トイトレ うまくいかない。 【トイトレのやり方】トイレトレーニングがうまくいかない理由【実践集】

【4歳の進まないトイレトレーニング】トイトレを一度やめよう。

トイトレ うまくいかない

今も昔もトイレトレーニング(おむつ外れ)に悩むお母さんは多い! 「いつから始めればいいの?」 「どうやってはじめるの?」 「既にトレーニングを始めたけれども、いつまで経っても一人でトイレで行けるようにならない。 」 「おむつがいつまでも外れないことに焦りを感じる。 」 「失敗したときに、きつい言葉をかけてしまい後悔した。 」 「子供がプレッシャーを感じない様に、気持ちよく排泄が促せるように、ポジティブな言葉を投げかけるようにしている。 」 おむつがなかなか外れないことに対して、両親、近親者からのプレッシャー、本やネット情報から、どの情報を活用したらいいかわからない。 私の経験も含めて書いていきますね。 膀胱が発達することで、本人が排泄をコントロールすることが出来るようになるようです。 膀胱が発達していない時期から始めてもなかなかうまくいかないようです。 トイレトレーニングをするチャンスです。 言葉を話すようになり、排泄、排尿の報告を自分でするようになったらチャンスです。 ・おしっこ、うんちはトイレでするということを認識してもらう 親の心の準備 ・失敗はするものだと認識し、ポジティブな声掛けが出来るように心の準備をしておきましょう。 失敗しても「次はもう少し早めに行こうね」など。 焦りは禁物です。 我が家の経験談(失敗談) さぁはじめましょう! と、我が家でも張り切ったのは良いのですが、一生懸命になるのは大人ばかり。 大人も時間的な都合がありますし、子供も遊びに夢中になっているとヤダヤダになります。 結局お互いにストレスが発生しダメでした。 行ったら、シールは貼るが、自分からトイレに行こうとはならず。 ・おまる大作戦をするも、おまるは車の玩具扱いに。。。 ・トレーニングパンツを履かせても普通のオムツと反応はかわらず。。。 ・排泄をするまでトイレに居させても、かえってプレッシャーになりトイレが嫌いになってしまいました。 我が家の成功談 子供が3歳半になったときに 【お兄ちゃん】というワードにグッとくるようになり、お兄さんはパンツだよ、とパンツをはかせることに成功。 (Youtubeの影響かわかりませんが、言葉を急に沢山、話し始めた時期でした。 ) 「おにいちゃんパンツ履く~」とノリノリに。 3日程はパンツの中でおしっこをしたりと失敗しましたが 4日目に突然!!! 「僕、おにいさんだからパンツの中でおしっこしないようにしたー」 と宣言!!! それから、トイレでおしっことウンコをするようになりました!!! まとめ つまり、どんなに周りが頑張っても結局のところ【本人次第】なんですよね。 オムツはいつか取れるもの。 そう割り切って、無理にトレーニングを始めなくても良いのかもしれません。 こどもについネガティブなワードを発してしまい、後悔することも・・・。 トレーニング!トレーニング!で毎日、親と子でお互いにストレスを抱えるよりも、【いっそのこと諦める。 】 それも1つの方法だと思います。 オムツが沢山入るマザーズバッグ。 オムツが取り出しやすいようなマザーズバッグ。 悩めるママを後押しできるバッグを考えてます!よかったら応援お願いします!.

次の

トイトレで追い詰められるママたちの体験談。ストレスを抱えないためには|ウーマンエキサイト(1/3)

