マラソン マスク。 参加賞Tシャツでマスクを作ってみた話~バフと比較

バフをマスク代わりに走ってみた話

マラソン マスク

体育の授業で 長距離走などをしていた生徒が急死する事故が3件相次いだそうです。 (体育の授業で長距離走、子を持つランナーとして非常にやるせない事故です。 ) いずれもマスクをつけていたということで、中には、「N95」と呼ばれる医療用の高性能マスクをつけていた生徒もいたということです。 中国の専門家の話として、N95マスクを長い時間つけていると呼吸に影響があり、これをつけて激しい運動をしないほうがよいと指摘する一方で、 安全な距離を保てるのであればマスクをしなくてもよい、と伝えているようです。 中国の地方政府の中には、すでに体育の授業ではマスクを着用しないよう求めるなど対応に乗り出すところも出ているようです。 ランニング中のマスク論争 日本でも4月上旬にベルギーとオランダの共同研究の論文が話題になりました。 出典元:GIGAZINE 人の後ろを歩く際は4~5メートル、自転車は10メートル離れる必要ありと新型コロナウイルス感染対策の新たな論文で指摘されるといったものです。 4月末時点で学会の査読を経たものではないようです。 ランニング中のマスク論争については以前からブログに書いていますが、「みやすのんき」さんのnoteの記事がとてもまとまっているとわたしは思っています。 (ど素人が偉そうにすみません) みやすさんのFacebook、Twitterから入るとすぐに見られます。 わたし自身は科学的根拠としては、今ある情報の中でみやすさんの書いていることにど素人ながら、賛同している部分があります。 ただ科学的根拠は置いておいて、世の中が「マスクをつけて走る」というのがエチケットであるとしている以上、現在はマスクをつけて走っています。 学会の査読を経たものではなく、感染症学などの医療研究が含まれたものではない空気力学の専門家がおこなった研究の論文が、世の中の常識となりエチケットとなっているのです。 しかしながら、マスクをしないランナーさんに不快感や怒りを感じるランナーさん、不安を感じる非ランナーさんがいる以上、現在はマスクをつけて走るようにしています。 「富土通(フドツウ)さん、見ました?昨日のニュース!」 「ランニングするときは 100m離して走らないと駄目みたいですよ!」 100m・・・・ (えっ、10mじゃないの?) って こんな風に情報って正否にかかわらず 伝わっていってしまうのだな~ そして仮に「否」であったとしても大衆が賛成すれば、それが「正」となるということを つくづく感じました。 【記事:芋太郎ブログ富土通 フドツウ 】.

次の

ランニング用マスクの人気おすすめ5選とその効果について徹底解説!

マラソン マスク

体育の授業で 長距離走などをしていた生徒が急死する事故が3件相次いだそうです。 (体育の授業で長距離走、子を持つランナーとして非常にやるせない事故です。 ) いずれもマスクをつけていたということで、中には、「N95」と呼ばれる医療用の高性能マスクをつけていた生徒もいたということです。 中国の専門家の話として、N95マスクを長い時間つけていると呼吸に影響があり、これをつけて激しい運動をしないほうがよいと指摘する一方で、 安全な距離を保てるのであればマスクをしなくてもよい、と伝えているようです。 中国の地方政府の中には、すでに体育の授業ではマスクを着用しないよう求めるなど対応に乗り出すところも出ているようです。 ランニング中のマスク論争 日本でも4月上旬にベルギーとオランダの共同研究の論文が話題になりました。 出典元:GIGAZINE 人の後ろを歩く際は4~5メートル、自転車は10メートル離れる必要ありと新型コロナウイルス感染対策の新たな論文で指摘されるといったものです。 4月末時点で学会の査読を経たものではないようです。 ランニング中のマスク論争については以前からブログに書いていますが、「みやすのんき」さんのnoteの記事がとてもまとまっているとわたしは思っています。 (ど素人が偉そうにすみません) みやすさんのFacebook、Twitterから入るとすぐに見られます。 わたし自身は科学的根拠としては、今ある情報の中でみやすさんの書いていることにど素人ながら、賛同している部分があります。 ただ科学的根拠は置いておいて、世の中が「マスクをつけて走る」というのがエチケットであるとしている以上、現在はマスクをつけて走っています。 学会の査読を経たものではなく、感染症学などの医療研究が含まれたものではない空気力学の専門家がおこなった研究の論文が、世の中の常識となりエチケットとなっているのです。 しかしながら、マスクをしないランナーさんに不快感や怒りを感じるランナーさん、不安を感じる非ランナーさんがいる以上、現在はマスクをつけて走るようにしています。 「富土通(フドツウ)さん、見ました?昨日のニュース!」 「ランニングするときは 100m離して走らないと駄目みたいですよ!」 100m・・・・ (えっ、10mじゃないの?) って こんな風に情報って正否にかかわらず 伝わっていってしまうのだな~ そして仮に「否」であったとしても大衆が賛成すれば、それが「正」となるということを つくづく感じました。 【記事:芋太郎ブログ富土通 フドツウ 】.

次の

山中教授、ジョギング中のマスクなど着用提案「走って大きな息をするとウイルスをまき散らす」可能性(ENCOUNT)

マラソン マスク

ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が、新型コロナウイルスの感染防止対策として、運動中の「ジョギングエチケット」を呼びかけている。 長引く外出自粛生活の中で、運動不足の解消は重要なテーマでもあり、屋外でのジョギングや散歩の際にも、一定の配慮が求められそうだ。 山中教授は、新型コロナウイルスに関する情報発信のホームページを開設、国内外の論文やデータなどさまざまな観点の情報を提供している。 HPで、「新型コロナウイルスへの対策は長いマラソンです。 自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守りましょう」と一致団結を訴え、自身の提言もまとめている。 現在、各地の公園などで人々がジョギングやスポーツに取り組む姿が見られる一方で、公園に多くの人が集まることで密集度合いに懸念の声も上がっている。 自身もマラソン愛好家の山中教授は、16日にYouTubeに動画を投稿。 「新型コロナウイルスに感染しても多くの人に症状は出ません。 感染していてもジョギングをするぐらいの方がたくさんいます。 走って大きな息をすると、もしかしたら周りにウイルスをまき散らしているかもしれません」と指摘し、エチケットとして走る時もマスクを着用することを推奨。 「バフ」と呼ばれる布で口元を覆うこともエチケットの一つに挙げた。 山中教授は「みんなで正しい行動を粘り強く続けると、ウイルスもきっと勢いを失うと思います」と呼びかけた。 山中教授はHPで、ベルギー・オランダの研究報告についても紹介。 社会的距離について同じ方向で一列にいるような状況では、ウオーキングでは4メートル、ジョギングでは10メートル、自転車では20メートル以上の距離を空けることを示唆する内容を伝えている。 ENCOUNT編集部.

次の