アルコール 濃度 コロナ。 【新型コロナウイルス】アルコール消毒の濃度は?スプレーとシートどっちが良いのか調査!

コロナに有効なアルコール濃度は?【最新の大学研究からの真相】

アルコール 濃度 コロナ

エビデンスを求めて三千里、着太郎 です。 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 に有効な アルコール濃度のエビデンスのまとめです。 物質表面上でのウイルスの半減期については「」でまとめています。 15 2018 , 7. 422 2017 に Early Release として 2020年4月13日に掲載された論文で、それに先立ち生物学の に査読前論文として 2020年3月17日にされています。 以下の図は SARS-CoV-2 の不活化における の効果についてのものです。 左側の A と C がエタノールベース、右側の B と D がイソプロパノールベースで、 C と D の右上の挿入図はコロナウイルスの不活性化のを示しています。 LLOQ は(適切な精度と正確さで定量分析できる試料中の分析対象物質の最低濃度)。 暴露時間はいずれも 30秒。 試験方法は 浮遊試験で、混合比率はの薬液8:負荷物1:菌液1。 また、以下の図は SARS-CoV-2 の不活化における市販のアルコールの効果についてのものです。 A がエタノールで B が イソプロパノール。 国内の新型コロナウイルスの実験 北里大学大村智記念研究所 の片山ら 2020 の研究グループは 2020年4月17日に、エタノール、界面活性剤成分を含有し、新型コロナウイルスの消毒効果が期待できる市販製品を対象にウイルス不活化評価を実施したとを出しました。 ・試験系評価のために実施したエタノールについても試験結果を開示した。 試験方法は 浮遊試験のようで、混合比率はウイルス液1:試験対象液9。 1分未満での不活化効果は不明です。 東京都水道局のによれば、地点番号No. 14の検査地点、港区南青山の水質は以下の通りです。 硬度以外にも色々あると思いますが、参考までに。 「国内複数企業へ製品サンプルの提供を要請」とありますが、試験された製品は花王株式会社の製品のみのようです。 ちなみに花王はに採択され、5月末までにアルコール消毒液等の増産設備の導入を行い、 例年の1. 8倍 と同量の170万Lの増産を行うようです。 また、同研究室が花王と新型コロナウイルスに対して感染抑制能を有するVHH抗体の取得に成功したと2020年5月7日にしています。 コロナウイルスには効果が弱いとされるベンザルコニウム塩化物0. 5%含有しているようでした。 新型以外のコロナウイルスの文献レビュー 4人全員が前述の A. Kratzel ら 2020 の論文の共著者としても名を連ねている による 2020年2月6日付けで公開されたコロナウイルスに対する消毒剤の文献レビューがあります。 掲載されている のは 3. 354 2017年 です。 エタノールについて触れている文献の参照はレビュー対象22件のうち、 浮遊試験が 、、、 の4件、 表面試験が 、 の2件の合計6件。 各論文を確認する限り、Siddharta ら 2017 の研究以外は既存の消毒剤製品の原液での調査のみで、アルコール濃度の下限の調査は行われていないようです。 レビューでは以下のように総括しています。 5-2. 23-7. 62—71%エタノールによる表面の消毒は、 1分以内の露出時間で表面のコロナウイルス感染力を大幅に低下させる。 SARS-CoV-2 に対しても同様の効果が期待できる。 Saknimit ら 1988 はが発行する学会誌 Experimental Animals に掲載された論文で、ベータコロナウイルス属の、 アルファコロナウイルス属の、キルハムラットウイルス KRV および に対する消毒薬等の殺ウイルス効果を検討しています。 30年以上前の古い実験でヒトコロナウイルスは含まれていません。 に希釈した上で混合比率は1:1、室温23度で 10分間反応させているようです。 96 2018 ,3. エタノールについてはドイツの という製品で 0. 試験方法は浮遊試験で、混合比率は8:1:1。 いずれも 30秒で非感染性になったようです。 エタノールの最終濃度は 62. Rabenau ら 2005, Journal of Hospital Infection もう一つの は に掲載されており、SARS-CoVに対する8つの消毒剤の活性を調査しています。 時間は 30秒。 