女子 ワールド カップ 2019。 終盤のPKでオランダに1

2019 FIFA女子ワールドカップ

女子 ワールド カップ 2019

女子アジアカップ2018で優勝!女子W杯出場決定?なでしこジャパン復活へ 2018年4月ヨルダンで行われた 女子アジアカップで、 なでしこジャパンは見事に優勝しました。 女子ワールドカップ2019の予選も兼ねており、同時に出場権も勝ち取りました。 なでしこジャパンは予選グループBに入り、非常に厳しいグループでしたが、なんとか勝ち上がり優勝しています。 予選グループは下記の通りでした。 【グループA】 1. 中国 2. タイ 3. フィリピン 4. ヨルダン 【グループB】 1. オーストラリア 2. 日本 3. 韓国 4. ベトナム 予選グループで日本はベトナムに4対0で勝利、その後、韓国と0対0、オーストラリアと1対1と1勝2分でした。 オーストラリア、日本、韓国が1勝2分で並び、得失点差でも日本と韓国が並んだ為、総得点の多い日本が2位になりました。 これで8大会連続の女子ワールドカップへの出場が決定しました。 準決勝は中国に3対1で勝利し、続く決勝ではオーストラリアに1対0と勝利しました。 FW 横山久美選手が、決勝戦ではスーパーゴールを決め、通算でも4得点と大活躍しました。 女子ワールドカップ2019のメンバーは?INAC神戸や日テレベレーザが多い! 女子ワールドカップ2019のメンバーはどうなるのでしょうか。 女子アジアカップ2018のメンバーがベースになるのではないでしょうか。 女子アジアカップのメンバーは下記となっています。 前回大会2015年は、 澤穂希選手や 宮間あや選手といった核になる選手がいました。 今回はどの選手が核になるのでしょうか。 アジアカップではベテランの川澄奈穂美選手を召集しました。 本番では、2015年ワールドカップも経験するCB 熊谷紗希選手やエースFW 岩渕真奈選手が核となって、活躍することに期待します。 2019年2月27日~3月5日アメリカ遠征!なでしこジャパン強豪と対戦 2019年2月27日から3月5日、なでしこジャパンは2019SheBelieves Cupに挑みました。 強豪アメリカ代表、ブラジル代表、イングランド代表との対戦です。 今回のメンバーは下記となっています。 先発メンバーには今回、代表初キャップとなるMF 松原有沙選手、FW 小林里歌子選手が名を連ねました。 なでしこジャパンは 中島依美選手、 籾木結花選手がゴールを挙げて、2対2の引き分けで初戦を終えました。 続く第2戦は、ブラジル代表との対戦です。 この試合でも、代表初キャップとなる選手を起用、 南萌華選手、 宮川麻都選手がスターティングメンバーに入りました。 なでしこジャパンは、 籾木結花選手、 小林里歌子選手、 長谷川唯選手がゴールを決めて、3対1と見事勝利しました。 最終戦は、優勝をかけ、イングランド代表と対戦です。 イングランド代表はワールドカップでも対戦する相手ですので負けられない戦いです。 しかしながら、結果は0対3の敗戦に終わりました。 なでしこジャパンは同大会を3位で終え、優勝はイングランド代表となりました。 新戦力を試すことができたので、非常に有意義な大会だったと思います。 2019年4月1日~11日ヨーロッパ遠征!なでしこはフランス・ドイツと対戦 2019年4月1日から11日、なでしこジャパンはヨーロッパ遠征を行いました。 ワールドカップ前に、ヨーロッパの強豪、フランス代表とドイツ代表と対戦する非常に貴重な遠征です。 今回のメンバーは下記となっています。 来場者15,379人と、18,000人収容のスタジアムがほぼ満席状態です。 試合はフランス代表に先制されますが、 小林里歌子選手が同点ゴールを挙げます。 しかしながら、そのフランス代表に2点を決められ、試合は1対3で敗れてしまいました。 