就活 日程調整メール。 面接の日程調整メールの書き方・返信のポイント【メール例文あり】 | リクルートエージェント

日程調整メールの書き方・ビジネスで使える日程調整メール例文3つ

就活 日程調整メール

仕事、プライベート、飲み会などさまざまなシチュエーションで日程の調整をしなければいけないことがあります。 ここでは日程調整に関するメールの作成方法についてご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。 まずは日程調整のメールを受け取ったときの返信方法についてご紹介します。 メールの返信は必ず行うようにしましょう。 スケジュールがまだ決定していないときでも、まずは受け取ったことを相手に伝えるためにも返信をしましょう。 メールのやり取りは、社会人としてのマナーをしっかりと守って行うことが大切です。 返信はできるだけ早く 日程調整のメールを受け取った場合は、できるだけ早く返信をするように心がけましょう。 送った方は返信をもらえるまでは日程の確定ができません。 また、急な日程変更依頼であればすぐに確認をして返信するようにしましょう。 メールを開封して返信を忘れてしまわないように目印をつけたり自分でわかりやすく工夫をすることがポイントです。 スケジュールが未定でも返信する メールで日程調整の連絡を受け取った場合、日程調整に時間を要することがあります。 日程変更が可能かどうかの確認をとっている間、相手をただ待ち続けさせるのではなく、一旦は確認して連絡をするなど一言でもよいので返信をしましょう。 相手はメールを送ってから何もアクションがない場合、メールが届いていないのかと心配になることもあります。 相手にメールを受け取ったことを伝えるだけでも一旦は返信することが大切です。 日程調整メールの仕方 ビジネスシーンにおける日程調整メールのポイントは「件名」です。 メールを開封する前から「日程調整」のメールであるとわかるように件名には「日程調整のお願い」などと記載しましょう。 そして、日程調整のお願いをするときには、こちらの候補日を入れましょう。 候補日は第1希望、第2希望と選択肢を示すとよいです。 そして、必ず日程調整をお願いすることに対してのお詫びを添えて丁重に依頼することが大切です。 友人 友人とお食事に行く場合などプライベートのシーンでも日程調整の依頼をすることがあります。 友人の場合、最近ではメールよりもLINEやSNSやアプリを使って連絡を取ることが多くなりました。 しかし、文章を書くことには変わりません。 友人の場合でも基本的なことは同じです。 日程調整する際は日程を変更していただくことに対しての謝罪と新たな日程の希望を伝えます。 飲み会 飲み会となると参加者、全員に対して日程調整をする必要があります。 一斉送信で参加者に連絡するとスムーズに日程調整を行うことができます。 大勢にメールを送る際には、候補日を何通りもだしてしまうと中々日程が定まらないことがあるので、1日だけに限定することが望ましいです。 時間や場所によって参加の有無を判断する方もいるため、メールの仕方としては開始時間や場所なども含めておくと質問や問い合わせが少なくすみます。 社内・外別日程調整メールの例文 ビジネスシーンではとくに打ち合わせのアポイントメントなどの日程調整をメールで行うことが多々あります。 日程調整は社内や社外に関わらず行われるため、社内と社外で分けて例文を用いてご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。 アポイントメントが取れなければ契約や商談が進まないので、日程調整をすることは社会人にとってとても大切なステップとなります。 よく使用する例文などはテンプレートなどに保存しておくととても便利です。 社内 社内で日程調整する場合は時節の挨拶などは不要です。 用件のみを書き込んでメールを送ることが一般的です。 日程調整をする際には、相手への配慮も十分に考えましょう。 