新型 コロナ 自粛 いつまで。 コロナいつまで続く?終息宣言の目処は?専門家の厳しい見解があかされる!?

新型コロナウイルスによる外出自粛はいつまで続くんでしょうか? ...

新型 コロナ 自粛 いつまで

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。 この場合は、「めりはり」のない形で数年続いていく可能性が高くなる。 「患者数には増減があるだろうが、社会的に一定の規制を必要とする状況が続く可能性が出る」と菅谷医師は危惧する。 新型コロナウイルスの感染で東京五輪は21年夏に延期された。 ただ、季節が逆になる南半球諸国では、日本のある北半球と互い違いの形で流行が盛んになる可能性がある。 この点について菅谷医師は「WHOによるパンデミック宣言の取り下げは、22年の春頃の南半球の流行状況を見て、同年の7~8月になるのではないか」とみる。 その場合でも、公衆衛生組織の弱体なサハラ以南のアフリカや中南米、中央アジア諸国では数年間は潜伏する形での流行が続く可能性が高いため「入国時の検疫などを厳しくしていく必要があるだろう」と指摘している。 yahoo. 台湾を見れば分かるように隔離を適切に行っていれば日本国内での感染爆発は防げたはずです。 2月中旬までは感染拡大をしていなかったところを見ると、2月下旬からの3月にかけての帰国組をいい加減な検疫・防疫をしたツケは大きいですね。 国土交通相と厚労省の粗末な仕事のツケを国民に責任転嫁する最近の世論の流れは実に腹立たしいですね。 ダイプリの帰宅組ですらルールが統一されずにスポーツジムでクラスターを作る結果になりましたから。 今回の行政の仕事はハッキリ言って0点です。 3密に対するトラウマから、多少感染拡大が収まった程度では、簡単には元のような生活には戻らないだろう。 新幹線や飛行機を使った旅行や、満員のスタジアムでスポーツ観戦出来るようになるまでは相当先になるのではないか? オリンピックはまず無理。 これ以上の五輪への無駄金投入は世論が許さないでしょう。 もはや関係者以外、興味ない。 1918年から約3年間流行したスペイン風邪、約100年前のウイルス流行とは 比べられないが、今回の新型コロナウイルスも最低1年は続くと思う。 世界中でワクチン開発が進められているが、ワクチンが完成し私達の 手元まで届くのに1年以上かかると言われている。 2021年に開催できなければ、それ以上の延期はないといわれている東京五輪、 中止の可能性は高いでしょうね。 東京オリンピックをやりたい気持ちはわかりますが一年後も無理でしょうね。 ウイルス感染症の専門家が収束するのに2年はかかると言ってます。 感染の波が何回か押し寄せて、収束に向かうらしいです。 夏の高校野球の甲子園も駄目でしょう。 残念ですが東京オリンピックは中止になります。 予測が当たらなければいいのですが・・・・・今の世界のコロナ感染状況では厳しいですね。 ニュージーランドのように早めに外国人の流入をシャットダウンすべきでした。 中国やインバウンドに忖度した安倍政権の落ち度です。 緊急事態宣言ですが、強制力がない。 一昨日も仕事帰りスーパーに行ったら、混雑する中で子ども2人を連れた父親と思しき男が買い物かごも持たず店内をブラブラしていました。 一定数こういう人間はいますし、感染は拡がるでしょう。 たとえ先進国がある程度終息したとしてもアフリカや南米、東南アジア などでは当分続くでしょう。 