スマートフォン 電磁波 対策。 電磁波は有害で危険性が指摘されており脳への影響や多くの病気、妊婦、胎児に悪影響を及ぼす!安全基準、健康被害、対策は ?

スマホ電磁波カットシールは効果がないから騙されないで

スマートフォン 電磁波 対策

子供にスマホを買ってあげたお父さん、これから子供にスマホを買ってあげようと思ってるお母さん、ひょっとしたら、そのスマホが子供の健康に悪影響を与えるかもしれません。 「スマホが放出している電磁波は、ガラケーの電磁波より、人体へのダメージが10倍もあると言われています。 」(ジャーナリスト・船瀬俊介氏) スウェーデンの研究所は、20歳前に携帯電話を使い始めた人(使用期間は1年以上)は、脳腫瘍のリスクが5倍になると発表しました。 実は、親戚の子供が、スマホ使用中に限って具合が悪くなるようになり、ひょっとしたら電磁波過敏症かもしれないということで電磁波問題について色々調べてみたのです。 すると、子供の頭は、大人以上に電磁波の影響を受けやすいと分かり、「こりゃー大変だ!」と慌ててスマホの電磁波対策に取り組んだわけです。 スマホは、身体に悪いからといって子供からスマホを取り上げることも難しいだろうと思います。 それなら、できるだけ安全に使える方法を、子供に身に付けさせればいいのです。 スマホは、使い方次第で、大幅にリスクを減らすことができます! では早速、子供をスマホの電磁波から守る対策についてお伝えしていきますね。 付属でついているものは、自分の耳に合わなかったり壊れやすいなどの欠点があります(携帯ショップ店員の話)。 付属のイヤホンマイクが使いにくかった場合には、自動で巻き取れるタイプのものが電気店などで売られています。 イヤホンマイクをめいっぱい引き伸ばし、スマホを体から出来るだけ離して通話します。 電磁波の強さは、発信源からの距離の二乗に反比例します。 耳に5cmの位置で話すのに比べて、50㎝体から離すと、10分の1の二乗、つまり電磁波強度は100分の1に弱まります。 しかし、これは単純計算であって、実はイヤホンケーブルは位置によっては電磁波を増幅する作用もあるんだとか。 しかし、少なくてもイヤホンマイクで電磁波を浴びる量は20分の1から最大136分の1に減らすことはできるそうです。 ちなみに… スポンサーリンク スマホの電磁波は、子供の脳に特に危険! スマホ・携帯の電磁波は、大人の脳へ影響を与える以上に子供の脳へ大きな影響を与えます。 なぜかというと、子供の頭蓋骨や皮膚は大人よりも薄いため、電磁波の熱を通しやすいからです。 また、子供の頭は大人に比べ小さいので、アンテナの至近距離で電磁波の強い範囲に頭全体が入ってしまいます。 それ以外にも、子供の脳は水分を多く含むため電磁波を吸収しやすいという指摘もあります。 それじゃ、実際に大人と子供とでは電磁波の吸収の仕方にどのくらいの違いがあるのでしょうか。 スマホ・携帯の電磁波のSAR値(比吸収率)が、子供と大人でどう違うのかを調査した結果があります。 SAR値(比吸収率)とは、一定時間内に吸収する電磁波の熱量のことですが、成人男性、10歳児、5歳児の脳や目のSAR値を比較したものが下の表です(米国ユタ大学 オム・ガンジー博士の研究調査より)。 SAR値が高くなるほど健康被害が大きくなります。 