みぞおち 痛み。 【胃がんの症例】みぞおちが痛み、げっぷも出る。早期胃がんだった|Open Doctors[オープンドクターズ]

みぞおちを押すと痛い!吐き気や下痢、おならがある時の原因は?

みぞおち 痛み

Sponsored Link 日常的によく起こるみぞおちの痛み 胃もたれ みぞおちの痛みの原因として最も多いのが、様々な原因で起こる軽い胃もたれです。 あなたも一度はなったことがあるのではないでしょうか。 胃もたれは、 食べすぎや刺激物の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎなどをきっかけとして起こることが多いですね。 主な症状は、 みぞおちの痛みと重苦しい違和感です。 食べ始めてすぐにお腹がいっぱいになったように感じることも多いですね。 若いうちは胃もたれが起こっても自然と治ることが多いのですが、年齢とともに胃腸機能が低下して慢性化してしまうことが少なくありません。 胃もたれを慢性化させないためには、 バランスの良い食事と適度な運動、規則正しい睡眠といった、一般的な対処法が効果的と言えるでしょう。 Sponsored Link ストレス(神経性胃炎) 「ストレスで胃がキリキリ痛む」といった言葉もある通り、ストレスは胃の不調を引き起こす原因の中でもよく見かけるものの1つです。 ストレスによって胃を支配している自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されてしまいます。 そして、過剰に分泌された胃酸が胃の粘膜を傷つけると、みぞおちに痛みが出るという流れですね。 職場やプライベートでの人間関係、睡眠不足、スマートフォンやパソコンの使い過ぎなどがストレスを起こすきっかけになりやすいと言えるでしょう。 ストレスによる主な胃の症状は、 みぞおちあたりの痛みや胸やけなどですね。 急性胃炎を起こした場合には、胃の痛みの他に吐き気や下痢などを伴うこともあります。 対処法としては、痛みが出たら温かい飲み物を飲むのが効果的です。 胃酸を中和できるアルカリイオン水やホットミルクなどがおすすめですよ。 ただ、 根本的に治すためにはストレスを減らしていくことが必要になります。 自分なりのストレス解消法を見つける、ストレスの原因から離れるなどの対策を合わせて行うようにしましょう。 筋肉痛 「みぞおちで筋肉痛?」と思うかもしれませんが、実はみぞおちにも筋肉はあり、筋肉痛を起こすことも少なくはありません。 みぞおちあたりの筋肉痛は、 普段はやらないような動きをした後や、お腹の筋トレをした後などに起こりやすいです。 特に、普段あまり運動をしない人が、急に運動をした時などによく起こりますね。 筋肉痛によるみぞおちの痛みは、 動かさない時には痛みが無く、動くと痛いのが特徴です。 他の症状は無いのに体を起こすと痛い、走ると痛い、息を吸うと痛い、咳をすると痛い、みぞおちを押すと痛いといった場合には、筋肉痛によるみぞおちの痛みの可能性が高いと言えるでしょう。 筋肉痛は、 無理に腹筋を動かさなければ自然と治ります。 年齢によって個人差はあるものの、数日~1週間ほどで完治するのが一般的ですね。 ガス溜まり(おならが溜まっている) 腸の上の方におならのガスが溜まると、胃腸を圧迫してみぞおちに痛みが出ることがあります。 ガスが溜まる原因は、若い人であれば大抵が便秘ですね。 あとは、加齢などによって胃腸の機能が低下してガスが溜まることもあります。 主な症状は、 お腹の痛みとおならの臭い、お腹の張りなどです。 臭いが気になっておならを我慢してしまい、お腹が痛くなるというケースが多いですね。 おならさえ出してしまえば症状は治まることが多いのですが、根本的な解決にはなりません。 便秘にならないよう、普段から腸内環境を整える必要があると言えるでしょう。 腸内環境を整えるには、ヨーグルトや納豆などの乳酸菌を含む食事を、毎日摂ることが大切になります。 毎日続けるのが難しいという場合には、手軽に摂りやすい 腸内環境を整えてくれるサプリメントを使うのがおすすめですよ。 Sponsored Link 病気によるみぞおちの痛み 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 みぞおちあたりに腹痛がある場合、最初に考えるのが胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気です。 潰瘍というのは、簡単に言えば「穴が開いたような状態」のことで、傷が深くえぐれたようなイメージを持っておけば良いでしょう。 胃に潰瘍ができるのが 「胃潰瘍」、胃と腸をつなぐ十二指腸に潰瘍ができるのが 「十二指腸潰瘍」というわけですね。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、 ストレスによる胃痛が悪化して起こることが多いです。 