Siddharta ら 2017 文献レビューの共著者にも3人ほどが含まれている のエンベロープウイルスに対する実験は、試験方法は 浮遊試験で、混合比率は薬液8:負荷物1:菌液1。 文献レビューでなぜこの論文の値が言及されていないのかはよく分からないので、お分かりになる方がいたら教えて下さい。 なお、 によると WHO 製剤のグリセロース含有量1. Sattar ら 1989 表面試験は「非生体(器具・環境)表面上の乾燥菌体に対する生菌数を減少させる能力(殺菌効果)の評価法」です。 2つの表面試験のうちの一つは20年以上前の で、コクサッキーウイルス B3 型、アデノウイルス5型、パラインフルエンザウイルス3型、 の4つのヒト病原性ウイルスを使用してウイルスで汚染された無孔無生物表面の化学的消毒を調査。 Hulkower ら 2011 もう一つの 表面試験の では、2つの代理コロナウイルス、 と に対する医療用殺菌剤の有効性をステンレス鋼表面の定量的キャリア法を使用してテスト。 接触時間は 1分間。 その他のウイルスでの実験 東京医療保健大学大学院の の博士論文におけるエタノール濃度に応じた殺菌・抗ウイルス効果の調査研究があります。 pdm. 2009 No. 本論文では、各濃度のエタノール溶液に菌液またはウイルス液を混合後、すみやかに 撹拌することで 均一系とし、 作用中撹拌を継続することで殺菌効果および抗ウイルス効果の評価を行った。 エンベロープか否かなど詳細を後で確認したいと思います。 【閑話休題】キッチン用アルコール除菌スプレー 日本環境感染学会の理事の話として「キッチン用のエタノールは、濃度が50%ほどのものが多く、現時点ではコロナウイルスへの効果があるか、科学的には証明されていない」としたNHKのに対して、フマキラーが2020年3月9日にを披露しています。 フマキラー株式会社がに依頼してキッチン用アルコール除菌スプレーの ネコ腸コロナウイルスへのウイルス不活化試験実施し、2020年2月19日に効果が確認できたとして2020年2月28日に。 アース製薬もネコ腸コロナウイルスへの不活化試験を実施したとに記載しています。 9mLにウイルス液0. 1mLを混合し、 10秒作用させた。 1mL採取し、培地で100倍程度に希釈して作用を停止させた。 対照(ブランク)の初期感染価は1. SFSS(NPO食の安全と安心を科学する会)によるでは、NHKの報道について「不正確(レベル2):事実に反しているとまでは言えないが、言説の重要な事実関係について科学的根拠に欠けており、不正確な表現がミスリーディングである。 」と結論しています。 しかし、そもそもの話として、同一条件下で ノンアルコール製品でも効果があるとした試験結果ですので、エタノール濃度による失活効果を確認したものではなさそうです。 【追記】 フマキラーが広島大学大学院医系科学研究科に依頼して新型コロナウイルスで追試をしたようで、2020年4月21日に結果を確認したとして2020年4月24日にを出しています。 9 mL にウイルス液0. 1 mL を混合し、 10秒作用させた。 05 mL 採取し、培地で100倍程度に希釈して作用を停止させた。 対照(ブランク)の感染価は3. 単純に推測すると水道水(不純物)による希釈の影響が大きいと考えられますが、Kratzel らの実験は妨害物質を1割混ぜているため、もし水道水が原因であれば水道水が妨害物質以上に悪影響を及ぼしていたことになるため、エタノールの希釈は蒸留水によるのが望ましい可能性がより高くなることを意味するかと思います。 また、論文化されていないので詳細なデータが分からないこと、同意が得られなかったという体で花王製品のみしか取り扱っていないこと、エタノールの下限の評価の幅が広いことなどがつらいところです。 ちなみに、経済産業省の要請で独立行政法人 製品評価技術基盤機構 NITE が行っている「」にオブザーバーとして当該の片山和彦氏が名を連ねており、当該研究所が国立感染症研究所と並行して試験を担うなどしているようです。 このレビューで参照されている6つの文献のうち5つはアルコール濃度の調整は行っておらず、濃度の下限を検証している訳ではありません。 残りの1つである A. Siddharta ら 2017 が濃度の下限を探っている訳ですが、何故これの数値がレビューで言及されていないのかよく分かりません。 神明 2019 の実験は異なるエンベロープウイルス間でどの程度違いが出るのかが分かるので参考になります。 