テリーのワンダーランド 攻略 ゴールデンゴーレム。 ドラクエモンスターズ攻略メモ【テリー編】

テリーのワンダーランド(GB) 攻略+モンスター配合+他国マスター

テリーのワンダーランド 攻略 ゴールデンゴーレム

ゴールデンゴーレム その配合の容易さと恵まれた能力値で、通常プレイでは魔王系を過去にした、パーフェクトゴーレム。 初出現のドラクエ5では、ゴールド稼ぎでお世話になったプレーヤーも多いのではないだろうか? 本作では、他国マスター出現の仕組みや、レベル合計値での出現モンスターテーブルを知っておけば、簡単に配合相手を揃えられるので、序盤からの作成も可能。 序盤から終盤まで、パーティーのエースとして活躍してくれて、配合を繰り返していけば、簡単に能力がカンストする。 ゴールデンゴーレムの良さは、系統最高位クラスのモンスターにもかかわらず、レベルアップが致命的に遅いわけではない点。 鳥系などの早熟モンスターと比べると見劣りしてしまうが、それでも十分に序盤から機能させられる、成長速度だ。 配合方法は、他国マスターから奪った溶岩魔人と氷河魔人を組み合わせるのが一般的だが、1体目に限り、氷河魔人はお見合いで調達するという方法もある。 ロック鳥 鳥系のレアモンスターだが、配合方法さえ知ってしまえば、材料の調達も容易なので簡単に作れてしまう。 HPが凄まじいスピードで成長し、パーティーの壁役と回復役を同時にこなしてくれる。 序盤は、攻撃力のみ成長が鈍いが、後半で巻き返しを見せて、最終的にはそれなりの数値になる。 配合方法は、メダルおじさんのサンダーバードに、序盤ボスで仲間になるゴーレム。 もしくは、配合が容易で比較的強いヘルコンドルに、ゴーレムを掛け合わせる方法がおすすめ。 ヘルコンドル経由なら、ベホマラー+グランドクロスを覚え、攻守共に隙のないモンスターに。 ヘルコンドルの配合に必要なネジまき鳥を作成の際には、さまよう鎧や呪いのランプを意識的に経由させると、さらに研ぎ澄まされる。 ちなみに、スカイドラゴンは神龍の素材として貴重なモンスター。 また、13枚以上渡して初プレゼントが済んだ後に、近くのメタルスライムと会話すると旅の扉を開放してくれる。 13枚で貰えるサンダーバードは、序盤で手に入れることができれば、非常に強力なモンスター。 能力値が高く、成長が早いので、かなりの活躍を見込めるだろう。 【13枚】サンダーバードのタマゴ 【18枚】パオームのタマゴ 【25枚】デンタザウルスのタマゴ 【30枚】はぐれメタルのタマゴ 図書室の書庫への道は、司書さんが塞いでいるが、モンスターを100種類以上仲間にしていると通してくれる。 Fクラスに勝利すると今まで口をきいてくれなかった王妃が話してくれるようになる。 珍しいモンスターを見せてほしいと頼まれ、王妃のお題に応える度にアイテムを貰える。 後半のハードルが異常に高い割には、パッとしないアイテムばかりがプレゼントになっている。 謎の闘技場で出現するモンスターは、味方のレベル合計に応じて決定し、肉を使うことでモンスターを勧誘することも可能。 ちなみに、味方のレベルに応じて相手モンスターが決定するので、謎の闘技場を利用し続ければ、いずれレベルカンストを目指せる。 謎の闘技場で出現するモンスターは、他国マスターが使用するモンスターのラインナップと似ているが、微妙に違う点があり、最高クラスでもメタルキングが出現せずに、はぐれメタル止まり。 また、謎の闘技場は、3戦勝ち抜く毎に賞品が貰え、もう1度挑戦するかどうかを選べる。 「はい」を選び続けることでアイテム欄が埋まるまで挑戦でき、前半戦の賞品は肉や杖など戦闘中に消費できるアイテムが主体のため手に入れるたびに消費で延々と続けられるが、後半戦の賞品は本が主体のため、いずれはアイテム欄が一杯になってしまう。 その後も何度でも闘うことができるので覚えておこう。 いっきにモンスター収集が加速できるので有効に活用したい。 また、同じく売り出されたばかりの銀の竪琴もレベル上げの際に役立つ。 クリア後すぐに防衛可能だが、モンスターが育っていない場合は、まず勝てない。 また、倒しても再度挑戦することができる。 モンスター配合表 各種族の基本配合 相手(横) ベース(縦) スライム ドラゴン 獣 鳥 植物 虫 悪魔 ゾンビ 物質 スライム ドラゴスライム ぶちスライム はねスライム スライムツリー スライムつむり スライムナイト バブルスライム ボックススライム ドラゴン ドラゴンキッズ ガメゴン プテラノドン フーセンドラゴン フェアリードラゴン リザードマン ポイズンリザード ソードドラゴン 獣 ベロゴン アルミラージ キャットフライ ファーラット ミノーン グリズリー スカルガルー かまいたち 鳥 ピッキー キメラ あばれうしどり はなカワセミ ダックカイト デッドペッカー デスフラッター ミストウイング 植物 マッドプラント かりゅうそう はなまどう ふゆうじゅ サボテンボール ガップリン マタンゴ コハクそう 虫 おおなめくじ キャタピラー せみもぐら じんめんちょう とうちゅうかそう おおみみず リップス はさみくわがた 悪魔 ピクシー メドーサボール グレムリン ベビーサタン ダークアイ おおめだま スカルライダー ヘルビースト ゾンビ ゴースト エビルスピリッツ アニマルゾンビ やたがらす マミー ダーククラブ しりょうのきし シャドー 物質 おどるほうせき エビルワンド おばけキャンドル ネジまきどり トーテムキラー とげぼうず あくまのカガミ さまようよろい.

