藤巻亮太。 藤巻亮太 「8分前の僕ら」

藤巻亮太 「8分前の僕ら」

藤巻亮太

本当にソロ活動を続けるのか、バンドをどうするのかを悩んでいる時期に、あちこちを旅して回ったことで、今の自分にできることと、自分ひとりではどうにもならないことがあるとわかった。 藤巻:はい。 すごく怖いことではあったけど、一度立ち止まろうと思ったんです。 今はきっと歌うべきことがないってことなんだろうし、前に進んでいく覚悟を自分で決められない限りは、どこにも進めないと思って。 アルピニストの野口健さんが、ものすごくいろんな旅に誘ってくれて。 その経験は大きかったですね。 20代のときには考えられないような、ヒマラヤとかアフリカとかいろんなところに一緒に行きました。 藤巻:はい。 ヒマラヤの山奥とかアフリカのサバンナの中とか、すごく遠い場所に行くと、物理的な距離と同じぐらい精神的な距離も離れられるんですよね。 「自分は何をそんなに握りしめていたんだろう」「何にビビってたんだろう」「何にそんなしがみついていたんだろう」って気づかされました。 それで、「今の自分にできることをやっていこう」と思うようになっていったんです。 そうなると、まず自分にできることは今の現状を受け入れることなんですよね。 藤巻:自分にできることとなると、結局今も昔も変わらないんですけど、今自分が思っていること、感じてるものを音にしていく作業しかないんですよ。 そうやって現状を受け入れていく中で、バンドと比べたり差別化をしなくてはという意識から、だんだん距離が取れるようになってきたというか。 ソロはソロの歩幅で、しっかり歩いていくしかないんですよね。 あと、これはメンバーの意見がそろわないと始まらないんだけど、少なくとも自分の意志としては、いつかちゃんとまたレミオロメンをやろうと決めたこともあって。 やっぱりバンドって生き物ですから。 みんなの思いがそろったときにこそ動くべきものだし、輝くものだと思っていて。 だから、逆に言うと、決めただけで何も考えてないんですよ。 いつかバンドをやろうと決めたら、今やるべきことはバンドと差をつけるとかじゃなくて、今思っていることを丸ごとソロに注ぎ込めばいいんだって。 やっぱり、本当に大事なものって絶対に消えないんですよ。 だから、どこからどこまでが自分で、どこからどこまでが自分じゃないみたいなことではないし、途中で衝動に駆られたことも含めて自分なんだって思えるようになったというか。 藤巻:そう。 だから、ソロとバンドの線引きがあるわけじゃなくて、その本質でちゃんと音楽が鳴っているかどうか、生きた音楽を作っていくことができるのかが、今の自分にとっていちばん大事なことなんですよね。 自分の内側に向かうことも大事だけど、やっぱり音楽って、音で人と繋がっていく循環も大事なんですよね。 だから曲を作りながら、「あ、こういうことなのかな?」っていうことを理解していくような感じでした。 歌詞を書きながら自分の中で整理していって、曲ができたときに、ようやく今自分が表現しようとしていることがわかってくるみたいな。 聴いてくれるファンと一緒に共有したいという思いよりも、今これを出さないと自分がどうにかなっちゃうっていうようなところから始まった。 でも、内向きの循環だけでやっていくと、どこかでファンを置いてきぼりにしちゃうところもあったというか。 自分の内側に向かうことも大事だけど、やっぱり音楽って、音で人と繋がっていく循環も大事なんですよね。 だから、今回は内側の循環もありながら、それが外側にどう伝わっていくのか、そのバランスを自分の中で取りながら作っていったような気がします。 ただ、そこに目をつむってしまうと、アーティストとして自分の何かが損なわれちゃうような気がしていたから、もうそれを信じ切っていました。 それがかっこいいと思っていたというか、その気持ち良さとカタルシスと意味もあった。 それに内側の循環じゃないものは、レミオロメンでやるべきなんじゃないかと思うところもあったんですよね。 藤巻:そう。 だから、それが旅の中で手放したことのひとつなんですよね。 別にそれは、ソロだからとか、バンドだからってことではなくて、今そうやって外側に開いて行きたいと思うなら、それをやればいいって。 リリース情報 藤巻亮太 『旅立ちの日』初回限定盤(CD) 2015年5月13日(水)発売 価格:2,600円(税込) VIZL-844 1. 旅立ちの日 2. ゆらせ 3. 春の嵐 4. 指先 5. born 6. 