惜しむらくは細菌なども含めているためウイルス自体の種類が少ないことですが、株の違いでも差があることが見て取れるのは興味深いですね。 ただ、ずっとかき混ぜてるっぽいので、日常でのスプレーでの吹きかけや拭き取りでも同等と見做すことはできなそうです。 フマキラーの件は、ノンアルコールでも結果が同等であり、感情的な表現やファイティングポーズなども含めて完全に パブリシティ(マスメディアに情報を提供し、報道してもらうことで消費者に宣伝するのと同じ効果を得ること)が狙いかと思います。 SFSS のファクトチェックも、この辺りの文脈を理解せずにフマキラーのリリースを真に受けて科学的な評価に終始しており、試みや周辺情報は大変興味深いのですが、そもそもの大前提として アルコールについて最初から何一つ検証していない、ということに気づいて欲しいなと心配になりました。 普通に考えたらノンアルコール製品を同一条件で一緒に検証実験しているのは失敗のはずですが、フマキラーに利する形で見事にまるめこまれており残念感が半端ありません。 ちなみにこの話題の発端になった菅原氏は、今回紹介した神明氏の博士論文の指導をした1人のようで、ご自身でもを書かれており、その辺のつながりも面白い要素でした。 入手可能なエタノール製品(業務用) 商業施設等でアルコール消毒に利用する業務用エタノールとして、20L, 15kg, 5L の製品などがあります。 一部製品に含まれている乳酸はエタノールの殺菌を向上させるという調査があります。 85wt%, グリセリン 0. 01wt%, 精製水 32. 22wt%, クエン酸 1. 93wt%, グリセリン脂肪酸エステル 0. 20wt%, 硫酸マグネシウム 0. 06wt%, クエン酸ナトリウム 0. 06wt%, 精製水 40. 1wt%, グリセリン脂肪酸エステル 0. 2wt%, ブドウ種子エキス 0. 03wt%, デキストリン 0. 01wt%, 乳酸ナトリウム 0. 003wt%, 乳酸 0. 001wt%, 精製水 49. 8vol%〜 480ml [] センケン エタノール 99. 1~96. Emerging Infectious Diseases, Volume 26, Number 7, April 2020. 片山 和彦ら 2020. 北里大学大村智記念研究所プレスリリース, 2020年4月17日. , Volume 104, Issue 3, March 2020, Pages 246-251. Morakot Saknimit, 稲月 一高, 杉山 芳宏, 八神 健一 1988. , Volume 37, Number 3, 1988, Pages 341-345 Holger Felix Rabenau, Jindrich Cinatl, Birgit Morgenstern, Gabi Bauer, Wolfgang F. Preiser, Hans Wilhelm Doerr 2005. Medical Microbiology and Immunology. 2005; 61: 107-111 Anindya Siddharta, Stephanie Pfaender, Nathalie Jane Vielle, Ronald Dijkman, Martina Friesland, Britta Becker, Jaewon Yang, Michael Engelmann, Daniel Todt, Marc Peter Windisch, Florian Holger Hubert Brill, Joerg Steinmann, Jochen Steinmann, Stephan Becker, Marco P. Alves, Thomas Pietschmann, Markus Eickmann, Volker Thiel, Eike Steinmann 2017. Journal of Infectious Diseases, Volume 215, Issue 6, 15 March 2017, Pages 902—906 Miranda Suchomel, Michael Kundi, Didier Pittet, Manfred L. Rotter 2013. 245-250. 神明 朱美 2019. 東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科 医療保健学専攻 博士論文.

次の

【新型コロナウイルス】アルコール消毒の濃度は?スプレーとシートどっちが良いのか調査!