来年の五輪なんて準備期間を考慮したらもう風前の灯火。 最初から二年延期なら可能性があったが自分の任期優先したからね。 少なくとも来年の五輪は無いって、絶対に。 バッハ会長と森氏は2022年の開催を押していたけど安倍氏は何故か来年で押し切った。 どうしてなんだろうねぇ。 仮に阪大と大阪市大がこの夏から臨床を開始するワクチンがこの年末か来年初頭に接種可能になったとしても来年開催の五輪は無理。 再来年なら可能性があったけど。 俺は折角巨額の費用を出して建設した施設を考えると是非やってもらいたかったから、来年を押した安倍氏の気持ちが全然分からなかった。 絶対に無理だと思ってたからねぇ。 元々この五輪は出発からデタラメだったね。 よくもこれだけ問題が出てくるなと思ってた。 あの時日本の運命が傾いたな。 やはり亡くなった人達を出汁にして名前ばかりの「復興五輪」で招致したからだよ。 罰が当たったんだ。 この五輪が無かったら東北の復興に金をかけられた。 何より今回の感染の広がりも検査間引きなどせず酷い事にはならなかった。 もう、政府も東京都も関連企業も、オリンピック中止による経済損失も計算に入れて、今後を考えた方が良い。 行動変容は、都内に限れば少なくとも4月7日前にそれなりに起こっていたし、できる人はテレワークなり外出自粛なり既にしていた。 それでもストレス感じていた人が多数だったのに、緊急事態宣言でそっからさらに大幅に行動変容しろっていうのは無理がありすぎる。 もうあとは、感染者を減らすのではなく、なるべく死者が出ないようにするしかないんじゃないかな。 その上で、有効性のあるワクチンと治療薬の開発を急ぐしかない。 本当にWHOとテドロスは犯罪者だ。 最初からキチンと対応していればここまで拡散する事は無かったでしょう!日本も安倍が中国に遠慮し過ぎとオリンピックの為に感染者少なく見せる為にここまでなってしまった。 今思うと3月1日から3週間、思い切ってヨーロッパでやってる外出禁止令を出して、スーパーやコンビニくらいしか営業しない…買い物以外の外出は罰せられるくらいの事をやっていたら今頃どうなっていたかな?今も極力外出は自粛してますが、今のように中途半端な自粛要請をダラダラ続けても、いつまでも終息しないような気がしてきた。 日本は中国やオリンピックを考慮したために初動に失敗し、検査数を少なくして感染者数が少なく見えることより海外諸国からの信用を大きく失いました。 働き方を改善するのにいいチャンスだと思うんだけど、ウチの会社はコロナも精神論だと言ってコロナを舐めているとしか思えない。 熱が出ても、査定に響くと脅され出勤を強要される。 こういった会社はまだまだたくさんあるのでは…。 時代遅れの会社が多くある日本は強制で休みをとらせないとコロナはいつまで経っても収束しないのでは… 普通のトップ、政府なら今の状況でオリンピック開催は無理だと思い、全力で感染者拡大防止策をきめ細かにやるのだが、現状、医療関係者や知事からあおられて対処しているのみ。 即、トップ、政府、関係官僚は変えてやった方がいいと思う。 国からの危機感はまるでなく、知事や医療関係者は危機感を伝えている。 本来、そのあたりを見越して国が引っ張るが。 トランプ、プーチン、メルケルはそのあたりは強力だ。 犬とじゃれあって優雅にコーヒーを飲むトップはもう無理だ。 日本株式会社のトップ、政府はオワコンですよ。 即変えないと。