フランス代表の素早いサイド攻撃に手を焼き、押し込まれた形が続く試合となりましたが、非常に良い経験ができた試合だったと思います。 第2戦はドイツ代表との対戦です。 フランス代表との試合内容を反省し、試合に臨みます。 なでしこジャパンは、 長谷川唯選手が先制点を決め、追いつかれた後、 横山久美選手が得点を挙げ、非常に良い流れでしたが、ミスから失点し、2対2の引き分けに終わりました。 さあ、次はいよいよワールドカップメンバー発表です。 女子ワールドカップ2019組み合わせ決定!予選グループ突破へ 楽天で購入 女子ワールドカップ2019の組み合わせが決定しました。 なでしこジャパンはポット1のシードには入れませんでしたが、比較的恵まれた組み合わせになったでしょうか。 組み合わせは下記となっています。 ランキングで、アメリカの1位は変わりませんが、ヨーロッパの国々が非常に力をつけています。 厳しい戦いが続きますが、まずはグループリーグを突破し、優勝に向けて頑張って欲しいと思います。 女子ワールドカップ・フランス大会メンバー発表!なでしこジャパンは? 2019年5月10日女子ワールドカップ・フランス大会に出場するなでしこジャパンのメンバーが発表されました。 これまで、いろいろなメンバーを試す中で、高倉麻子監督が選んだメンバーです。 ベテランと若手が融合し、特に若手選手が大会を通じて成長し、躍進することを期待したいです。 キャプテンは 熊谷紗希選手が務めます。 優勝を目指して頑張って欲しいと思います。 第1戦アルゼンチンと対戦!堅守を崩せず引き分けに?次戦勝利が必須 女子ワールドカップ・フランス大会がいよいよ開幕しました。 日本代表は、過去の対戦で相性の良い、女子ワールドカップ未勝利のアルゼンチン代表と対戦しました。 先発メンバーとフォーメーションは下記となりました。 日本代表の不安は、けが人が多いことです。 日本代表は立ち上がりから、攻撃的に行きますが、全員で引いて守るアルゼンチン代表の守備網を崩すことができません。 グループ内で格下のアルゼンチン代表なだけに、何としても勝利が欲しい試合でしたが、結局得点を奪えずスコアレスドローとなりました。 次戦はグループリーグ突破に向けて勝利が必須条件になります。 第2戦スコットランド代表に勝利!勝ち点3をゲットしグルーリーグ突破へ前進 日本代表は第2戦、スコットランド代表と対戦しました。 先発メンバーは第3戦から3人を入れ替えて臨みます。 勝たないといけないというプレッシャーの中、日本代表は積極的に攻撃を仕掛けます。 前半23分、岩渕真奈選手が中央付近でパスを受けると、目の覚めるような先制点をスコットランドゴールに突き刺します。 男子並みのキック力を誇る、岩渕真奈選手の特徴がでたのではないでしょうか。 さらに、前半37分、菅澤優衣香選手がPKを獲得、自ら決めて2対0とリードします。 その後、後半終了間際に、不用意なパスミスからスコットランド代表に得点を奪われますが、 2対1で逃げ切り、初勝利を挙げました。 第3戦は、グループ内最大のライバル、イングランド代表と対戦します。 イングランド代表は2連勝で、既にグルーリーグ1位突破を決めており、日本代表は引き分け以上でグルーリーグ突破となります。 安心はできませんが、グルーリーグ突破へ向けて好条件が揃っています。 第3戦イングランド代表に敗れるもグループリーグ突破!2位に 女子ワールドカップ第3戦、日本代表はイングランド代表と対戦しました。 FIFAランク3位の強豪です。 先発メンバーは下記となりました。 攻撃的な布陣で臨むものの、相性の悪いイングランド代表との対戦は、あまり良いところがなく0対2で敗れてしまいました。 さあ、次はいよいよ決勝トーナメントです。 決勝トーナメント初戦の相手は、オランダ代表に決まりました。 オランダ代表はグループEを首位通過しています。 FIFAランクは8位と、7位の日本代表が上のランクとなります。 ここから勢いに乗ることができるでしょうか。

