑圧してきたが、やがて町からは亡くなって間もない女性の死体が次々と消えてゆく。 そして、エド・ゲインの最初の殺人の時がやって来た……。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

シリアルキラー『エド・ゲイン』が起こした事件まとめ【閲覧注意】

エドゲイン 作品

ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。 アメリカ犯罪史上最大の有名人「エド・ゲイン」観ました。 あらすじ:アメリカ犯罪史を代表するシリアルキラー、エド・ゲインの真実を暴くホラーサスペンス。 1906年、ウィスコンシン州プレインフィールドに生まれたエド・ゲインは、両親と兄とともに暮らしていた。 やがてアルコール中毒で父が他界すると、母オーガスタは二人の息子に対し異常なまでに厳格な躾を施した。 そして、ゲインが38歳の時、兄が死に、翌年最愛の母が他界すると、ゲインはひとり異常な世界に興味を抱き始める…。 「サイコ」のノーマン・ベイツ、「悪魔のいけにえ」のレザーフェイス、「羊たちの沈黙」のバッファロービルのモデルになったと言われるのがこの「エド・ゲイン」です。 エド・ゲインの真実の姿を描いた作品という触れ込みですが、実際は映画なのでかなりの着色がしてあります。 この作品のエド・ゲインは身長190cmあろうかという筋骨隆々の大男ですが、実際には152cmの小柄な男だったようです。 ちなみにこのエド・ゲイン役の俳優「ケイン・ホッダー」はジェイソンを4回も演じている人です。 悪の象徴としてデカイほうが怖いんでしょうか?ボクは普通の人がこんな犯罪起こしたってほうが怖いですが。 ストーリー的にはやっぱり映画ですからエド以外に主人公がいてこれがちょっとマヌケな副保安官です。 この主人公は署長 ? の娘と付き合っていて結婚目前です。 この娘と自分の母親がエドにさらわれてどうなるかっていう話です。 話の展開はありがちですが、いまいちスリルがありません。 それはこちらはもう犯人がわかっているのであとはどう関わってどう被害に合うかを待つだけになってしまっているからです。 しかもマヌケな主人公とやる気の無い保安官のおかげで犯罪が繰り返されちょっとイライラします。 コソッと彼女をパトカーに乗せて隣町に向かう途中母親が行方不明になったという知らせを聞いて車を飛ばして帰る途中で事故を起こし彼女は大怪我。 彼女をその場に置いて助けを求めにいくと彼女の前にエドが現われて彼女をさらっていきます。 彼女がいなくなり慌てて署長たちと合流した主人公ですが、この署長もいかにもアメリカ人っぽい人物です。 田舎の平和を乱すな、事件を持ち込むなっていう態度でやる気がありません。 バーの店員スーが行方不明になった時も適当に捜査します。 エドの家にいるという情報を聞いて駆けつけたときもドアの外で呼びかけるだけです。 ところが自分の娘がエドにさらわれたと聞いた途端、銃を抜いて突入します。 なんなんでしょうこの豹変ぶり。 ホント典型的なダメ上司です。 そしてなぜ他の女性は殺して署長の娘だけ殺さなかったのかもわかりません。 実際は自分の母親に似た中年女性だけを狙っていたんですが、この作品では最初に18歳の女性も被害にあっているので設定がおかしくなってます。 母親の異常な教育と母親への歪んだ愛情・恐怖が背景にあるのを無視してしまっているので犯行の動機の説得力にちょっと欠けます。 この作品では3人殺していますが、実際は2人のようです。 その他の死体は墓を掘り起こして持ち帰り解体して加工していたそうです。 この加工したものが凄くて頭蓋骨でグラスを作ったり人骨でベッドを作ったりしていました。 映画のオープニングで出てくる事件の写真もスゴイものがあります…。 詳細については「エド・ゲイン」でググッたらスゴイ写真がいっぱい出てきますので見たい方はどうぞ。

次の

エド・ゲインとは (エドゲインとは) [単語記事]

エドゲイン 作品

エド・ゲイン 作品情報 えどげいん• 作品情報• 上映終了• 動画配信 『サイコ』『悪魔のいけにえ』のモデルにもなった驚愕の猟奇殺人犯エド・ゲインの実像に迫る エド・ゲインは、人口600人余りの小さく平和な田舎町に住んでいた。 家族はみんな死亡し、独身のまま中年を迎えた彼は、無口で内向的で、特別に注目される存在ではなかった。 だが、彼は恐るべき奇癖の持ち主だった。 墓場から女性の死体を盗み、その皮膚や骨で家具や食器などを作り、月夜の晩には皮膚製のマスクや胴当てで一人踊り回っていたのだ。 しかし、やがて死体では満足できず、生身の女性への欲望が抑え切れなくなる。 「エド・ゲイン」の解説 エド・ゲインの犯罪が発覚したのは1957年だが、その猟奇性において群を抜き、今だに語り継がれる犯罪者エド・ゲイン。 音楽、美術など彼の犯罪からインスパイアされた作品は数多く、映画では実話に則した『ディレンジド』『ランドスケープ・スーサイド』の他、『サイコ』『悪魔のいけにえ』『羊たちの沈黙』などの犯人のモチーフにもなっている。 この作品は、最も実像に近い内容だが、淡々とした静的な語り口でエドの心理に迫っている。 エド役のスティーブ・レイルズバックは、狂信的宗教家であり猟奇的殺人事件を起こしたチャールズ・マンソンも演じた経験の持ち主。 人のいい素朴な男と、死に取りつかれた狂気の男を巧みに演じ分けている。 公開日・キャスト、その他基本情報 公開日 2001年9月22日 キャスト 監督: 出演: 配給 日本ヘラルド映画 制作国 アメリカ(2000) 上映時間 90分 ユーザーレビュー.

次の