村田 製作所 株価。 村田製作所 (6981) : 個人投資家の株価予想 [Murata Manufacturing]

村田製作所の株価暴落はいつまで続くのか

村田 製作所 株価

電子部品を主力とする企業では世界トップクラス。 セラミックコンデンサーが主柱。 原料からのセラミック技術に強み。 TOPIXcore30の一社。 国内ではなく海外の売上構成比率が高い企業で、海外・世界の景気の影響を受けやすい。 経常利益の推移 2020年の予想は現時点では不明。 2016年:2,791 億円 2017年:2,004 億円 2018年:1,678 億円 2019年:2,673 億円 2020年:- コロナショックによる世界的なリセッションで今期は大幅減と思われます。 しかし、影響は一時的であり、他の大手と比較しても回復が早いと予想します。 財務状況 自己資本比率:78. 72円 流動比率:359. 村田製作所の株主優待 村田製作所の株主優待は特にありません。 村田製作所の今後 村田製作所は高い海外売上比率が特徴です。 そして、高い営業利益率(24. 8%)に注目です。 コロナショックによる影響で世界的な需要が減少していますが、コロナウィルスが落ち着いた後に業績が改善できるかどうか?が重要課題です。 ここで考えたいのが、コロナウィルスの感染者のピークを「抑える」か「抑えられない」かです。 参照: 1918年の「スペインかぜ」でフィラデルフィアは感染者数を抑えることができませんでしたが、セントルイスでは感染者数のピークを減らす「抑える」ことに成功しました。 その後、フィラデルフィアの感染者数は減少、経済の立て直しは比較的短期間でした。 しかし、セントルイスでは感染者数は少なかったものの、長期間の不況に陥りました。 日本と海外を比較した時、日本が行っている対策は長期間の不況を受け入れるものです。 海外の売上比率が高い企業は早い段階で回復が見込めます。 まとめ 村田製作所は高い海外売上比率と高い営業利益、そして、製品の高いシェア率を誇ります。 日本と海外を比較しても、海外の経済回復の方がスピードが上です。 村田製作所の株は買い時と言えます。

次の

村田製作所の株価暴落はいつまで続くのか

村田 製作所 株価

村田製作所の2020年3月期営業利益は5. 1%減の2532億円となった。 通期は13. 8%減の2300億円を計画しており、計画を232億円上回った。 カーエレクトロニクスや5G基地局向けに積層セラミックコンデンサが増加した一方、スマートフォン向けで樹脂多層基板や積層セラミックコンデンサ、リチウムイオン二次電池が減少。 為替なども影響し減益となった。 2021年3月期は17. 1%減の2100億円を計画する。 新型コロナウイルスの影響による電子部品需要の落ち込みや製品価格の値下がり、設備投資による減価償却費の増加などが影響する見通し。 設備投資は全体で2000億円を計画する。 業績予想の前提として新型コロナの影響は、上期中に収束し、下期から需要が回復に向かうこと。 生産拠点で新たに新型コロナを原因とした生産活動の停止を見込んでいないこととしている。 村田製作所の株価は198円高の6019円で推移している。 村田製作所は触覚技術開発のミライセンスを買収すると報じられた。 ミライセンスは世界初の「錯触力覚発生技術」を発明した企業で、3D触覚技術に優れている。 触覚デバイスから伝わる刺激で、脳内に錯覚を発生させ、腕が浮くようなリアクションや、いろいろな触った感覚を体感することが出来る。 力覚・圧覚・触覚を組み合わせた「三原触」で人の感じるどのような感覚も表現できるという。 村田はVRゲームのコントローラー開発から始め、ロボットや建機などの遠隔操作で実際の操作感を味わえる分野でも利用を検討する。 「触覚デバイス(ハプティック)」関連 6594 日本電産 6770 アルプスアルパイン 6971 京セラ 6981 村田製作所 8068 菱洋エレクトロ• 米通信機器のレゾナントへ9%出資した。 レゾナントの周波数選別技術「XBAR(エックスバー)」を使うことで、5G通信に使う電波を高精度に捉えることが出来るため、5Gに対応する通信部品を開発する。 村田は周波数フィルターが得意だが、5Gではこれまで使われていない高周波数帯域の電波への対応が必要で、開発を急ぎ、2022年には量産を開始し、24年には年100億円から200億円の事業に育てる。 5Gではこれまで使われていない高周波数帯域の電波への対応が必要で、2022年には量産を開始し、24年には年100億円から200億円の事業に育てる。 出資額は7000万ドルと多くないが、「XBAR(エックスバー)」技術はこれまで高精度を実現できなかった村田の技術を補完する。 またRFID(無線タグ)では、金属物であれば通信距離を2倍に伸ばす製品を開発したほか、40倍の超小型製品も試作している。

次の

村田製作所 (6981) : 株価/予想・目標株価 [Murata Manufacturing]

村田 製作所 株価

村田製作所のみんかぶ目標株価は「6,456円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 5,879円 、証券アナリストによる予想では【強気買い】 予想株価 7,327円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 5,142円 と判断されています。 村田製作所は、【コンデンサー、セラミックコンデンサー、iPhone関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の