次の

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

新型 コロナ 自粛 いつまで

新型コロナの感染状況について 武漢市の現状 12月31日から新型肺炎(新型コロナ)の存在が武漢市で発見され、観戦者多数であることから1月下旬には中国の武漢市が丸々閉鎖されている状態でした。 しかし、日本メディアでは中国の武漢市を取り扱うコロナ情報ニュースの数は減っていて、むしろ日本や世界中のコロナ感染者数に注目が集まっています。 武漢市は元からコロナ感染地域として知られていたので、ニュースで説明・解説されなかったとしても未だに感染者数は多く、メディアもわざわざ取り上げる必要はないと判断しているのかもしれません。 仮に武漢市でコロナが収まっていた場合はニュースになるはずなので、 武漢市でもまだまだ新型コロナが現役で、多くの人が苦しんでいることが予想できます。 日本の現状 日本の新型コロナ感染者数は、3月8日の時点で公表した厚生労働省のデータによると、 症状が出ている人と病原体だけ持っていて症状が出ていない人を合わせて「1189人(空港・クルーズ船勤務者含む)」とされています。 新型コロナ感染者が特に多い地域は「北海道」で、感染者数は北海道全域だけで100人を超えている状況です。 次いで大阪や新潟・愛知で感染が広まっています。 新型コロナによる死者は14人で、北海道以外では愛知・大阪・新潟で死者及び重体患者が存在していました。 世界中で新型コロナが注目されるようになった1月と比べると感染者も死亡者も徐々に増え続けていて、3月8日から3月10日にかけても新たに10人が感染確認されています。 この情報だけでも、いかに新型コロナの感染力が高いかがなんとなくわかってきます。 病原体を持っている人の近くに寄っただけで簡単に感染してしまうので、 1つの地域で感染者が発見された場合、その地域でさらなる感染者が発見される可能性が高いです。 日本政府もコロナに対抗する対策を練っていますが、これからも新型コロナが猛威を振るう可能性は充分考えられます。 新型コロナの自粛期間はいつまで? 日本や世界中の新型コロナの影響から、自粛期間(イベントや学校・職場が休みになる期間)はいつまで延びるのかを予想してみました。 新型コロナにかかっていない人は休みを満喫できるかもしれませんが、自粛期間が長ければ長くなるほど、新型コロナの脅威に怯えて過ごすことにもなります。 政府による政策では「3月19日」を目途に対策会議を行う 日本政府が3月9日に発表した新型コロナの状況によると、「感染はある程度は食い止められている」とのことでした。 日本でも国内感染者が徐々に増えてはいますが、イタリアや韓国と比べると観戦人数からの感染拡大率は少ない方で、確かに感染の時間稼ぎはできつつあるように思えます。 このことから、 「自粛期間を続けるか続けないか」を迷っている状態で、3月19日に再度新型コロナの対策会議を開き、自粛期間を延長するかを決定する方針となっています。 現在でも日本で開催される一部のイベントは自粛期間のせいで開催を見送られていて、自粛期間が延びた場合はイベントそのものがなくなってしまう恐れもあるかもしれません。 専門家は「数か月もしくは年単位の戦いになる」と予想 これも政府が発表した情報のひとつですが、 「新型コロナ対策は数か月もしくは年単位」になるかもしれないとの発表がありました。 新型コロナはインフルエンザよりもさらに厄介なウイルスで、感染拡大率もウイルスそのものの潜伏率も高いことから、完全に死滅させるには長期間の対策が必要です。 この間に新型コロナに対抗するワクチンを開発するのが最も有効だとも述べていて、ワクチン開発が遅れれば遅れるほど感染率は高くなるのではないかともいわれていました。 対策が数か月から数年に渡るのであれば、 2020年夏に開催される予定の「東京オリンピック」等も開催が延びる可能性が高いです。 もしくは、開催はされるにしても従来の観客を集めての開催ではなく「無観客開催」になるかもしれません。 日本で開催される国際イベントにも少なからず影響を与えることが予想されています。 国内でも4月に入るまでは自粛期間が続くと予想される 新型コロナの自粛期間は、4月に一旦は解除されるか、各イベントや地方自治体に対処を任せる形になるのではないかと予想しています。 予想の理由ですが、日本でも感染者が増加しているとはいえ、 他の増加国と比べると感染率そのものは抑えられているからで、世界中でピークになると言われている5月にも日本はそこまで新型コロナが感染拡大しないのではないかと推測できるからです。 日本政府が一旦4月から5月あたりで自粛期間を解いて、東京オリンピック等に備える動きを見せる可能性が高いと考えています。 もちろん、これはあくまでも予想です。 新型コロナの感染率が高いのは間違いないので、 ちょっとした対策ミスやまだ症状が出ていない病原菌保持者が多数現れることによって、日本も感染者が一気に増加する可能性も考えられます。 こうなった場合、自粛期間はさらに延長され、各種イベントに関しても開催が見送られるかもしれません。 学校や職場は休みになる? 学校に関しては各地方自治体に自粛期間設定が任されていて、企業は各企業ごとに休みもしくは在宅勤務が決められるようになっています。 多くの地方では3月上旬から3月下旬までが自粛期間(休校)となっていて、春休みをまたいで4月から開校される予定です。 ただし、 これも新型コロナがこれからどのくらいまで拡大していくか・縮小していくかによってくるので、新型コロナ休みが増える可能性も充分考えられます。 逆に、新型コロナ休みが減る(例えば、3月中旬から学校スタートになる)可能性はほぼなく、これは現在でも新型コロナが充分猛威を奮っていることが理由です。

