尿 潜血。 尿潜血が陽性(血尿)となる原因など

蛋白尿、血尿、検尿異常

尿 潜血

尿検査の 潜血反応というのは、尿に血液(赤血球)が混ざっているかどうかを診断するもので、肉眼での見た目では確認できないほどの微量でも尿に血液が混ざっていれば陽性反応を示します。 尿潜血検査で陽性反応が出た場合、慢性腎炎や腎結石などといった【腎臓病】や、尿道炎・膀胱炎・尿路結石など【泌尿器系の病気】が疑われます。 ただ 尿潜血の原因が全てこれらの病気であるとは限らず、女性では生理の前後に尿検査をした場合など、その他の要因でも尿潜血で陽性となるケースがあるので、病気を原因とするものか詳細に調べるには精密検査を受ける必要があります。 尿潜血の原因となる病気 尿検査の潜血反応で陽性と診断された場合に疑われる具体的な病気としては、 腎臓や尿路系の障害で起こる【腎炎】【尿道炎】【膀胱炎】【前立腺炎】【腎結石】【尿管結石】【膀胱結石】【腎臓がん】【前立腺がん】【尿管腫瘍】などの疾患が考えられます。 ただし、尿潜血反応で陽性の結果が出たからといって、必ずしも上記で述べた病気を発症しているというわけではなく、一時的な尿潜血であったり、女性では生理の影響で陽性反応になったりする場合もあり、あくまでも可能性があるということなので、一般的に尿検査の潜血反応で陽性と診断された場合には、二次検査として更に専門的な精密検査を受診することを勧められることとなります。 泌尿器科などで精密検査を 健康診断などの結果で尿潜血が陽性であった場合でも極端に不安になることもないですが、そのまま放置せずに先ずは泌尿器科など専門医のいる病院で精密検査を受診することが大切です。 また、精密検査で異常がなかった場合であっても、定期的な尿検査は行うように心掛けることが重要です。 尿潜血と腎臓病 尿潜血の原因として考えられる病気は、先に述べたように腎臓病や泌尿器科に属する疾患がほとんどなのですが、これらの病気の特徴として自分で自覚できるこれといった症状が見受けられないということが挙げられます。 逆にいうと、明らかに自覚症状として感じられだした際には、かなり病状が進行しているということですので、尿検査の潜血反応を確認することで、それらの病気の早期発見・早期治療に繋げられるということになります。 隠れ腎臓病 特に 腎臓病という疾患は、その予備軍である【隠れ腎臓病】の人も含めて急増していると言われていますし、腎臓の機能に障害をきたして悪化してしまうと人工透析を受けなければならないなど、ひじょうに不便な生活を強いられることとなりますので、腎臓病を出来るかぎり早い段階で発見できうる尿潜血検査を定期的に受けるよう心掛けてみてはいかがでしょうか。 ちなみに、その予備軍とされる【隠れ腎臓病】の人が推定で2000万人にも上ると言われています。

次の

尿潜血症状について|泌尿器科|五本木クリニック

尿 潜血

尿に赤血球が混入した場合に陽性になります。 腎臓だけでなく、尿管、膀胱、尿道(下部尿路)からの出血が考えられます。 また女性では月経中でも陽性になることがありますので、その期間を避けて再検査します。 持続的に尿潜血が陽性の場合には、尿の成分を詳しく顕微鏡で見る「尿沈渣」という検査を行い、実際に赤血球(RBC)がどのくらい出ているか調べます。 赤血球の形も参考になります。 変形した赤血球が多い場合は、糸球体から出てきている可能性が高く、少ない場合は、下部尿路からの可能性があります。 このように尿検査で初めてわかる血尿を顕微鏡的血尿といい、肉眼で判断できる血尿を肉眼的血尿といいます。 肉眼的血尿を認める場合は、泌尿器疾患(膀胱腫瘍、尿路結石など)の可能性も考える必要があります。 そのため、次の検査として超音波検査などの画像検査が必要になります。 顕微鏡的血尿で変形赤血球が多く、IgA腎症などの糸球体腎炎が疑われる場合は、腎生検を行うことを考慮します。

次の

尿潜血とは?

