口 イラスト。 「目」にならぶ顔の超重要パーツ! 口の描き方講座

That Cute Cat Smile :3 Cat Face Drawings

口 イラスト

唇の基本的な構造 唇は、歯の丸みに沿ってカーブを描いていて、中心にいくほど厚みが出ます。 上唇は下唇にかぶさるようについています。 なので、下唇は上唇よりも幅が狭く、奥にはまっています。 それにより、口角に影ができます。 上唇のふくらみは中心・左右2箇所の計3箇所です。 下唇は左右の2か所のみで、中心が少しへこみます。 骨格の中での唇の位置を確認しておきましょう。 円を描いてから、アタリの十字線を引きます。 まず目の位置は、円の上下の中心になります。 人中は鼻の下から唇に伸びる溝)があり、その下に唇がきます。 唇の幅は、両目尻から鼻の頭で交差したバッテンの下の端を基本にして決めていきましょう。 先に幅を決め、次いで下唇の中央と上唇の山型の部分を決め、それらを線で結ぶと唇の形になります。 顔の角度が変わっても、十字の中心線を基準にして「幅・下唇中央・人中を決める」という描き方を覚えておけば、口の位置が大きく逸脱することはないでしょう。 マンガでの唇の表現 唇は、現実ではシワが沢山入った複雑な形状をしていますが、マンガやイラストの線画にする際、忠実にシワまで描くと老けた印象になってしまいます。 そこで線画にする際は、唇を簡略化して描くのが通常のやり方です。 描く線には強弱をつけると、唇のふくらみを表現することができます。 強弱の基本は「影になる場所・光の届かない場所を太く描く」なので、口角や、人中で影になる上唇の山型の部分、閉じた上唇と下唇の間の溝は太めに、ほかの部分は若干細めに描くと、立体感のある唇になります。 また「上にかぶっている箇所の線は長く描く」という、いわゆる「かぶせ線」の表現を覚えておくと、線は少なくても立体感のある絵になります。 閉じた口の上下唇の重なり、開けた時の唇と口の中を描くときなどで、この手法が使えます。 唇は表現の仕方に工夫ができるパーツです。 なにを描き込むか、どこまで簡略化するかで絵に個性を出すこともできます。 たとえば高野文子先生のように、線が少なめでシンプルに構成されている絵なのであれば、「笑っている口は三角形」というように記号化してもいいと思いますし、荒木飛呂彦先生のようにリアルなタッチの絵を目指しているのであれば、実際の人物に近い線を入れていくのもいいでしょう。 絵の上手い・下手は「バランスが整っているか」で決まるので、自分の絵に合わせた表現を見つけていきましょう。 はじめは好きな漫画家さんの線を参考にしながら練習するのもおすすめです。 いろいろな口の表現を覚えよう 唇をはっきり描くと、女性らしい口になります。 男性らしさを出すには、唇の幅を広めに描きましょう。 横向きの唇は、正面から見た時の半分ほどの幅になります。 上唇は鼻よりは出ず、下唇は上唇よりも引っ込みます。 横から見た時に、上唇の端が少し上を向いていると「アヒル口」のような表現になります。 顔を下のアングルから見上げた場合は、唇は少し鼻に近づきます。 骨格を思い浮かべるとわかりますが、大きく口を開けた時はアゴが後ろに下がります。 なので、顔の輪郭線をすこし引き気味にし、それに合わせて口を描くとよいです。 マンガやイラストの表現はある程度記号化されていますから、「驚いた時は大きく口を開ける」「怒っている時はへの字口で噛みしめる」「笑っている時は口角が上がる」「不満な時は唇を尖らす」「寝ている時は半開き」など、よく使うパターンを覚えておけば一定の表現はできます。 デジタルツールで口を描くときは、口元を拡大表示して描くことが多いと思いますが、唇の色塗りに熱中するあまり全身のバランスが悪くならないよう気を付けましょう。 少し描いたら全身を見るというクセをつけておくとよいでしょう。 こうすることで、絵全体の上達が早くなると思います。 また使っているデジタルソフトの縮小・拡大のショートカットを覚えておくと、作業効率が高まりますよ。 (制作:ナイル株式会社) (執筆・イラスト:いしだ わかこ).