社内の場合、ポイントとなることは相手が上司であるか同僚であるかという点です。 社内であっても上司に送る場合には社外と同じぐらい敬意をはらってメールの内容を作る必要があります。 そして簡潔に用件や理由などを入れて送るようにしましょう。 このご日程でアポイントメントを確定させていただいても宜しいでしょうか。 つきましては当日の会社出発時間は9:00amとなります。 」 時間を記入する際は、午前やamなどと明確に記載しましょう。 9:00pmを21:00と記載することもあります。 後ほど、午後だとおもっていたなんてことにならないようにしましょう。 社外 社外宛てに日程調整のメールを送るときは、まずは「いつもお世話になっております」などと挨拶文を入れることは社会人のマナーです。 そのあとすぐに用件にうつるときには、「早速ですが」などとクッション言葉を付け加えましょう。 ではよく社外にあてられる例文についての例文をご紹介しますのでご参考にしてください。 例文 「この度、弊社の新商品が発売されることになりましたので、ご紹介をさせていただきたくご連絡を申し上げます。 時間につきましてはご都合のよい時間をご指定くださいませ。 」 日程調整をする場合、こちらから日程の希望を提示してよいです。 もしもどちらも都合が悪い場合には先方の都合のよい日程を問いかけましょう。 はじめから「いつでもよい」という選択肢を何も設けない場合、とても先の予定になってしまうこともあります。 日程を提示すれば都合がつかなくても希望の時期は相手も把握できます。 シーン別日程調整メールの例文 最近では就活をするときはメールを用いて企業と連絡を取り合うことは当たり前となっています。 面接の日程調整もメールで行うことが一般的です。 では、面接の日程を調整するときのメールの書き方の例文をご紹介します。 「面接に関するご連絡をいただき誠にありがとうございます。 ぜひとも貴社の面接を受けさせていただきたいと存じます。 つきましては恐れ入りますが面接日のご調整をいただきたくお願い申し上げます。 」このように企業への申し入れを行い、希望日の提示をしましょう。 お礼 日程調整をしていただいたときには必ずお礼のメールを送りましょう。 お礼のメールの例文についてご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。 「この度はアポイントメントについての日程のご調整をいただき誠にありがとうございます。 こちらの勝手な都合にも関わらずご調整をいただきまして大変感謝しております。 」 すでに確約が取れているアポイントメントの日程を調整していただくことは当たり前のことではありません。 従って、日程調整のご連絡をするときには必ずお詫びの内容を含めることがポイントです。 お詫びというとあまりにも悪いことをしてしまったかのように聞こえますが、実際には一言「申し訳ございません」などと謝罪の文章が入っていれば問題はありません。 日程調整の依頼を何度も繰り返している場合にはお詫びも深く行うようにしましょう。 候補日は複数 アポイントメントを調整していただく際には、次の候補日を提示すると早く進みます。 また、希望日を入れることでアポイントメントのキャンセルをしたいのではないという意向を相手に伝えることができます。 候補日はできる限り複数日を伝えて相手の都合のよい日を選択していただきましょう。 できる限り迅速にアポイントメントの変更ができるようなメールを送ることが好ましいです。 タイミングは早い方がよい アポイントメントの変更の依頼をするタイミングは早ければ早い方がよいです。 相手も自分のために時間をあけてくれているのですから、相手の予定があわないとわかった時点ですぐに連絡をしましょう。 こちらの都合でまだ候補日が決まらない場合にも、まずは先方に一言、日程調整が必要になった旨を伝えるべきです。 相手に迷惑をかけないようにスケジューリングするように心がけましょう。 ビジネス以外での日程調整メール.