たとえば、脳内の吸収量は、成人が7. 6、5歳児は32. また目の液体部分は、成人が3. 2、10歳児が17. 4、5歳児が39. 2、目のレンズ部分は、成人が1. 5、10歳児が7. 6、5歳児が17. つまり、 5歳児の脳は、成人の4倍以上の電磁波を吸収してしまい、5歳児の目は、大人の約12倍もの電磁波の熱を吸収してしまうということです。 もちろん家電製品(電子レンジ、IH調理器などを除く)からも、スマホの電磁波と種類は違いますが、超低周波の電磁波は出ています。 それに比べて、スマホの電磁波は、マイクロ波という高周波で、電子レンジと同じ電磁波です。 スマホ・携帯から出る高周波の電磁波については、 WHO(世界保健機関)が、2011年 「発がん性の可能性あり」と発表しました。 また2001年には、送電線や家電製品から出る超低周波についても同様に「発がん性の可能性あり」と発表しています。 つまり家電製品もスマホ・携帯も、どちらも健康に影響を与えるリスクはありますが、 スマホ・携帯が、他の家電製品と決定的に違うのは、頭に密着して使う点です。 スマホ・携帯は中継基地局との間で電波のやり取りをして通話しますが、 通話時にスマホ・携帯から出る電磁波の50%以上は、頭の中に吸収されてしまいます。 電子レンジに使われているのと同じマイクロ波を発するスマホを頭に押し当てることは、基本的に「脳を料理するのと同じこと (クッキング・ザ・ブレイン)」といわれるのは、このためです。 2005年5月、米国で携帯電話の電磁波が脳腫瘍の原因になることを認めた初の判決! カリフォルニア州北部に住む女性(シャレーサ・プライスさん)が携帯電話ショップに勤務して半年後ぐらいから体に異常を感じるようになり、その2年後、脳腫瘍になりました。 プライスさんの仕事は携帯電話購入者への設定サービスで毎日3~4時間、多い時はほぼ一日中携帯電話を使っていました。 しかも当時は、出力が大きくないと通話できないアナログ式携帯電話が多く、また職場には試験用の携帯電磁波発信装置が設置され、常に大量の電磁波が放出されていたといいます。 プライスさんは自分が脳腫瘍になったのは、職場で電磁波を長時間大量に浴びたことが原因として労災補償を申請しましたが、保険会社から「脳腫瘍と携帯電磁波の関連は不明」として却下されてしまいました。 そこでプライスさんは訴訟を起こし、判事は原告側のプライスさんの訴えを認め、脳腫瘍と職場での電磁波ばく露の関連を認め、被告の保険会社に医療費、その他経費など3万ドルを支払うよう命じました。 海外では、「携帯電話で脳腫瘍になった」として被害者がメーカーを訴える訴訟があいついでいます。 子供のスマホ・携帯使用に対する世界の動き• 16歳以下の子供は携帯電話(スマホ含む・以下同)を使うべきではない(ロシア)• 8歳未満の子供には携帯電話を使わせないように!(イギリス)• 12歳未満の子供用携帯電話の全ての広告を禁止(フランス)• 子供の携帯電話使用を制限するよう警告(ドイツ小児学会)• 10歳未満の子供を携帯の販売対象にしない(オーストラリア、バージン・モバイル社)• 8歳以下の子供たちには固定電話を使わせるように!(カナダ、トロント市公衆衛生局)• 16歳以下の子供には携帯電話を使用させないように!