トイトレ うまくいかない

幼稚園にこれから通わせようと思っている親御さんや、現在幼稚園に通っていらっしゃる親御さんにとって最大の問題はというと、なんといってもトイレトレーニング、略してトイトレですよね。 幼稚園によっては、入園前にはトイトレを済ませておかなくてはいけない場合もありますので、小さなお子さんを育てていらっしゃる親御さんにとってトイトレは本当に切実な問題であると言えます。 そんな、幼稚園入園前のお子さん、もしくは幼稚園に入園後のお子さんを育てていらっしゃるトイトレ中の親御さんのために、ここでは小さなお子さんのトイトレがうまくいかないのはなぜなのか、また、オムツに戻すなどトイトレをうまく成功させるための対処法をご紹介させて頂きたいと思います。 「なかなかうまくいかないトイトレを成功させたい!」と思っていらっしゃる親御さんは、要チェックです! 目次• 幼稚園のトイトレがうまくいかない! 幼稚園のトイトレがうまくいかないと悩んでしまいますよね。 幼稚園によっては、お子さんのトイトレが成功するまであたたかく見守ってくださる場合もあるのですが、厳しい幼稚園によっては、トイトレがうまくいかないだけで幼稚園をやめさせられることもあるようなので、親御さんにとってトイトレは死活問題と言えるでしょう。 では、どうすればトイトレが成功するのでしょうか? 気になりますよね! そこで、以下にトイトレを成功させた対処法をいくつかご紹介させて頂きます。 まず、ひとつ目は子供がその気になるような声かけをすることです。 幼い男の子は「かっこいい」とかいう言葉に弱いので、かなりトイトレが成功する確率がアップするでしょう。 この言葉を言うのはお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃん、親せきのおじさんやおばさんでもよいのですが、若くてかわいらしい幼稚園の先生だと効果がさらにアップするかもしれませんね。 次に2つ目の対処法をご紹介させて頂きます。 それは、トイレに幼稚園入園前あるいは入園後のお子さんの好きなキャラクターのポスターを貼ったり、トイトレが成功したときに好きなシールを貼っていったりする方法です。 3つ目の対処法は、トイトレが成功したときに大げさなぐらいほめてあげるという方法です。 小さなお子さんというのは、親御さんはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん、おじちゃん、おばちゃん、幼稚園の先生に褒められるのが大好きなので、トイトレが成功したときに、みんながいつもよりも大げさに褒めてくれたらうれしくなってトイレに行くようになっていくと思います。 4番目の幼稚園のトイトレ成功のための対処法は、大好きなキャラクターもののトレーニングパンツをお子さんにはかせる方法です。 お子さんは、大好きなキャラクターのパンツをはいていたら、濡らしたくなくなるものですし、幼稚園入園前、もしくは入園後のトイトレ中のお子さんに「そのヒーローもののキャラクター、濡れたら弱くなって戦えなくなっちゃうよ」と声かけをしたら、濡らさないように頑張って、トイレに行くようになることもあるようです。 5つ目の幼稚園のトイトレ成功のための対処法は、お子さんが3歳以上になっている場合は、おもらししたときには、濡れてしまった床などを自分で雑巾を使ってお掃除させて、トレーニングパンツも自分で着替えさせるという方法です。 むやみやたらに、トイトレを失敗したときに叱るよりも、自分でおもらしをした後始末をさせるように気を付けるだけで、小さな幼稚園入園前、もしくは入園後のお子さんは、「トレーニングパンツがぬれたら着替えなくちゃね。 今度はおもらしせずにトイレできちんとする」と自分でトイトレを成功させなくてはいけないと自覚するようになり、きちんとトイレで用をたせるようになっていくでしょう。 とにかく、親御さんが焦れば焦るほど、お子さんにその焦りが伝わりますので、できるだけ、上記でご紹介致しました対処法の中から幼稚園入園前、もしくは入園後のお子さんに会ったスタイルをお子さんと一緒に見つけていくようにしましょう。 オムツに戻すのも一つの手 上記ではトレーニングパンツをはいた場合の対処法をご紹介致しましたが、実は、幼稚園のトイトレがうまくいかないときには一旦、オムツに戻すのも対処法のひとつなのです。 現在は、濡れたのがわかるような紙タイプのトレーニングパンツも販売されていますので、それを使用すれば、床やパンツを汚すことなくトイトレを行うことができますので、おすすめです。 もう一つのトイトレ中の紙おむつを使った被害の少ない方法としてトレーニングタイプの紙おむつではなく普通のタイプのオムツを裏返しにして使用するという方法です。 こうすると、水分を吸収しづらくなるので、幼稚園入園前、もしくは入園後のお子さんに不快感が伝わり、トイトレが成功しやすくなっていく上に、床を濡らしたり、パンツを濡らしたりする被害を最小限に防ぐことができます。 あと、布製のトレーニングパンツと紙おむつを併用するという方法があります。 この方法は、まず布製のトレーニングパンツを幼稚園入園前、もしくは入園後のお子さんにはかせて、その上から紙おむつを吐かせるという方法です。 こうすれば、お子さんにトイトレが失敗したときにパンツが濡れて、不快感が伝わるためトイトレが成功する可能性が高くなります。 トイトレを失敗してパンツが濡れたとしても、上に紙おむつをはいていますので、床などを濡らしたりする心配がありません。 冬場、寒くてトイトレを失敗しがちなお子さんにおすすめの対処方法です。 まとめ 私も、子供が幼稚園の頃トイトレには四苦八苦しましたが、ちょっとした声かけがきっかけでそれまでうまくいかなかったトイトレがすんなり成功した経験があります。 幼稚園によってはトイトレができていることが入園の条件だったりするため、焦ってしまう親御さんもいらっしゃるかもしれません。 しかし、焦るとお子さんに焦りが伝わってしまいよりトイトレがうまくいかなくなってしまう場合もあります。 ゆったりと構えて、上記でご紹介致しました対処法を参考に、お子さんに合ったトイトレ方法を見つけてトイトレを成功させましょう。