次の

日程調整メールの書き方・ビジネスで使える日程調整メール例文3つ

就活 日程調整メール

一般的に、書類選考を通過するとその通知とともに面接の日程調整の連絡が入ることが多く、ほとんどの人が就活を通して日程調整のやり取りをすることになると思います。 お互いに調整をするということですので、就活をスムーズに進めるためにはメールの送り方が大切になります。 早速、面接の日程調整をする際のやり取りをパターンごとに見ていきましょう。 面接参加を希望するとき 企業から送られてきた日程で面接への参加が可能な場合は、「面接のご連絡をいただきありがとうございます」というお礼の挨拶とともに、「それでは、こちらで伺わせていただきます」と送られてきた日時や場所を引用して記載し、内容に間違いがないかお互いに確認できるようにします。 この時、内容を書き間違えないように送られてきた内容をそのままコピーして貼り付けるようにしましょう。 参加ができない・辞退するとき 企業から送られてきた日程で面接の参加ができず辞退する場合も、必ず返信でその旨を担当者に伝えましょう。 何よりも、無断欠席や無視は一番のマナー違反です。 メールではまず日程の調整をしてもらったお礼を伝え、キャンセルでご迷惑をおかけしてしまうことへの謝罪を述べるようにしましょう。 「貴社のますますご発展をお祈り申し上げます」とくくると、印象の良いメールになります。 別日程に変更を提案したいとき 企業から送られてきた日程で面接の参加ができず、別日での再調整を希望する場合は、まず「ぜひ選考に参加させていただければと存じます」と、参加の意思を伝えましょう。 その上で「提示いただいた日程は参加が難しい」旨を伝え、別の日程を自ら提示しましょう。 この際、1つしか候補を書かなかった場合、都合が合うまで何度もやり取りをしなければならないため、必ず3つ程度候補を上げるようにしましょう。 メールを返信する際には、社会人のルールやビジネスマナーを意識しましょう。 メールの打ち方一つで、企業からの印象は大きく変わります。 メールの内容が悪くて選考がスムーズに進まなかった、などということがないように注意しましょう。 ビジネスマナーに自信がある人も、改めて見直しておくと安心です。 「日程調整」に対しての「返信」ということが一目でわかりますので、日程調整のメールのやり取りでは件名は触らずにそのままの状態で問題ありません。 採用担当者は多くの学生からのメールをさばいていますから、逆に編集して変えてしまうと、別件とみなされ見落とされてしまう危険性もあります。 何も触らないことをおすすめします。 就活メールの基本を守る 日程調整のメールでは、ビジネスマナーを意識しましょう。 普段のプライベートなメールとは違い、件名・宛名・本文・署名を欠かさず入れるのはもちろん、就活メールの基本として、返信はできるだけ24時間以内にするようにしましょう。 メールを送る時間帯については、その企業が稼働している時間帯に届くようにするのがマナーです。 どんなに能力やスキルがあっても、ビジネスマナーが守れない人は信用されませんので注意してチェックしましょう。 引用を使って返答する 企業からのメールに返信する際には、必ず「引用返信」をしましょう。 引用返信とは、相手からのメールの内容がそのままメールの下に残るもので、これまでのやり取りを読み返すことができます。 多くの学生とやり取りをしている採用担当者は、細かい日程などを毎回確認しなおすのは大変ですので、配慮の意味を込めて引用返信するようにしましょう。 また、メールで何か質問をされた際も同様に、相手からの質問内容を引用したうえで、「この質問に対する答えである」ということを明確にしましょう。 日程変更の理由を伝える書き方のマナー 既に決定した面接の日程を変更したい場合、どんな理由で伝えたらよいか悩みますよね。 もちろん、学業が理由の場合はその旨を正直に伝えるのがよいでしょう。 しかし、別の会社の説明会や面接が入った場合は、「他社の選考がある」旨は伝えず、 ・「その日は別件がありまして」 ・「一身上の都合により」 などとあいまいな表現で伝えるようにしましょう。 他社を優先していると認識されると、自社への志望度が低いと思われてしまい、後回しにされてしまうなどの危険性があります。 ポイントやマナーを押さえたところで、次は就活中の面接に関するメールの返信例文を見ていきましょう。 ここでは、宛名や署名を含めたメール全体の構成を紹介します。 上記で解説したポイント以外にも、文章の流れや言い回しなどを参考にしてみてください。 ビジネスメールに不安のある方は、この例文を自分の情報に置き換えて書くと安心ですよ。 