レポ 金利。 東京レポ・レート

焦点:米レポ市場の混乱、JPモルガンのBS縮小が一因か

レポ 金利

2019年9月には、アメリカでレポ金利と呼ばれる短期の金利が高騰して、投資家をヒヤッとさせました。 ただ、私のようにレポ金利とは関係なく生きている人にとっては、「何が起こっているのか、よくわからない」というのが普通の反応だと思います。 この記事では、レポ金利をちゃんと理解したい人向けに、少し長めですが丁寧に解説しています。 レポ金利って一体何なのか、金利が上がった背景には何があるのかを書います。 この記事のポイント• レポ市場は国債を担保に数日だけ現金を貸し借りできる市場。 銀行・保険・ヘッジファンドが利用。 レポ市場で現金を借りた企業の支払う利率が、レポ金利。 レポ金利が上昇した原因を特定するため、米財務省は本格調査を開始した。 ただし、金利上昇には少なくとも2つの政策が関係している模様。 1つは、危機にそなえて銀行に一定以上の現金を持つことを義務づけた法律。 現金を貸し出せる量が減った。 もう1つは、FRBがリーマンショックの景気対策で大量に買った国債の処分。 結果、金融機関の現金が減った。 投資初心者は「レポ金利で現金が足りなくなって短期金利が急上昇したけど、FRBが資金を投入して抑え込むことに成功しつつある。 ついでにその資金のおかげで、めぐりめぐって株価も上がった」という理解でまずは大丈夫です。 詳しく理解したいと思う時がきたら、このページを思い出して読み返して下さい。 レポ市場ってなに? レポ市場は、国債を担保にして、最短1日から数日だけ現金を貸し借りできる取引ができる場所です。 主に、銀行、証券会社、保険、ヘッジファンドたちが利用しています。 「1日単位で現金を貸し借りして、何が嬉しいの?そんなに、その日暮らしで危ないやりくりをしているの?」と思うかも知れません。 でも、これは債権投資をしている銀行やファンドにとって、かなり助かる仕組みです。 私たちの生活でも、家賃やクレジットカードの支払い日を思い出して「やばっ!すぐに支払い口座にお金を振り込まなきゃ」ということがあると思います。 投資をしたことがある人なら経験あるかと思いますが、株や債券で資産を売れば現金が手に入るのに、売って現金を手にするまでには時間がかかります。 なので、資産はたくさんあるし、数日すれば収入も入ってくるのに、今日支払う現金が不足するという状況が出てきます。 企業なら税品の支払いや国債購入時に一時的にまとまった現金が必要になる時がありますが、その時利用するのがレポ市場です。 レポ金利ってなに? たった1日の現金の貸し借りでも、金利はちゃんと存在します。 レポ市場で現金を貸し借りするときの金利がレポ金利です。 レポ金利は普通はかなり低く設定されています。 銀行が中央銀行FRBの口座に預ける利子 FF金利:政策金利 と同じくらいか、少し高いくらいの金利です。 なお、レポ市場で貸し倒れした場合には、担保の国債を自分のものにできます。 リスクはほぼゼロで手持ちの現金でより預金よりも高い利息が手に入るので、「現金を持っている企業は預けるくらいなら、レポ市場に貸して儲けよう」という企業が、レポ市場で現金の貸し手になります。 つまり、レポ市場は次のような参加者の需給バランスで成り立っています。 需要(現金の借り手):資産はあるのに、税金や国債購入で一時的に現金に困っている企業• 供給(現金の貸し手):余分な現金が手元にあって、リスクなく少しでも高い利息収入が欲しい企業 また、レポ金利は需要と供給のバランスで決まります。 現金を借りたい企業が、現金を貸したい企業より増えれば、レポ金利が上昇• 反対に、現金を借りたい企業が現金を貸したい企業より減れば、レポ金利が下落 でも、見逃せないような金利の急上昇が起こると、FRBが大量に現金を供給して金利を抑えます。 なんでレポ金利が上昇すると危険なのか 2019年よりも前に、レポ金利が急上昇したのはリーマンショック時だったと言われています。 