ご教示 ありがとうございます。。 ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

「ご助言」の意味とは|覚えておきたいビジネス用語の使い方を解説

ご教示 ありがとうございます。

「ご教授」の読み方と意味 「ご教授」の読み方は「ごきょうじゅ」 「ご教授」は、「 ごきょうじゅ」と読みます。 「ご教授」の意味は「学問・技術・技能などを教えること」 「ご教授」の意味は「 学問・技術・技能などを教えること」です。 「ご教授」は、「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用です。 また、大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 「ご教授」の使い方 「ご教授」は敬語のため上司など目上の相手に使える 「ご教授」は、「教授」という 言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた敬語である為、 上司など目上の相手にも使用することができます。 上司や目上の相手に「ご教授ください」とお願いをするような場面では、「ご教授願います」や「ご教授いただきたく存じます」など、より丁寧な言い回しをするこが望ましいです。 「ご教授ください」の言い回しについては後述します。 「ご教授ください」とメールで頼むは失礼 「ご教授ください」は、「教えてください」という意味の言葉ですが メールなどで「ご教授ください」と頼むことは失礼にあたります。 「ご教授」は先程も説明したように、「教え授ける」という意味の言葉であり、 「専門的な知識や技術を教え授ける」ことを意味している為、かなりの時間を有することです。 つまり、 「ご教授いただきたい」レベルの内容であれば、メールで聞くのは失礼に当たるということです。 従って、「ご教授ください」とお願いするのであれば、直接「ご教授いただけますか?」というようにお願いをしましょう。 「ご教授」は、お願いするという場面では基本的に使用することはできませんが、「ご教授いただきありがとうございました」というように、教授してもらったことに対するお礼をメールで伝える場合に使用することは可能です。 しかし、そのような場合もメールや文面だけで済ませるのではなく直接お礼の気持ちを伝えることは忘れないでください。 「ご教授」の言い回しと例文 教わりたいときは「ご教授願います」 何かを教わりたいときは、「ご教授願います」という言い回しを使用します。 「ご教授願います」は、 「教授」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」、「願う」に丁寧語の「ます」をつけた言葉です。 「ご教授願います」は、「 ご教授をお願いします」という意味であり「教えてください」とお願いする場面で使用できる言葉です。 しかし、「願います」は、 「願う」を丁寧語で言い表した表現であり敬語ではありません。 お願いをするのであれば、 「お願いいたします」「お願い申し上げます」といったように尊敬語を使用してお願いをするとより丁寧で望ましいです。 「ご教授」をお願いする場面での丁寧な言い回しについては後述します。 例文 「一人暮らしを始めたばかりなので、手料理の基本を教授願います」 「来期からこちらの部署に移動することになりましたので、業務内容をご教授願います」 「DIYに挑戦しようと思いので必要な基礎知識をご教授願います」 「ご教授いただけますと幸いです」は丁寧なお願い 「ご教授いただけますと幸いです」は、ご教授をお願いするときに使用する丁寧な言い回しになります。 「いただけます」という言葉は「〜することができます」という意味があり、「〜する」という動詞を「いただけます」と丁寧にした言葉です。 この場合「ご教授いただけますと」は、「 ご教授してもらえると」という意味になります」 「幸いです」は、「 嬉しいです・幸せです」という意味の言葉です。 つまり、「ご教授いただけますと幸いです」は「 ご教授してもらえると嬉しいです」という意味の言い回しということです。 例文 「本格的に武道の道に進みたいと考えているのご教授いただけますと幸いです」 「もっと専門的な知識をつけたいと考えておりますのでご教授いただけますと幸いです」 「先生方のおかげでお料理の楽しさに気づくことができました。 今後とも末永くご教授いただけますと幸いです」 「ご教授いただけますでしょうか」はとても丁寧な表現 さらにご教授を願うフレーズとして丁寧な表現が「 ご教授いただけますでしょうか」です。 「ご教授いただけますでしょうか」は、 「〜をしてもらう」という謙譲語である「お〜いただく」というを使用した敬語表現です。 この場合の「いただく」は、「〜をすることができる」という意味の 「できる」という意味の謙譲語になります。 「ますでしょうか」は、丁寧語の「ます」に「〜だろうか?」という意味の丁寧語で、「〜ですか?」というように問いかけている表現となります。 つまり、「ご教授いただけますでしょうか?」は、「 教えていただけるだろうか?」という意味であるということがわかります。 「ご教授ください」とお願いするよりも、「ご教授していただけますでしょうか?」とお願いするほうが柔らかく、そして丁寧にお願いすることができる表現なので覚えておきましょう。 例文 「私に生花の専門的な知識をご教授いただけますでしょうか」 「ぜひ先生のもとで書道を学びたいと考えているのですが、ご教授いただけますでしょうか」 「楽器を触るのは初めてなのですが、こんな私にもご教授いただけますでしょうか」 「ご教授のほど」は柔らかい印象を与える 「ご検討のほど」は 柔らかい印象を与える言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「〜してください」は、お願いをする場面でよう使用される言い回しですが、「ください」は「くれ」の「尊敬語」であり相手にものや何かを請求する意を表す言葉である為強い口調に感じてしまう人もいます。 