5月1日の13時より面接のお約束をさせていただいております、 A大学の田中太郎と申します。 この度はお忙しい中、貴重なお時間を割いて頂いたにもかかわらず このようなご連絡となり、大変申し訳ございません。 誠に身勝手なお願いではございますが、 お許しいただきたく、お願い申し上げます。 末筆ではございますが、貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。 A大学の田中太郎と申します。 この度は、面接の日程を調整いただき、 誠にありがとうございます。 面接の詳細に関して確認をさせていただきたく、 ご連絡させていただきました。 ご指示いただきました下記の日程にて、 貴社へお伺いいたします。 日時:5月1日 13時~ 場所:貴社丸の内オフィス 25階 持ち物:履歴書、筆記用具 この度は、貴重なお時間を頂き感謝申し上げます。 それでは、当日はどうぞよろしくお願い致します。 お礼メールは必須ではありませんが、時間を割いてもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることは、ごく自然なことですよね。 また、意欲の高さを伝え、礼儀正しい人という良い印象をもってもらうことも期待できるでしょう。 それでは、お礼メールの例文を紹介します。 この度はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき 誠にありがとうございました。 今回の面接で良い結果を頂けた際には、 貴社で活躍する人材になれるよう、自己研鑽を続けていく所存です。 ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。 引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。 この度はお忙しい中、面接の機会をいただきまして 誠にありがとうございました。 取り急ぎお礼をお伝えしたく、ご連絡をさせて頂きましたが 御多忙かと存じますので、ご返信には及びません。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 少しずつ丁寧な表現を覚えてきた頃かもしれませんが、気を抜くと以下のような表現を誤ってしまう方がいます。 どんなに良いことが書かれているメールでも、一つでもおかしな表現が入っているとメール全体の印象が悪くなってしまう恐れがあります。 言い回しには十分気をつけるようにしましょう。 御社を「貴社」に 「あなたの会社」を「御社」と表現することを知っている学生は多いと思います。 しかし、「御社」は話し言葉のみで使われるもので、書き言葉だと「貴社」となるのがこの言葉のややこしい所です。 ESやメールでは「貴社」を使い、面接や電話では「御社」と、お互いがこんがらがってしまわないように事前に練習をしておきましょう。 とりあえずを「取り急ぎ」に 就活中は、日程の調整などでお互いに保留したり、確認を待ってもらったりということが多々発生しますよね。 そんな時は、「とりあえず」「ひとまず」などの言葉は使用せず、「取り急ぎ」という言葉を使いましょう。 「とりあえずご連絡しました」ではなく「取り急ぎご連絡させていただきました」という言い回しが適切です。 分かりました・大丈夫ですを「かしこまりました」 相手から言われた内容に同意したりOKを出したりする場合、「分かりました」「大丈夫です」という表現は一見どちらも丁寧な言葉に聞こえますが、ビジネスでは「かしこまりました」という表現が適切です。 そのほかにも、「了解しました」は目上の人には使えない言い回しです。 反対に、「承知いたしました」は、ビジネスの場で適切な表現として活用できます。 すみませんを「申し訳ありません」に 面接の日程を変更したい時や選考を辞退したい時など、就活では謝罪をする場面もあります。 そんな時、「すみません」という言葉を使用しないようにしましょう。 「すみません」は砕けた話し言葉で、ビジネスでは「申し訳ありません」という表現を用います。 文章のバランスに合わせて、「失礼致しました」「恐れ入りますが」などの表現へも言い換えができます。 行くを「伺う」に 面接へ行くことを、「行かせていただきます」と表現するのを目にすることがありますが、正しくは「伺わせていただきます」です。 「伺う」は、敬意を払う相手に対して、相手の元へ足を運ぶことを表現する言葉です。 上記で紹介してきた言葉の中でも特に日常生活で使うことが極めて少ない言葉ですので、意識して使うようにしましょう。

次の