藤巻亮太 『旅立ちの日』通常盤(CD) 2015年5月13日(水)発売 価格:2,200円(税込) VICL-64444 1. 旅立ちの日 2. ゆらせ 3. 春の嵐 4. 指先 5. born 6. 名もなき道• イベント情報 『藤巻亮太 TOUR 2015「旅立ちの日」』 2015年5月14日(木) 会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール 2015年5月15日(金) 会場:東京都 中野 サンプラザホール 2015年5月28日(木) 会場:大阪府 なんばHatch プロフィール 藤巻亮太(ふじまき りょうた) 2000年12月にレミオロメンを結成。 2003年8月1st Single『電話』でメジャーデビュー。 2005年リリースの8th Single『粉雪』は自己最高のヒットとなる。 2009年、彼らにとって大事な日でもある3月9日に初のBEST ALBUM『レミオベスト』をリリース。 2012年2月、バンド活動休止を発表。 大震災以降、音楽と向き合い、被災地の学校を中心にライブを行い歌い続けてきた楽曲でもある『光をあつめて』をソロデビューシングルとして2012年2月リリース。 全国のフェス/イベントへ多数出演し、ソロ藤巻亮太の歌の世界観が凝縮された待望の1st Album『オオカミ青年』が10月17日にリリース。 2014年12月17日にはSPEEDSTAR RECORDS移籍第一弾シングル『ing』をリリース。 2015年5月13日には、ミニアルバム『旅立ちの日』をリリース。

次の

藤巻亮太 (フジマキリョウタ)|チケットぴあ

藤巻亮太

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年4月) レミオロメンではとをしている。 また楽曲の全てのとほぼ全ての楽曲のをしている。 結成後、レミオロメンというバンド名を決める際のジャンケンで一番に勝ち、当時「」や「」で高い評価を得ていたイギリスのロックバンド、の頭文字「レ」をとった。 永遠のスターはのである。 これは藤巻がコンビニでバイトしていたころ店内でよくTHE YELLOW MONKEYの楽曲が流れていたためであると2007年3月30日放送ので公言している。 また、コラボレーション・ゲストに吉井和哉を希望し「」を2人で歌い初の共演を果たした。 その他雑誌等で対談もしている。 非常に多くのギターを所有しておりライブでは楽曲に合わせてしばしばギターを交換している。 主に使用されるのは、、、、など。 30歳になる前に登頂したいと地元山梨で開催されたSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009のライブ出演の2日前に富士登山し登頂した。 ヒット曲である粉雪をリリースした頃は右目にかかるほどの長めのであった。 初めて友達とセッションしたのはの「」。 これが音楽の世界にはまっていくきっかけになった。 初めて作った曲のタイトルは「コンクリート」。 大学在学中「ライン」というバンドを組んでいた。 最近では、高校時代に購入したをライブで使用することがある。 落ち着く時間は「の曲を聴いている時」。 と雑誌の対談をきっかけに交流を持ち、の清掃活動に参加し、2010年の年末から翌年にかけて登山を共にした。 2011年2月5日放送のでヒマラヤの登山についてのコメントを行った。 また、東日本大震災後、「歌の炊き出し」を幾度か行い、そのときに出来た「」で2012年2月29日にソロデビューすることが2011年12月6日に発表された。 なお、2014年10月からに移籍している。 2018年5月31日にこれまで所属していた烏龍舎からの独立を発表。 同年10月7日に自身初の主催フェス「Mt. FUJIMAKI2018」を地元山梨にて開催。 2019年4月3日、レミオロメン時代の曲を、アコースティック中心のアレンジでセルフカバーするアルバム「RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010」をリリース。 同年6月14日、 公益財団法人 日本オリンピック委員会主催「オリンピックコンサート2019」にてゲストアーティストとして「粉雪」「もっと遠くへ」「3月9日」を歌唱。 6月26日、サントリーウイスキー「角瓶」TV-CMソング「ウイスキーが、お好きでしょ」、8月7日「僕らの街」(NEXCO中日本CMソング)を配信限定リリース。 