しかし、 「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができます。 例えば、「ご教授のほどよろしくお願いいたします」というように続けると、「ご教授してくれるようお願いいたします」というようなニュアンスになります。 例文 「昨年は大変お世話になりました。 今後とも末永くご教授のほどよろしくお願いいたします」 「専門的な知識を身につけたいので、ぜひご教授のほどよろしくお願い申し上げます」 「こちらの部署での仕事は初めてになりますにで、ご教授のほどお願いしたく存じます」 お礼するときは「ご教授いただきありがとうございます」 「 ご教授いただきありがとうございます」は、 ご教授いただいた後にお礼を伝える言葉です。 「ご教授いただきありがとうございます」は、「お(ご)〜いただく」という謙譲語を使用しています。 先程も説明したように、 「お〜いただく」は、「〜してもらう」という意味の謙譲語です。 つまり、「ご教授いただきありがとうございます」は「 ご教授してもらいありがとうございます」という意味の言葉になります。 「ご教授」してもらったという場合は丁寧にお礼の気持ちを伝えましょう。 例文 「優勝することができたのもコーチのおかげです、ここまでご教授いただきありがとうございました」 「お忙しいなか専門的な知識をご教授いただきありがとうございます」 「初心者の私にご丁寧にご教授いただきありがとうございます」 「ご教示」の意味は「知識や方法などを教え示す」 「ご教示」は「 ごきょうじ」と読みます。 「教」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おしえる」と読みます。 「教」は「おしえる」「おしえ」を意味します。 「示」は音読みだと「シ」「ジ」、訓読みだと「しめす」と読みます。 示」は「しめす」「物事を表して知らせる」を意味します。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味します。 「ご教示」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教示ください」は「 知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教示」は「ご教授」と比べると、 より単純で、教えてほしい事柄が明確な場合に使います。 ビジネスシーンでは、書類の書き方がわからない場合に質問したり、対処の方法について尋ねる場合に使えます。 また、「ご教示」は アドバイスを求める場合にも使います。 「ご教示」は、メールなどと書き言葉として使用するのが一般的です。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、請求書の作成方法をご教示いただきたく存じます」 「何かお気づきの点がございましたらご教示ください」 「この度発売の新商品について、お客様に忌憚のないご意見をご教示いただけると幸いです」 「ご教示いただきました事柄につきましては、今後の参考にさせていただきます」 「ご教授」の類語 伝授 「伝授」は「 でんじゅ」と読みます。 「伝授」の意味は、「 伝え授けること」です。 特に 学問や宗教・芸道などの大事な事柄や秘伝を伝えることを「伝授する」といいます。 例えば「ハサミの使い方」を「教える」というよりは、師匠から弟子に教える「秘伝の技」といったように 歴史あるものや、技術を要するようなことを伝え授けるというニュアンスで使用されます。 例文 「お嫁に出る前に、母から我が家秘伝の煮物の作り方を伝授してもらった」 「ぜひともその技術を伝授してもらえないでしょうか?」 「この店の二代目店長にスープの作り方を伝授した」 ご指導 「ご指導」は、「 ごしどう」と読みます。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉です。 「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。 例えば、 目上の人に知識や技術を教えてのらうことを「ご指導いただく」というように言い表します。 例文 「無事に成人式を迎えられましたのも先生方のご指導の賜物です」 「何かとご迷惑をおかけすると思いますが、遠慮せずに何かあれば厳しくご指導願いたく存じます」 「これまで多くのご指導とご配慮をありがとうございました」 ご指南 「ご指南」は「 ごしなん」と読みます。 「ご指南」は、 「指南」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「指南」の意味は、「 南を指すこと・教え示すこと。 教え導くこと。 また、その人」です。 「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味していて、「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 「指南」は武術や芸能についての教えを表しているので、ビジネスシーンで使うことは少ないです。 例文 「是非私に、茶道の作法をご指南いただけないでしょうか」 「お忙しい中、ご丁寧にご指南いただきありがとうございました」 薫陶 「薫陶」は「 くんとう」と読みます。 「薫陶」の意味は、「 自分の徳で他人を感化すること」「 すぐれた人格で教え育て上げること」です。 ただ教育するのではなく、 人格面を含め道徳的な教育をし、また指導をせずに自分自身の徳の力によって人を感化し育てることを意味している言葉です。 例文 「今の私があるのは、先生方の薫陶の賜物です」 「最後まで大過なく任期を全うできましたのも、皆様のご薫陶とお力添えのおかげでございます」 「課長のこれまでの薫陶に心より感謝申し上げます」.