尿 潜血

排尿の悩み 夜中に何度もトイレで目が覚める、排尿に時間がかかる、切れが悪く下着を汚してしまう、トイレが我慢できない、などなど。 同窓会で旧友と再会すると、おしっこの話題で盛り上がるなどという話もよく聞きます。 笑い話で済ませてしまいますが、実は本人にとっては深刻な悩みです。 排尿障害とひとえにいっても、様々な症状や原因があります。 高齢男性でよくみられるのが、前立腺肥大症です。 これは、尿道の根元にある前立腺という臓器が大きくなって尿道を圧迫する病気です。 前立腺の大きさは人により様々で、必ずしも大きさと症状とは一致しません。 それは、前立腺肥大症がある方は、尿道の緊張がうまく緩まなかったり、膀胱過敏症状を誘発したりしますので、それらが複雑の症状に関与しているためです。 前立腺肥大症の検査は、超音波検査、尿流検査、残尿測定検査などの体に負担のないものばかりですので、ご安心ください。 治療はまずは内服薬を使用します。 通常は尿道の緊張を緩める薬から開始します。 症状に応じて、膀胱の過敏を取る薬や漢方薬を使用することもあります。 前立腺を小さくする薬剤もありますが、副作用もありますから注意が必要です。 内服薬で効果が不十分のときは、手術をお勧めしています。 状態により適切な施設をご紹介いたします。 女性では、過活動膀胱という病気がよくみられます。 これは、膀胱の知覚が敏感になって膀胱に十分な尿がたまる前に尿意を感じてしまう病気です。 突然の尿意、尿漏れ、夜間の頻尿などがみられ、尿が気になって外出もままならないことまあります。 まずは、尿検査と超音波検査といった体に負担のない検査でで膀胱炎や膀胱がん、膀胱結石などの病気がないことを確認します。 治療はおもに内服治療が主になります。 症状や他の病気の有無、年齢などによっていくつかの種類の薬を使い分けます。 そのほか、膀胱炎などの感染症、尿路結石症、糖尿病や高血圧などでも排尿の症状が出ることがありますので、症状がある方は我慢しないで受診していただきたいと思います。 前立腺がん 近年、前立腺がんが急速に増えています。 前立腺がんは、早期にはPSAという腫瘍マーカーの異常値で発見されることが多くなっています。 早期に発見できれば、手術や放射治療など、多岐にわたる治療のオプションが選択できるため、ライフスタイルに合わせた治療法を選択することができます。 そして適切な治療を受ければ、前立腺がんが生命を脅かすことは極めてまれです。 前立腺がんの診断には、前立腺の組織を一部採取して顕微鏡で癌の有無を調べる前立腺生検が必須です。 当クリニックでは、PSAの異常値などで前立腺がんが疑われた患者さんに対して、日帰りで前立腺生検検査を実施しています。 当院では、北里大学や東京慈恵会医科大学で実施してきた経験から、仙骨麻酔による無痛日帰りで12カ所+標的生検2カ所生検を標準としています。 これは、一般の大学病院で実施している経直腸生検と同等かそれ以上のものです。 血尿・尿潜血 尿に血が混じっていることを「血尿」といいますが、「尿潜血」イコール「血尿」ではありません。 尿潜血とは、血液の赤血球に含まれているヘモグロビンという物質が持つ酸化作用を利用した検査方法です。 試験紙に付いている試薬がヘモグロビンで酸化されて色がつきます。 ですから、ほかに酸化作用を持つ物質(ミオグロビンなど)や細菌が存在すると反応が出てしまいます。 本当に血尿なのか、偽りの反応(偽陽性)なのかを判断するためには、尿を実際に顕微鏡で確認する必要があります。 顕微鏡の拡大像(400倍)で5個以上の赤血球が確認されれば、血尿と診断されます。 血尿といっても、目に見えない血尿(顕微鏡的血尿といいます)では、病気ではないことも多いです。 しかし、なかには癌や腎炎などの早急な治療が必要な病気の兆候であることがあります。 目に見えて赤い尿(肉眼的血尿といいます)の場合には、特に病気である可能性が高くなりますので、早急に泌尿器科か腎臓内科の受診が必要となります。 原因は? 多くは膀胱に細菌が侵入してその菌が腎臓にまで逆流することが原因です。 腎臓で作られる尿は通常は膀胱に逆流することなく流れていきます。 排尿時に膀胱には高い圧力がかかりますが、膀胱には腎臓に尿が逆流していかないように弁があって、排尿時にも逆流しない仕組みになっています。 