伊集院 静。 伊集院静

作家の伊集院静氏、順調に回復 コメント発表 :日本経済新聞

伊集院 静

先日、突然の入院以来、皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたが、その後、手術も無事成功し、施術をして頂いた病院の担当の先生、スタッフ、看護師の皆さんのご尽力で、先月、病院を退院いたしました。 後遺症は全くなく現在はリハビリ病院でリハビリに励んでおります。 毎日三キロ近くの散歩を始めています。 今月中旬にはリハビリ病院も退院できることになりましたことをご報告いたします。 仕事始めはゆっくりと考えてはおりますが、毎年、四月に新しく社会人となった若者へ贈るメッセージだけ執筆いたしました。 "令和初の新社会人諸君。 今君たちがそこに立っていることを偶然と思うな。 偶然は神様の采配である。 社会の水も風も、甘くもないし厳しいぞ"と相変わらずの伊集院です。 小説、エッセイ等の連載は随時、再開の予定ですが、入院前よりは少しペースをゆっくりしようと思っています。 最後に、入院中、多くの方々からお見舞い、メッセージを頂き有難く思い、勇気付けられました。 お礼と感謝の意を文面にて失礼とは思いますが、重ねてお礼申し上げます。 入院中、静かに見守って下さったこと、感謝しております。 令和二年三月十二日 伊集院静.

次の

伊集院静 小島慶子との仲裁は妻・篠ひろ子!元妻・夏目雅子との結婚、闘病生活とは

伊集院 静

東京女学館小学校から東京女学館短期大学へ進学。 港区旧高樹町にあった輸入雑貨店「亀甲屋」の長女として生まれた夏目雅子。 父親は貿易商でした。 亀甲屋さんは谷町商店街から赤坂2丁目へ移動後、2012年ごろには閉店してしまいました。 貸しビル業に転じた元の亀甲ビルは現在アパホテル六本木一丁目駅前になっています。 小学校のころから女優にあこがれていたという夏目雅子。 実家は一時高輪よりに引っ越し、横浜市中区山手の元モービル石油の日本支社長の邸宅へ住んでいたこともあります。 お嬢様ですね。 夏目雅子の兄小達一雄は日比谷高校からノートルダム大学に進学。 のちに田中好子と3度目の結婚をしています。 弟はゴルファーの小達敏昭です。 芸能人になることには母が大反対。 CMで肌を見せることにも家族は反対していたといいます。 夏目雅子の芸能界へのデビューは、1976年父の友人のつてで出演したタオルメーカーのCM出演。 17歳のときです。 同年日本テレビの『愛が見えますか」のオーディションでヒロイン役を勝ち取り女優デビューしています。 まだ芸能人として無名だった夏目雅子は翌年カネボウ化粧品のキャンペーンガールに抜擢。 「クッキーフェイス」でブレイクします。 このとき、CMディレクターをしていたのが伊集院静ということです。 芸名を夏目雅子としたのは、夏のキャンペーンガールとしてのイメージ戦略だったということですが、この芸名をつけたのも伊集院静だったといわれています。 当時伊集院静は最初の結婚相手との間に子供もいた状態。 夏目雅子との長い不倫関係が始まります。 芸能人としてスタートしたころの大恋愛。 夏目雅子は大好きな伊集院静と結婚し、翌年に27歳の若さで亡くなります。

次の

作家の伊集院静氏、順調に回復 コメント発表 :日本経済新聞

伊集院 静

東京女学館小学校から東京女学館短期大学へ進学。 港区旧高樹町にあった輸入雑貨店「亀甲屋」の長女として生まれた夏目雅子。 父親は貿易商でした。 亀甲屋さんは谷町商店街から赤坂2丁目へ移動後、2012年ごろには閉店してしまいました。 貸しビル業に転じた元の亀甲ビルは現在アパホテル六本木一丁目駅前になっています。 小学校のころから女優にあこがれていたという夏目雅子。 実家は一時高輪よりに引っ越し、横浜市中区山手の元モービル石油の日本支社長の邸宅へ住んでいたこともあります。 お嬢様ですね。 夏目雅子の兄小達一雄は日比谷高校からノートルダム大学に進学。 のちに田中好子と3度目の結婚をしています。 弟はゴルファーの小達敏昭です。 芸能人になることには母が大反対。 CMで肌を見せることにも家族は反対していたといいます。 夏目雅子の芸能界へのデビューは、1976年父の友人のつてで出演したタオルメーカーのCM出演。 17歳のときです。 同年日本テレビの『愛が見えますか」のオーディションでヒロイン役を勝ち取り女優デビューしています。 まだ芸能人として無名だった夏目雅子は翌年カネボウ化粧品のキャンペーンガールに抜擢。 「クッキーフェイス」でブレイクします。 このとき、CMディレクターをしていたのが伊集院静ということです。 芸名を夏目雅子としたのは、夏のキャンペーンガールとしてのイメージ戦略だったということですが、この芸名をつけたのも伊集院静だったといわれています。 当時伊集院静は最初の結婚相手との間に子供もいた状態。 夏目雅子との長い不倫関係が始まります。 芸能人としてスタートしたころの大恋愛。 夏目雅子は大好きな伊集院静と結婚し、翌年に27歳の若さで亡くなります。

次の