次の

「ご丁寧にありがとうございます」の敬語・目上の人への使い方

ご教示 ありがとうございます。

「ご教授」の読み方と意味 「ご教授」の読み方は「ごきょうじゅ」 「ご教授」は、「 ごきょうじゅ」と読みます。 「ご教授」の意味は「学問・技術・技能などを教えること」 「ご教授」の意味は「 学問・技術・技能などを教えること」です。 「ご教授」は、「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用です。 また、大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 「ご教授」の使い方 「ご教授」は敬語のため上司など目上の相手に使える 「ご教授」は、「教授」という 言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた敬語である為、 上司など目上の相手にも使用することができます。 上司や目上の相手に「ご教授ください」とお願いをするような場面では、「ご教授願います」や「ご教授いただきたく存じます」など、より丁寧な言い回しをするこが望ましいです。 「ご教授ください」の言い回しについては後述します。 「ご教授ください」とメールで頼むは失礼 「ご教授ください」は、「教えてください」という意味の言葉ですが メールなどで「ご教授ください」と頼むことは失礼にあたります。 「ご教授」は先程も説明したように、「教え授ける」という意味の言葉であり、 「専門的な知識や技術を教え授ける」ことを意味している為、かなりの時間を有することです。 つまり、 「ご教授いただきたい」レベルの内容であれば、メールで聞くのは失礼に当たるということです。 従って、「ご教授ください」とお願いするのであれば、直接「ご教授いただけますか?」というようにお願いをしましょう。 「ご教授」は、お願いするという場面では基本的に使用することはできませんが、「ご教授いただきありがとうございました」というように、教授してもらったことに対するお礼をメールで伝える場合に使用することは可能です。 しかし、そのような場合もメールや文面だけで済ませるのではなく直接お礼の気持ちを伝えることは忘れないでください。 「ご教授」の言い回しと例文 教わりたいときは「ご教授願います」 何かを教わりたいときは、「ご教授願います」という言い回しを使用します。 「ご教授願います」は、 「教授」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」、「願う」に丁寧語の「ます」をつけた言葉です。 「ご教授願います」は、「 ご教授をお願いします」という意味であり「教えてください」とお願いする場面で使用できる言葉です。 しかし、「願います」は、 「願う」を丁寧語で言い表した表現であり敬語ではありません。 お願いをするのであれば、 「お願いいたします」「お願い申し上げます」といったように尊敬語を使用してお願いをするとより丁寧で望ましいです。 「ご教授」をお願いする場面での丁寧な言い回しについては後述します。 例文 「一人暮らしを始めたばかりなので、手料理の基本を教授願います」 「来期からこちらの部署に移動することになりましたので、業務内容をご教授願います」 「DIYに挑戦しようと思いので必要な基礎知識をご教授願います」 「ご教授いただけますと幸いです」は丁寧なお願い 「ご教授いただけますと幸いです」は、ご教授をお願いするときに使用する丁寧な言い回しになります。 「いただけます」という言葉は「〜することができます」という意味があり、「〜する」という動詞を「いただけます」と丁寧にした言葉です。 この場合「ご教授いただけますと」は、「 ご教授してもらえると」という意味になります」 「幸いです」は、「 嬉しいです・幸せです」という意味の言葉です。 つまり、「ご教授いただけますと幸いです」は「 ご教授してもらえると嬉しいです」という意味の言い回しということです。 例文 「本格的に武道の道に進みたいと考えているのご教授いただけますと幸いです」 「もっと専門的な知識をつけたいと考えておりますのでご教授いただけますと幸いです」 「先生方のおかげでお料理の楽しさに気づくことができました。 今後とも末永くご教授いただけますと幸いです」 「ご教授いただけますでしょうか」はとても丁寧な表現 さらにご教授を願うフレーズとして丁寧な表現が「 ご教授いただけますでしょうか」です。 「ご教授いただけますでしょうか」は、 「〜をしてもらう」という謙譲語である「お〜いただく」というを使用した敬語表現です。 この場合の「いただく」は、「〜をすることができる」という意味の 「できる」という意味の謙譲語になります。 「ますでしょうか」は、丁寧語の「ます」に「〜だろうか?」という意味の丁寧語で、「〜ですか?」というように問いかけている表現となります。 つまり、「ご教授いただけますでしょうか?」は、「 教えていただけるだろうか?」という意味であるということがわかります。 「ご教授ください」とお願いするよりも、「ご教授していただけますでしょうか?」とお願いするほうが柔らかく、そして丁寧にお願いすることができる表現なので覚えておきましょう。 例文 「私に生花の専門的な知識をご教授いただけますでしょうか」 「ぜひ先生のもとで書道を学びたいと考えているのですが、ご教授いただけますでしょうか」 「楽器を触るのは初めてなのですが、こんな私にもご教授いただけますでしょうか」 「ご教授のほど」は柔らかい印象を与える 「ご検討のほど」は 柔らかい印象を与える言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「〜してください」は、お願いをする場面でよう使用される言い回しですが、「ください」は「くれ」の「尊敬語」であり相手にものや何かを請求する意を表す言葉である為強い口調に感じてしまう人もいます。 