ヒラタケ レシピ。 ツキヨタケとヒラタケの見分け方

ウスヒラタケ(薄平茸) 時期・採り方・見分け方・レシピ

ヒラタケ レシピ

栽培も盛んに行われ、欧米ではオイスター・マッシュルール(oyster mushroom)として知られています。 日本でも広く栽培されていますが、かつて現在よく目にするブナシメジのように瓶による菌床栽培が盛んに行われ、「シメジ」として流通していた時代がありましたが、「本シメジ」という名称でブナシメジが登場し、味、食感の良さから市場に一気に広まるとともにこのヒラタケは姿を消していきました。 近年になり、写真のような傘が大きくなった状態で本来の「ひらたけ」という名称で販売されるようになりました。 天然のものは発生した環境によって色や形に違いが出るようで、立ち木にできたものは偏芯形になり、大きくなると扇のようになることも多いです。 菌床栽培されているものは中央が窪んでじょうご型になっているものが多いです。 いずれにしても、傘にぬめりはなくさらっとしていて、裏側のヒダは白く、柄の部分にまでかかっているのが特徴です。 次いで新潟、長崎と続きます。 ヒラタケは沖縄を除く全国で生産されています。 夏に見られるのは同じヒラタケ属のウスヒラタケの場合が多いようです。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ヒラタケ.

次の

きのこ採りシリーズ⑨ ヒラタケ・ウスヒラタケ

ヒラタケ レシピ

2.お米と1を煮て大根の下処理をします。 3.大根は5分程度煮て、ザルに取り出します。 4.小鍋にめんつゆ2:水3の割合で入れます。 ヒラタケは洗わずに手で小さめにさいて鍋にいれ、下処理した大根もいれて煮込んでいきます。 5.再沸騰したら落し蓋をして火を弱火にして10分程度煮込みます。 6.煮汁が少し残っている状態になったら、溶いた葛粉(片栗粉でもOK)を入れてとろみをつけます。 7.6をお皿にもって、刻んで置いた青ネギをトッピングしたら出来上がりです。 煮物にすることでヒラタケの特徴である『肉厚』を堪能することが出来ます。 しいたけと異なり きのこの出汁は煮汁にはあまり出ませんが、その分、身がしっかりした状態で仕上がります。 和風の味付けにはピッタリです。 キノコの出汁がでないので、カツオやあご出汁で煮込んでも美味しくなると感じました。 ヒラタケは洗わずに手でさきます。 2.フライパンにマヨネーズ大さじ1をいれて初めに長ネギを炒めていきます。 3.長ネギはトロトロになるまで炒めるのがポイントです。 トロトロになったら、大さじ1のマヨネーズをいれてヒラタケを投入。 さらに炒めます。 4.ガーリックパウダー、醤油、粗びき胡椒を加えて味を調えたら出来上がり。 汁ものにするとヒラタケの特徴である『肉厚』という部分をあまり感じられません。 また出汁がよくでるキノコではないので汁物よりは煮物や炒め物の方がヒラタケの良さを最大に活かせる調理法であると感じました。 味も主張が強いキノコではないので味噌汁に使ってしまうのは少し勿体ないように思います。 しかし、使いきれなくて時短で簡単に調理する方法が知りたい!という方は汁物にいれても良いでしょう。 決して合わない調理法で葉ありませんよ。 霜降りヒラタケの美味しい食べ方はどれ? 霜降りヒラタケの味は? 霜降りヒラタケは、他のキノコと比べると肉厚の為比較的シイタケに食感が似ています。 しいたけは煮ると煮汁の中にしいたけの出汁がでますが、ヒラタケは比較的だしがでないキノコだと感じました。 煮物、汁ものにしてもヒラタケの出汁はシイタケに比べるとあまりでていませんでした。 味はシイタケよりも、しめじよりだと思います。 主張が強くないのでどんな料理にも合わせて食べることが出来ます。 霜降りヒラタケの美味しい食べ方はこれだ! 霜降りヒラタケの主な特徴はその 肉厚でジューシーなところにあります。 その為、 炒め物、てんぷらなどの揚げ物、煮物にするのが一番ひらたけの美味しさを引き出してくれる食べ方であると感じました。 炒めても肉厚の食感はなくなりませんし、さらにトロっとした食感を楽しむことができます。 また、 肉厚なのであまり細かく切らずに調理するのもポイントの1つです。 煮汁が染み込んだヒラタケはジューシーでとても美味しく仕上がります。 そのままの形で煮ることでそのジューシーさが保てます。 汁ものは合わないわけではありませんが、せっかく肉厚でジューシーな特徴をもつヒラタケを汁物にいれてしまうと、その肉厚さやジューシーさが軽減されてしまうので他の調理法の方が合うと感じました。

