シール はがし 代用。 効果的なシールのはがし方~おすすめの方法と代用になるものは?

【簡単!強力!】最強のシール剥がしおすすめランキング10選

シール はがし 代用

こんにちは。 粘着式の宛名ラベルを封筒から剥がして、再利用をしています(こうでもしないとオークションでの低額出品は経費が掛かりすぎて、まるでお話になりません)。 ヤマトのメール便のバーコード・ラベルは丁寧に剥がせばそのままきれいに取れます。 ですが市販の、プリンター印字用のものはそれでは無理です。 そこでどうするかというと、アイロンを熱くなり過ぎないように温度設定して、当てます。 端の方から少しづつやれば、きれいに剥がせます。 アイロンがあるならこれでやってみてください。 無い場合ですが、金属の平たい面がある道具(ちょっと小さいですがバターナイフでも良いでしょう)を熱湯に漬けて熱くしてやってみてください。 温度が足りない気がしますが、とにかく端の方が少しでも剥がせれば、あとはうまく剥がれるのではないでしょうか。 どうしても温度が足りない場合は直接炎にかざして熱くする必要があるかもしれません(が、間違っても赤熱するようなことはしないこと。 それでは高過ぎです)。 A ベストアンサー 私はつるつるのボール紙に貼ってある場合など、あまり苦労なく剥がれそうだ、という時以外はハサミで宛名シール部分を切り抜いちゃいます。 あまり気にしたことはないです。 束にすると目立たないもので。 切り取ったものは、私は手回し式の家庭用シュレッダーで、母はハサミで細かくチョキチョキやっているようです。 封筒についたままの方がハサミの場合もシュレッダーの場合も、粘着部が刃につく心配がないので楽なんですよ。 剥がれやすいシールもいいですが、クレジットカードの請求などで、フィルムの窓がついてる封筒あるじゃないですか、あれを薄い紙にして欲しいです。 フィルム剥がすのもめんどいですし、実際透ける紙をフィルム代わりに使っている会社もあるので、請求書以外のチラシが入った封筒ごと資源ゴミにできて便利なんですが。 Q はがきにシールを貼ると、貼った時点で「はがき」では なくなるので、定型郵便料金になると言われました。 会社に集荷に来てくれるゆうメイトのアルバイトの人の 意見なのですが、本当でしょうか? そのゆうメイトさんが言うには、あて名シール以外は認め られないらしいです。 あと、定形郵便でもジェルっぽい少し浮き出た様な シールを貼って、「見た目」が1cmっぽかったら定形外料金 になるとも・・・。 (重さはセーフででもです。 ) そんな事を言われたのは初めてだし、改めて考えるとその ゆうメイトさんの「見た感じ」で料金が違ってくるなんて、 ちょっと横暴な気がします。 詳しい方、教えて下さい。 約款(内国郵便約款)に下記の記載があります。 「郵便葉書(往復葉書の往信の際にあたっては、返信部を含みます)は、他の物を添付して差し出すことはでき ません。 post. japanpost. html と、ありますので、薄いシールくらいであれば、ダメというわけではないでしょう。 (恐らくは成る場合が有るということを言いたかったんでは?) 逆に言えば、軽いシールでも厚みがあるor薄くても重量がある場合はNGとなります。 アルバイトで詳細を知らない可能性もありますので、ダメだと言われたら約款を持ち出して、根拠を聞いて下さい。 第2種郵便物(葉書)から第1種郵便物扱いになりますが、定形外郵便になるかどうかは厚み(1cm以内)と 重量(50gまで)によります。 約款(内国郵便約款)に下記の記載があります。 「郵便葉書(往復葉書の往信の際にあたっては、返信部を含みます)は、他の物を添付して差し出すことはでき ません。 ただし、薄い紙又はこれに類する物を第22条(私製葉書の規格及び様式)第1項 3 の条件を満たし、 かつ、容易にはがれないよう全面を密着させたもので~」(第25条) 第22条の私製葉書の規格及び仕様というのは、 「...