9月29日には2回目となる自身主催の野外音楽フェス「Mt. FUJIMAKI 2019」を、山中湖交流プラザきららにて開催した。 2020年1月11日、テレビ東京系『』オープニング主題歌「Heroes」を配信限定リリース。 1月29日、BUCK-TICKトリビュートアルバム『PARADE III ~RESPECTIVE TRACKSOF BUCK-TICK~』に参加。 M13「JUST ONE MORE KISS」 2月25日~29日には初の5日間連続公演「RYOTA FUJIMAKI 紀伊國屋サザンシアター 5days 『Back to the Music!!! 』」を紀伊國屋サザンシアターにて開催。 7月5日には配信ライブ「ON YOUR LIVE 2020」を開催した。 エレクトリックギター [ ]• CASINO '67• Firebird VII• Les Paul Standard• Chet Atkins Country Gentleman '63• Chet Atkins 6119 tennessean• '57 Stratocaster• Eric Clapton Stratocaster• Fender Custom Shop TELECASTER• '62 Jazzmaster• '62 Jaguar• Fender Japan MG65• ベンチャーズ・モデル• Rickenbacker 360• AEX1500 アコースティックギター [ ]• D-45 エフェクター [ ]• 歪み系• VEX BOX OF ROCK• DIVIDED BY 13 JOY RIDE• Providence STAMPDE OD• A BM-FUZZ '70• MXR micro amp• JT products ASSIST• XOTIC RC Booster• モジュレーション系• MXR PHASE 90• Guyatone VINTAGE TREMOLO VT-X• 空間系• LINE 6 DL4 Delay Modeler• その他• Providence VELVET COMP アンプ [ ]• DIVIDED BY THIRTEEN FTR 37• MATCHLESS DC30 ディスコグラフィ [ ] 2012年2月29日にシングル「光をあつめて」でソロデビュー。 シングル [ ] 枚 リリース日 タイトル 規格品番 最高位 1st 2012年2月29日 AVCO-36072 19位 2nd 2012年8月15日 AVCO-36076 数量限定生産盤 32位 3rd 2014年12月17日 ing VICL-37001 36位 4th 2015年12月16日 VICL-37288 42位 配信限定シングル [ ] 発売日 タイトル 規格 備考 1st 2014年10月1日 アメンボ 開局60周年記念映画「」主題歌 2nd 2016年5月11日 go my way デジタル・ダウンロード 系アニメ「」エンディングテーマ 3rd 2019年6月26日 デジタル・ダウンロード ウィスキー「」CMソング 4th 2019年8月7日 僕らの街 デジタル・ダウンロード 中部横断道 新清水JCT~富沢IC 開通 CMソング 5th 2019年9月11日 Summer Swing デジタル・ダウンロード 「Mt. (TOKYO FM、2014年7月~9月)• J-WAVE開局25周年 復興支援ラジオ番組「Hitachi Systems HEART TO HEART」(株式会社日立システムズ提供) 7代目ナビゲーターに就任。 (2019年4月~2020年3月) 被災地を取材する中で感じた想いと、現地の人々の願いを一つに紡ぎ、楽曲「大地の歌」を書き下ろし、2020年3月11日にJ-WAVE『GOOD NEIGHBORS』で初披露。 連載 [ ]• 朝日新聞デジタル 好書好日にて読書コラム「」連載(2018年6月~連載中) 主なライブ [ ] ワンマンライブ・主催イベント [ ]• 2012年04月12日 - 藤巻亮太「光をあつめて」SPECIAL LIVE• 2012年09月 - 藤巻亮太 LIVE 2012"ECLIPSE"• 2012年11月 - オオカミ青年アコースティックライブ• 2013年01月〜02月 - 藤巻亮太 TOUR 2013 "オオカミ青年"• 2013年09月〜11月 - 明日の歌旅2013• 2014年04月〜05月 - 明日の歌旅2014• 2014年11月02日 - 日本大学法学部 PHOENIX LIVE 2014 藤巻亮太 from レミオロメンLIVE• 2014年11月03日 - Acoustic Live in 奈良大• 2015年05月14日〜05月28日 - 藤巻亮太 TOUR 2015 「旅立ちの日」• 2016年02月17日〜03月06日 - 藤巻亮太 TOUR 2016 ~歌旅編~• 2016年03月09日18:30~ - 藤巻亮太 3月9日 PREMIUM DAY!! 2016年03月09日21:00~ - 藤巻亮太 3月9日 PREMIUM DAY!! 