うつ み 内科 クリニック。 横浜市関内 うしくぼ消化器内科クリニック公式|消化器科 胃腸科 肝臓内科 内科 内視鏡検査 人間ドック 健康診断

豊中市、千里中央の心療内科・内科|ちさとクリニック

うつ み 内科 クリニック

徳増卓宏 [昭和大学病院 精神科医師(現在UCLA:カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学中)] 千葉県出身。 東京、オーストラリアで幼少期を過ごす。 2011年に昭和大学医学部卒業し、同大学精神医学講座に2013年より在籍。 2016年に同大学大学院(博士課程)にて学位取得。 日本精神神経学会専門医、精神保健指定医。 2018年よりアメリカ合衆国、UCLAにて医学研究留学中。 イケメンドクターが解決! 誰にも聞けないカラダの悩み相談室 カラダのお悩みは誰にでもあるものです。 でも病院に行った方がいいのか、誰に相談していいのかどうかわからない…。 そんなお悩みや、ちょっとしたカラダの不調に 現役のイケメン医師が応える新コーナー!質問も募集中です! こころの病気になったとき、どの診療科を選べばいいのでしょうか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA うつ症状は「心療内科」では診てくれない! ストレスやハードワークが原因で、こころの病気を患い、病院に通う人も珍しくありません。 しかし、それらの病気を診ている科がたくさんあるのをご存じでしょうか? 精神科、心療内科、神経内科、脳神経外科、神経科、メンタルヘルス科、こころのケア科、心の診療科…。 いろいろな名前の科があって、どんな症状の時にどの科を受診したらよいか、分かりにくいと思います。 そもそも診療の「科」は、基本的に、いろいろな臓器の構造的・機能的な異常ごとに、手術の有無で内科・外科の2つの科に分かれています。 例えば、心臓なら「循環器内科」と「心臓血管外科」、胃腸なら「消化器内科」と「消化器外科」といった具合です。 しかし、こころの病気を引き起こす脳は非常に複雑であることもあり、上記のとおり多くの科が対応しています。 中でも難しいのが、心療内科という科の存在です。 心療内科という字の印象から、こころの病気を診てくれる内科…。 そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか? 実のところ 心療内科とは、さまざまな内科・外科と精神科の間に位置する科で、「心身症」という病気を扱っています。 心身症とは、ざっくりいえば、置かれている環境や心の状態などによって、身体に不調が出ている状態です。 不調とは、原因不明の頭痛や倦怠感、胃痛などであり、うつ症状や神経症の症状によるものは含まれないのです。

次の

うつになったら心療内科に行くな!症状別「正しい診療科」の選び方

うつ み 内科 クリニック

広電楽々園駅前のビルの2階。 交通アクセスの良い環境です。 いつでも笑顔で患者さんをお迎えいたします。 なんでもお話しください。 ご相談にみえる患者さんに負担を感じさせないレイアウト 明るく落ち着ける雰囲気づくりを心がけています。 やない心療内科クリニックは心療内科を専門とするクリニックです。 ストレス関連疾患・不安・うつ・疲労・睡眠障害などの 診療をおこなっています。 薬物療法だけでなく、症状改善のための生活習慣をご指導いたします。 加えて血液検査による栄養解析と栄養療法を指導いたします。 参考) 関連サイト 栄養療法.jp(実践医療機関として当院が紹介されました。 ) 株式会社MSSホームページ(栄養療法、オーソモレキュラー療法、 サプリメントの最新情報が得られます。 当院と提携しています。 ) また、睡眠時無呼吸症候群の検査 ご自宅でできます が行えます。 お悩みの方はお気軽にご相談ください。 学会等で休診させていただく場合が ありますのであらかじめお電話でご確認ください。 専門領域 臨床精神医学、心身医学、精神神経薬理学、漢方、栄養療法(オーソモレキュラー療法) 所属学会 日本精神神経学会 日本心身医学会 日本臨床精神神経薬理学会 日本うつ病学会.

