左 肋骨 下 痛み チクチク。 左の肋骨が痛い原因は?チクチクする痛みは内臓の病気?

右と左腹痛の原因と病気!チクチク鈍痛と下痢や便秘と熱の症状の対処法

左 肋骨 下 痛み チクチク

あなたは、 あばら骨(肋骨)の下が痛いということを経験したことがあるでしょうか? あばらには肋骨という正式名称があります。 肺や心臓を守るとても大事な骨のことです。 あばらの下が痛いと言っても、筋肉の場合も、骨の場合も、内臓による場合もあります。 それぞれ簡単に説明していきますので、あなたがこれまで経験した肋骨の痛みと照らし合わせて、何が原因だったのか? 少しでもヒントになれば幸いです。 筋肉や骨の問題で、ろっ骨の下に痛みが出ている場合には、外傷性の影響が強いと考えられます。 例えば、何か固いものがぶつかったり、大量に咳きこんだりしなければ、あばらの下に痛みが出ることは少ないのです。 内臓の場合には、• 胆のう• 大腸 などが代表的なところです。 って、全部じゃんと感じてしまうかも知れませんが、肋骨に隣接している臓器というのは、これだけ多いということです。 あなたが、経験してきた肋骨の痛みは、どれに近い感じでしょうか? もしかしたら、あなたは、内臓の問題の可能性を考えると、何かの病気の心配をしてしまうかもしれませんね。 しかし、内臓による影響だとしても、かなり強い痛み(救急搬送が必要なほど)でなければ、それほど心配は必要ありません。 特に多いのが、チクチク痛む場合や、グサッと何かが刺さるような痛みが出る場合です。 この種類の痛みに、恐れを抱く人は非常に多いのですが、実は、このように何かが刺さるような痛みは、冷えによることが多いんです。 もちろん、グサッと刺さる痛みを感じると同時に倒れてしまったり、気を失ったりした場合は、即救急搬送が必要になりますので、ここで説明しているのは、痛みを感じるが、姿勢が大きく変わるようなことがない程度の痛みとして読み込んでくださいね。 内臓の冷えの原因には、• 冷たい物の飲食のし過ぎ• 呼吸量の低下• 腹部の運動不足 が、多くを占めます。 1の場合は、直接内臓を冷やした結果起きる場合ですが、 2と3は、運動量が落ちたことにより、血流不足となり、 新陳代謝が低下することにより冷えてしまったもの。 その影響が、もろに出やすい臓器は、• 胆のう• 大腸 などになります。 特に肝臓が弱くなると、病気になりやすく、治りにくいということがあります。 しかも、痛みを発しやすい臓器でもありますので、可能性がある場合には、こちらを参考にしてください。 ストレスが強く、緊張状態が続いた場合には、• 胆のう の影響で出ることがあります。 甘い物や炭水化物を取り過ぎている場合には、• 胆のう これらの影響で出ることがあります。 どの内臓の影響だとしても、肋骨の下の痛みを改善させる方法は、それほど多くありません。 痛みの出ない範囲で、• 腹部の運動量を上げて行く• 呼吸量を上げる• 温かい物を飲食する• 患部に温めるタイプの軟膏(サロメチールなど)を塗る このような改善策で、ほとんどの肋骨の下の痛みは、改善させていくことが可能になります。 ただし、自律神経の乱れによって、起こっている痛みの場合には、さらにいろいろな要因を考えなければなりません。 自律神経の可能性が考えられる場合には、こちらを参考にしてみてください。 もちろん、あぶら汗が出るほどの激痛がある場合には、即座に病院で検査を受けてください。 検査の結果、骨や内臓の異常がみられることもあるでしょう。 西洋医学で、異常を見つけられた場合には、適切な対処をしていただけるはずですので、医師の指示に従ってください。 異常は言われたが、適切な説明がない場合には、痛みの原因を無理やり作ってしまっている場合もありますので、細かく突っ込んで質問攻めにする必要もあるかもしれません。 その結果、その意思が信頼できる先生なのか、どうなのかということが理解できると思います。 病院で、骨にも内臓にも異常が見られない場合には、上記で説明してきた対処が、効果的になってきますので、覚えておくといいでしょう。

