東急 線 自由が丘 審美 歯科。 自由が丘の歯医者【オーラルクリニーク自由が丘 歯科・矯正歯科】

自由が丘駅周辺 審美歯科治療を実施している歯科 5件 【病院なび】

東急 線 自由が丘 審美 歯科

備考: 祝日、夜間の診療についてもご相談ください。 「三好歯科 自由が丘」は、東急東横線および東急大井町線の自由が丘駅 南口 から徒歩1分の距離にある、土日診療にも対応している歯科医院です。 患者様がお口を良好な状態で保ち、一生涯健康で豊かな生活を送っていただくために「不要な歯科治療をゼロにする診療」をポリシ ーに掲げています。 お一人おひとりの将来を考えたプランをご提案し、患者様と話し合い、適切な診療を行う歯医者です。 天然歯ほど美しく、よく噛める機能を持つものは、人工的なものでは絶対に手にいれることができません。 その素晴らしいご自身の歯をできる限り長く良好に、そして1本でも多く保っていただくために、「三好歯科 自由が丘」では専門性を持ったドクターがお一人おひとりに本当に必要な治療と予防についての正しい知識をお伝えし、患者様とじっくり話し合いながら診療をすすめていきます。 患者様のお口の中の状態はさまざまです。 少しう蝕 虫歯 がある方、このままだと歯を失ってしまう可能性がある方、既に何本も歯を失っている方・・・歯医者に行かず、病気がある状態をそのままにしていても今よりも良くなることはありません。 一日も早く将来を見据えた治療をし、そして良好な状態を保つための適切な「予防」を始めることで、生涯にわたり健康で豊かな人生を送っていただきたいと願っています。 当院は、お子様からご年配の方までご来院いただける歯科医院です。 歯科全般に対応し、重度の虫歯に対する治療 根管治療 を専門にする歯科医師と、インプラントやブリッジ治療の経験豊富な歯科医師が連携しながら診療を行います。 「生涯」という長い物差しで患者様の人生をみたとき、最も重要になるのが天然歯を1本でも多く健康な状態で残すこと。 そして治療しなくてはいけない状態にしないことです。 そのために必要なメンテナンスプランや治療プランをご提供し、お悩みについて何でも相談していただける「かかりつけ医」でありたいと考えています。

次の

自由が丘駅周辺でホワイトニングにおすすめの歯科,クリニック9選!口コミや料金も掲載

東急 線 自由が丘 審美 歯科

「10年後も自信をもって笑いたい」というご希望のために患者さまに寄り添った治療を 目黒区自由が丘にある「自由が丘ブライト歯科」です。 当院は東急東横線、東急大井町線、「自由が丘駅」の南口徒歩5分の立地にあり駅からも通いやすい環境です。 当院は一般的な歯科診療からインプラントや美容診療などの各診療に対応する、地域のホームドクターとして診療しております。 当院の特徴は何といっても、「患者さまの立場に立てること」です。 そのため、患者さまにはこれからどのような治療が行われるのか、痛みなどが伴う場合はどんな感じなのかを説明させていただきます。 患者さまにはご納得をいただいたうえで、治療を受けていただきたいのもありますが、最終的には患者さまが当院で治療してよかったと心から思っていただけるような、未来を見据えた対応を心がけております。 土日でも診察を行っておりますので、平日お忙しい方にもおすすめです。 5年後、10年後、歯に自信をもっているあなたの笑顔を今、想像できないとしたら歯科医院に行くタイミングかもしれません。 当院では初めての方でもスムーズに治療することを心がけておりますので、お気軽に相談ください。 予防歯科 虫歯や歯周病にならないためにも日々のケアが大切です 歯は失ってしまったら元に戻ることはありません。 日本では欧米やヨーロッパよりも「予防」という意識がまだまだ低く、悪くなってから治療すれば良いと考えている方もいらっしゃいます。 長くご自身の歯で食べ物を味わえることは、この上のない喜びになると思いますので、当院では、状態の良い歯は今後も悪くならないように予防していくこと、トラブルがある歯においては良い状態になるように、日ごろのケアを怠らないよう患者さまにお伝えしています。 虫歯や歯周病になってからの治療は、痛みや治療に多くの時間を費やしてしまいます。 歯みがきをしていても歯垢は3カ月ほどで付着してきますので、定期検診は3カ月以内に受診されることをおすすめしています。 【PMTC】6,000円~10,000円。 【フッ素塗布】2,000円。 インプラント 実体験から感じたインプラント治療についてお伝えします インプラント治療においては、自分の歯は一度失ったら元に戻ることはありませんが、インプラントは自分の歯が戻っているような感覚で、しっかりとかんで食事ができるようになります。 しかし、だからといって、当院では、一方的にインプラント治療を行うことはありません。 「患者さまが必要としていることを考える」を基本に治療を行いますので、インプラントの必要があれば対応をさせていただきます。 インプラントは治療後のケアが重要で、長持ちするかどうかも、ケアが重要になると思います。 ケアも含め、インプラントが患者さまに向いているかどうかを一緒に考えていきたいと思います。 ホワイトニング 皆さまにすてきな笑顔を手に入れていただきたいと思っております。 当院では、ホワイトニングを導入しておりますが、ホワイトニングに関しては、導入前にスタッフとともに、実際に行いホワイトニングをしたスタッフの笑顔を見たときに、ぜひ同じような喜びをたくさんの方に感じていただきたいと思い、導入を決めました。 ホワイトニングの方法には、いくつか種類があるため、カウンセリングを行い、患者さまに合った方法をお選びいただきます。 また、メリットとデメリットに関してもカウンセリング時にご説明いたしますので、お聞きいただき、やるやらないの判断をしてください。 ご希望の白さを手に入れたときの笑顔に出会うたびに、何よりもやりがいを感じる瞬間です。