アルコール 濃度 コロナ

新型コロナウイルス COVID-19 の特徴 アルコール濃度と新型コロナウイルスの関係を調べる前に、 コロナウイルスの特徴をみてみます。 なぜかというと、新型コロナウイルスに対して調べた研究は、当然、まだ発表されていません。 似たような構造をもつウイルスに対する研究が、新型コロナウイルスにも当てはまると考えられるからです。 新型コロナウイルスはプラス鎖一本鎖RNAウイルス まず、ウイルスが、どのような構造なのか見ていきます。 ウイルスには、DNAウイルスとRNAウイルスがあるのですが、新型コロナウイルスは、 RNAウイルスになります。 新型コロナウイルスは、 一本鎖プラス鎖RNAウイルスになります。 一本鎖マイナス鎖RNAウイルスと一本鎖プラス鎖RNAウイルスとは? ちなみに、プラス鎖のRNAウイルスは、中のRNAがそのまま使われて、ウイルスが増えていきます。 (もう少し詳しく書くと、ゲノムRNAがそのままmRNAとして使われるということです。 ) それに対して、マイナス鎖RNAウイルスの中のRNAは、そのまま、増えることはできません。 酵素によって、一度、プラス鎖になってから、増えていきます。 (こちらも、もう少し詳しく書くと、マイナス鎖のゲノムRNAは、mRNAとして機能できず、RNA依存性RNAポリメラーゼによって、いったんプラス鎖に転写されるということです。 ) 一本鎖プラス鎖RNAウイルスのなかま この一本鎖プラス鎖RNAウイルスには、ピコルナウイルス科のポリオウイルスやコクサッキーウイルス、A型肝炎ウイルス、カリシウイルス科のノロウイルス、トガウイスル科の風疹ウイルス、フラビウイルス科の黄熱ウイルス、デング熱ウイルス、ジカウイルス、西ナイルウイルス、C型肝炎ウイルスなど、多くの疾病の原因となるウイルスが含まれています。 ちなみに、インフルエンザウイルスは、麻疹ウイルス、エボラウイルス、狂犬病ウイルスなどと同じ一本鎖マイナス鎖RNAウイルスになります。 一本鎖プラス鎖RNAウイルスの構造 新型コロナウイルスのなかまの、一本鎖プラス鎖RNAウイルスは、 脂質二重膜のエンベロープの中に、プラス鎖の一本鎖RNAのゲノムがある構造をしています。 アルコールはエンベロープに作用する アルコールのウイルスに対する消毒作用は、濃度によって機序が違うようではあるのですが、70%程度だとウイルスのエンベロープを壊して失活させるようです。 ちなみに、インフルエンザウイルスなど一本鎖マイナス鎖RNAウイルスもエンベロープを持ちます。 エンベロープに作用する消毒方法なら、一緒にインフルエンザウイルスも消毒できることになります。 界面活性剤も、エンベロープに作用して消毒できると言われています。 新型コロナウイルスは、未知のウイルスではあるが、同種のウイルスに効果がある消毒方法なら有効の可能性 似たウイルスを失活させる効果があるのであれば、新型コロナウイルスが、よほど特殊な特徴を持つのでなければ、その消毒方法が有効と考えられます。 今回は、ウイルスに対してアルコール濃度がどのように作用するのかという文献をいくつか探してみました。 (面倒だったので、日本語のみで………) 厚労省:60%以上のアルコールでも手指消毒用に使用可 令和2年4月22日に、厚生労働省から都道府県に向けて、手指消毒用として、60%台のエタノールを使用しても差し支えない旨の事務連絡がありました。 hospital. その為の措置のようですが、実際に「60%台のアルコールでも有効性があると考えられる報告」があるようですね。 新型コロナウイルス消毒のためのアルコールは40%が最強か!(乾燥条件) アルコール濃度が高ければ高い方が良いわけではない 昭和56年という古い文献ですが、感染症学雑誌 第55巻に『アルコール類のウイルス不活化作用に関する研究 エタノール消毒における生体試料の影響』というのがありました。 この文献によると、 アルコール濃度が高ければ高い方が良いという訳ではないようですね。 この文献では、「効果的な消毒は、対象の水分やウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要」とまとめてありました。 乾燥血清中のウイルスには、高濃度のエタノールによる不活化効果は低く、99. 最も効果的な消毒が要求される場合には、被消毒物件の水分およびウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要と思われる。 kansensho. 新型コロナウイルスは、プラス鎖RNAウイルスですので同じではないですが、 エンベロープを持つという意味では共通です。 また、もう一つのワクチニアウイルスは、ポックスウイルス科のDNAウイルスですが、 エンベロープを持っているという意味では、新型コロナウイルスの構造に似ています。 