この時は、取引の損害を埋め合わせるための現金が大量に必要になってレポ金利があがりました。 2019年9月のレポ金利上昇でも、大きな取引の損害があったか心配されました。 でも、FRBは法人税と国債発行のタイミングが重なっただけと説明をして、市場は落ち着きを取り戻しています。 ただし、金利は高いままではレポ市場で現金を調達できません。 銀行も保険会社も泣く泣く持っている資産を売って現金を作る動きが出たら、株式市場や債券市場が売られてしまうので、FRBがレポ金利を引き下げています。 2019年9月のレポ金利上昇の原因は調査中 FRBは「法人税支払いと国債購入のタイミングが重なって、現金の需要が増えてレポ金利が上がった」と言っていますが、この説明だけでは少し疑問が残る点があります。 というのも2019年9月の時点で、銀行の余分な現金は1. 2兆ドルもあったのに、レポ市場の貸し手になっていなかったからです。 次のグラフは、銀行が中央銀行に預けている余分な現金(超過準備金)のグラフですが、2014年のピークに比べたら減ったものの、リーマンショック前の2007年時に比べたら、桁違いに多くの現金を銀行は持っています。 どうして、銀行は現金を持っていたのに、レポ市場で現金を貸さなかったのでしょうか。 債権王のガンドラックは「国内の需要が別のところにあるため、レポ市場で低金利での取引ができない」と言っています。 別の需要が何なのかは明言はありませんでしたが、現金があってもレポ市場で貸せない理由があるか、もしくはレポ市場よりも優先して現金を使いたい理由があるのかも知れません。 レポ金利上昇の原因は米財務省が調査中 レポ金利上昇の原因を調べるために、アメリカの財務省は本格調査に乗り出したようです。 財務省の調査結果でどんな報告があるか気になるところですが、銀行やFRBの話を聞く限り、レポ金利が上がった背景は既にいくつか検討がついているようです。 1つは危機に備えて銀行に現金を保有するように決めた法律、もう一つはFRBがリーマンショック時に大量に買った国債の処分です。 貸したくても貸せなかったJPモルガン アメリカ大手銀行のJPモルガンは、2019年9月のレポ金利が上昇した時を振り返って、たしかに手元に現金はあったが、法律に縛られて銀金を貸せなかったと言います。 アメリカではリーマンショックの反省から、金融危機が30日間続いても潰れないように、銀行は手元に現金を置いておくように法律で決められています。 この法律のせいで、現金が貸せなかったと言います。 市場から現金を奪っていたFRB またFRBが2019年8月まで満期を迎えた大量の国債を償還(元金を返してもらうこと)をしていたことも、銀行がレポ市場に貸し出せる現金を奪っていたようです。 FRBがリーマンショック時に買い取った大量の国債のうち、満期を迎えた分の元金を米財務省に支払ってもらう。 米財務省はFRBへの元金支払いのために、新規国債を発行する。 新規国債は民間の銀行などが余剰現金を使って買う。 (レポ市場で貸せる現金が減る) この懸念を払拭するために、FRBは9月から大量に市場に資金を供給する手に出ました。 その効果もあって、レポ金利は既に落ち着きを取り戻しています。 まとめ レポ金利とは何か、なぜ金利が上がったのかを見ていきました。 なぜ、金利が上がったかについては、まだハッキリとした原因がわかっていませんが、法律による規制と、FRBよる国債の償還が大きな影響を与えている可能性があります。 FRBは自分たちがやった国債の償還が悪い影響を与えた可能性を恐れて、早速2020年上旬まで市場から短期債を買い取って、市場に現金を供給する策を打ち出しています。 ただ、短期債をFRBに売った市場参加者は大量な現金を保有し始めていますが、その全てを現金で持っているわけではなさそうです。 短期国債の大量購入した後から、株も順調に上がっているところを見ると、FRBの短期債購入で市場が得た資金は現金だけでなく、株にも向かっているように見えます。