『日日是好日』SPECIAL LIVE• 2016年04月16日〜05月27日 - 藤巻亮太 TOUR 2016 ~春祭編~• 2016年10月01日~10月15日 - 藤巻亮太 TOUR 2016 ~秋祭編~• 2017年03月09日 - 藤巻亮太 3月9日 PREMIUM LIVE 2017• 2017年10月22日~11月18日 - 藤巻亮太 Polestar Tour 2017• 2017年11月25日 - 神戸常盤大 常盤祭• 2018年5月19日、6月3日 - 「藤巻亮太 SPECIAL LIVE -藤巻 春のファン祭り- supported by EPSON」• 2018年9月30日 - 渋谷ストリーム開業記念イベント 藤巻亮太ワンマンライブ• 2018年10月07日 - Mt. FUJIMAKI2018• 2018年11月10日 - 渋谷ストリームホール 藤巻亮太ワンマンライブ• 2019年2月17日 - おりなす八女 Music Special~藤巻亮太コンサート2019• 2019年4月~6月 - 藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019 "In the beginning"• 2019年6月19日 - 10周年記念ライブ• 2019年9月29日 - Mt. FUJIMAKI 2019• 2019年11月18日 - FC限定公演「Back to the Music!!! ~prologue~」• 2019年12月28日 - 年末特別公演 Ryota Fujimaki with Ai Kuwabara Strings The Premium Concert 2019• 2020年1月12日 - 藤巻亮太 祝・生誕40th!「Heroes」リリース記念SP LINE LIVE特番• 2020年1月25日 - FC限定公演「Back to the Music!!! ~prologue~vol. 2020年2月9日 - 藤巻亮太 Acoustic Live 2020• 2020年2月25日~29日 - RYOTA FUJIMAKI 紀伊國屋サザンシアター 5days 『Back to the Music!!! 2020年3月9日 - THANK YOU LINE mini LIVE 2020 生配信• 2020年4月~5月 - インスタライブ(全5回)• 2020年7月5日 - 配信ライブ ON YOUR LIVE 2020 出演イベント [ ]• 2007年07月16日 - fes '07• 2011年12月23日 - MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2011• 2012年05月17日 - J-WAVE LIVE~SPRING! 2012年05月27日 - 2012• 2012年07月15日・08月19日 - ap bank fes '12 Fund for Japan• 2012年07月28日 - 2012• 2012年07月29日 - 2012• 2012年08月03日 - 2012• 2012年09月02日 - SPACE SHOWER 2012• 2012年09月22日 - 夢チカLIVE VOL. 80 UNPLUGGED in KRAPS HALL• 2012年10月07日 - ZIP-FM 19th ANNIVERSARY ZIP AUTUMN SQUARE -POWER TO THE PEOPLE-• 2012年10月24日・25日・11月02日 - FEEL THE MUSIC• 2012年10月26日 - JAPAN 2012• 2012年12月04日 - ツタロック・スペシャルライブ• 2012年12月08日 - 2012• 2013年04月28日 - 日比谷野音空想旅団• 2013年09月13日 - J-WAVE BAR• 2014年05月05日 - TOKYO M. 2014年09月27日 - MAMEDAGIA FES ~隠岐の島 2014~• 2014年10月19日 - QUATTRO MIRAGE VOL. 8 powered by TOWER RECORDS• 2014年10月25日 - 第46回 橘祭• 2014年11月02日 - 法学部 PHOENIX LIVE 2014 藤巻亮太 from レミオロメンLIVE• 2014年12月25日 - Christmas Live 2014 - illuminotes -• 2014年12月31日 - EX THEATER TV Presents COUNTDOWN EX 2014 to 2015• 2015年03月21日 - 響うた2015• 2015年04月25日 - 超音楽祭2015• 2015年06月21日 - 100万人のキャンドルナイト 増上寺2015• 2015年07月01日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 今年も夏が来た! ~OTODAMA SEA STUDIO 2015 由比ガ浜 初日~• 2015年8月10日 - コカ・コーラSUMMER STATION音楽ライブ• 2015年09月06日 - TOKYO METROPOLITAN CAMP 2015• 2015年09月13日 - 2015• 2015年10月04日 - 旅祭2015• 2015年10月11日 - 医学部 第36回医学部祭• 2015年10月12日 - 第51回 風紋祭• 2015年10月17日 - Lovefes2015~愛をつないで~• 2015年10月21日 - Green Ribbon HEART BEAT LIVE 2015 with SPACE SHOWER TV• 2015年10月24日 - BRIGHT MORNING ブリーゼブリーゼ PREMIUM TIME• 2015年10月25日 - 海の見える丘祭2015• 2015年10月26日 - JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM• 2015年11月01日 - 月山青春音楽祭'15• 2015年11月02日 - GACHIスペシャル東京 HAMAZAKI 50歳記念バトルロイヤル... 藤巻亮太vs. 2015年12月02日 - 2015 FNS歌謡祭• 2016年02月08日・11日 - KIT MUSIC Valentine LIVE 2016• 2016年03月08日 - J-WAVE BEAT PLANET LIVE 2016• 2016年07月23日 - LIVE• 2016年07月24日 - めざましライブ2016• 2016年08月10日 - コカ・コーラSUMMER STATION 音楽LIVE• 2016年08月14日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016• 2016年08月20日 - SUMMER JAM 2016• 2016年11月28日 - 出前GACHI 025~札幌場所 ウニ、イクラ、カニ、最強三色丼スペシャル• 2016年11月29日 - 出前GACHI 026~帯広場所 三切れだけどなまらうまいぜ、豚丼スペシャル• 2018年9月9日 - JinROCKFESTIVAL in Hyoko2018• 2018年9月16日 - ふくしまアカリトライブ2018• 2018年9月16日 - 福島復興支援エキシビジョンマッチ2018• 2018年9月22~23日 - 2018• 2018年10月20日 - くるめ街かど音楽祭2018• 2018年11月23日 - TEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776• 2018年11月25日 - 総社市チャリティーコンサート 西日本豪雨災害からの復興へ• 2018年12月1日 - ・Act Against AIDS 2018 LIVE in Centrair• 2018年12月2日 - FM802 on-air with TACTY IN THE MORNING presents HARBOR TALES in 神戸メリケンパークオリエンタルホテル• O 2018After Dinner Party!!! 