タチフサグマ 考察。 【詰めポケカ】ヤミラミV/ガラルタチフサグマデッキ!1ターン詰め【ポケカ】

【ハイパーリーグ】タチフサグマにほしのすなをつぎ込む価値はある?みんなの評価

タチフサグマ 考察

目 次• 詰めポケカとは? 元々は『詰将棋』から名前を取っています。 詰将棋というのは、駒が配置された将棋の局面から王手の連続で相手の玉将を詰めるパズルで、指し将棋の終盤力を磨くための練習問題として位置づけられているものです wikipedia参照 ようするに、すでに決められた盤面・駒の配置から相手を詰ませて勝つ方法を見つけるパズルということですね。 相手のバトル場には 《ドラパルトVMAX》、そしてこちらのバトル場には 《ヤミラミV》、ベンチには 《ガラルジグザグマ》がいます。 では、この番で相手の 《ドラパルトVMAX》を倒して、サイドを3枚取り切って下さい。 キーカード 今回のキーカードは 《ドラパルトVMAX》、 《ガラルタチフサグマ》《イベルタルGX》となります。 回答! それではここからはこの盤面の回答となります。 ポケモン通信を使う ポケモン通信でイベルタルGXを持ってくる! この盤面、ぱっと見だと、 《ガラルタチフサグマ》の進化して、特性 「あらくれシャウト」で 《ドラパルトVMAX》にダメカンを3個乗せる。 《ビート》で 《ヤミラミV》にエネ加速して、 「マッドネイル」で攻撃! といけるように思えますが、それができないような手札、山札となっています。 そう考えたうえで改めて見直すと、 《ガラルタチフサグマ》の特性でダメカンを乗せると、ダメカンは合計4個、そして山札には 《イベルタルGX》がいます。 つまり、今回は《イベルタルGX》でサイドを取っていくことになります! そのためにもまずは、 《ポケモン通信》で 《ガラルタチフサグマ》を戻して、 《イベルタルGX》を手札に持ってきましょう。 そのままベンチに出して悪エネを貼ります。

次の

【詰めポケカ】ヤミラミV/ガラルタチフサグマデッキ!1ターン詰め【ポケカ】

タチフサグマ 考察

目 次• 詰めポケカとは? 元々は『詰将棋』から名前を取っています。 詰将棋というのは、駒が配置された将棋の局面から王手の連続で相手の玉将を詰めるパズルで、指し将棋の終盤力を磨くための練習問題として位置づけられているものです wikipedia参照 ようするに、すでに決められた盤面・駒の配置から相手を詰ませて勝つ方法を見つけるパズルということですね。 相手のバトル場には 《ドラパルトVMAX》、そしてこちらのバトル場には 《ヤミラミV》、ベンチには 《ガラルジグザグマ》がいます。 では、この番で相手の 《ドラパルトVMAX》を倒して、サイドを3枚取り切って下さい。 キーカード 今回のキーカードは 《ドラパルトVMAX》、 《ガラルタチフサグマ》《イベルタルGX》となります。 回答! それではここからはこの盤面の回答となります。 ポケモン通信を使う ポケモン通信でイベルタルGXを持ってくる! この盤面、ぱっと見だと、 《ガラルタチフサグマ》の進化して、特性 「あらくれシャウト」で 《ドラパルトVMAX》にダメカンを3個乗せる。 《ビート》で 《ヤミラミV》にエネ加速して、 「マッドネイル」で攻撃! といけるように思えますが、それができないような手札、山札となっています。 そう考えたうえで改めて見直すと、 《ガラルタチフサグマ》の特性でダメカンを乗せると、ダメカンは合計4個、そして山札には 《イベルタルGX》がいます。 つまり、今回は《イベルタルGX》でサイドを取っていくことになります! そのためにもまずは、 《ポケモン通信》で 《ガラルタチフサグマ》を戻して、 《イベルタルGX》を手札に持ってきましょう。 そのままベンチに出して悪エネを貼ります。

次の

【デッキ紹介】ガラルタチフサグマ【草案】|ななやま|note

タチフサグマ 考察

目 次• 詰めポケカとは? 元々は『詰将棋』から名前を取っています。 詰将棋というのは、駒が配置された将棋の局面から王手の連続で相手の玉将を詰めるパズルで、指し将棋の終盤力を磨くための練習問題として位置づけられているものです wikipedia参照 ようするに、すでに決められた盤面・駒の配置から相手を詰ませて勝つ方法を見つけるパズルということですね。 相手のバトル場には 《ドラパルトVMAX》、そしてこちらのバトル場には 《ヤミラミV》、ベンチには 《ガラルジグザグマ》がいます。 では、この番で相手の 《ドラパルトVMAX》を倒して、サイドを3枚取り切って下さい。 キーカード 今回のキーカードは 《ドラパルトVMAX》、 《ガラルタチフサグマ》《イベルタルGX》となります。 回答! それではここからはこの盤面の回答となります。 ポケモン通信を使う ポケモン通信でイベルタルGXを持ってくる! この盤面、ぱっと見だと、 《ガラルタチフサグマ》の進化して、特性 「あらくれシャウト」で 《ドラパルトVMAX》にダメカンを3個乗せる。 《ビート》で 《ヤミラミV》にエネ加速して、 「マッドネイル」で攻撃! といけるように思えますが、それができないような手札、山札となっています。 そう考えたうえで改めて見直すと、 《ガラルタチフサグマ》の特性でダメカンを乗せると、ダメカンは合計4個、そして山札には 《イベルタルGX》がいます。 つまり、今回は《イベルタルGX》でサイドを取っていくことになります! そのためにもまずは、 《ポケモン通信》で 《ガラルタチフサグマ》を戻して、 《イベルタルGX》を手札に持ってきましょう。 そのままベンチに出して悪エネを貼ります。

次の