次の

FRB米翌日物レポ金利急上昇対策となったIOER(超過準備金金利)とFF金利との関係は?

レポ 金利

2019年9月には、アメリカでレポ金利と呼ばれる短期の金利が高騰して、投資家をヒヤッとさせました。 ただ、私のようにレポ金利とは関係なく生きている人にとっては、「何が起こっているのか、よくわからない」というのが普通の反応だと思います。 この記事では、レポ金利をちゃんと理解したい人向けに、少し長めですが丁寧に解説しています。 レポ金利って一体何なのか、金利が上がった背景には何があるのかを書います。 この記事のポイント• レポ市場は国債を担保に数日だけ現金を貸し借りできる市場。 銀行・保険・ヘッジファンドが利用。 レポ市場で現金を借りた企業の支払う利率が、レポ金利。 レポ金利が上昇した原因を特定するため、米財務省は本格調査を開始した。 ただし、金利上昇には少なくとも2つの政策が関係している模様。 1つは、危機にそなえて銀行に一定以上の現金を持つことを義務づけた法律。 現金を貸し出せる量が減った。 もう1つは、FRBがリーマンショックの景気対策で大量に買った国債の処分。 結果、金融機関の現金が減った。 投資初心者は「レポ金利で現金が足りなくなって短期金利が急上昇したけど、FRBが資金を投入して抑え込むことに成功しつつある。 ついでにその資金のおかげで、めぐりめぐって株価も上がった」という理解でまずは大丈夫です。 詳しく理解したいと思う時がきたら、このページを思い出して読み返して下さい。 レポ市場ってなに? レポ市場は、国債を担保にして、最短1日から数日だけ現金を貸し借りできる取引ができる場所です。 主に、銀行、証券会社、保険、ヘッジファンドたちが利用しています。 「1日単位で現金を貸し借りして、何が嬉しいの?そんなに、その日暮らしで危ないやりくりをしているの?」と思うかも知れません。 でも、これは債権投資をしている銀行やファンドにとって、かなり助かる仕組みです。 私たちの生活でも、家賃やクレジットカードの支払い日を思い出して「やばっ!すぐに支払い口座にお金を振り込まなきゃ」ということがあると思います。 投資をしたことがある人なら経験あるかと思いますが、株や債券で資産を売れば現金が手に入るのに、売って現金を手にするまでには時間がかかります。 なので、資産はたくさんあるし、数日すれば収入も入ってくるのに、今日支払う現金が不足するという状況が出てきます。 企業なら税品の支払いや国債購入時に一時的にまとまった現金が必要になる時がありますが、その時利用するのがレポ市場です。 レポ金利ってなに? たった1日の現金の貸し借りでも、金利はちゃんと存在します。 レポ市場で現金を貸し借りするときの金利がレポ金利です。 レポ金利は普通はかなり低く設定されています。 銀行が中央銀行FRBの口座に預ける利子 FF金利:政策金利 と同じくらいか、少し高いくらいの金利です。 なお、レポ市場で貸し倒れした場合には、担保の国債を自分のものにできます。 リスクはほぼゼロで手持ちの現金でより預金よりも高い利息が手に入るので、「現金を持っている企業は預けるくらいなら、レポ市場に貸して儲けよう」という企業が、レポ市場で現金の貸し手になります。 つまり、レポ市場は次のような参加者の需給バランスで成り立っています。 需要(現金の借り手):資産はあるのに、税金や国債購入で一時的に現金に困っている企業• 供給(現金の貸し手):余分な現金が手元にあって、リスクなく少しでも高い利息収入が欲しい企業 また、レポ金利は需要と供給のバランスで決まります。 現金を借りたい企業が、現金を貸したい企業より増えれば、レポ金利が上昇• 反対に、現金を借りたい企業が現金を貸したい企業より減れば、レポ金利が下落 でも、見逃せないような金利の急上昇が起こると、FRBが大量に現金を供給して金利を抑えます。 なんでレポ金利が上昇すると危険なのか 2019年よりも前に、レポ金利が急上昇したのはリーマンショック時だったと言われています。 