2018年12月27日 - K-mix冬の音楽会~未来を信じて~2018• 2019年2月3日 - THE BLUE SESSIONS• 2019年2月9日 - TOYONAKA LIVE SQUARE• 2019年3月1日 - THE TOUGHER• 2019年3月17日 - ヴァンフォーレ甲府開幕戦• 2019年3月30日 - YURAKUCHO LIVE SQUARE 2019• 2019年4月26~28日 - EAST MEETS WEST 2019• 2019年5月25日 - 三菱STAR CAMP• 2019年6月14日 - オリンピックコンサート2019• 2019年7月6日 - 猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN2019• 2019年7月14日 - マゴーソニック2019 30周年スペシャル!• 2019年7月23日 - ライオンズフェスティバルズ2019• 2019年8月3~4日 - 出前GACHI• 2019年8月30日 - こうふ開府500年記念「ドリームキャンパス」ライブ• 2019年9月14日 - ヴァンフォーレ甲府開幕戦• 2019年9月23日 - niko and … UNI9UE PARK• 2019年10月5日 - 2019• 2019年10月6日 - HAKONEIRO 2019 transported by 箱根フリーパス• 2019年10月18日 - デビュー30周年記念コンサート~あれから~• 2019年11月3日 - 第20回 開国祭• 2019年11月13日 - FM802 on-air with TACTY IN THE MORNING Daiwa Sakura Aid FOR THE GENERATION LIVE• 2019年11月24日 - やまなし文化フォーラム 講演「私が影響を受けた山梨の文化芸術」、パネルディスカッション「文化芸術で山梨を元気に!」• 2019年12月8日 - NOW PLAYING JAPAN LIVE vol. 2019年12月15日 - ULTRAMAN MUSIC LIVE 〜The Symphony〜• 2019年12月27日 - 上池自動車学校 特別協賛 K-mix冬の音楽会~未来を信じて~2019 脚注 [ ] []• 『MUSIC FREAKS』、2003年10月12日• 『TOMORROW』、2007年3月13日• 2008年1月号、2頁• ニュース 2011年01月27日 、2011年2月7日閲覧。 フジテレビ、2011年2月7日閲覧。 "Starting Over" Music Video• TOUR 2006 "ISLAND OVER THE HORIZON"• 音楽ナタリー. 2016年11月30日. 2016年11月30日閲覧。 2015年8月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式Webサイト• - チャンネル• 藤巻亮太 FCサイト「」•

次の

藤巻亮太 オオカミ青年 歌詞

藤巻亮太

本当にソロ活動を続けるのか、バンドをどうするのかを悩んでいる時期に、あちこちを旅して回ったことで、今の自分にできることと、自分ひとりではどうにもならないことがあるとわかった。 藤巻:はい。 すごく怖いことではあったけど、一度立ち止まろうと思ったんです。 今はきっと歌うべきことがないってことなんだろうし、前に進んでいく覚悟を自分で決められない限りは、どこにも進めないと思って。 アルピニストの野口健さんが、ものすごくいろんな旅に誘ってくれて。 その経験は大きかったですね。 20代のときには考えられないような、ヒマラヤとかアフリカとかいろんなところに一緒に行きました。 藤巻:はい。 ヒマラヤの山奥とかアフリカのサバンナの中とか、すごく遠い場所に行くと、物理的な距離と同じぐらい精神的な距離も離れられるんですよね。 「自分は何をそんなに握りしめていたんだろう」「何にビビってたんだろう」「何にそんなしがみついていたんだろう」って気づかされました。 それで、「今の自分にできることをやっていこう」と思うようになっていったんです。 そうなると、まず自分にできることは今の現状を受け入れることなんですよね。 藤巻:自分にできることとなると、結局今も昔も変わらないんですけど、今自分が思っていること、感じてるものを音にしていく作業しかないんですよ。 そうやって現状を受け入れていく中で、バンドと比べたり差別化をしなくてはという意識から、だんだん距離が取れるようになってきたというか。 