(アイルランド医師環境協会)• 16歳未満の子供の携帯電話使用・販売は禁止(インド、カルナタカ州)• クリスマスプレゼントに携帯電話はやめよう(オーストリア、ウィーン医師会)• 7歳以下の子供への携帯電話の販売は、店頭でもインターネットでも禁止(ベルギー政府) potetoさん はじめまして piyorinnと申します。 私は5か月の赤ちゃんを育てる1児の母です。 今までの行いとして、私は赤ちゃんを抱っこしながらスマートフォンでメールや電話でやり取りをしていました。 この記事を読んで、怖さやリスクを知り、 スマートフォンの扱い方を意識しようと思いました。 教えて下さってありがとうございます。 この記事を読んでいて質問が2点ございます。 何故、メディアでこの大きな問題が取り上げられていないのにpotetoさんはこの情報を知っていらっしゃったのですか? 2. 自分の子供を守るために、正しい情報を発信している『良書』に出会うにはどうしたら良いのでしょうか? 教えて頂けたら幸いです。 宜しくお願い致します。 piyorinn様 コメントどうもありがとうございます。 お尋ねの件ですが、電磁波問題に関しては、スマホではないのですが、私はかなり以前から気にしてましたね。 当時は、まだスマホがなかった時代でしたが、私はパソコンに向かう仕事をしてたこともあって、仲間うちでは、電磁波問題についてよく話してました。 なにせ当時のパソコンは、今のように液晶ではなくてブラウン管だったもので(笑)、電磁波の影響はかなり気になりました。 こんな話をすると、歳がバレますね(笑)。 それに周囲に、電磁波過敏症の人がいたので、気にするようになったのもあります。 携帯電話の時代には、アメリカで携帯の電磁波問題が裁判沙汰になってることを読んでいたので、スマホが普及してからも電磁波の影響は、ずっと気になってました。 2つ目のお尋ねの件ですが、正しい情報を発信している「良書」に出会う方法ですか・・・本音言うと、私も教えていただきたいぐらいなのです。 ごめんなさいね。 一つの記事を作るのに、図書館でだいたい20~30冊の書籍を調べます。 多い時には、もっとです。 書籍は古いものもあるので、もっと新しい情報が欲しいときには本屋へ行きます。 図書館も本屋も、検索機能を使って探します。 ただ、書籍情報も、どうしても相反する内容が書かれてある場合がありますよね。 特に、利害関係が絡むと、企業側は研究資金を出して、大学の先生や研究機関に自分たちに都合のいい情報を発信してくれるように必死ですから。 マスコミはスポンサーのことがあるので、真実を報道しづらいという背景もあるでしょうし、私たちは真実の情報に、なかなかたどり着けないこともあるだろうと思います。 私の場合、正しい情報を得たいと思うときには、書籍情報だけでなく、その分野の専門家に、メールや電話をして直接教えてもらうことも多いです。 その相手はドクターであったり、公的研究機関であったり企業の研究機関であったり様々です。 その他にも、電磁波問題に詳しい企業にも問い合わせして色々教えていただきました。 piyorinn様のお尋ねに対して、ちゃんとお答えできたでしょうか。 的外れな回答になっていないことを願います。 piyorinn様は、育児に追われて毎日お忙しくて大変でしょうが、5ヶ月の赤ちゃんの健やかなご成長を心からお祈りしています。