この時は、取引の損害を埋め合わせるための現金が大量に必要になってレポ金利があがりました。 2019年9月のレポ金利上昇でも、大きな取引の損害があったか心配されました。 でも、FRBは法人税と国債発行のタイミングが重なっただけと説明をして、市場は落ち着きを取り戻しています。 ただし、金利は高いままではレポ市場で現金を調達できません。 銀行も保険会社も泣く泣く持っている資産を売って現金を作る動きが出たら、株式市場や債券市場が売られてしまうので、FRBがレポ金利を引き下げています。 2019年9月のレポ金利上昇の原因は調査中 FRBは「法人税支払いと国債購入のタイミングが重なって、現金の需要が増えてレポ金利が上がった」と言っていますが、この説明だけでは少し疑問が残る点があります。 というのも2019年9月の時点で、銀行の余分な現金は1. 2兆ドルもあったのに、レポ市場の貸し手になっていなかったからです。 次のグラフは、銀行が中央銀行に預けている余分な現金(超過準備金)のグラフですが、2014年のピークに比べたら減ったものの、リーマンショック前の2007年時に比べたら、桁違いに多くの現金を銀行は持っています。 どうして、銀行は現金を持っていたのに、レポ市場で現金を貸さなかったのでしょうか。 債権王のガンドラックは「国内の需要が別のところにあるため、レポ市場で低金利での取引ができない」と言っています。 別の需要が何なのかは明言はありませんでしたが、現金があってもレポ市場で貸せない理由があるか、もしくはレポ市場よりも優先して現金を使いたい理由があるのかも知れません。 レポ金利上昇の原因は米財務省が調査中 レポ金利上昇の原因を調べるために、アメリカの財務省は本格調査に乗り出したようです。 財務省の調査結果でどんな報告があるか気になるところですが、銀行やFRBの話を聞く限り、レポ金利が上がった背景は既にいくつか検討がついているようです。 1つは危機に備えて銀行に現金を保有するように決めた法律、もう一つはFRBがリーマンショック時に大量に買った国債の処分です。 貸したくても貸せなかったJPモルガン アメリカ大手銀行のJPモルガンは、2019年9月のレポ金利が上昇した時を振り返って、たしかに手元に現金はあったが、法律に縛られて銀金を貸せなかったと言います。 アメリカではリーマンショックの反省から、金融危機が30日間続いても潰れないように、銀行は手元に現金を置いておくように法律で決められています。 この法律のせいで、現金が貸せなかったと言います。 市場から現金を奪っていたFRB またFRBが2019年8月まで満期を迎えた大量の国債を償還(元金を返してもらうこと)をしていたことも、銀行がレポ市場に貸し出せる現金を奪っていたようです。 FRBがリーマンショック時に買い取った大量の国債のうち、満期を迎えた分の元金を米財務省に支払ってもらう。 米財務省はFRBへの元金支払いのために、新規国債を発行する。 新規国債は民間の銀行などが余剰現金を使って買う。 (レポ市場で貸せる現金が減る) この懸念を払拭するために、FRBは9月から大量に市場に資金を供給する手に出ました。 その効果もあって、レポ金利は既に落ち着きを取り戻しています。 まとめ レポ金利とは何か、なぜ金利が上がったのかを見ていきました。 なぜ、金利が上がったかについては、まだハッキリとした原因がわかっていませんが、法律による規制と、FRBよる国債の償還が大きな影響を与えている可能性があります。 FRBは自分たちがやった国債の償還が悪い影響を与えた可能性を恐れて、早速2020年上旬まで市場から短期債を買い取って、市場に現金を供給する策を打ち出しています。 ただ、短期債をFRBに売った市場参加者は大量な現金を保有し始めていますが、その全てを現金で持っているわけではなさそうです。 短期国債の大量購入した後から、株も順調に上がっているところを見ると、FRBの短期債購入で市場が得た資金は現金だけでなく、株にも向かっているように見えます。

