銀行支店長給料。 地方銀行員の年収推移。35歳支店長代理で年収500万円台

銀行員(メガバンク)の給料はオワコン!手元に残る給料は20%低い

銀行支店長給料

銀行員をやめようと思っています。 入行1年目です。 ・給料が4月から手取り10~9万になること ・ノルマの過酷さ まあ銀行なので当たり前ですが 私の支店はないですが、土曜日も営業しなきゃいけないところ 営業センター の方が県外に逃亡したくらい過酷です。 ・職場の女の先輩 18年目の方がいますが、課長や支店長にも食ってかかり、私のミスを気づかなかった課長と私に「能力がないなら辞めろ」と大騒ぎしていました。 また業務中に旦那さんと私用電話は当たり前 自分の携帯だからいいらしい 、などです。 さらに今の銀行は「女子行員一人暮らし禁止」というのがあります。 私の家庭は4人兄弟で、私は長女です。 しかし、弟はフリーター、妹は私立高校、一番下はまだ小学生といったかんじで、早く家をでて自立し親の負担を減らしたいです。 もちろん転職先が決まってからやめますが、辞めるときの理由は、嘘をついてもいいのでしょうか? 県外に行くとかそういう嘘です。 絶対「私の時間を返して」と先輩に言われることは目に見えているので、夢があり県外の学校に進学したいなどです。 銀行やめるなんてバカだなとは思いますが、手取り10~9万じゃ車も持って一人暮らしは無理です。 車がないと生きていけないようなところです。 また私はまだ21なので車の保険が高く… もちろん貯金はしていますが、なにぶん手取りが少ないので半分貯金がギリギリです。 個人年金とかしたいですが… 補足ちなみに私は短大総合職で大卒とやっていることは同じです。 上がっても200円 2年後 とかいう情報がはいりましたがほんとかどうか…46歳課長で手取りが19万円でした。 地方銀行の短大卒の一般職のようですね。 確かに田舎の地銀で、さらに短卒一般職は給料安いですね。 しかし、私も地銀ですが、短卒一般職で一年目でも手取り12~14万です。 ちょっと安すぎますね。 一般職女が20代後半の給料が上ってきた総合職男を捕まえるのが銀行では王道ですけどねぇ。 アナタの場合、早いとこ転職したほうが良いかも… 〔補足〕 銀行で短大総合職って珍しいですね。 昇給200円というのは、恐らく2年目は昇給しても税金やら引かれるので手取りが減って、3年目にやっとその分を取り返せるだけ昇給する、そのプラス分が今より200円高いだけということでしょうかね。 でも少ない… ってか役職関係なく46歳で手取り19万円って… 聞いてる情報だけではとんでもない銀行にしか思えません… アナタの職場は銀行の支店として、また普通の会社としての組織・体制が体をなしていません、課長や支店長が自分の職責を理解していません、雰囲気が悪く無能管理者です。 銀行の規模が小さく、行員数が少ない支店のようですが・・・・・・・・ 職場の雰囲気が悪ければ全てが嫌になり「辞めたい、嫌だ」のスパイラルに入ってしまいます。 家を出て自立し親の負担を減らしたい、とのことですが容易には再就職できないことを覚悟しておくべきです。 辞めるのは何時でもできます、また辞めるときの理由は「県外に行く」とかどうにでも言えますが、今一度よく考えてから行動してください。 補足 手取額は支給額から諸々を控除された後の口座振込額ですから、支給額がいくらか?、ということです。 何を控除されているのかは知りませんが、46歳の課長の手取額が19万円で、仮に家族が4人であれば生活が大変と思います。 通常の所得税、社会保険などの控除だけで、その手取りなら給与ベースが相当低いような気がしますが、何か勘違いがありませんか?.

次の

【超高給取り】メガバンク支店長の年収

銀行支店長給料

質問者様へ 質問者様のことを、真剣に思い敢えて厳しい回答をいたします。 都市銀行と地方銀行では全然異なるのです。 ましてや、基幹支店と普通支店でも全然異なるからです。 もう少し、40代としての常識を持ちましょう。 質問者様の文が詳細でないため、銀行の規模や基幹支店かどうか わかりませんが、「同じ系列」とあるので、少しは大きい銀行なのでしょう。 最後に申し上げますが、100人の人間がいれば、100通りの人生があります。 人の収入を気にするより、自分の収入を上げればよろしいのではないかと思います。 ちなみに、私は好きな仕事をして満足できれば、収入は特に問題視しません。 生活できるレベルの額が前提ですが。 あと、質問文をもう少し詳細に書かないと、判断できないと思います。

次の

銀行・役所の役職順位と年収。銀行出向経験のある元公務員が書いてみました。|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

銀行支店長給料

の退職金は? 銀行員の退職金は、定年退職まで勤め上げた場合2000万円~3000万円といわれており、他業種と比べると高水準です。 ただし、都市銀行の になれば5000万円を超えるでしょうし、地方銀行で役職がない場合は2000万円を超えないということになるので、所属する銀行や職種などにより異なります。 退職金がいくら多くても、規模が大きい会社や重要な役職についていれば業務量が多かったり、ストレスが多かったりということもあるので、退職金だけで幸福度を測るのも危険です。 また、後ほど説明しますが銀行員の実質的な定年退職は他業種より早く、銀行員の年収のピークは40代といわれています。 銀行員は20代~30代の若い時期に高収入を得ることができますが、生涯年収で考えると他業種とそんなに変わらないということもあるので、老後を考えてそれまでの収入で得た貯蓄や退職金は大切に管理・運用しなければいけません。 銀行員の定年後の生活は? 50歳前後で出向する人が多い 銀行員の定年は60歳で定年退職の時期を迎えることが多いです。 ただし、実際には60歳まで銀行員として働くことができる人は非常に少なく、支店長などのポジションであっても、役員候補になるなどそれ以上の出世が望めない場合は、関係会社や取引先に50歳前後で出向や転籍という道が一般的です。 そのため、役員などとして良い待遇で最後まで銀行に残り働きたい場合は45歳くらいまでに実績を積み上げ、いかに出世コースに乗るかが大切になります。 しかしながら、支店長などの役席者ほど出世をしていない銀行員や、一般職として窓口担当をしている女性銀行員は、ヘルプデスクやマニュアル作成、監査担当などの裏方業務に回り、60歳まで銀行員として働くことができます。 その後も銀行員として定年退職を迎えた場合、嘱託社員として65歳まで働くこともできますが、給与水準は月に20万円程度と現役時代に比べると大きく下がる覚悟は必要です。 定年後の仕事 銀行員や出向・転籍先で定年退職を迎えた後は、銀行員としての知識を生かしてコンサル業をしたり、 職に就いたりということが考えられます。 また、あえて働いたりせずに、銀行員として培った投資や資産運用の知識を生かして、退職金やそれまでの貯蓄を運用して配当収入や売買益を得るということもできるでしょう。 特にこれからの時代は今までのような年金の受給額が受け取れる保証もありませんし、受給できる年齢も切り上げられる可能性が高いです。 他の業種も定年退職の年齢を切り上げているので、今後は銀行も定年退職の年齢が切り上げられる可能性もありますが、銀行員のキャリアを生かして定年後は何をしようかを考えながら仕事をすることが大切といえます。

次の