次の

スマホの電磁波が子供に与える影響!後悔しないための対策10か条

スマートフォン 電磁波 対策

もくじ• iPhoneの電磁波が強いとの情報も iPhoneの電磁波の人体への影響、Samsung製スマホの2倍以上とか・・・ 一方、Apple社は安全基準を満たしているとの検査結果 iPhone 7 高周波 RF 暴露情報 - Apple社公式サイト なにしろ、わたしは自称、プロ電磁波過敏症。 電磁波に敏感な体質となってしまっております。 普通の方ならなにも感じることはないと思いますが、いちいち違和感や痛みを感じてしまいます。 しかし、iPhoneは便利でお気に入りのアイテム。 iPhone4から今まで3世代使い続けており、これからも愛用していきたい、手放すつもりも一切ありません。 しかし、そんな状況でiPhoneを使い続けてきたので独自の対処法が利用シーンごとに完成されてしまっております。 iPhoneを使っていて頭が痛くなる(頭痛)や目が痛くなる、耳鳴り、めまい、クラクラするなど体調に異変が起こる場合はiPhoneだけではなくスマートフォンによる電磁波の影響かもしれません。 一切道具を使うことなく簡単な設定や対処法で、それらを防ぐことができるかもしれません。 そんな対処法をご紹介しています、ぜひお試しください。 iPhoneの電磁波対策(ios10. 2) モバイルデータ通信 特にiPhoneでなくても、携帯電話なら当然ですが、電波による通信をおこなっており、電磁波が発生しています。 その種類はマイクロ波ですので電子レンジと類似した電磁波です。 この電磁波を少しでも減らすために、4G回線(LTE)を使用する場合はデータ通信時のみにする。 音声通話とデータにチェックをいれることはない 通話時 Bluetoothなどのイヤホンは使わない、基本的にイヤホンを使用すると電磁波の被曝を抑えられるとの話がたくさんありますが、実際試しても体感としてよくなかったので、わたしはハンズフリーを極力利用するようにしています。 上記で説明したように通話時の通信は3G回線以外利用しないので、ハンズフリーが利用できない場合は有線イヤホンマイクを利用します。 携帯電話を4Gのまま直接耳にあててで通話すると、アタマが痛くなってしまうのです。 ちなみに、3G回線での通話品質はというと、まったく問題がありません。 4G回線となにも変わらずクリアな音質で通話が可能です。 アップデート時 アプリやiOSのアップデートはWi-Fiを利用していますが、Wi-FiをONにし、アップデートを開始、そのアップデートが完了したら、即時iPhone側のWi-FiをOFFにし、Wi-Fi親機側もOFFにします。 就寝時 寝ているときこそ、iPhoneは利用しないので電源をOFFにしたいところですが、タイマーアラームを利用しているため電源をOFFにすることができません。 よって、機内モードをONにして、モバイルデータ通信を停止させ、Wi-FiとBluetoothもOFFを確認し、枕元から少し離れた場所で充電しながら就寝しています。 充電用アダプタ 利用時間 上記の対処法を行いながら利用しても、iPhoneの利用時間が長すぎるなら、それも問題かもしれません。 自分で撮影した写真の閲覧や、通信を行わないアプリの利用などデータ通信が発生しない利用方法であれば、電磁波曝露は少ないでしょうが、YouTube再生や音楽のダウンロードやウェブの閲覧、通信系ゲームアプリの利用などをしていれば、そこにはデータ通信が発生し電磁波が発生してしまいます。 あまり長時間に渡って利用すればその分だけ電磁波暴露することになります。 適度な利用時間を考えるのも必要なことかもしれませんね。 携帯方法 iPhoneは通話していなくても、メールやLINEやアプリを利用していないときでも、プッシュ通知の取得やバックグラウンドで作業を行うアプリなどがデータ通信を常に行っています。 よって、身につける方法としては、 ポケットに入れて携帯しないようにしています。 やはり、電磁波とは一定の距離間が必要です。 持ち運ぶ際はバッグなどに入れて携帯するようにしています。