ソロはソロの歩幅で、しっかり歩いていくしかないんですよね。 あと、これはメンバーの意見がそろわないと始まらないんだけど、少なくとも自分の意志としては、いつかちゃんとまたレミオロメンをやろうと決めたこともあって。 やっぱりバンドって生き物ですから。 みんなの思いがそろったときにこそ動くべきものだし、輝くものだと思っていて。 だから、逆に言うと、決めただけで何も考えてないんですよ。 いつかバンドをやろうと決めたら、今やるべきことはバンドと差をつけるとかじゃなくて、今思っていることを丸ごとソロに注ぎ込めばいいんだって。 やっぱり、本当に大事なものって絶対に消えないんですよ。 だから、どこからどこまでが自分で、どこからどこまでが自分じゃないみたいなことではないし、途中で衝動に駆られたことも含めて自分なんだって思えるようになったというか。 藤巻:そう。 だから、ソロとバンドの線引きがあるわけじゃなくて、その本質でちゃんと音楽が鳴っているかどうか、生きた音楽を作っていくことができるのかが、今の自分にとっていちばん大事なことなんですよね。 自分の内側に向かうことも大事だけど、やっぱり音楽って、音で人と繋がっていく循環も大事なんですよね。 だから曲を作りながら、「あ、こういうことなのかな?」っていうことを理解していくような感じでした。 歌詞を書きながら自分の中で整理していって、曲ができたときに、ようやく今自分が表現しようとしていることがわかってくるみたいな。 聴いてくれるファンと一緒に共有したいという思いよりも、今これを出さないと自分がどうにかなっちゃうっていうようなところから始まった。 でも、内向きの循環だけでやっていくと、どこかでファンを置いてきぼりにしちゃうところもあったというか。 自分の内側に向かうことも大事だけど、やっぱり音楽って、音で人と繋がっていく循環も大事なんですよね。 だから、今回は内側の循環もありながら、それが外側にどう伝わっていくのか、そのバランスを自分の中で取りながら作っていったような気がします。 ただ、そこに目をつむってしまうと、アーティストとして自分の何かが損なわれちゃうような気がしていたから、もうそれを信じ切っていました。 それがかっこいいと思っていたというか、その気持ち良さとカタルシスと意味もあった。 それに内側の循環じゃないものは、レミオロメンでやるべきなんじゃないかと思うところもあったんですよね。 藤巻:そう。 だから、それが旅の中で手放したことのひとつなんですよね。 別にそれは、ソロだからとか、バンドだからってことではなくて、今そうやって外側に開いて行きたいと思うなら、それをやればいいって。 リリース情報 藤巻亮太 『旅立ちの日』初回限定盤(CD) 2015年5月13日(水)発売 価格:2,600円(税込) VIZL-844 1. 旅立ちの日 2. ゆらせ 3. 春の嵐 4. 指先 5. born 6. 藤巻亮太 『旅立ちの日』通常盤(CD) 2015年5月13日(水)発売 価格:2,200円(税込) VICL-64444 1. 旅立ちの日 2. ゆらせ 3. 春の嵐 4. 指先 5. born 6. 名もなき道• イベント情報 『藤巻亮太 TOUR 2015「旅立ちの日」』 2015年5月14日(木) 会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール 2015年5月15日(金) 会場:東京都 中野 サンプラザホール 2015年5月28日(木) 会場:大阪府 なんばHatch プロフィール 藤巻亮太(ふじまき りょうた) 2000年12月にレミオロメンを結成。 2003年8月1st Single『電話』でメジャーデビュー。 2005年リリースの8th Single『粉雪』は自己最高のヒットとなる。 2009年、彼らにとって大事な日でもある3月9日に初のBEST ALBUM『レミオベスト』をリリース。 2012年2月、バンド活動休止を発表。 大震災以降、音楽と向き合い、被災地の学校を中心にライブを行い歌い続けてきた楽曲でもある『光をあつめて』をソロデビューシングルとして2012年2月リリース。 全国のフェス/イベントへ多数出演し、ソロ藤巻亮太の歌の世界観が凝縮された待望の1st Album『オオカミ青年』が10月17日にリリース。 2014年12月17日にはSPEEDSTAR RECORDS移籍第一弾シングル『ing』をリリース。 2015年5月13日には、ミニアルバム『旅立ちの日』をリリース。

次の