これで完璧!面接の日程連絡メールの返信の書き方

就活 日程調整メール

面接の日程変更をするときに気をつけたい5つのポイント• 日程変更をするときのメールの例文• 日程変更をしてもらったときのお礼の方法 転職面接で日程変更をするときに気をつけたい5つのポイント 会社との面接日が一度決まっても、急遽用事が入ってしまい都合が悪くなってしまうこともあるでしょう。 面接官もやむを得ず日程変更が必要になることは理解しているので、 日程変更するだけでマイナスのイメージになることはないので心配しなくて大丈夫です。 しかし、日程変更をする際にはビジネスマナーとして気をつけておきたいポイントがあります。 まずは、面接の日程変更をするときに守りたい5つのポイントを確認していきましょう。 1.日程変更の連絡は可能な限り早めに 面接で日程変更をするときに気をつけたい1つ目のポイントは、可能な限り 早めに日程変更の連絡をすることです。 メールや電話での連絡をするときには緊張したり、どう話せばいいかわからなかったりと、連絡をしにくいと感じるかもしれません。 しかし、会社側は求職者との面接のために人材や時間の確保をして準備しています。 選考企業になるべく迷惑をかけないために、日程変更の必要があるとわかった時点で速やかに連絡を入れるようにしましょう。 面接日程までに時間がある場合にはメールのでの連絡でもOKですが、 面接日程が迫っている場合には、少しでも早く日程変更を伝えるためにも電話をすることがおすすめです。 インフルエンザや風邪など、体調不良で「当日の体調次第で行けるかも知れない……」という場合、ギリギリまで連絡をせず待ってしまう方もいらっしゃるかもしません。 しかし、当日キャンセルするのは企業への被害も大きくなってしまいます。 また、インフルエンザや風邪をうつしてしまう可能性もあるため、難しそうだと判断した場合は早めに連絡しておきましょう。 2.面接の候補日をいくつか提示する 面接で日程変更をするときに気をつけたい2つ目のポイントは、 変更する面接の候補日をいくつか提示することです。 日程変更をお願いする際には、代わりの日程候補を伝える必要があります。 日程の候補日が少なすぎると企業との予定が合いにくくなってしまいます。 しかし、面接日程の候補日が多すぎても、相手に思考する手間をかけてしまいます。 面接の日程変更候補日を提示する際は、候補日は 3〜5日程度に絞って連絡するようにしてください。 3.変更してもらった面接の日程は必ず守る 面接で日程変更をするときに気をつけたい3つ目のポイントは、 変更してもらった後の面接日は必ずスケジュールを守ることです。 上記で説明した通り、企業側は求職者との面接のためにあらゆる準備を行っています。 その上で、決まっている面接日程を求職者側の都合で1度変更してもらったことを忘れてはいけません。 1度の変更の場合は「仕方がないこと」だと対応してもらえますが、 何度も延期やリスケジュールを繰り返すと、印象が悪くなってしまうことも。 また、企業に「簡単にスケジュール変更できるほど軽く見られている」と思われる可能性もあります。 日程変更する際、次回の候補日は変更しなくても大丈夫なよう、都合をつけられる日程を選ぶようにしてください。 4.前日や当日の面接日程変更は電話で連絡する 面接で日程変更をするときに気をつけたい4つ目のポイントは、 前日や当日の日程変更は電話で伝えることです。 面接の日程変更をする際に最も悩むのが「連絡方法」ではないでしょうか。 先ほども説明したように、所用で行けなくなった面接予定日が 1週間先など先であれば、メールでもOKです。 しかし、面接の前日〜当日に日程変更をお願いする場合は、然の日程変更はなるべく早く伝える必要があるため、メールではなく電話で連絡が必要です。 面接のために人員や場所を準備している企業への配慮として、 緊急を要する面接の日程変更は電話で連絡することを覚えておいてください。 また、電話をする際には相手の 営業時間内にすることがマナー。 どうしても営業時間内に電話できない場合は、メールをして翌日の営業時間内に再度電話で連絡をするようにしましょう。 電話をするときには、相手が聞き取りやすいよう静かな場所から電話するようにしてください。 5.メールで連絡する場合は、件名に「日程変更の旨」を記載する 面接で日程変更をするときに気をつけたい5つ目のポイントは、メール連絡するときの件名です。 ビジネスメールにおける件名とは、メール内容を一目で伝えるためのもの。 面接日程の変更をメールで連絡する場合、「面接日程変更の連絡」というのが一目でわかるような件名にしましょう。 