ところが、膀胱炎を放置すると一時的にこの逆流防止弁が働くなって最近の混じった尿が腎臓に逆流してしまうことがあります。 また、生まれつきこの逆流防止弁が働いていない人もいて、そのような人は膀胱炎を起こすたびに腎盂腎炎を起こしてしまいます。 ほかに、腎臓や尿管に結石があったり、排尿に問題があって膀胱の中の圧力が異常に高くなっても腎盂腎炎を起こします。 検査と治療は? まずは尿に感染がないかを尿検査で調べます。 また、腎臓から尿がスムーズに流れているか、膀胱に結石や腫瘍がないか、腎臓の周りに膿がたまっていないか、などを超音波検査で調べます。 結石が疑われるときは腹部レントゲン検査で確認します。 もちろん、高熱が出ているときには血液検査も実施します。 CT検査も時には必要です。 腎盂腎炎は症状が重くなると命にかかわります。 重症の時には入院治療が必要となるときもあります。 腎臓からの尿の流れが悪いことが原因の場合には、尿管ステントというカテーテルを入れたり腎ろうという管を腎臓に入れることもあります。 繰り返す人は膀胱からの逆流がないかをレントゲンで確認して、手術で治療することもあります。 放置すると腎臓が徐々に悪くなって血液透析が必要になることもありますので、しっかりと泌尿器科で診察を受ける必要があります。 気を付けることは? ほとんどが膀胱から細菌が逆流して発症しますので、膀胱炎の予防が肝心です。 膀胱炎は疲れがたまっていたり下腹部を冷やしたりすると膀胱内の血液の流れが悪化して膀胱が弱い状態になって発症しやすくなります。 おしっこを我慢したら膀胱炎になるとよく言われますが、じつはそれよりも疲れや寝不足、ストレス、腹部の冷えのほうが重要です。 普段からお腹は冷やさないように気を付けましょう。 そして、排尿時の痛みや血尿、頻尿の症状があったら早急に泌尿器科を受診して早めに治療することが大切です。 健康診断の尿検査 まずは、健康診断で行っている尿検査についてご説明します。 健康診断では、紙コップに取った尿に細長いテープを浸す「テストテープ」という方法で検査を行っています。 このテープには、たんぱく、糖、pHなどのいくつかの検査ができる試薬がついていまして、そのなかに「尿潜血」という項目があります。 尿潜血とは 尿潜血(+)とは、どのような意味を持つのでしょうか。 尿潜血というと「尿に血が混じっている」と理解されている方も多いと思います。 尿に血が混じっていることを「血尿」といいますが、「尿潜血」イコール「血尿」ではありません。 尿潜血とは、血液の赤血球に含まれているヘモグロビンという物質が持つ酸化作用を利用した検査方法です。 試験紙についている試薬がヘモグロビンで酸化されて色がつきます。 ですから、ほかに酸化作用を持つ物質(ミオグロビンなど)や細菌が存在すると反応が出てしまいます。 本当に血尿なのか、偽りの反応(偽陽性)なのかを判断するためには、尿を実際に顕微鏡で確認する必要があります。 顕微鏡の拡大像(400倍)で5個以上の赤血球が確認されれば、血尿と診断されます。 血尿ってどれくらいいるの? では、実際には血尿のかたはどれくらいいるのでしょうか。 ここに、茨城県、沖縄県、日立製作所職員健診での血尿陽性者のデータがあります。 それぞればらつきはありますが、女性は男性の約2倍、そして、男女ともに年齢とともに血尿陽性者の数が増えていることがわかります。 50歳以上の女性では、10%以上のかたに血尿が出ています。 血尿ってどんな病気が隠れているの? 血尿といっても、目に見えない血尿(顕微鏡的血尿といいます)では、病気ではないことも多いです。 しかし、中には、癌や腎炎などの早急な治療が必要な病気の兆候であることがあります。 目に見えて赤い尿(肉眼的血尿といいます)の場合には、特に病気である可能性が高くなりますので、早急に泌尿器科か腎臓内科の受診が必要となります。 ほとんどが膀胱から細菌が逆流して発症しますので、膀胱炎の予防が肝心です。 膀胱炎は疲れがたまっていたり下腹部を冷やしたりすると膀胱内の血液の流れが悪化して膀胱が弱い状態になって発症しやすくなります。 おしっこを我慢したら膀胱炎になるとよく言われますが、じつはそれよりも疲れや寝不足、ストレス、腹部の冷えのほうが重要です。 