乾燥条件:新型コロナウイルス消毒に最強なのはアルコール濃度40%~60% 上記の文献によると、 乾燥しているウイルスには、99.5%という超高濃度のエタノールは効果がないんですね。 この様な結果があるから、高濃度のアルコールの場合は、薄めて使うように言われているんですよね。 でも、意外だったのは、現在消毒に推奨されている70~80%エタノールが最強ではなく、それよりも 低い濃度の40~60%が最も効果があるという点です。 さらに、この文献の引用には、 乾燥喀痰中の結核菌の話になりますが、 50%エタノールが最強であったと書いてありました。 Smith, C. : Alcohol as a disinfectant against the tubercle bacillus. Public Health Rept. , 62: 1285-1295, 1949. アルコール濃度40%が最強!30%と70%での違いがない! 上では簡単に結論だけを見てきましたが、具体的な結果も見てみましょう。 モノの表面を消毒して 30秒くらい置くのなら、50%が良いという結果ですね。 逆に、短時間なら、 70-80%エタノールは効果が薄いってことですね。 さらに、データをみてみると、10秒感作では、40%が最強ですが、30%と50~70%に効果の差はありません。 30秒感作でも、30%と70%に差がありません。 医療機関での使用はできないとは思いますが、家庭における気休め程度の消毒なら、30%程度の商品でも、ある程度の効果を期待できるかもしれません。 ふき取る効果もありますし、界面活性剤など他の成分による効果も期待できますよね。 どうして消毒の推奨が70%以上のアルコールとなっているの? 70%アルコールは最強の濃度ではない 先の実験から、40%アルコールが、ウイルスの消毒に一番良いというかというとそうではありません。 40%が最強になる条件は、あくまでも 乾燥した検体に対する場合です。 含水の状態だと、より高濃度のアルコールが効果的です。 先の文献には、以下のようにまとめられていました。 現実には、被消毒物件に付着する微生物の種類及び含水状態の不明な場合が多いことから、あらゆる条件に対応するための便宜的な濃度として、70~80%の使用を否定するものではないが、この濃度は含水、乾燥いずれの条件下においても最強の殺ウイルス濃度ではないことを強調しておきたい。 kansensho. その日本薬局法によれば、この濃度になった理由の一つは、 皮膚に対する刺激や脱脂等の副作用を避けるためだそうです。 その日本薬局法で、アルコール濃度を70%に規定する根拠としてあげられた論文があるようです。 でも、その論文でも70%が最強となっていないようです。 上記の文献と同じで、さらに高濃度である90%エタノールの方がより効果があるという結果のようです。 つまり、副作用を無視できる条件なら、70%ではなく、より高濃度のアルコールの方が効果があるようです。 つまり、70%となっている理由は、以下のようなことを考えて決定されているようです。 副作用を避けるため• 乾燥条件下だと、40~50%が最強で、逆に、高濃度だと効果が薄い• 含水の条件では、高濃度の方が効果的• どのような条件で使うかわからないため、乾燥や含水のどちらでも効果があるようになっている 効果的な消毒は、対象の水分やウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要 つまり、本気で消毒を考えるなら、湿った喀痰などが付いている可能性があるモノの消毒なら、より高濃度の方が効果的だし、乾燥しているなら、40%で良いということになりますね。 先の文献にもあったように、「 効果的な消毒は対象の水分やウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要」になります。 まとめ アルコールが品薄の現在、家庭で 乾燥したドアの取っ手を拭くくらいなら、4 0%アルコールで良いということになりますね。 場合によっては、30%程度の商品でも良いかもしれません。 手指の消毒は、乾燥していれば、40%でも良さそうですが、含水の条件が多そうなので、厚労省の言うように、妥協しても60%アルコールを使った方が良いということになりそうです。 ただ、 最も重要なのは、手指の場合、石鹸での 手洗いです。 正しく手洗いすれば、アルコール消毒しなくてもコロナウイルスはなくなります。 アルコール消毒は、あくまでも洗えない時や補助的な役割と思った方が良さそうです。 スポンサードリンク•

次の

消毒用アルコールの濃度ってそれぞれどう違うの?コロナ対策に適切なものは?