「面接日程変更のお願い」「面接の日程を変更させていただきたいです」など、簡素なメールの件名にすることがおすすめです。 相手の企業にとって、面接の日程変更の連絡はとても重要なもの。 相手の目につきやすい件名にすることが、ビジネスパーソンにとっての基本だと覚えておきましょう。 日程変更の連絡は迅速に入れる• 変更してもらった面接の日程は必ず守る• 面接の候補日をいくつか提示する• 前日〜当日の面接日程変更は電話で連絡する• メールで連絡する場合は、件名に「日程変更の旨」を記載する 【メール・電話】転職面接での日程変更の例文 面接の日程変更をお願いする際のポイントがわかったところで、いざ企業に面接の日程変更の連絡するとなると、どのような文章を送るべきか悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。 できるだけ企業とスムーズにやり取りするできるように、面接の日程変更の具体的な例文をチェックしてきましょう。 メールで転職面接の日程変更を連絡する場合 面接日程変更メールでは、企業に 失礼のないメールの文面にすることが必須です。 「ビジネスマナーがない人」と思われると、面接前に悪印象を与えてしまいます。 下記の文例を参考にしながら、お詫びと感謝の気持ちを込めて、面接日程変更のお願いをしよう。 【例文】転職面接の日程変更をメールで連絡するとき 件名:面接日程変更のお願い 内容: 株式会社〇〇 〇〇様 お世話になっております。 〇〇と申します。 〇〇の都合により、急遽貴社にお伺いすることができなくなってしまいました。 誠に申し訳ございません。 大変恐縮ですが以下の日程より、貴社のご都合が宜しい日程をご指定いただけないでしょうか。 ご都合が難しい場合、再度日程をご提案させていただきます。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 特に面接当日は、企業も面接の準備を進めて待っているはず。 できるだけ早く企業に連絡し、きちんと謝罪の言葉を述べるようにしましょう。 電話で面接の日程変更をする際は、ぜひ下記のように先方に伝えてください。 【例文】転職面接の日程変更を電話で連絡するとき お世話になっております。 〇〇と申します。 〇〇日に予定されております、面接について連絡いたしました。 お忙しいところ恐れ入りますが、中途採用のご担当者さまはいらっしゃいますでしょうか? (電話の相手が替わる) お世話になっております。 〇〇日〇〇時から面接の予定をしております〇〇と申します。 〇〇日の面接の件ですが、都合により急遽伺えなくなってしまいました。 大変恐縮ですが、もしよろしければ面接の日程を変更していただけないでしょうか。 御社のご都合はいかがでしょうか。 この度はご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。 ご対応いただき、ありがとうございます。 当日は何卒よろしくお願いいたします。 【転職面接の日程変更メール】企業への返信のポイント 転職面接の日程変更を希望するメールを送ったら、企業からの返信が来るでしょう。 もし、 1週間経っても返信が来ない場合は、担当者がメールを見逃している可能性もあります。 本来の面接日時の 前々日になっても返信が来ない場合は、日程変更のメールが届いているのか電話で確認すると安心です。 また、日程変更をお願いした後の企業からの返信には、 必ず返信することがマナーです。 以下に、会社に返信する際のポイントを紹介するので参考にしてください。 ポイント1.メールを新規作成しない 企業へメールを返信するときには、新しくメールを作成するのではなく、来たメールに直接返信することがポイントです。 直接返信することで、件名に「 Re:」がつくので「このメールは返信されたメールなんだな」と判断できます。 メールのやり取りが続き、「Re:Re:Re:」と増えた場合は、消して「Re:」1つにまとめても問題ありません。 あまりにも「Re:」が増えると、それだけで件名が埋まってしまい、何のメールなのか判断しにくくなります。 数が増えてきた場合には「Re:」の数を減らして返信するようにしましょう。 また、メールを新規作成ではなく返信することで、前回のメールを確認しやすくするメリットもあります。 「Re:」がついたまま返信するのは失礼かな、と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ビジネス上都合がいいことを覚えておきましょう。 ポイント2.返信は早めにする 企業からのメールへの返信は、できるだけ早めに返信することがポイントです。 