しかし、 「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができます。 例えば、「ご教授のほどよろしくお願いいたします」というように続けると、「ご教授してくれるようお願いいたします」というようなニュアンスになります。 例文 「昨年は大変お世話になりました。 今後とも末永くご教授のほどよろしくお願いいたします」 「専門的な知識を身につけたいので、ぜひご教授のほどよろしくお願い申し上げます」 「こちらの部署での仕事は初めてになりますにで、ご教授のほどお願いしたく存じます」 お礼するときは「ご教授いただきありがとうございます」 「 ご教授いただきありがとうございます」は、 ご教授いただいた後にお礼を伝える言葉です。 「ご教授いただきありがとうございます」は、「お(ご)〜いただく」という謙譲語を使用しています。 先程も説明したように、 「お〜いただく」は、「〜してもらう」という意味の謙譲語です。 つまり、「ご教授いただきありがとうございます」は「 ご教授してもらいありがとうございます」という意味の言葉になります。 「ご教授」してもらったという場合は丁寧にお礼の気持ちを伝えましょう。 例文 「優勝することができたのもコーチのおかげです、ここまでご教授いただきありがとうございました」 「お忙しいなか専門的な知識をご教授いただきありがとうございます」 「初心者の私にご丁寧にご教授いただきありがとうございます」 「ご教示」の意味は「知識や方法などを教え示す」 「ご教示」は「 ごきょうじ」と読みます。 「教」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おしえる」と読みます。 「教」は「おしえる」「おしえ」を意味します。 「示」は音読みだと「シ」「ジ」、訓読みだと「しめす」と読みます。 示」は「しめす」「物事を表して知らせる」を意味します。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味します。 「ご教示」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教示ください」は「 知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教示」は「ご教授」と比べると、 より単純で、教えてほしい事柄が明確な場合に使います。 ビジネスシーンでは、書類の書き方がわからない場合に質問したり、対処の方法について尋ねる場合に使えます。 また、「ご教示」は アドバイスを求める場合にも使います。 「ご教示」は、メールなどと書き言葉として使用するのが一般的です。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、請求書の作成方法をご教示いただきたく存じます」 「何かお気づきの点がございましたらご教示ください」 「この度発売の新商品について、お客様に忌憚のないご意見をご教示いただけると幸いです」 「ご教示いただきました事柄につきましては、今後の参考にさせていただきます」 「ご教授」の類語 伝授 「伝授」は「 でんじゅ」と読みます。 「伝授」の意味は、「 伝え授けること」です。 特に 学問や宗教・芸道などの大事な事柄や秘伝を伝えることを「伝授する」といいます。 例えば「ハサミの使い方」を「教える」というよりは、師匠から弟子に教える「秘伝の技」といったように 歴史あるものや、技術を要するようなことを伝え授けるというニュアンスで使用されます。 例文 「お嫁に出る前に、母から我が家秘伝の煮物の作り方を伝授してもらった」 「ぜひともその技術を伝授してもらえないでしょうか?」 「この店の二代目店長にスープの作り方を伝授した」 ご指導 「ご指導」は、「 ごしどう」と読みます。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉です。 「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。 例えば、 目上の人に知識や技術を教えてのらうことを「ご指導いただく」というように言い表します。 例文 「無事に成人式を迎えられましたのも先生方のご指導の賜物です」 「何かとご迷惑をおかけすると思いますが、遠慮せずに何かあれば厳しくご指導願いたく存じます」 「これまで多くのご指導とご配慮をありがとうございました」 ご指南 「ご指南」は「 ごしなん」と読みます。 「ご指南」は、 「指南」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「指南」の意味は、「 南を指すこと・教え示すこと。 教え導くこと。 また、その人」です。 「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味していて、「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 「指南」は武術や芸能についての教えを表しているので、ビジネスシーンで使うことは少ないです。 例文 「是非私に、茶道の作法をご指南いただけないでしょうか」 「お忙しい中、ご丁寧にご指南いただきありがとうございました」 薫陶 「薫陶」は「 くんとう」と読みます。 「薫陶」の意味は、「 自分の徳で他人を感化すること」「 すぐれた人格で教え育て上げること」です。 ただ教育するのではなく、 人格面を含め道徳的な教育をし、また指導をせずに自分自身の徳の力によって人を感化し育てることを意味している言葉です。 例文 「今の私があるのは、先生方の薫陶の賜物です」 「最後まで大過なく任期を全うできましたのも、皆様のご薫陶とお力添えのおかげでございます」 「課長のこれまでの薫陶に心より感謝申し上げます」.