アルコール 濃度 コロナ

新型コロナウイルス COVID-19 の特徴 アルコール濃度と新型コロナウイルスの関係を調べる前に、 コロナウイルスの特徴をみてみます。 なぜかというと、新型コロナウイルスに対して調べた研究は、当然、まだ発表されていません。 似たような構造をもつウイルスに対する研究が、新型コロナウイルスにも当てはまると考えられるからです。 新型コロナウイルスはプラス鎖一本鎖RNAウイルス まず、ウイルスが、どのような構造なのか見ていきます。 ウイルスには、DNAウイルスとRNAウイルスがあるのですが、新型コロナウイルスは、 RNAウイルスになります。 新型コロナウイルスは、 一本鎖プラス鎖RNAウイルスになります。 一本鎖マイナス鎖RNAウイルスと一本鎖プラス鎖RNAウイルスとは? ちなみに、プラス鎖のRNAウイルスは、中のRNAがそのまま使われて、ウイルスが増えていきます。 (もう少し詳しく書くと、ゲノムRNAがそのままmRNAとして使われるということです。 ) それに対して、マイナス鎖RNAウイルスの中のRNAは、そのまま、増えることはできません。 酵素によって、一度、プラス鎖になってから、増えていきます。 (こちらも、もう少し詳しく書くと、マイナス鎖のゲノムRNAは、mRNAとして機能できず、RNA依存性RNAポリメラーゼによって、いったんプラス鎖に転写されるということです。 ) 一本鎖プラス鎖RNAウイルスのなかま この一本鎖プラス鎖RNAウイルスには、ピコルナウイルス科のポリオウイルスやコクサッキーウイルス、A型肝炎ウイルス、カリシウイルス科のノロウイルス、トガウイスル科の風疹ウイルス、フラビウイルス科の黄熱ウイルス、デング熱ウイルス、ジカウイルス、西ナイルウイルス、C型肝炎ウイルスなど、多くの疾病の原因となるウイルスが含まれています。 ちなみに、インフルエンザウイルスは、麻疹ウイルス、エボラウイルス、狂犬病ウイルスなどと同じ一本鎖マイナス鎖RNAウイルスになります。 一本鎖プラス鎖RNAウイルスの構造 新型コロナウイルスのなかまの、一本鎖プラス鎖RNAウイルスは、 脂質二重膜のエンベロープの中に、プラス鎖の一本鎖RNAのゲノムがある構造をしています。 アルコールはエンベロープに作用する アルコールのウイルスに対する消毒作用は、濃度によって機序が違うようではあるのですが、70%程度だとウイルスのエンベロープを壊して失活させるようです。 ちなみに、インフルエンザウイルスなど一本鎖マイナス鎖RNAウイルスもエンベロープを持ちます。 エンベロープに作用する消毒方法なら、一緒にインフルエンザウイルスも消毒できることになります。 界面活性剤も、エンベロープに作用して消毒できると言われています。 新型コロナウイルスは、未知のウイルスではあるが、同種のウイルスに効果がある消毒方法なら有効の可能性 似たウイルスを失活させる効果があるのであれば、新型コロナウイルスが、よほど特殊な特徴を持つのでなければ、その消毒方法が有効と考えられます。 今回は、ウイルスに対してアルコール濃度がどのように作用するのかという文献をいくつか探してみました。 (面倒だったので、日本語のみで………) 厚労省:60%以上のアルコールでも手指消毒用に使用可 令和2年4月22日に、厚生労働省から都道府県に向けて、手指消毒用として、60%台のエタノールを使用しても差し支えない旨の事務連絡がありました。 hospital. その為の措置のようですが、実際に「60%台のアルコールでも有効性があると考えられる報告」があるようですね。 新型コロナウイルス消毒のためのアルコールは40%が最強か!(乾燥条件) アルコール濃度が高ければ高い方が良いわけではない 昭和56年という古い文献ですが、感染症学雑誌 第55巻に『アルコール類のウイルス不活化作用に関する研究 エタノール消毒における生体試料の影響』というのがありました。 この文献によると、 アルコール濃度が高ければ高い方が良いという訳ではないようですね。 この文献では、「効果的な消毒は、対象の水分やウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要」とまとめてありました。 乾燥血清中のウイルスには、高濃度のエタノールによる不活化効果は低く、99. 最も効果的な消毒が要求される場合には、被消毒物件の水分およびウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要と思われる。 kansensho. 新型コロナウイルスは、プラス鎖RNAウイルスですので同じではないですが、 エンベロープを持つという意味では共通です。 