次の

幼稚園のトイトレがうまくいかない!オムツに戻すなど対処法をご紹介

トイトレ うまくいかない

3歳からトイトレを始める理由 1歳や2歳からトイトレを始める方もいらっしゃるかと思いますが、意思疎通がうまくできないこともあり、苦戦する方が多いようです。 しかし、3歳になると、 心や知能、体がぐっと成長し、自立心が強くなってくる年齢ですよね。 そのため、3歳だからこそトイトレを始めるべき理由が大きく二つあります。 トイレを理解することができる 3歳になると、トイレはなにをするところなのかやトイレでおしっこをすることのメリットなど、 トイレのことを少しずつ理解できるようになってきます。 そのため、トイレはおしっことうんちをするところなんだよ、トイレでおしっこをすると気持ちいいよ、といったことを言葉で伝えることによって、比較的スムーズにトイトレが進むことが多いようです。 トイトレ 時期におすすめの絵本をお探しの方は、「」の記事をご覧ください。 おしっこに関する体の機能が発達してくる そもそも、みなさんはおしっこのメカニズムをご存知でしょうか。 おしっこが膀胱に溜まると膀胱が大きくなりますよね。 そうすると脳に信号が伝わり、「おしっこをしたい」と感じます。 その一方でおしっこを我慢するときは、膀胱から脳に信号が伝わり、おしっこがでないようになっているのです。 3歳になるとこの おしっこのメカニズムが整ってきて、膀胱がおしっこを溜められる量も増えるため、トイトレに適した年齢といえます。 3歳からトイトレを始めるコツ 3歳がトイトレに適していることはわかりましたが、だからといって必ずしもトイトレが成功する、というわけではありません。 何歳であろうとトイトレを始めるにあたりちょっとしたコツがありますので、3歳児に効果的なコツを2つご紹介します。 トイレに興味をもってもらう 3歳児は好奇心旺盛で、理解力が高まります。 そのため、まずは トイレに興味をもってもらえるような工夫が必要です。 例えばトイトレの絵本や動画を見せたり、トイレに子どもが気に入っているシールやポスターなどを貼ってみたり、ママのトイレについてきてもらったりすると、いつの間にかトイレに興味をもってくれることが多いのでおすすめです。 トイトレ 用のご褒美シール台帳をオリジナルで作成しました。 しまじろうやトーマスの台帳へのリンクもまとめています。 「」の記事をご覧ください。 褒めて子どものやる気を伸ばす 3歳は褒められると自信がついたりやる気が出る時期でもあります。 もしトイレに成功したら 大げさなくらい褒めてあげましょう。 また、たとえトイレに失敗してしまっても、トイレに行きたいと教えてくれた、トイレの便座に座ることができた、など、できたことを見つけて褒めてあげると、子どものやる気が伸びるのでおすすめです。 トイトレの進め方 トイトレの進め方がよくわからない、という方は多くいらっしゃいます。 そんな方のために3歳向けのトイトレの進め方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 トイレに誘う まずはトイレに誘ってみましょう。 朝起きた時や、食事の前後、お風呂に入る前、寝る前など、生活の中で 区切りが良いタイミングを狙って声をかけてみるとスムーズにいくことがあります。 声をかける時は不安そうにするのではなく、遊びに誘うような雰囲気で「ママと一緒にトイレに行こう」と明るく優しく声をかけるようにしましょう。 