次の

【総まとめ】左肋骨の下の痛みが気になる!おさえておきたい7つの原因

左 肋骨 下 痛み チクチク

40歳女性です。 今までに体験したことのない痛みで困っています。 一昨日の夕方、仕事が終わって、ハァ〜疲れたという気持ちで胸を少し張った感じで深呼吸をしたら左の乳房の左すぐ下の肋骨付近に強い鈍痛がいきなり起こりました。 それ以来大きく息を吸ったり、体を後ろに反らし気味にしたりするとかなり強い鈍痛が起こります。 例えると、この場所を強打したらこんな痛みが残るのかなあと思うような痛みです。 チクチクとかズキズキは全くしないです。 激痛ではないですが、先ほどくしゃみが出たら、その時は激痛で、しばらく動きが止まってしまうほどでした。 くしゃみが怖いです...。 このような痛みを経験したことのある方はいらっしゃいますか?くしゃみの時以外は激痛ではないので、とりあえず様子を見ようと思っていますが、もし続くようだったら何科の病院に行くのが良いのでしょうか? ちょっと心配になってきています。 ユーザーID: 2982295509 同じような事が数年前にありました。 朝、起きたら左胸下部分の肋骨に激痛が走り。 強打した憶えも無いし… 激痛のため、呼吸するのにも一困難。 本当に焦りました。 痛みが乳房ではなかったので乳癌ではないと自分では察しましたが… 今まで経験した事のない激痛だったので、とりあえず掛かり付けの内科へ。 症状を医師に説明したら… 「肋間神経痛ですね。 」 と言われました。 原因は不明です。 私もビックリしました。 で、「湿布を出しておきますね〜」との事で湿布を貰って帰宅しました。 痛みは一週間弱続いたかな? トピ主さんも心配ですね(汗) 兎に角、掛かり付けの病院(とりあえず内科?)で早急に受診してください。 お大事にどうぞ。 ユーザーID: 8290774722• 健康ランキング• あったあった.

次の

【総まとめ】左肋骨の下の痛みが気になる!おさえておきたい7つの原因

左 肋骨 下 痛み チクチク

胃潰瘍 主にストレスが原因となって発症する胃潰瘍は、左肋骨下が痛くなる病気です。 胃の粘膜が胃酸によって傷つき潰瘍ができるのですが、放置しておくと胃の中に穴が開いてしまうこともあります。 特徴的な症状としては、食中・食後に起こる痛み、血便といったものがあります。 胃の中にピロリ菌があると発症確率が上がることも解っています。 ピロリ菌による胃潰瘍の場合には、特段ストレスを感じていなくても発症することがあり、検査によってピロリ菌が見つかった場合には健康であっても除菌を行なったほうが良いでしょう。 胃潰瘍は若い年代でも発症することがありますので、左肋骨の下が痛むのに「若いから大丈夫!」といって検査を先延ばしにしていると、最終的には胃がんに進行することもありますので注意しましょう。 急性膵炎 膵臓は、体の中心から少し左寄りにある臓器です。 食べたものを消化・分解するための酵素を分泌する臓器なのですが、様々な要因で消化が上手くいかなくなると膵臓が酵素で溶かされてしまい炎症を起こし、急性膵炎となります。 急性膵炎になる原因としては過剰なアルコール摂取や胆石によるものが多く、次に脂質異常症の人も注意が必要なようです。 急性膵炎になると肋骨左下の痛みをはじめとして、お腹や背中の広範囲に痛みが出て、下痢やおう吐などの症状が見られます。 急性膵炎には、すぐに治る軽度のものと、多臓器不全となり死にも繋がる重篤なものがあります。 気づかぬうちに症状が進むと、ショック状態から意識を失うこともある恐ろしい病気です。 急性膵炎かもしれないと感じたら、すぐに病院へ行きましょう。 膵臓がん 肋骨下左側に痛みが出た場合、一番怖いのがこの膵臓がんです。 膵臓がんは自覚症状がほとんどなく、痛みが出てから発見しても手遅れになるケースが多いのが特徴です。 自覚症状がないのに進行が早く、完治の確率は他の早期発見・治療が可能ながんよりもかなり下がります。 膵臓がんは50代以上の年代に多いのですが、この年代だと肋骨の痛みは肋間神経痛と自己判断してしまうこともあります。 肋骨の下左側に痛みを感じたら、自己診断はせずにすぐに病院で検査を受けましょう。 がんは早期発見・早期治療が一番大切です。 肋骨の骨折 若い女性の中でも近年増えているのが肋骨の骨折です。 骨折した箇所により痛む場所は変わります。 骨が弱くなっている骨粗しょう症の高齢女性に多いと思いがちですが、過剰なダイエットで骨がスカスカになってしまっている若い女性でも多く見られます。 骨が弱くなっていると、くしゃみや咳などの軽い衝撃でも簡単に折れてしまうのが肋骨です。 肋骨が骨折した場合には、病院で胸部を固定してもらい安静にすることで1~2か月程度で完治します。 一度弱くなった骨を丈夫にするのは難しいのですが、年齢が若ければあきらめずに栄養のある食事と適度な運動で骨密度を高めていきましょう。 便秘 たかが便秘、と侮ってはいけません。 大腸の健康は体全体の健康に繋がります。 おなかの左側には大腸の終わりとなる部分が存在しているのですが、そこに固くなった便が留まることで痛みが起こります。 便秘によって発生したガスなどでさらに圧迫され、痛みが徐々に強くなっていくこともあります。 便秘の痛みは、便を排出することでおさまります。 食物繊維、良質なオイル、適度な運動で便秘を解消させましょう。 毎朝目が覚めたら、ベットの上でおなかをマッサージするのも効果的ですよ。 まとめ 肋骨や胸、おなかの痛みは時々出るものですが、痛みが長時間に及ぶ、微熱が続いて吐き気や下痢などの症状があるといった場合には躊躇わずすぐに病院へ行きましょう。 自分の体のことはつい軽く考えがちになりますが、自分の体が出すサインにきちんと耳を傾け、対処していきましょう。

次の