次の

シールの剥がし方「代用とベタベタ跡の対処法」

シール はがし 代用

シールはがしの代用品もいろいろあるけど シールはがしの代用品で、除光液とかアルコールとかをオススメしているネット記事をみることもありますが、、、 簡単に、きれいに、最短でシールを剥がすなら、 専用のシール剥がし剤を使うのがやっぱり1番!! 自分も手元にシール剥がしがなくて、代用品を探したり、中性洗剤でこすりまくったりしたことがありますが、結局大変なだけ・・・。 疲れるし、結果としてキレイにとれないし、ほんと時間のムダになります。 あえて言うなら・・・ある意味最強な「水」 唯一、シール剥がしが無いときの代用品?というのなら、やっぱり 「水」につけとく方法でしょうか。 一番シンプルでどこでも手に入って、素材を痛める心配もないのが大きなメリットです。 粘着力が弱めの紙シールなら、意外とこれで取れちゃったりします。 ふやけた所を、グイグイとヘラなどでこすれば多少頑固なシールでもなんとかなったりします。 でも! 本当に何もないときはともかく、 シール剥がしは専用の「シール剥がし剤」を使うのが1番最速だと身をもって学びました。 一家に一個でもあると、忘れた頃に役に立ちます。 ということで、今回は鍋についたシールをキレイに剥がします~ ステンレス素材にべったりと張り付いた強力な粘着シールを剥がします 今回剥がしたいこのシールは、鍋の取扱についての注意書きシールでした。 本当は 「剥がさないでください」っていうシールだったので、 一番強力な粘着力で貼り付けられたシールだったハズ。 鍋といえばキッチンでガンガンに洗って使うモノですので、もちろん防水タイプのシールです。 かつ耐熱仕様のの最強な粘着力。 オシャレなデザインで人気のティファールの鍋についているシールと同じ系ですね。 薄いながらも、べったり・・・としたシール面。 爪なんかではとても取れる気がしない強力タイプです。 パッケージも謎が多い(笑)早速使ってみます。 ベタベタにこびりついた粘着シール面に、シュッと吹きかけます 全体が濡れるように何度かシュッシュと吹きかけます。 超強力な割にヘルシーな香り。 そのギャップに違和感があり、よりオーラを放つディゾルビット。 ちなみに3M(スリーエム)のシールクリーナーも同じ系の香りです。 オレンジの油成分ってそんなに洗浄力があるのかなー?? 知る人ぞ知る、シール剥がしの秘密兵器「割り箸」です シール剥がし専用のヘラやスクレーパー、いろんなアイテムがありますが、一番のオススメはこれ。 まさかの割り箸(笑) なんか貧乏くさいチープな響きですが・・・意外と使えるんです。 お高い電子機器を扱う仕事をしていた際に学んだ技で、慎重に扱わなくてはいけない機械なのに、大人の事情で管理用のシールがついちゃうんですよね。 それをキレイに取らなくちゃならないとき、割り箸が大活躍。 絶対に傷つけてはいけない所でも、かなり安全に作業できます。 (もちろん素材や状況によります!) 割り箸なら金属でもプラスチックでもOK。 むしろ下手なプラスチック専用ヘラよりも安全に感じます。 そして何より、どこでも必ず手に入る汎用性! またベタベタになったあとに、すっきりと使い捨てもできるお手軽さ&コストパフォーマンスも。 まあなんせ、すぐに試せて手軽なのがいいですね~ 最強のシール剥がしパワー!ベッタベタなシール跡を剥がしてみる 割り箸は割らずに背中(手にもつ方)から使います。 スプレー式なので、ディゾルビットが掛かっていない部分も多少あるかと思います。 この時に割り箸でディゾルビットを伸ばして全体に行き渡るようにしてみてください。 ディゾルビットを付けてから1分も経てば、シール材が溶けてネバネバとしたゲル状になってきます~あまり力を入れなくても、ゲル状に柔らかくなったところから少しずつ取っていきます。 こそげたゲルがある程度溜まったらティッシュで拭うとやりやすいです。 そしてまたディゾルビットを一吹き、焦らなくてもシールはがし成分が勝手に溶かしてくれます。 無理にグイグイこすらずに30秒ごとに様子をみるぐらいでも良さそうです。 周りに飛び散る恐れがありますが、 少し遠目からスプレーすると広範囲にスプレーできますね。 作業前に新聞紙などを引いたほうがいいかもしれません。 カンタン&キレイにとれる「強力シール剥がし」を使っちゃうのが吉です 出先で無印のポリプロピレンケースのシールを剥がしたのですが、 シール剥がしが無いとの事・・・。 シール剥がし以外ではあんまり使ったことのないディゾルビット。 でもDIYで使用していたパイン材からでてきた木材のヤニを取った時、木にもあまり染み込まずきれいに取れましたよ。 せっかく無印とかのキレイな収納家具とか買ってきても、たまーに超剥がれないシールがあるんですよね・・・気持ちよく使うための洗剤みたいなもんですね。 全部天然素材だけなのに、こんなに剥がれるのが不思議。