次の

口の描き方

口 イラスト

640 x 452px• 6 x 15. 00 5プリペイド M• 2000 x 1414px• 9 x 12. 00 15プリペイド L• 4000 x 2828px• 9 x 23. 00 30プリペイド XL• 4961 x 3508px• 0 x 29.

次の

「目」にならぶ顔の超重要パーツ! 口の描き方講座

口 イラスト

口の構造は複雑なのでデフォルメすることが多いパーツです。 基本的に鼻と同じく リアルに描くと大人っぽく、デフォルメすると幼く見えます。 口を閉じた場合は、唇を描くか描かないか程度の違いしかありません。 唇を描くと大人っぽくなるので、描くキャラクターや好みによって描き分けましょう。 口の中も、特徴的なパーツである舌と歯、場合によって口蓋垂(のどちんこ)が描かれますが、その他は手間を省くため省略されることが多いです。 自分の絵柄と相談して理想のデザインを目指しましょう。 歯も同様にデフォルメされることが多いですが、構造を覚えておいて損はありません。 中切歯(前歯)、側切歯(サブ前歯)、犬歯が、それぞれ2本ずつで構成されており、その他は奥歯になります。 下の歯は上の歯より小さいですが、構造は同じです。 まずは顔のアタリに口の大体の位置を決める横線を引きます。 この 横線が口のアタリになります。 閉じた口であれば、これに合わせて口のラインを描き、お好みで唇を描いて完成です。 開いた口を描く場合、この口のアタリの横線を囲うように四角形を描きます。 これが大体の口の大きさになります。 その後、口の両端に三角形を描き、デッサン完成です。 三角形の形で口の形を決めることができるので、笑った口や怒った口など自由にデザインしましょう。 また、口の形は左右対称であることを意識しておきましょう。 最後に歯や唇などを描き込んで完成です。 特殊な形にならない限り、 基本的に口の形は左右対称です。 もちろん唇や歯も左右対称になるので、これを意識するだけで難しい口の形や角度のついた口の形も意外とスラスラと描けると思います。 デッサンにおいて口の位置というのは、顔のデッサンの中でも特に重要です。 鼻~口:口~アゴの比率は1:2になります。 あまり口の位置が上すぎるとアゴが長くなってしまい、下すぎると鼻の下が長くなり猿顔になってしまいます。 この比率ですが、唇は含まず、口からの距離になります。 間違えると顔が異様に長くなってしまうので注意してください。 この比率は整った顔を描くには非常に重要なので必ず覚えましょう。 まとめ 以上の点をまとめると、• 口の形は基本左右対称• 鼻~口:口~アゴの比率は1:2 以上のことに気をつけて描いてみてください。 なお、もう少し詳しい情報は私の著書 『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』の方を参考にしていただければと思います。 唇の塗り方や、角度のある口の描き方など詳細な解説もしています! おかげさまでまたまた重版も決まり、好評を頂いています! (下のリンクからAmazonページへ飛びます。 ) ニコニコ生放送で毎週金曜22:30より、絵の描き方を教える 「お絵かき救命病棟24時! 」もやっておりますので興味があればぜひどうぞ! 著・画 松 A・TYPEcorp. ホームページ pixiv Twitter ニコニコ生放送 フリーランスのイラストレーター。 様々な絵柄を駆使し、カードゲーム「マジンボーン・データカードダス」「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」のイラストや、4コマ漫画「BIOHAZARD THE TOON」の執筆、小説の挿絵などを手がける。 また、絵の描き方本『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』を執筆し、活動の幅を広げている。

次の