また、おしっこが出なくてもトイレに座らせるだけでもトイレに行く習慣が身に付くのでおすすめです。 トレーニングパンツで過ごす 次に、思い切って日中は トレーニングパンツで過ごしてみましょう。 子どもが好きなキャラクターや色のトレーニングパンツを一緒に買いに行ったり、「お姉さんパンツ」「お兄さんパンツ」と呼んだりすると、子どものやる気がぐっと伸びるのでおすすめです。 また、万が一おもらしをしてしまっても、濡れて気持ち悪い、という感覚が学べるので、次第にトイレでおしっこができるようになりますよ。 子ども自ら「おしっこ」と言えるようにする いよいよトイトレの最終段階です。 子どもから「おしっこ」と言えるようになれば、おむつ卒業は目前です。 トイトレを繰り返すことで 自然に身に付くことが多いようですが、おもらしをしてしまったときに「おしっこ出たね!次はおしっこをしたいときに教えてね」と声をかけたり、おしっこの間隔が長いときに「おしっこ大丈夫?」と声をかけてあげると、段々と教えてくれるようになるので、ぜひ試してみてください。 トイトレがうまくいかない、そんな時は たとえ育児書どおりにトイトレを進めていても、実際はうまくいかないことの方が多いですよね。 同じ環境で同じ方法でトイトレをしても進み具合には個人差が出てきますので、行き詰まってしまったときの解決方法をご紹介します。 トイレに行きたがらない理由を探ってみる コミュニケーション能力を逆に使い、 なぜトイレに行きたがらないのかを直接子どもに聞いてみてください。 もちろん責めるのは禁物です。 どうして?なんで?といったような漠然とした責めるような質問ではなく、 トイレ怖い?トイレでおしっこするの嫌い?など具体的な質問をして、子どもが話してくれたらしっかりと耳を傾けて、問題を解決してあげてください。 焦りは禁物!ストレスの原因に 3歳のトイトレは「遅い」と感じるママも少なくないため、焦りからつい口調がきつくなってしまったり、おもらしをしたらため息をついてしまったり、しつこくトイレに誘ってしまったりします。 この時期の子どもはママのご機嫌に敏感ですので、そんなママを見るとストレスを感じ、逆にトイレが嫌になってしまいます。 いずれおむつは卒業できますから、 焦らずゆっくりを心がけてみてくださいね。 とはいえ、トイトレ 中のお漏らしにイライラしてしまう気持ちもわかります。 おしっこの消臭にお悩みの方は「」の記事をご覧ください。 お医者さんに相談する それでもトイトレの進み具合に不安がある方は、一度お医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。 3歳であれば病気の可能性は低いですが、病的な問題がない場合でも、 お医者さんに相談しながらトイトレを進めることができます。 ちょっと敷居が高いな、と思う方はまず電話で相談してみることをおすすめします。 トイトレは焦らずゆっくり進めましょう 保育園や幼稚園へ通っていると、周りの子とつい比べたくなってしまう方も多いですよね。 しかし、繰り返しになりますが、 トイトレの進み具合にはかなり個人差があり、何年もかかる子もいれば、数カ月で完了する子もいます。 今後はもう見ることができないおむつの時期を楽しみながら、子どものペースに合わせ、ゆっくり焦らずに勧めていきましょう。 私と長男のトイトレ 体験を「」の記事にまとめました。 興味のある方はご覧になってください。

次の