次の

ワールドカップバレー2019

女子 ワールド カップ 2019

この記事は サッカーに関して将来予定されるイベントを扱っています。 内容は最新の情報を反映していない可能性があります。 ( 2015年4月) 2023 FIFA女子ワールドカップ 2023 FIFA Women's World Cup 大会概要 日程 7月 — 8月 チーム数 32 (6連盟) 2023 FIFA女子ワールドカップ( 2023 FIFA Women's World Cup)は、の国際大会であるの第9回大会である。 2019年7月31日にFIFAは、今大会より本大会の出場チーム数を24から32に拡大することを決定したと発表した。 大会は2023年7月10日から8月20日までの間で実施することが見込まれている。 開催国の決定 [ ] 2019年3月19日に(FIFA)は、開催地として立候補の書類を提出した国別協会が9件あることを発表した。 その後、2019年9月3日の発表では引き続き立候補している国別協会は8件となっており 、2019年12月13日の発表では引き続き立候補している国別協会は4件(うち1件は2か国共催)となっている。 立候補中• ・ の共催 - オーストラリアはの成功を受けて立候補の意思を示し 、またニュージーランドも立候補の意向を示していた。 本大会出場チーム数が32に拡大されることを受け、共催で立候補する方針を示した。 - 当初はの立候補を検討していたが、同年の及び翌年のが開催されるため方針を転換した。 立候補見送り・取り下げ• - 検討はあった ものの立候補はせず。 - 2019年9月3日の発表 において立候補国に名前がなかった。 - 2019年3月19日のFIFAの発表 では立候補国に名前がなかったものの、立候補国に加えられる可能性があるとの報道があった。 しかし2019年9月3日の発表 においても立候補国に名前はなく、立候補は見送られている。 は、立候補の要項をFIFAに問い合わせたのは事実だが、2023年大会での立候補を目的としたものではなかったと発表している。 - 2019年12月13日のFIFAの発表 において立候補国に名前がなかった。 - 2019年12月13日のFIFAの発表 において立候補国に名前がなかった。 同国協会は国内リーグの強化が優先であること、またに立候補する可能性はあることを示している。 ( との共催も検討) - 2019年12月13日のFIFAの発表 において立候補国に名前がなかった。 朝鮮半島情勢の悪化や、FIFAの規定に抵触せずに運営することが難しい見通しから立候補を取り下げた。 開催国は2020年5月に決定の予定であったが 、2019年10月24日に行われたFIFAの理事会において、開催地を2020年6月に決定することを正式に決めた。 しかしの世界的大流行の影響でFIFA総会が同年9月に延期となった。 2020年5月15日、FIFAは開催国の決定を6月25日に行うFIFAカウンシルで決定すると発表。 6月上旬に各招致地から提出された招致ブック(開催提案書)や視察をもとに評価レポートを公表の上、FIFAカウンシルメンバーによる投票で決定する予定と告知した。 脚注 [ ] []• 2019年7月31日. 2019年10月17日閲覧。 2019年5月26日閲覧。 2019年3月19日. 2019年5月26日閲覧。 2019年3月20日. 2019年5月26日閲覧。 2019年9月3日. 2019年10月17日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 2019年12月14日. 2019年12月15日閲覧。 news. com. 2015年2月1日閲覧。 stuff. 2015年7月1日閲覧。 stuff. 2015年7月1日閲覧。 The Daily Telegraph. 2019年10月17日閲覧。 The Japan Times. 2015年2月1日. The Nation. 2015年6月25日. 2015年6月27日閲覧。 2019年8月19日. 2019年12月18日閲覧。 The Brussels Times 2019年8月20日. 2019年12月18日閲覧。 2019年9月3日. 2019年12月18日閲覧。 2019年12月11日. 2019年12月15日閲覧。 「」『共同通信』、2019年10月24日。 2019年10月24日閲覧。 「」『日本サッカー協会2023FIFA女子ワールドカップ招致サイト』、2020年5月16日。 2020年5月16日閲覧。