次の

ヒラタケ/平茸/ひらたけの保存方法と食べ方:キノコ/旬の野菜百科

ヒラタケ レシピ

2.お米と1を煮て大根の下処理をします。 3.大根は5分程度煮て、ザルに取り出します。 4.小鍋にめんつゆ2:水3の割合で入れます。 ヒラタケは洗わずに手で小さめにさいて鍋にいれ、下処理した大根もいれて煮込んでいきます。 5.再沸騰したら落し蓋をして火を弱火にして10分程度煮込みます。 6.煮汁が少し残っている状態になったら、溶いた葛粉(片栗粉でもOK)を入れてとろみをつけます。 7.6をお皿にもって、刻んで置いた青ネギをトッピングしたら出来上がりです。 煮物にすることでヒラタケの特徴である『肉厚』を堪能することが出来ます。 しいたけと異なり きのこの出汁は煮汁にはあまり出ませんが、その分、身がしっかりした状態で仕上がります。 和風の味付けにはピッタリです。 キノコの出汁がでないので、カツオやあご出汁で煮込んでも美味しくなると感じました。 ヒラタケは洗わずに手でさきます。 2.フライパンにマヨネーズ大さじ1をいれて初めに長ネギを炒めていきます。 3.長ネギはトロトロになるまで炒めるのがポイントです。 トロトロになったら、大さじ1のマヨネーズをいれてヒラタケを投入。 さらに炒めます。 4.ガーリックパウダー、醤油、粗びき胡椒を加えて味を調えたら出来上がり。 汁ものにするとヒラタケの特徴である『肉厚』という部分をあまり感じられません。 また出汁がよくでるキノコではないので汁物よりは煮物や炒め物の方がヒラタケの良さを最大に活かせる調理法であると感じました。 味も主張が強いキノコではないので味噌汁に使ってしまうのは少し勿体ないように思います。 しかし、使いきれなくて時短で簡単に調理する方法が知りたい!という方は汁物にいれても良いでしょう。 決して合わない調理法で葉ありませんよ。 霜降りヒラタケの美味しい食べ方はどれ? 霜降りヒラタケの味は? 霜降りヒラタケは、他のキノコと比べると肉厚の為比較的シイタケに食感が似ています。 しいたけは煮ると煮汁の中にしいたけの出汁がでますが、ヒラタケは比較的だしがでないキノコだと感じました。 煮物、汁ものにしてもヒラタケの出汁はシイタケに比べるとあまりでていませんでした。 味はシイタケよりも、しめじよりだと思います。 主張が強くないのでどんな料理にも合わせて食べることが出来ます。 霜降りヒラタケの美味しい食べ方はこれだ! 霜降りヒラタケの主な特徴はその 肉厚でジューシーなところにあります。 その為、 炒め物、てんぷらなどの揚げ物、煮物にするのが一番ひらたけの美味しさを引き出してくれる食べ方であると感じました。 炒めても肉厚の食感はなくなりませんし、さらにトロっとした食感を楽しむことができます。 また、 肉厚なのであまり細かく切らずに調理するのもポイントの1つです。 煮汁が染み込んだヒラタケはジューシーでとても美味しく仕上がります。 そのままの形で煮ることでそのジューシーさが保てます。 汁ものは合わないわけではありませんが、せっかく肉厚でジューシーな特徴をもつヒラタケを汁物にいれてしまうと、その肉厚さやジューシーさが軽減されてしまうので他の調理法の方が合うと感じました。

次の