特に、面接の日程変更をしてもらったということは、相手に手間をかけさせたということです。 こちらから無理をお願いしたのに、何日もメールを放置することは、失礼にあたります。 メールの対応方法だけでも、相手への印象は大きく変わります。 これから入社を希望している企業へはできるだけ好印象を与えておきたいもの。 社会人のマナーとしても、24時間以内には必ず返信するように心がけましょう。 件名は「Re:」をそのまま活用する• 24時間以内には必ず返信する ポイント3.必ずお礼の言葉を添える 企業からのメールの返信をするときには、必ず 日程変更をしてもらったお礼の言葉を添えるようにしましょう。 面接には複数人が面接官としてスケジュールを開けていることも少なくありません。 特に面接が進むに連れ、マネージャーや役員など忙しい方が関わってきます。 面接の日時を変更するということは、相手の会社の何人ものスケジュールを変更し、再度日程調節をしてもらうということです。 多くの人に迷惑と手間をかけていることを認識し、謝罪とお礼の言葉を添えることを忘れないようにしてください。 転職面接で日程変更をしたときのお礼の仕方は? では、面接の日程変更をしてもらったときにはどのようにお礼を伝えるのがいいのでしょうか。 返信にお礼を付け足すだけでOKなのか、新たにお礼のメールを作成したほうがいいのか悩む方もいらっしゃるでしょう。 最後にケース別の日程変更のお礼方法について確認しましょう。 転職面接の日程変更のお礼はメールでOK! 面接が前日〜当日に面接日程を変更する場合は電話で連絡すべきだと説明しました。 直前に日程変更した場合は、電話でのやりとりでお礼を伝えたあと、 メールでも再度お礼を伝えましょう。 電話だと業務の妨げになってしまう可能性もあるので、メールでお礼を伝えるほうがベター。 新しく設定した日程をテキストで残しておく意味でも、電話のあとメールを送っておきましょう。 日程についてご調整いただき、感謝申し上げます。 今回はお手数をおかけしてしまい、申し訳ございません。 当日はどうぞよろしくお願いいたします。 日程を再び記載することで、日程や時間の認識ミスを防ぐことができ、相手への確認にもなるので一石二鳥です。 また、面接の場所が変わる可能性もあるため、場所をメール文に明記しておくとより丁寧なメール文になります。 オフィスが複数ある場合は念の為、オフィスの住所も記載しておくと安心です。 面接の序盤で、日程変更のお礼を伝える 面接の日程変更をしてもらい、いざ面接本番。 面接が始まった際にも、日程変更をしてもらったことに対してお礼を述べることを忘れないようにしましょう。 お礼を言うタイミングは「 面接序盤」。 後にお礼をしようと思っていると、お礼の言葉をかけるタイミングを逃しかねません。 最初に挨拶をするときに「今回は、日程変更をしていただきまして、大変ご迷惑、お手数をおかけいたしました。 誠にありがとうございます。 」と伝えることで、第一印象もよくなり、相手も気持ちよく面接を始められるでしょう。 お礼を述べた後は、日程変更してもらったことに対して恐縮しすぎず、 通常通りに面接官の質問に受け答えをしていくようにしましょう。 入社してからも、取引先へのアポイントで日程変更をお願いするケースも出てくるでしょう。 日程変更してもらったことを引きずりすぎると、実際の業務でも、イレギュラーなことが起こると通常通りに対応できない人だと思われてしまい、マイナスイメージとなりかねません。 一度謝罪とお礼をした後は、切り替えて対応するように心がけましょう。 日程変更をしてもマナーを守っていれば悪い印象にはならない• 転職面接の日程変更は言い訳をせず、迅速な対応で先方に伝える• 予定の日程に余裕がある場合は、電話ではなくメールが基本• 前日または当日の変更は、電話で伝える• 企業からのメールの返信は、直接返信がマナー• 転職面接の日程変更のお礼はメールで再度日程を確認 面接の日程を変更しなければならないとなると、「マイナスイメージに繋がってしまわないか」「評価が下がるのではないか」と心配になる方も多いでしょう。 しかし、本記事で伝えたように、企業への礼儀を忘れずに誠意をもった対応さえできれば、日程変更をしても悪い印象をもたれることはありません。 誠意とマナーのある対応をすることで、「イレギュラーなことにもきちんと対応できる人」と評価してもらえる可能性もあります。 面接日程変更をお願いする際は本記事で紹介したポイントに気をつけて連絡、お礼をきちんとするようにしてください。 そうすればきっと転職活動の選考もうまくいくでしょう。 【関連記事】.

次の