普段からお腹は冷やさないように気を付けましょう。 そして、排尿時の痛みや血尿、頻尿の症状があったら早急に泌尿器科を受診して早めに治療することが大切です。 <血尿を来す主な疾患>膀胱炎、腎盂腎炎、尿管結石、腎結石、腎臓がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、 尿道炎、前立腺炎、前立腺がん、腎梗塞、腎出血、腎血管奇形、腎外傷、 ナッツクラッカー症候群、グッドパスチャー症候群、 急性腎炎、慢性糸球体腎炎、など。 血尿の検査は? 血尿の検査は? 膀胱に尿をためた状態で超音波検査を行います。 ほかに、レントゲン検査、尿細胞診検査、血液検査、CT検査などを状況に応じて行います。 膀胱に病気が疑われるときや、肉眼的な血尿があるときには、膀胱の内視鏡検査が必要です。 このように、尿潜血(+)以上を指摘されたら、必ず顕微鏡で本当の血尿なのかを確認し、血尿であったら、重要な病気が隠れていないかを調べる必要があります。 馬車道さくらクリニックでは、超音波から膀胱鏡までトータルに血尿の検査が可能ですので、尿潜血を指摘されましたらお気軽に受診してください。 診断は 膀胱炎の診断はまずは尿検査を行います。 尿の中に感染を起こしたときに出てくる白血球の存在を顕微鏡で確認します。 白血球が少なくても、膀胱の粘膜細胞が多数剥落していることを確認できれば、膀胱のダメージの度合いを推測できます。 また、多くは細菌が顕微鏡で見えます。 何度も繰り返す方や典型的な症状ではない方、血尿が主に出ている方などは、膀胱に癌や結石などの異常が隠れていることがありますので、超音波検査を実施して膀胱から腎臓にかけて詳しく調べます。 また、最近では細菌が抗生物質に効きにくくなっていることhが増えていますので、培養検査で金を確認して薬剤感受性検査という検査で適した抗生物質を選択します。 治療は 適した抗生物質を使うことが基本です。 そして、中途半端で治療をやめてしまうと、生き残った細菌が使用した抗生物質に抵抗性を持ってしまうことがありますので、しっかりと最後まで治療を完遂することが肝要です。 もちろん、膀胱にほかの病気が見つかったときには、その治療も並行して行います。 細菌が原因ではない膀胱炎もある 一般的には膀胱炎は細菌が原因の感染症のことを言います。 これは、厳密には「単純性膀胱炎」といって最も多いのですが、ほかの理由で膀胱に炎症が起きることもあります。 例えば、「間質性膀胱炎」という病気があります。 これは、膀胱が固くなってしまって尿がたまると非常に痛みが生じる病気で、一種の免疫の異常と考えられています。 また、結石や癌があると「複雑性膀胱炎」といっていくつかの異常が複雑に絡み合っていることもあります。 予防は 実際には、膀胱の中に細菌が入っても膀胱炎にはなりません。 細菌が膀胱の粘膜にくっついてそこで繁殖すると膀胱粘膜が痛みを感じます。 これが膀胱炎の症状を起こす原因となります。 つまり、膀胱の中に細菌が入っても膀胱壁の抵抗力があれば膀胱炎にはならないということです。 もちろん、膀胱の中に細菌が入らないように清潔を心掛けたり尿をあまり我慢しないようにすることは重要です。 また、セックスによって膀胱内に細菌が入るので、セックスの後は必ず排尿するようにしてください。 しかし、このように気を付けていても膀胱炎になってしまうことはよくあります。 それは、特に女性は膀胱内には頻繁に細菌が侵入しているので、その細菌が体の抵抗力が下がったときに膀胱粘膜を攻撃して繁殖を始めるからです。 実際には、膀胱の中に細菌が入っても膀胱炎にはなりません。 細菌が膀胱の粘膜にくっついてそこで繁殖すると膀胱粘膜が痛みを感じます。 これが膀胱炎の症状を起こす原因となります。 つまり、膀胱の中に細菌が入っても膀胱壁の抵抗力があれば膀胱炎にはならないということです。 膀胱炎を繰り返す方は、よく食べよく休み適度に運動して体の免疫力を維持するように心がけてください。 温水洗浄便座は要注意! 温水洗浄便座は非常に便利な道具で、いまやこれがないときれいになった気がしないという方も多いのではないでしょうか。 しかし、この日本人の清潔好きが思わぬ落とし穴になっているのです。 まず、大便後の洗浄ですが、意外と大腸菌を週いtに飛び散らかしていることがわかっています。 