次の

ブックオフで購入した中古本の値札シールのはがし方

シール はがし 代用

「シール」の「のり部分」は「粘着剤」と呼ばれ、大きく分けて「アクリル系」「ゴム系」の2種類が存在し、「お菓子のおまけ」や「デコシール」等は、「ゴム系」が主流です。 より分かりやすく説明させて頂きますと、「ゴム系粘着剤」を使用したシールは、比較的安い物に使用されており、「アクリル系粘着剤」を使用したシールは、車の「ドルフィンアンテナ」等のドレスアップパーツに使用される事が多く、比較的高い物に使用されます。 「ゴム系粘着剤」を使用したシールの剥がし方で簡単かつ確実なのは、「熱を加える方法」「酢を使う方法」「油分を加える方法 」「界面活性剤を使用する方法」等です。 当記事では、「シール剥がし」の「代用品や代用法」、「剥がし跡のベタベタの取り除き方」について説明させて頂きます。 シール剥がし方「代用品と代用法」について 先ほど、触れさせて頂いた、「熱」「酢」「油分」「界面活性剤」について少しだけ補足させて頂きます。 このどの用法にも共通している事は、「出来るだけゆっくりと慎重に剥がす」事です。 状況にもよりますが、焦ると「ベタベタ」を残してしまい、「ベタベタ」を取り除く時間を考えると、「急がば回れ」を意識すると上手く綺麗に剥がす事が出来ると思います。 熱を加えて剥がす方法 シールを貼った土台になる物の素材にもよりますが、タオル等を被せた上から「熱湯」をかけて剥がす方法や、「ドライヤー」の熱を利用して剥がす方法等が有ります。 シールに使用されている「粘着剤」の強さは、ある程度以上になると「温度に比例する」事を覚えておくと想像し易いと思います。 酢を使用して剥がす方法 一般的に「酢」と言うと、料理に使用する「穀物酢」や「すし酢」等が自宅に有ると思いますが、「粘着剤」にしっかりと浸透させる事によって剥がす事も可能です。 もし、数回で綺麗に剥がれないようでしたら、剥がれた部分を取り除き、根気良く行うと上手く剥がれる場合が多いです。 ただ、先ほどの「熱」を使用してシールを剥がす方法とは違い、「酢」は加熱してしまうと効果が薄れてしまいますので、方法を混同させないようにする必要が有ります。 油分を加えて剥がす方法 自転車のチェーン部分やベアリング部分等に使用する「潤滑剤」「潤滑油」等をシールの粘着剤部分に浸透させる事によって剥がす方法も有り、「ティッシュ」や「要らない布」等を被せて散布し、30分から1時間位かけて浸透させて剥がす方法も有ります。 ただ、素材によっては文字等が消えてしまう場合も有りますので、出来るだけ無地で、油が浸透してしまったとしても、問題は無い物に使用した方が良いと思います。 界面活性剤を使用して剥がす方法 「界面活性剤」と言えば、「食器洗い用洗剤」が一般的だと思います。 「リードペーパー」や「薄い布」等を用意し、シール部分を覆うように被せ、「食器洗い用洗剤」を浸透させるように使用します。 シール剥がし跡「ベタベタ」の取り除き方 シールを貼った土台になる物の素材にもよりますが、「消しゴム」「石消しゴム」、「ガムテープ」等で「ベタベタ」部分を取り除く方法が有り、「消しゴム」は「消しクズがまとまるタイプの物」が望ましいです。 もし、塗装やコーティング等の「剥離」「変色」「劣化」等の心配が無さそうでしたら、「アセトン系溶剤」や「除光液」等を使用すると効果的な場合が多いです。

次の