次の

【2020年】自由が丘の歯医者さん♪おすすめしたい9医院

東急 線 自由が丘 審美 歯科

患者さまの立場にたった治療を心がけています 目黒区自由が丘にございます、自由が丘銀座歯科です。 当院では、患者さまのお気持ちを大切にすることを心がけています。 患者さまが当院にはじめて来られるときは、痛みや悩みをお持ちだと思います。 いざ検査などをして現状を把握し、治療計画をご提案させていただくときは、いろいろご不安な点や疑問が出てくるのではないでしょうか。 このようにご来院いただいてから、治療を終了するまでの各ステージで、患者さまが何をお感じになり、ご要望あるいはご期待なさっているのかを重視し、治療をいたします。 例えば歯科医院が怖いというイメージを拭い去っていただけるよう、患者さまの要望でステージが進行するようにしております。 歯科医院に患者さまとしていらした場合は、一般的に歯科医師が主導で進行しますが、できるだけ丁寧に問題点、治療の選択肢をコンパクトにわかりやすく説明し、ご判断はあくまで患者さまにしていただいて、治療に入ります。 患者さまご自身に、治療のスピードをお選びいただく権限があることを明確にすることによって、不安や恐怖を取り除いております。 治療中については無痛治療と、歯をできるだけ残す方針を掲げております。 痛みは、歯科医院の代名詞でもありましたが、昨今は麻酔の進歩によってほとんど痛みは少なくなっております。 ご自身の歯を残すのは、ご自身の歯に変えられるものはないという考えから来ております。 補綴物は、人体にとって異物であり、きちんとしたケアや、潜在的なリスクが加わることさえあります。 歯周病で歯が動いてしまっていてもできるだけ歯が残るよう丹念に根気よく治療させていただきます。 そして治療を終えられたときに、当院をお選びいただいてよかったと言っていただくには、当然のことながら結果がなければいけないと思っています。 インプラントについてはこれまでさまざまな症例を対応し、アフターケアにも力を入れております。 なお当院は、東急東横線、東急大井町線の自由が丘駅から徒歩3分という好立地にあります。 お気軽にお立ち寄りください。 矯正歯科 噛み合わせは見た目だけの問題ではありません 矯正歯科とは、字のごとく歯並びを正しくすることです。 この場合「正しく」とは2つの意味があります。 1つは噛み合わせです。 歯で食べ物を噛めるのは、上下の歯がうまく噛み合っているからです。 もう1つが、見た目の美しさです。 特に前歯は社会生活上重要な役割を果たしていると思われます。 実際の矯正治療は、差し歯などの補綴物を使用するのではなく、矯正装置を長期間つけて徐々に正しい噛み合わせに誘引するものです。 正しくない状態を「不正咬合」といいますが、そのままにしておくと、お口のなかの汚れがたまりやすい、あるいは取り除きにくくなり、虫歯や歯周病が生じたり、食べ物が噛みにくくなったり、きれいな発音ができなくなったりします。 歯周病 プラークを取り除くことが必須です 歯周病は、お口のなかの汚れであるプラーク(歯垢)をもとにばい菌が歯茎のなかに増殖する病気です。 歯が揺れたり、歯茎がはれたり、出血したりといった自覚症状がありますが、進行すると、歯のまわりの骨を溶かし、抜歯を余儀なくされることもあります。 そのため罹患した場合は対策を講じる必要があります。 治療法は、歯周病菌の温床となるプラークおよび歯石の除去です。 歯茎のなかに増殖した空間を「歯周ポケット」といいますが、そのなかの歯石などをすべて取り除く必要があります。 更に深く進んだ場合は、外科的な処置も必要になります。 また、免疫力の影響もありますので、年を取るにつれて、その低下を補う念入りなケアが必要になります。 虫歯 虫歯の直接の原因は糖分と酸の中和剤不足 結果として歯を奪うもうひとつの症状が虫歯です。 虫歯の温床は、バイオフィルムです。 バイオフィルムとは、細菌がいる水分のことで、一般に「ぬめり」ともいわれます。 虫歯菌はそのなかで糖分をとり、酸を出し、「脱灰」といって、その酸が歯を溶かします。 ただし溶けても唾液があれば「再石灰化」といって中和し、歯も元の状態に近づきます。 きちんと元の状態に近づけば虫歯にはなりません。 このようにメカニズムがわかると、虫歯の直接の原因もみえてきます。 過多な糖分摂取や酸の中和剤不足です。 したがってもともと歯質が脆弱である場合もありますが、糖分の取りすぎ、酸を中和させる唾液の量や力の不足が、虫歯罹患の主要因ということになります。

次の