次の

GB版テリーのワンダーランドで、ひょうがまじん♀LV12とようがんまじん♂LV33を...

テリーのワンダーランド 攻略 ゴールデンゴーレム

その他のステータスは、MPの伸び率がちょっと低いですが、可もなく不可もなくといった感じ。 このゴールデンコーレムのレベルを上げ、毎回どのくらい数値が伸びるか検証してみました。 こちらが レベル毎の各ステータスをグラフ化したものです。 守備力(黄)がハイペースで伸びています。 初期値(レベル1のステータス)が低めでしたが、守備力カンストまで持っていけました。 HP(青)と攻撃力(グレー)はほぼ同じように伸びています。 (HPの後ろに攻撃力が隠れています) 伸び率もなかなか良く、初期値がもう少し高ければカンストできていました。 MP(緑)はHPよりも伸び率は小さいですがそこそこ伸びます。 素早さ(赤)とかしこさ(紫)は、伸び率は小さいですがカンスト値が他よりも低いため、カンストまでいけます。 成長の限界を迎えた時のステータスがこちら。 成長速度 ゴールデンゴーレムの成長速度は やや遅めです。 レベル1から2になるために必要な経験値は「 10」。 ゴールデンゴーレムは他国マスターの力を借りれば序盤から配合することが可能です。 育てるのは少し大変ですが、ステータスの伸びがいいので十分戦力になるでしょう。 主にデバフ系の特技に強いイメージです。 その他の属性の特技にもそれなりに強く、 すべての特技を「ふつう」以上で受けることができます。 ただし、ふつうと言っても無敵とは違いますので油断は禁物。 各特技がどの系統に属しているのかについては以下の記事をご覧ください。 覚える特技 ビッグバン 350前後のダメージ。 全体攻撃できる特技としては最強の部類。 ひかりのはどう 味方に不利な状態異常や能力値の低下を完全回復する。 タッツウしょうかん ベホイミ、いなずま、みがわりを使えるタッツウを召喚する。 どの特技も使える良特技。 ビッグバンは消費MPが30とちょっと多めですが、その分大ダメージを与えてくれます。 特技の演出もかっこいい! ひかりのはどうはすべての状態異常・能力値低下を回復してくれる特技。 キアリーやシャナクなどを個別に持つ必要がありません。 ただし、 戦闘中にしか使えないのがネック。 タッツウしょうかんは 味方を一人増やせるイメージ。 命令はできませんが、攻撃したり回復してくれたりするので重宝します。 レベルが上がって特技成長すると、より強力な特技を使うようになります。 私がテリワンレトロを初回クリアしたときのメンバーにゴールデンゴーレムがいました。 ほしふりの大会ラストバトルはゴールデンゴーレムのみが生きた状態でスタート。 こんなの勝てるわけないと、戦う前からリセットを覚悟していたのですが、結果は大勝利。 ゴールデンゴーレムの圧倒的な防御力で耐え、タッツウしょうかんが成長した「サムシンしょうかん」のまじんぎりで殲滅しましたw スポンサーリンク 配合での作り方 配合レシピ 血統 相手 ひょうがまじん ようがんまじん 配合素材となる「ひょうがまじん」「ようがんまじん」は、どちらも配合で作るとなるとちょっと面倒なレシピになっています。 次の「最速配合方法」でも触れますが、他国マスターのモンスターを使用するのが早いです。 最速配合方法 配合に必要なモンスターはいずれも他国マスターが使用します。 それらを使用することで 配合回数たったの1回でゴールデンゴーレムを配合できます。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 ゴールデンゴーレムを用いた特殊配合 ゴールデンゴーレムが血統の場合 相手 結果 ずしおうまる デュラン ゴールデンゴーレムが相手の場合 血統 結果 パオーム キングレオ キングスライム ぶちキング メタルキング ゴールデンスライム ずしおうまる デュラン がいこつけんし しにがみきぞく スカルゴン ボーンプリズナー ワイトキング.