次の

アメリカが量的緩和?翌日物レポ金利の影響を解説

レポ 金利

レポ取引 読み方: れぽとりひき 英語名: Repurchase transaction 分類: オープン市場 レポ取引は、本来は、債券や株式などのを買い戻し条件付きで行う取引のことをいいます。 これは、日本においては、特にの貸借取引で(現金)をとして差し出す「現金担保付債券貸借取引(債券レポ取引)」を指すことが多いです。 一般に債券レポ取引は、現金を担保とした債券の消費貸借契約(貸借取引)であり、当事者の一方(貸し手)が他方(借り手)に債券を貸し出し、その見返りとして担保金を受入れ、一定期間経過後に同種同量の債券の返還を受けて、担保金を返却するという仕組みになっています。 ここでは、日本のレポ取引について、簡単にまとめてみました。 目次:コンテンツ構成• レポ取引の基本事項 有価証券の貸借取引には、担保金等を差し出す有担保取引と無担保取引の二つがありますが、前者の有担保取引のうち、金銭(現金)を担保として受入れ、有価証券を貸し出す取引を「現金担保レポ(現担レポ)」または単に「レポ取引」と言います。 レポ取引の由来と現状 元々は、米国で発生して、巨大マーケットに成長した「買戻し(Repurchase)条件付取引」に由来し、欧米では、売買取引を「レポ取引」と定義しているため、「買戻し条件付き売却取引」のことを意味します(米国のレポ取引は、日本におけるに該当)。 一方で、日本では、金銭を担保として差し出す有価証券の貸借取引を「レポ取引」としています。 日本の(現金担保付債券貸借市場)は、1996年に現在の取引形態となり、昨今では、を凌ぐ規模にまで拡大しています。 レポ取引の仕組み レポ取引において、有価証券の借り手(資金の貸し手)は、借り入れた有価証券に対する貸借料を支払い、担保として差入れている資金に対する利息(金利)を受け取ることになります。 一方で、有価証券の貸し手(資金の借り手)は、貸し付けている有価証券に対する貸借料を受け取り、受け入れている資金に対する金利を支払うことになります。 通常、レポ取引は、特定銘柄の調達目的、または有価証券を担保とした資金の調達目的として用いられています。 債券レポ取引の概要 債券レポ取引は、実質的には「債券と資金を一定期間交換する取引」であり、決済日に債券の借り手は債券と貸借料を貸し手に渡し、一方で債券の貸し手は担保金(現金)と利息を借り手に渡します。 これを短期の資金調達という視点から見ると、資金調達コストは、現金担保にかかる利率から債券の貸借料率を引いたもの(=レポレート)になります。 債券レポ取引の種類 債券レポ取引には、「SC取引」と「GS取引」の二つがあります。 これは、特定銘柄の調達を目的としたレポ取引であり、例えば、金融機関等がにおいて、債券をした場合に、買い方へ債券の引き渡しを行うために、本取引を用いて該当銘柄を調達するケースなどが挙げられる。 これは、主に資金の調達を目的としたものであり、対象となる債券は担保として適格であれば何でもよく(銘柄は特定されず)、例えば、金融機関等が保有している国債等を担保として、短期の資金調達を行うケースなどが挙げられる。 債券レポ取引のレポレート レポレートとは、債券レポ取引における取引レートのことをいい、定義上は、担保金利率から貸借料率を差し引いた料率で表されます。 通常は、プラスレートになりますが、市場環境によっては、マイナスレートになることもあります。 なお、実際の取引においては、レポレートを取引者間で決定し、事後的に担保金利率や貸借料率を決定しています。 株券レポ取引の概要 株券レポ取引は、正式には「現金担保付株式等貸借取引」と言い、現金を担保に株式等を貸し借りする取引をいいます。 これは、基本的な仕組みは債券レポ取引と同じで、手持ちの保有資産(株式等)を有効活用して、有利な資金の調達・運用が可能となっています。 株券レポ取引の仕組み 株券レポ取引は、仲介者(短資会社・証券会社等)が間に入り、現金と株式等を交換する形で取引が行われます。 また、月末締めで貸借対象株式等に対する貸借料を受け取る一方で、担保金に対する利息(付利金利)を支払う。 また、月末締めで貸借対象株式等に対する貸借料を支払う一方で、担保金に対する利息(付利金利)を受け取る。 株券レポ取引の主なメリット 株券レポ取引は、債券レポ取引ほどメジャーではありませんが、以下のようなメリットがあります。 ・保有資産(株式等)を有効活用し、貸借期間中に担保金を受入れることができる。 ・保有する株式等の貸借取引を行うことにより、有利な資金調達を行うことができる。 ・基本契約書を締結しておけば、必要な時に貸借取引を行うことができる。 ・ニーズにより、取引期間や金額などをアレンジすることができる。

次の