また、もう一つのワクチニアウイルスは、ポックスウイルス科のDNAウイルスですが、 エンベロープを持っているという意味では、新型コロナウイルスの構造に似ています。 乾燥条件:新型コロナウイルス消毒に最強なのはアルコール濃度40%~60% 上記の文献によると、 乾燥しているウイルスには、99.5%という超高濃度のエタノールは効果がないんですね。 この様な結果があるから、高濃度のアルコールの場合は、薄めて使うように言われているんですよね。 でも、意外だったのは、現在消毒に推奨されている70~80%エタノールが最強ではなく、それよりも 低い濃度の40~60%が最も効果があるという点です。 さらに、この文献の引用には、 乾燥喀痰中の結核菌の話になりますが、 50%エタノールが最強であったと書いてありました。 Smith, C. : Alcohol as a disinfectant against the tubercle bacillus. Public Health Rept. , 62: 1285-1295, 1949. アルコール濃度40%が最強!30%と70%での違いがない! 上では簡単に結論だけを見てきましたが、具体的な結果も見てみましょう。 モノの表面を消毒して 30秒くらい置くのなら、50%が良いという結果ですね。 逆に、短時間なら、 70-80%エタノールは効果が薄いってことですね。 さらに、データをみてみると、10秒感作では、40%が最強ですが、30%と50~70%に効果の差はありません。 30秒感作でも、30%と70%に差がありません。 医療機関での使用はできないとは思いますが、家庭における気休め程度の消毒なら、30%程度の商品でも、ある程度の効果を期待できるかもしれません。 ふき取る効果もありますし、界面活性剤など他の成分による効果も期待できますよね。 どうして消毒の推奨が70%以上のアルコールとなっているの? 70%アルコールは最強の濃度ではない 先の実験から、40%アルコールが、ウイルスの消毒に一番良いというかというとそうではありません。 40%が最強になる条件は、あくまでも 乾燥した検体に対する場合です。 含水の状態だと、より高濃度のアルコールが効果的です。 先の文献には、以下のようにまとめられていました。 現実には、被消毒物件に付着する微生物の種類及び含水状態の不明な場合が多いことから、あらゆる条件に対応するための便宜的な濃度として、70~80%の使用を否定するものではないが、この濃度は含水、乾燥いずれの条件下においても最強の殺ウイルス濃度ではないことを強調しておきたい。 kansensho. その日本薬局法によれば、この濃度になった理由の一つは、 皮膚に対する刺激や脱脂等の副作用を避けるためだそうです。 その日本薬局法で、アルコール濃度を70%に規定する根拠としてあげられた論文があるようです。 でも、その論文でも70%が最強となっていないようです。 上記の文献と同じで、さらに高濃度である90%エタノールの方がより効果があるという結果のようです。 つまり、副作用を無視できる条件なら、70%ではなく、より高濃度のアルコールの方が効果があるようです。 つまり、70%となっている理由は、以下のようなことを考えて決定されているようです。 副作用を避けるため• 乾燥条件下だと、40~50%が最強で、逆に、高濃度だと効果が薄い• 含水の条件では、高濃度の方が効果的• どのような条件で使うかわからないため、乾燥や含水のどちらでも効果があるようになっている 効果的な消毒は、対象の水分やウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要 つまり、本気で消毒を考えるなら、湿った喀痰などが付いている可能性があるモノの消毒なら、より高濃度の方が効果的だし、乾燥しているなら、40%で良いということになりますね。 先の文献にもあったように、「 効果的な消毒は対象の水分やウイルスの種類に応じたエタノール濃度の選択が必要」になります。 まとめ アルコールが品薄の現在、家庭で 乾燥したドアの取っ手を拭くくらいなら、4 0%アルコールで良いということになりますね。 場合によっては、30%程度の商品でも良いかもしれません。 手指の消毒は、乾燥していれば、40%でも良さそうですが、含水の条件が多そうなので、厚労省の言うように、妥協しても60%アルコールを使った方が良いということになりそうです。 ただ、 最も重要なのは、手指の場合、石鹸での 手洗いです。 正しく手洗いすれば、アルコール消毒しなくてもコロナウイルスはなくなります。 アルコール消毒は、あくまでも洗えない時や補助的な役割と思った方が良さそうです。 スポンサードリンク•

次の