次の

「誠にありがとうございます」は正しい敬語?お礼の敬語表現と例文集

ご教示 ありがとうございます。

会社や職場では、自分が知らない知識やコツを経験のある先輩に教えてもらいたい場面が出てきます。 特に、まだ社会人になって日が浅い人にとっては、覚えなければいけないことや身に付けなければいけないことが膨大で、上司に教えを乞うことが何度もあるでしょう。 上司にとってみれば、いつでもあなたへの助言に手間や時間が避けるとは限りません。 多忙な時もありますし、上司の中には部下への助言が煩わしいと考えている人もいるでしょう。 助言をもらいたい時にこそ、気の利いた適切な言葉遣いをすることで、相手の気分を害することをできるだけ避けましょう。 ご助言いただきたく 「いただきたく」という言葉は、会社や職場で頻繁に目にする表現です。 社内でのメールや文書でも定型文として多くの場面で使われている言葉です。 「もらう」の謙譲語が「いただく」となりますので、目上の人へ敬意を表して言う言葉として使います。 ご助言いただけましたら幸いです 上記の表現をさらに丁寧に言い換えると、「ご助言いただけましたら幸いです」となります。 自分の意志をへりくだって伝えることで、相手からの行為を促す表現になります。 「ご助言いただきたく」よりも丁寧な表現ですので、一見、使い易そうですが、「幸いです」を付けることで、自分からの「助言してほしい」という意図に対して「もし助言してもらえたら、嬉しい」という、比較的弱い表現に受け止められることもあります。 喫緊の問題に取り組んでいる時など、今すぐ助言が欲しい場面においては、この言い方を使うのはあまり良くないでしょう。 相手からどれくらいの期限で助言が欲しいのかを考えた上で、場面に応じて表現を選ぶのが大事です。 ご助言賜わりたく 「賜わりたく」は「たまわりたく」と読み、「賜りたく」と表記することもあります。 上記の「いただく」と同じく「もらう」の謙譲語に当たりますが、「いただく」と比べて「賜わりたく」という言葉ほうが、より高い敬意を表した表現となります。 他部署の上司や、上司の上司など、普段は社内であまり親しくない相手に対しては、「ご助言いただきたく」よりも「ご助言賜りたく」と表現したほうが、言葉遣いが丁寧な印象を相手に与えることができるでしょう。 ご助言に対するお礼の仕方 「ご助言ありがとうございます」はとても丁寧な言い方ですので、上司や先輩などの目上の人からの助言に対して、感謝やお礼を伝えたい時に使う言葉になります。 お礼の表現として、「ご助言」は多用して良い? 「ご助言」は丁寧な言い方ですが、前述したとおり「助言」は幅広い意味を持っている言葉です。 そのため、助言をもらった相手や場面によっては、「ご助言ありがとうございます」という言葉が、相手に対して失礼な印象を与えてしまうこともあります。 例えば、自分を熱心に指導したと考えている相手に対して、「助言した」という言葉は軽く見られてしまうこともあります。 せっかく感謝やお礼を伝えたいつもりが、相手を不快にさせてしまっては元も子もありませんし、後々の職場での人間関係にも影響することもあります。 