次の

酒田駅前メンタルクリニック|心療内科・精神科 うつ パニック症 気分が落ち込む やる気が起きない 眠れない カウンセリング 酒田市

うつ み 内科 クリニック

今後の診療予定につきましては、 当HP及び院内で情報提供させていただきまます。 よろしくお願いいたします。 特に初診では、 何となく診察が終わって、病気や病状、今後の方針等がわからないままに薬を処方されたという思いで帰っていただくことのないように、次の点に留意して初診の診療 を行っております。 ・初診時の診察を踏まえ、受診された方の考えられる 病名、病状等 について説明します。 ・ 治療方針について、複数の提案 をさせていただき、患者様と相談しながら一緒に検討します。 ・お薬を使う場合は、 薬の効果、副作用、想定される服用期間をしっかりと説明 して、患者様が漫然と薬を飲み続けることのないようにします。 ・初診後に、薬に関すること等、心配な点がある場合には、 電話での相談に対応 させていただき、状況に応じて、早めの受診もご案内します。 ・当院の治療において、可能なこと、難しいことはしっかりと説明します。 来院いただいた方に、ご自身の病気や体調を可能な限りご理解いただき、治療が必要な場合は、治っていただくことを目標に、患者様と相談の上、明確な方針のもとに治療を進めてまいります。 ただ、これまでは当日に初診希望のお電話をいただいても、ご案内できないことも多かったのが実情でした。 現在、当日お電話をいただく初診希望の方にも可能な限り対応できるよう、月曜日、水曜日及び金曜日に当日初診枠を設定しています。 ご希望される方は、月水金曜日の当日午前8 時半以降、なるべく早い時間帯にお電話をいただければと思います。 ただ、 当日初診枠が埋まってしまった場合は、翌日以降のなるべく早い時間をご案内させていただきます。 心の不調で悩んでおられませんか? 辛い思いをされていませんか? 夜眠れない、気力がでない、不安な気持ちやイライラしたりする、仕事に行けない、これまで楽しかった趣味が楽しくない、電車の中で息苦しくなる、他の人に聞こえない声や音が聞こえる、物忘れが気になる、身体の調子が悪いのに内科では異常ないと言われた、人と話すのが辛い。 これらの症状がある方は、いつでもお気軽にご相談ください。 一緒に考え、サポートさせていただきます。 千葉市と近隣自治体の身近な心療内科、近くの心療内科として、皆さまの健康回復のお手伝いができるよう、頑張っていきたいと考えています。 椿森クリニックの職員一同、皆さまにやさしく心が通う医療をご提供できるよう常に心がけています。 また、ご来院いただいた方に、診察待ちや診察の間、快適で安らいだ気持ちになっていただける接遇や設備環境を目指しています。 千葉市と周辺地域 の皆さまへの「3つのお約束」 千葉市は人口97万人の政令指定都市、いわゆる大都市です。 また近隣には、四街道市、市原市、東金市、習志野市、八千代市の都市があります。 この地域には、企業等で働いておられる方々、主婦の方々、高齢の方々等がおられ、典型的な日本の地方の大都市部としての様相をきたしています。 そして千葉市内や近隣地域には、心療内科を標榜するメンタルクリニックや病院が数多くあります。 このような大都市部において、新しくオープンした椿森クリニックは、どのような分野を得意として、地域においてどのような役割(ミッション)を果たしていこうとしているのか、この場でご説明したいと思います。 私は、東京に近く産業都市であるとともに生活都市としての特徴がある千葉において、あるようで少なかった新しい役割(ミッション)を持った心療内科が必要ではないかと考えています。 椿森クリニックでの診療を始めるようになった出発点は次の3つです。 (1)働いていてメンタル面の体調を崩された方に対しては、職場の体制や人事の動き方等をしっかりと理解している医師が治療と職場復帰のバックアップをするべきではないか? (2)患者様の悩みや辛さを周囲に話せない、また話しても家族等に理解してもらえない方に対して、医師がしっかりとお話を伺い、悩みと辛さを理解しながら治療を進めていくことが必要ではないか? (3)外来まで来ることができない患者様やご自身に病識がない方には、医師が自宅や施設に往診して信頼関係を築きながら治療を進めるというニーズがあるのではないか? 以下に、もう少し詳しく説明したいと思います。 第一について、私の企業産業医としての経験です。 私が担当してきた企業の中で、多くの社員の方々がメンタル疾患を原因として出社できなくなることを眼の前にしてきました。 そして出社できなくなった社員の方々に対して、どのように医療が提供され、また会社側がどのような配慮をすれば復帰が早まるかについて、数多く経験してきました。 当然、その裏返しとして、医療の提供方法や会社側の対応によって復帰が遅れる、難しくなるといった事例も経験してきました。 私は、男性の方でも女性の方でも、働いている方々の心強い味方でありたいと願っています。 産業医としての経験から、会社の人事や産業医、職場の上司等がどのように考えるかについても熟知しています。 働いている方々がメンタル面で体調を崩された場合、その原因を一緒に考えて治療を進めていくとともに、会社への対応についてもご相談にのっていきたいと考えています。 働いている方々が体調を崩された場合でも、1日も早い健康の回復と勤務に向けて、患者様とともに歩んでいきたいと考えています。 第二について、心療内科や精神科のメンタルクリニックでは、患者様のお話や悩みを十二分に聞いていかなければならないと考えていることです。 一時的ではなく数か月間体調を崩しておられる方は、様々な悩み、友人や家族にも話せない悩みや辛さを持っておられることがあります。 またご自身の辛さを友人や家族に話しても、なかなか理解してもらえないと話される方も多くおられます。 私の経験からは、この傾向は30歳代から50歳代までの女性、中でも子育てや家事にご苦労されている女性に多いようなイメージを持っています。 このような方々は、どこかで自分の悩みや辛さをゆっくりと話すことができるだけでかなり体調が楽になることも実際に多いようです。 私は、一人ひとりの患者様の診療時間をしっかりと確保して、お薬を処方することが大きな目的という診療ではなく、患者様のお話の内容を聞かせていただき、悩みや辛さをしっかりと理解して、一緒に解決策を考えていくという診療を目指していきたいと考えています。 第三について、一般に心療内科や精神科の病院やクリニックでは、やはり時間の関係上、自宅や施設まで往診した訪問したりすることがなかなか難しいのが現状と思われます。 しかし、外来まで来ることができず往診を希望される患者様のニーズは確実にあります。 千葉市中央区のみならず、稲毛区や美浜区等の近隣でも往診のニーズは確実に高まってきていると思われます。 椿森クリニックは、上記の2つのポイントと合わせ、患者様が外来にお越しいただくことが難しい場合、可能な限りご自宅や施設まで往診させていただくことを3つ目のポイントと考えています。 例えば、最初はご本人に病識がなく受診を拒んでおられた方であっても、往診を繰り返して信頼関係を培っていく中で、ご自身も早く健康になろうと願って治療に協力していただけるようになったケースが多くあります。 患者様ご本人やご家族、サポートされている方々から往診や訪問のご希望について、いつでもご一報いただければと思います。 椿森クリニックでは、柴崎相談員(精神保健福祉士)が常駐しており、皆さんと当クリニックの橋渡しをしています。 診療時間の関係上、昼休み時間帯が多くなってしまうとも思われますが、往診や訪問のご希望があった場合、可能な限り対応させていただきますし、この方針を今後も続けていきたいと考えています。

次の