次の

スマートフォン(スマホ)の電磁波対策グッズは効果があるの?|電磁波相談|電磁波被害に関する質問|探偵興信所がお答えします|富山

スマートフォン 電磁波 対策

スマホなどの電磁波がヒトの健康に及ぼす生物学的な影響について、新しい研究成果を踏まえながら世界的に議論が行われているようです。 例えば学術雑誌「Environmental Pollution」に2018年7月に発表されたでは、電磁波が人体に及ぼしうる健康上の悪影響についての警告が発せられています。 そのため、当記事では本テーマについて包括的で完全な知見を提供することを目的とはしていません。 学術・医療分野などにおける正確性を求められる方はもちろん、この問題についてより詳しく知りたい方は、本文中に載せている出典論文や参考資料(大半がリンクをたどることでオンラインにて閲覧可能)を直接ご覧になられることをおすすめいたします。 電磁波とは? 電磁波の主な分類と使用例(電力会社が公表している資料などを元に作成) 電磁波の種類 電磁波とは、電磁場の振動が真空中または物質中を伝播する現象です。 周波数または波長によって様々な種類に分類されています。 上図では波長の短い方から、ガンマ線・エックス線・紫外線・可視光線・赤外線・電波としています。 一般に波長が短いほど光子のエネルギーは強くなるようです。 電磁波の人体への影響 エネルギーの強いガンマ線・エックス線・紫外線の一部は電離作用を持っており電離放射線に分類され、DNAの損傷や、がんなどを引き起こすことが知られています。 一方、電離作用を持つほど強くはない電磁波は非電離放射線と呼ばれています。 そのうち周波数が3T(テラ)Hz以下の電磁波は「電波」と呼ばれ、無線通信など様々な用途で利用されています。 十分な強度を持つ電波が人体に当たると、その一部が吸収されて組織が加熱され体温が上昇します。 これが 電磁波の熱作用です。 電子レンジが物を温めるのと基本的には同じ原理のようです。 熱作用が人体に悪影響を及ぼしうることについてはすでに科学的なコンセンサスが得られています。 そのためWHO(世界保健機関)や各国政府は熱作用の悪影響ができるだけ人体に及ばないような強度に電磁波を規制するガイドラインを設定しています。 一方、コンセンサスが得られておらず近年も論争が続いているように見えるのは、 電磁波の非熱作用です。 電磁波の非熱作用とは、熱作用を持つほど強くはない強度の電磁波が人体に及ぼす作用のことです。 以下で示すように、熱作用を持たない弱い電磁波が人体に悪影響をもたらすことを示す論文・データも少なくないようです。 人々が電磁波にさらされる機会は劇的に増加しつつある かつては一般人がさらされるのはテレビやラジオの電波だけでした。 しかし今では、携帯電話の数は世界の人口と同じくらいになっており、世界中の人が高周波電磁波にさらされています。 いたるところに携帯基地局が存在しています。 先進国では、より高い周波数を用いる5G(第5世代移動通信システム)運用のために狭い間隔に多数の小型基地局を設置しようとする動きが加速しています。 また、WiFiやスマートメーター、自動運転車なども電磁波の発信源です。 より根拠の強い2Aや1に分類されなかった主な理由の一つは、電磁波ばく露によってがんが生じるという明白な動物実験のデータが不足していたことでした。 しかし次に示すように、近年行われた大規模な動物実験では、電磁波ばく露と発がんの間に明白な関係が認められているようです。 8 GHz GSM base station environmental emission. には、1999年から2017年まで発表された電磁波の生物学的影響に関する膨大な数の学術論文のアブストラクトが収録されています。 上述した脳や心臓のがん以外にも、例えば次のような健康リスクが報告されており、議論が続いてるようです。 ・子供の白血病() ・乳がん() ・男性の生殖能力(精子や精液など)への影響() ・女性の生殖能力への影響() ・流産() ・アルツハイマー病() また、いわゆる電磁波過敏症(electrohypersensitivity)についてもバイオマーカーの開発など診断基準を客観化しようとする研究も進んでおり、議論が盛んに行われているようです(; ) 電磁波に関連する有益な効果 一方、電磁波が生体に及ぼす影響は必ずしも有害ではなく、有益な効果をもたらすこともあり、医療へ応用されている例もあるようです。 ・磁場を利用して骨の回復を促進() WHOなどの規制基準は非熱作用を考慮しておらず、とりわけ子供への影響が懸念される WHOや世界の多くの政府機関が設定している規制基準は、電磁波の非熱作用による人体への影響を考慮していないため人々の健康を守るには不十分である、とBelpomme氏らは指摘しています。 特に子供(赤ちゃん・胎児を含めて)は神経系が発達途上で、頭のサイズが小さくて頭蓋骨が薄く、潜在的に長期間にわたり電磁波にさらされる恐れがあることから、大人よりさらに厳しい電磁波の規制基準が必要だ、との主張がなされています。 フランスの法律では14歳未満の子供への携帯電話の広告が禁止されています。 その他イギリス、イスラエル、ベルギー、ロシア、フィンランド、スウェーデン、カナダ、キプロスなどで子供の携帯電話使用を制限するべきといった勧告が出されています。 (関連ページ) 電磁波研究に関わる問題点 ・WHOの環境保健クライテリアの草稿作成を担当した中心メンバーの大半が業界と密接な関わりを持っており、利益相反の問題が生じているとの指摘があります(; ) ・通信業界などの企業から資金提供を受けた研究の方が、独立した資金源による研究よりも、電磁波による健康への影響を報告する可能性が低くなる()、といった企業の資金提供による研究バイアス(利益相反)の問題が指摘されています。 利益相反の問題にも触れています。 (英語のみ) 今すぐ簡単にできる、スマホからの電磁波ばく露を減らす方法(対策) 以下は、を大まかに翻訳したものです。 ・携帯電話(スマホなど)をできるだけ身体から離しておく。 (少し距離を離すだけで、電磁波ばく露量は大きく減らせる) ・通話時に電話を頭部近くで保持しないようにする。 通話時にはスピーカーまたはヘッドセットを使うようにする。 ・音楽や動画のストリーミング中や大きなファイルのダウンロード・送信中には携帯電話を身体や頭から遠ざけておく。 ・スマホはカバンやハンドバッグなどに入れて携帯する。 ベルト、ブラジャーやポケットなどに入れて持ち運ばないようにする。 (携帯電話は使用していない時でも電磁波を発している。 電源を切るか機内モードにすれば電磁波は出ない。 ) ・携帯電話が強い電磁波を出しているときにはできるだけ使わないようにする。 例1:アンテナが1,2本しか表示されていない時(シグナルが弱いときは携帯基地局に接続しようとして強い電波を発する) 例2:高速で移動している車・バス・電車などの中にいる時(次々に切り替わる基地局との接続を維持しようとして強い電波を発する) 例3:音楽や動画のストリーミング中や大きなファイルのダウンロード・送信時(動画や音楽については、先にダウンロードを済ませた後で機内モードに切り替えてから視聴するようにする) ・眠るときはベッドや頭の近くに携帯電話を置かないようにする。 (ヘッドセットは電話を使っていないときにも微弱な電波を発するため) ・「電磁波シールド」のような類の、携帯電話からの電磁波をカット・防止する機能などをうたった製品をあてにしないようにする。 米国連邦取引委員会(FTC)によれば、携帯電話のシグナルを妨害する製品はかえって携帯電話が発する電磁波を強くする恐れがあり、電磁波へのばく露を増やしてしまう可能性があるという。 (原典資料) 米国カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH): 【管理人チャールズの感想】 電磁波の用途は非常に幅広く、すでに人々の生活にとって欠かせない重要なテクノロジーとなっていますね。 電磁波に関する研究は、産業・経済にとてつもなく大きな影響が及ぶだけでなく、場合によっては軍事や政治などにも関わってくるでしょうから、正直、純粋に科学的に議論するのは難しいのではないかと思います。 電磁波の健康影響を心配する必要はないという研究報告も多数あるため、今後も人々が関心を持って冷静に議論を続けることはとても大切だと思いますが、少なくとも健康被害の可能性について一定のリスクが明らかになった時点で、予防原則に従って簡単な電磁波ばく露削減法などは人々(特に子供や妊婦など)に広く知れ渡っていた方がいいような気が個人的にはしています。 Belpomme D, Hardell L, Belyaev I, Burgio E and Carpenter DO: Thermal and non-thermal health effects of low intensity non-ionizing radiation: An international perspective. Environ Pollut. 242:643—658. 2018. National Toxicology Program 2018 Cell Phone Radio Frequency Radiation. Department of Health and Human Services Falcioni L, Bua L, Tibaldi E, Lauriola M, De Angelis L, Gnudi F, Mandrioli D, Manservigi M, Manservisi F, Manzoli I, et al: Report of final results regarding brain and heart tumors in Sprague-Dawley rats exposed from prenatal life until natural death to mobile phone radiofrequency field representative of a 1. 8 GHz GSM base station environmental emission. Environ Res. 165:496—503. 2018. BioInitiative 2012. Division of Environmental and Occupational Disease Control. 2017. How to Reduce Exposure to Radiofrequency Energy from Cell Phones. California Department of Public Health. 電磁波などについては以下の記事でも触れています。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の