次の

終盤のPKでオランダに1

女子 ワールド カップ 2019

概要 [ ] の以降、4年に1度開催されており、本大会は約1カ月かけて開催される。 に加盟している各国サッカー協会の女子(いわゆる)のうち、開催国の代表チームとを勝ち抜いた代表チームが本大会に出場する。 大会規模は徐々に拡大されており、のまでは12チーム、のまでは16チーム、のからは24チームが出場し優勝を争う。 の61年後にあたる1991年に第1回大会が開催された。 1999年のまでは FIFA女子世界選手権の名称が用いられていたが、2003年のより現名称の FIFA女子ワールドカップとなった。 計8回開催された大会のうち、優勝経験があるのは(1991,1999,2015,2019)、(1995)、(2003,2007)、(2011)の4か国である。 歴史 [ ] FIFA会長であったが発案し 、1991年にがにて開催された。 この大会には12か国が出場し、アメリカ合衆国が初代王者となった。 は1995年にで開催されノルウェーが優勝した。 開催となったの決勝戦(アメリカ対)には90,185人の観客がつめ掛け、また66万人以上もの人々がテレビ等で試合を観戦した。 大会名が正式に「女子ワールドカップ」となった2003年のもアメリカ合衆国にて開催されたが、これは本来の開催地であった中国でが発生し、開催地が変更されたためであった。 この埋め合わせの措置として、2007年のは中国で開催される事が決定した。 第4回大会で初優勝したドイツは第5回大会において、全試合無失点で勝利して大会を2連覇した。 2011年のはで開催され、がアジア初の優勝を果たした。 地元はその日本に準々決勝で敗れ3連覇はならなかった。 2015年のはで開催され、参加国数が16か国から24か国に増加した。 アメリカが連覇を狙う日本を下し、3回目の優勝を果たした。 2019年のはで開催され、アメリカが1試合最多得点記録(戦における13得点)を更新し、大会を2連覇した。 賞金 [ ] よりFIFAから成績に応じて、賞金が支給されている。 の賞金は、以下の表を参照のこと。 成績 金額 優勝 2,000,000 準優勝 1,400,000USドル 3位 700,000USドル 4位 700,000USドル ベスト8 400,000USドル ベスト16 200,000USドル グループリーグ敗退 100,000USドル 開催方式 [ ] 予選 [ ] と同様、まず国際サッカー連盟が各大陸別の連盟(、、、、、の計6団体)に出場枠を割り振る。 そして各大陸別の連盟で予選を実施し、本大会に出場する国・地域を決定する。 大陸間プレーオフが割り振られた地域においては、出場枠を獲得した国に次ぐ成績を挙げた国がプレーオフに出場し、勝利した国が出場権を獲得する。 大陸間プレーオフの枠は便宜的に小数で表記される。 たとえばの予選においては、CONCACAFが3. 5枠・CONMEBOLが2. 5枠となっているため、CONCACAFの予選上位3チームとCONMEBOLの予選上位2チームは自動的に出場権を獲得し、これに加えてCONCACAFの予選4位チームとCONMEBOLの予選3位チームの対戦で勝利したチームが出場権を獲得する。 出場枠の変遷は以下の通り(H:開催国枠による出場、 W :大陸間プレーオフ勝利、 L :大陸間プレーオフ敗退)。 5 W 1. 5 W 2 2. 5 W 2 2. 5 L 2 1 5 16 3 2 2. 5 L 2. 5 W 1 8 24 5 3 3. 5 L 2. 大会については以下の通り。 大会方式は各連盟ごとに決めているため、大会により内容は異なる。 大陸連盟(地域) 選出大会 開催期間 () 単独の予選を開催 本大会開催年 本大会 [ ] 本大会は約1カ月の期間中に開催される。 大会はグループステージとノックアウトステージの2ステージにより成っており、グループステージは参加国を4か国ずつのグループに分け、グループ内で総当り1回戦のリーグ戦を行い、各グループ上位2チームと各グループ3位のうち成績上位のチーム(大会によって出場国数は変動)がノックアウトステージへと進出する。 ノックアウトステージはで行われる。 グループステージにおいては、得点数や試合内容に大きく差がついた試合が出てくる場合がある。 の開幕戦となったドイツ対アルゼンチンの試合では、ドイツが11-0のスコアで勝利したが、この試合に関して会長のは、開幕戦がこのような試合となった事や、11失点で敗北したアルゼンチンがスダメリカーノ・フェメニーノ優勝国であった事に対して苦言を呈した事があった。 ノックアウトステージ(決勝トーナメント)は、各グループを成績上位で終えた合計16か国(第6回大会までは8か国)で行われ、勝利したチームが準々決勝、準決勝、決勝へと進む。 このラウンドにおいては、90分のレギュレーションタイム終了時点で勝敗を決し得ない場合、前後半30分のが行われ(なお1999年大会・2003年大会は方式を採用)、なお勝敗を決し得ない場合はによって次の試合に進む国を決定する。 準決勝で敗北し、決勝戦へ進まなかった国同士で3位決定戦が行われる。 