また、社外の人間に対してであれば、自分だけでなく自分の会社のイメージまで悪く受け取られてしまうこともあるでしょう。 「ご助言」という言葉は、「助言」の名詞に敬語の接頭語である「ご(御)」を付けた言葉ですので、目上の方に対しての敬語として使える言葉といえます。 しかし、相手もしくは会社によっては、この「ご助言」という言葉が不適切な表現と捉えている考えもあります。 「助言」に「ご」をつけるには誤り? 「ご説明(します)」、「ご報告(します)」のように、自分から相手に対する行為については、相手に敬意を示す意味でも、敬語の「ご」を付けるのは適切です。 一方、「ご依頼(します)」、「ご質問(します)」のように、相手の行為を求める言葉については、「ご」をつけるのは適切ではない、という考え方があります。 「助言」は、相手から意見やアドバイスを求める時に使う言葉ですから、この考え方で言えば「ご助言」とするのは誤った使い方となります。 「ご助言いただけますか」の使い方は正しい? 「ご助言」を名詞単体ではなく「ご助言いただきたいです」のように使う場合は、「ご」は敬語ではなく「ご〜する」の謙譲語の形となりますから、目上の人から行為を求める場面でも使える言い方になります。 迷った時は、他の言葉に言い換える 「ご助言」は多くの意味を持っている言葉になりますので、裏を返せば、相手への受け取られ方の違いが大きい言葉であるとも言えます。 「ご助言」の類語や言い換え方として、次のような言葉があります。 相手との関係性や場面に応じて、上手く使い分けるようにしましょう。 ご指摘 「ご指摘」とは、接頭辞である「ご」と「指摘」からなる丁寧表現です。 「指摘(する)」とは、「欠点や過失などを具体的に取り上げて指し示すこと」を意味する言葉です。 相手からの助言によって、自分が間違っていた点が分かった時などの場面では、「ご指摘」という言葉遣いは適しています。 このような場合は、自分が非を認めたことを強調する意味でも「ご助言」より「ご指摘」と表現するのがよいでしょう。 ご指導 「ご指導」とは、接頭辞である「ご」と「指導」からなる丁寧表現です。 「指導(する)」とは、「ある目的や方向に向かって教え導くこと」を意味する言葉です。 「ご指導」は、「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」のように挨拶の定型文としてもよく使われている言葉です。 相手から助言によって仕事のやり方やコツを教えてもらった時には、「ご指導ありがとうございます」のように言い換えることができます。 ご教示 「ご教示」とは、接頭辞である「ご」と「教示」からなる丁寧表現です。 「教示(する)」とは、「教えること、伝達すること」を意味する言葉です。 「ご教示」は、「ご指摘」や「ご指導」と比べて、方法や手順、手段などを具体的に教え示す表現として用いられます。 もらった助言が、簡単なアドバイスではなく具体性をもつ内容であれば、「ご教示いただきありがとうございます」のように言い換えるのが良いでしょう。 「ご助言」を正しく使えてますか?.

次の