次の

ゴールデンスライム スライムマデュラ グランスライム メタルカイザー ゴールデンゴーレム配合方法

テリーのワンダーランド 攻略 ゴールデンゴーレム

もくじ• 本記事の信頼性 当ブログは、『テリーのワンダーランドレトロ』の攻略情報に特化したサイトです。 月間の閲覧数は43万回を記録しています。 (2020年月6月11日現在) Googleにサイトの信頼性が評価され、「テリーのワンダーランドレトロ」のキーワードで検索上位。 予測検索で「kenblog テリー」が表示されました。 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 (ホイミスライム、スライムファング、キングスライム、メタルキング、ゴールデンスライムは除く) スライム系の特徴としては、 素早さが非常に高く先手を取りやすいです。 全体的に状態異常系やデバフ系の呪文に強めだが、 一回休み系の特技にめっぽう弱いのが特徴。 スライム系は素早さが高いので先手を取りやすい。 せっかくなので「ドラゴラム」を使ってやろう。 貴重な特技「まねまね」を覚えるのも特徴だ。 状態異常にやや強い傾向がある。 「ホイミン」を血統に「ドラキー」を相方に配合すればHP回復の「ホイミ」の他に、毒を回復させる「キアリー」序盤のBossを眠らせる「ラリホー」を引き継げるので回復も補助もこなせるぞ。 素早さが高く、ほぼ先制で回復できるので生存率が跳ね上がる。 ユニコーンが作れる時まで使える子。 絶対先制攻撃の「しっぷうづき」や息系を反射する「おいかぜ」など利用価値の高い特技を覚える。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意して下さい。 配合レシピも単純で「スライム」に「きりかぶおばけ」や「じんめんじゅ」と配合すれば序盤でいきなり作れる。 「マヒこうげき」は効く相手には何もさせずに倒せるほど効果が絶大。 この特技だけで主力になり得る実力の持ち主。 序盤のBossは眠りにめっぽう弱いので「あまいいき」もあり。 とはいえ上位のストーンスライムに劣る。 「ぶっしつけい」を血統に「スライムつむり」を配合すると、配合でしか仲間にすることができない「あくまのつぼ」ができあがるのがポイント。 攻撃、回復、補助とバランスの良い特技を覚える。 序盤で回復役を増やす際に役立つぞ。 見た目の通り毒を受け付けない強さを持っている。 持っているモンスターが少ない特技「ぶきみなひかり」を覚えることができる。 スライム系の状態異常耐性を強化してやりたい時はこいつと何度か配合してやろう。 スライム系の混乱耐性を底上げしたい時に使ってやろう。 特徴の無いモンスターだと思われがちだが、「ぶっしつけい」を血統に「ボックススライム」を配合すると割と強力なモンスター「ミミック」ができあがる。 それ以外は、配合で作ることができないのでダンジョンで捕まえてこよう。 ちなみに最強の呪文「マダンテ」を覚える数少ないモンスター。 一番最初に仲間にできるモンスターと言うこともあり、その愛着感から配合を繰り返し強化したことのあるおじさんプレイヤーは多いはず…。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意して下さい。 名前は「ホイミン」。 なにげにダンジョンでは登場することがなく、ストーリー進行以外では配合限定のモンスターとなっている。 その回復能力から序盤では必須と言えるモンスターだ。 「ホイミスライム」を血統にキアリー持ちの「ドラキー」を配合して「はねスライム」を作れば、序盤は安心してダンジョンに潜れるようになる。 