次の

【新型コロナウイルス】2022年まで続くと予測!一体どうなる?世間の反応は|のんびり時間

新型 コロナ 自粛 いつまで

終息はいつになるのでしょうか? 池谷裕二東京大学薬学部教授 「コロナウイルスは冬に流行る風邪ですから、寒い時期に流行するはず。 現時点でデータを見ていただくとわかりますように、東南アジアの暑い国、それから南半球にも広まっていますので、意外と季節性の要素が少ない。 暖かいところ、暑い所でも拡散しうるという特徴を備えていると思います。 逆にそういう特徴を備えていると、封じ込めはかなり厳しくなってきます。 例えば夏おそらくオリンピックが開かれますけども、その時には南半球で新型コロナウイルスがたくさん広がっていて、その一部が北半球に逆輸入するというようなことは起こりうると思います」 冬が終われば、寒い時期が終わり春になれば落ち着いていくだろうという期待が確かなものではないことがわかりました。 暑い国や、今、夏である南半球にも広まっている事実を考えると、季節が関係ない可能性もあるのですね。 完全な終息は難しいというのが、池谷裕二教授の見解です。 また、 MERSについても言及されました。 池谷裕二東京大学薬学部教授 「消滅したと思われてるかもしれませんが、あのMERSは今でも続いています。 2014年くらいに中東で、2015年には韓国で非常に猛威を振るったMERSというコロナウイルスがあります。 今、全く話題にならないんですけれども、それは実は感染が収まったというわけではなくて、大体1年にいっぺんくらいの間欠的な周期で、実はブームが今でも起きているんですね。 特に中東で起きているんですけれども、もはや人々の関心がMERSにいってないので、ニュースにもならないので、すっかり消滅したと思われているかもしれませんけれども、MERSは今でも続いています」 WHOに報告されたMERSの感染者数をみると、今も終わっていないことがわかります。 2014年 サウジアラビアで流行(110数人の感染者) 2015年 韓国で急増(100名弱の感染者)38人の死者 2016年以降も感染者は出続け、定期的に流行している。 池谷裕二東京大学薬学部教授「MERSは新型コロナウイルスに比べると、感染力はかなり低いです。 それにもかかわらず完全撲滅できていないんです。 MERSよりも感染力の強い新型コロナウイルス。 世界にもこれだけ広まってしまったものを、これから封じ込めるというのはかなり難しい。 ほとんど不可能であると、私は考えています」 では、新型コロナウイルスとどう向き合えばいいのでしょうか? 池谷裕二東京大学薬学部教授「つまるところ、医療機関がパンクしない程度に緩やかに世間に広めていくというのが、人類の取りうる最良の手かなと思います。 一気に感染が広まってしまうと医療機関が崩壊してしまいますので、それは絶対に避けなくてはいけません。 ですので、徐々に世界に広めていく。 毎年の流行病の1つというふうになっていく、というのが私の見方です」 感染スピードを抑えるということが、重要のようです。 ドイツの メ ルケル首相は 「免疫やワクチン、治療薬がない中で、専門家の多くの方によればこうした状況が続けばドイツ人工の6~7割が感染するだろうと言われています」とコメント。 メルケル首相は、医療システムに過度の負担をかけるのではなく、感染を遅らせることに軸足を置くべきと主張しています。 ここで、2020年3月14日現在の国別新型コロナウイルス感染者数を見てみましょう。 スポンサーリンク 日本感染症学会指導医水野泰孝氏の見解 日本感染症学会指導医であり、 グローバルヘルスケアクリニックの 水野泰孝院長はどのような見解でしょうか。 水野院長「3月の終わりから4月にかけて新年度が始まりますので、通常だと引っ越しのシーズンになってくる。 時期が進むと4月の終わりから5月の頭にゴールデンウィークが始まるので、長期の休みでどこかに行く人がいるかもしれないので人が動く可能性がある。 このあたり(ゴールデンウィーク)でしかるべき対策がとられないと、当然これまで感染者がいなかった地域でも感染者が新たに発生する可能性があります」 いつ終息するのか? 水野院長「自然に収束していくのか、ワクチンや薬によって急速に収束に向かうのか、どちらが先かはよめませんけれど、完全に感染者がなくなること(終息)はなかなか難しいと思います」 終息は困難との見方です。 新型コロナウイルスとの戦いは長期戦に!? 自粛はいつまで続くのでしょうか。 沖縄県では2月20日に感染者が出てから新たな感染者は出ておらず、 一部学校を再開しています。 水野院長「なんでもかまわず自粛するのが全てよいのではなくて、できるものはできるだけやっていく。 できないものはしっかりと抑えるというメリハリをつけて、経済が落ち込まないように。 全て自粛になるとすべてが止まってしまうので、それは避けなければいけません」 スポンサーリンク ジャーナリスト デイビッド・ウォレス・ウェルズ氏の見解 アメリカでは、 トランプ大統領が 「国家非常事態」を宣言しました。 ジャーナリスト デイビッド・ウォレス・ウェルズ氏の見解はどうでしょうか。 ウェルズ氏の著書はアメリカでベストセラーになり、日本でも 『地球に住めなくなる日』として販売されています。 ジャーナリスト デイビッド・ウォレス・ウェルズ氏「アメリカで新型コロナは、アジアより劇的に早く拡散する可能性がある。 今の状況はイタリアやイランに似ている。 アメリカの病院はすでにキャパシティーぎりぎりで運営されている。 人工呼吸器の不足が深刻な問題。 数週間で多くの病院で人工呼吸器が足りなくなるだろう。 1週間前まで、トランプ大統領を筆頭とした政府は新型コロナに一切関心を持っていなかった。 個人的に、完治しない慢性の疾病を思いました。 完全に治らないなら、一生、上手く付き合っていくしかない病。 完全に感染者がいなくなる終息のかたちが無理なら、毎年流行る一般的なインフルエンザのように、自然に対処していくしかないのだと感じました。 爆発的に流行らせないように、医療機関が崩壊することなく、キャパシティー内で対処していける範囲で、新型コロナウイルスと向き合う必要があるのだと思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の