結果と統計 [ ] 歴代大会結果 [ ] 回 開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場 国数 優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位 2 - 1 4 - 0 12 2 - 0 2 - 0 12 0 - 0 5 - 4 0 - 0 5 - 4 16 2 - 1 3 - 1 16 2 - 0 4 - 1 16 3 - 1 2 - 1 16 5 - 2 1 - 0 24 2 - 0 2 - 1 24 32• aet - 終了時の結果• GG - による結果• PK - による結果 歴代大会開催実績 [ ] 回 開催年 決勝戦開催都市 決勝戦会場 試合数 総 ゴール数 1試合平均 ゴール数 総 入場者数 1試合平均 入場者数 26 99 3. 81 510,000 19,615 26 99 3. 81 112,213 4,316 32 123 3. 84 1,194,215 37,319 32 107 3. 34 656,789 20,525 32 111 3. 47 1,156,955 36,155 32 86 2. 69 845,751 26,430 52 146 2. 81 1,353,506 26,029 52 146 2. 81 1,131,312 21,756 代表別通算成績 [ ] 順 国・地域名 出 優 準 三 四 試 勝 分 敗 点 均 得 失 差 1 8 4 1 3 0 50 40 6 4 126 2. 39 39 59 -20 9 4 0 0 0 1 19 10 3 6 33 1. 07 34 52 -18 11 7 0 0 0 0 26 7 6 13 27 1. 04 38 50 -12 12 2 0 1 0 0 11 7 1 3 22 2. 58 20 63 -43 15 2 0 0 0 0 8 4 0 4 12 1. 85 12 20 -8 17 4 0 0 0 0 14 3 1 10 10 0. 71 19 26 -7 18 2 0 0 0 0 8 3 0 5 9 1. 13 12 12 0 19 2 0 0 0 0 7 1 2 4 5 0. 71 6 8 -2 20 2 0 0 0 0 7 1 2 4 5 0. 71 4 9 -5 21 3 0 0 0 0 9 1 1 7 4 0. 44 6 30 -24 22 3 0 0 0 0 10 1 1 8 4 0. 40 6 27 -21 23 1 0 0 0 0 3 1 0 2 3 1. 00 2 5 -3 24 1 0 0 0 0 4 1 0 3 3 0. 75 2 15 -13 26 2 0 0 0 0 6 1 0 5 3 0. 50 4 30 -26 27 3 0 0 0 0 9 0 3 6 3 0. 33 6 30 -24 28 5 0 0 0 0 15 0 3 12 3 0. 20 8 34 -26 29 1 0 0 0 0 3 0 2 1 2 0. 67 3 4 -1 30 3 0 0 0 0 9 0 2 7 2 0. 22 5 37 -32 31 1 0 0 0 0 3 0 1 2 1 0. 33 5 7 -2 32 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0. 00 2 7 -5 33 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0. 00 1 8 -7 34 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0. 00 1 12 -11 35 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0. 00 3 16 -13 36 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0. 00 1 17 -16• データは2019年大会終了時点• 太字は優勝経験のある国・地域で、 太数字は最多記録• 国・地域名は現在の名称で統一した• 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は1試合あたりの平均勝点が多い方を、それも同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした• 参加が24チームとなった以降。 16チーム当時は約3週間、12チーム当時は約2週間• Molinaro, (英語) 2011. 3付記事• (英語) 1999, 2010. 29 5:58(UTC) 閲覧• (英語) 公式サイト 2011. 29 06:25(UTC) 閲覧• Naomi Koppel, (英語) 2003. 3付記事• RSSSF. 2011年9月10日閲覧。 2011年9月10日閲覧。。 RSSSF. 2011年9月10日閲覧。 (英語) google(データ元: 2007. 11付記事) 関連項目 [ ]• - 20歳以下の選手による大会• - 17歳以下の選手による大会 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - FIFA. com (英語)• - FIFA. com (英語)•

次の