それ以外は配合でしか入手できない。 攻撃力が非常に高くアタッカーとして十分使える能力。 さらに配合素材としても優秀だ。 「けものけい」を血統に「スライムファング」を配合すると回復のエキスパート「ユニコーン」が作れるぞ。 支配の扉にて「だいぼうぎょ」がうざいと思った方は多いはず。 見た目によらず「たかくとびあがる」で宙を舞い、全体攻撃として優秀な「がんせきおとし」を覚えられる。 配合して作るのも面倒なので捕まえてしまおう。 ステータスの伸びも良く仲間として十分使える。 配合で作成するにも素材が豪華すぎるのでダンジョンで捕まえるのが手っ取り早い。 デイン系に耐性がある。 スライム系の弱点である行動不能系の特技にやや強い。 おぼえる特技はパッとしないものが多いが、メタルキングやゴールデンスライムを作る時の素材になる。 なにげに耐性が素晴らしくスライム系の弱点である「行動不能」にする特技に強い。 こいつを配合することで「スライム系」の弱点を補うことができるぞ。 肉を与えることで仲間にすることが可能。 配合で作るのが面倒なモンスターなので、他国マスターが持っているのを仲間にしたい。 ちなみに王妃イベントでキングスライムが必要となる他、スライムけい最強の「ゴールデンスライム」の素材にもなる。 おぼえる特技も非常に使えるものが多いのもポイント。 HPが極端に低いので強いモンスターが相手だと使いずらい。 逃げやすいうえに倒しづらいが、経験値を多く持っている。 仲間にするのも割と大変なので「しもふりにく」は必須。 星降りの大会クリア前までに、王妃の間でメダルおじさんの持っている「メタルスライム」とお見合いができるので、こちらもメタルスライムを出すと「はぐれメタル」が手に入る。 支配の扉21階付近で経験値稼ぎする時に良く狩られる存在。 「ベギラゴン」や「イオナズン」など強力な呪文を覚えるので、仲間としても十分使えるぞ。 ちなみに、鉄壁を誇るはぐれメタルに敵の攻撃を引き付ける特技「におうだち」をさせると強力。 捕まえるのがかなり面倒なのでお見合いで作りとりあえず図鑑に登録してしまおう。 王妃の間にいるメダルおじさんの持っている「メタルスライム」にこちらも「メタルスライム」を出せば作れるぞ。 この場合、特技「みがわり」が相手から引き継げるので「におうだち」が可能になる。 できればそれ以外の配合レシピで作成することをすすめる。 さすがスライム系最強クラスのモンスター。 おぼえる特技も「ギガデイン」や「ジゴスパーク」と非常に強力なものが揃っている。 かなりの鉄壁で打たれ強いので回復呪文との相性が良い。 「ホイミ」や「ザオリク」を引き継げる「キングスライム」から作るのがベストです。 おぼえるモンスターが少なく貴重な「パルプンテ」。 さらに強力な攻撃呪文である「ビックバン」を覚える。 配合の際はメタルキング同士で作成するとHPが低くなりがちになるので注意。 できればそれ以外のレシピで作りたい。 スライム系なので「あしばらい」など行動不能系の特技にめっぽう弱いが、ぶちキングと配合を繰り返すことで苦手な行動不能耐性を強化することができる。 さらにHPの強化も平行して行えるのでおすすめ。 さらに「ゴールデンスライム」は大樹の町最下層の通せんぼしているじいさんの扉を開く際に必要となる。 1匹は必ず作ることになるだろう。 【耐性】 【出現する扉】 なし 【おぼえる特技】 パルプンテ ビックバン ひかりのはどう 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) ぶちキング キングスライム メタルキング ゴールデンゴーレム メタルキング メタルキング.

次の