大腸菌は膀胱炎の原因菌として最も多いので、尿の出口につくと膀胱炎のリスクを高めます。 そして、ビデ。 これが実は曲者です。 ビデは女性器を洗浄するものですが、排尿の時に使用することはおすすめではありません。 ビデによって陰部に共存している善い細菌が洗い流されてしまうことで、膀胱炎の原因になる悪い細菌の侵入を許してしまうのです。 清潔好きが膀胱炎を起こす原因になりますので、ほどほどに! 尿路結石症とは 体の日々作られる老廃物は腎臓でこしだしで尿にして排泄されます。 尿には老廃物がいっぱい含まれているので、その老廃物が沈殿して結石になります。 細かく言うと、石になる物質をマトリックスというたんぱく質がくっつけて塊を作っていきます。 多くは腎臓の中の腎盂腎杯という尿を集めるスペースで作られ、大きく成長します。 そしてある日、この石が転がり出て膀胱まで尿を送る尿管という細い管に詰まります。 この時に激烈な痛みが発生するのです。 これは、尿管結石といわれています。 ほかにも尿路結石には、腎結石、膀胱結石、尿道結石があります。 尿路結石症の症状 尿路結石症でもっともつらいのは尿管結石です。 尿管に結石が落ち込むと尿管が痙攣して結石を締め付けるように動きます。 すると腎臓からの尿の流れが止められてしまい、腎臓がパンパンに腫れてしまいます。 この時の腎臓で生じる痛みが「地獄の痛み」となるのです。 尿管の痙攣が落ち着くとひとまず痛みは楽になりますが、結石が動いてまた尿管が痙攣すると痛みがぶり返します。 結石は尿管から膀胱に向かって徐々に下降していきます。 それにつれて、痛みの質が変わってきます。 はじめは激痛だったものが、徐々に鈍い痛みが下腹部に移動していきます。 そして、膀胱に近づくと膀胱の症状が出始めます。 たとえば、残尿感や頻尿です。 そして膀胱に落ちると、何事もなかったかのように症状は消えてしまいます。 どのような検査をするの? 尿路結石症が疑われた時、どのような検査が必要なのでしょうか。 まずは超音波検査です。 これは、お腹にゼリーを塗って腎臓から膀胱、時には尿道までを画像に映し出す検査です。 全く痛みのない検査で、さらに無害です。 そして、得られる情報は非常に多く、泌尿器科では必須の検査になります。 そして、レントゲン検査で、結石の大きさや位置を確認します。 場合によってはCT検査を行うこともあります。 また、尿検査で血尿や感染の有無を確認します。 どれも痛みのない検査ですので、ご安心ください。 治療は? 治療法は、結石の大きさや位置、性状によって異なります。 よく、「溶ける薬ください」といわれますが、基本的にレントゲンに写る結石は溶けません。 溶ける薬はないので、がんばって出すしかありません。 まずは痛みの発作を抑えるために、尿管の痙攣を抑える薬を使います。 痛みの発作が起きているときには痛み止めの座薬が最も効果的です。 これは痛みを和らげる作用とともに尿管の痙攣を緩める効果もあるからで、点滴や注射よりも効果があります。 小さな結石は排石を促す薬剤を飲んでいただきます。 しかし、大きな結石やなかなか動かない引っかかってしまっているようなものは手術治療になります。 手術は、多くの施設で日帰りで行っている体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、細い内視鏡を用いて直接結石をレーザーで砕くf-TULなどがあります。 再発の予防法 尿路結石所は60%の人が再発するといわれています。 再発を予防することがとても重要です。 結石は尿が濃くなって腎臓の中で停滞することが大きな要因です。 ですから、普段から水分を多めにとることと、腎臓内の尿を拡販するために運動を積極的に行ってください。 食事では、カルシウムを積極的にとるよう心掛けてください。 これは、尿路結石になる原因のシュウ酸が体に吸収される前にカルシウムと結合させて吸収を抑えるためです。 また、クエン酸にも結石の発生を抑制する効果があるといわれています。 馬車道さくらクリニックでは、超音波検査、レントゲン検査、尿検査と結石の診断治療、再発予防、フォローアップまで責任をもって対処いたします。 結石が疑わしいときや心配な時にはお気軽に受診してください。

次の