その他、胃に負担のかかる風邪薬や痛み止め、ステロイドなどを使いすぎることで起こることもありますね。 主な症状は、 みぞおちやみぞおちの下あたりのチクチク、ズキズキとした痛みです。 胸やけや酸っぱいゲップ、食欲不振、お腹の張りなどが出てくることも多いですね。 潰瘍からの出血が激しい場合は、 吐血や下血を起こすこともありますので注意をしておきましょう。 また、 胃潰瘍は食後に痛みが出ることが多く、十二指腸潰瘍は空腹時に痛みが出ることが多いのも特徴です。 放置していると悪化したり再発を繰り返すことがあるため、自己判断で治療せず、「消化器内科」のある病院を受診するようにしましょう。 胆石症(たんせきしょう) 胆石症というのは、胆汁(たんじゅう)という消化液の通り道のどこかに石ができる病気です。 少し分かりにくいかと思うのですが、肝臓の病気の一種と覚えておけば良いでしょう。 コレステロールなどが固まって石が出来るので、 食べすぎや脂肪の摂りすぎ、ストレスなどをきっかけとして発症することが多いですね。 主な症状は、 みぞおちや右側の肋骨、右脇腹あたりの痛みです。 お腹の痛みだけにとどまらず、背中や肩の方まで痛みが出ることもありますね。 その他の自覚症状としては、 発熱やお腹の張り、目や皮膚の色の黄色っぽい変色、吐き気・嘔吐などが見られることが多いです。 上に書いたような症状に加えて、 みぞおちの右側が硬くなっていて、お腹を押さえると痛いという場合には、胆石症の可能性が高いと考えておきましょう。 症状の程度によっても対処法が変わってきますので、まずは病院を受診して検査を受けるようにしてくださいね。 急性膵炎(きゅうせいすいえん) 急性膵炎というのは、胃と腸の間にある 「すい臓」という臓器に、何かしらの原因で炎症が起こる病気です。 かたよった食生活やアルコールの飲みすぎが原因になりやすいのですが、特に目立った理由もなく発症する場合もありますね。 急性膵炎の主な症状は、 みぞおちやお腹の左上を中心とした激しい痛みです。 背中や肩の方まで痛みが出てくる場合もありますね。 その他に出てくる症状としては、 腹部の張りや違和感、吐き気・嘔吐などがあります。 お腹を押すと痛いのも特徴で、押された時の痛みでお腹が硬くこわばることが多いです。 急性膵炎は、軽症であれば病院で適切な治療を行えば良くなることがほとんどです。 ただ、重症化すると命を落とすこともありますので、早めに病院を受診するようにしてくださいね。 Sponsored Link 逆流性食道炎 逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流することで起こる食道の炎症です。 通常であれば、 「下部食道括約筋」という筋肉が逆流を防ぐようになっているのですが、この筋肉が何かしらの原因で機能障害を起こすと、胃酸が逆流してしまうというわけですね。 逆流性食道炎は、 暴飲暴食や加齢、猫背、肥満などが原因となって起こると考えられています。 元々は高齢者に多い病気だったのですが、最近では若い人でも発症することが増えてきているので注意が必要ですね。 逆流性食道炎の主な症状は、 胸やけや吐き気、咳、喉の違和感、ツンとした口臭などです。 胸やみぞおちのあたりに締め付けられるような痛みを感じることも少なくありません。 また、 「呑酸(どんさん)」というすっぱい胃酸が喉や口の中に上がってくるような感覚も、逆流性食道炎の特徴的な症状ですね。 大げさな症状ではないことが多いので放置してしまいがちなのですが、 放っておくと食道が狭くなったり、がんになるということもあります。 自然に治ることは少ない病気なので、逆流性食道炎のような症状が繰り返す場合には、病院の「消化器内科」などを受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん) 急性虫垂炎は、一般的には 「盲腸(もうちょう)」と呼ばれている病気ですね。 お腹の右下あたりにある虫垂という部分に、何かしらの原因で炎症が起こる病気です。 大人よりも子供に発症しやすく、便秘や暴飲暴食、ストレスなどが原因になると考えられています。 盲腸の主な症状は、 お腹の痛みや発熱、吐き気・嘔吐、下痢などです。 お腹の痛みはみぞおちの下あたりから始まり、徐々におへそ周りや右下腹部へと移動していくことが多いですね。 また、 みぞおちやお腹を押すと痛みが強まり、押している手を急に放すと反動で痛みが強くなるという特徴があります。 お腹の痛みは12~48時間ほどで右下腹部に移動するので、みぞおちやお腹にズキズキとした激しい痛みがあり、徐々に右下に移動している場合には盲腸の可能性が高いと言えるでしょう。 放置していると腹膜炎などを合併して命に関わることもありますので、盲腸の可能性が高い場合にはすぐに「消化器内科」のある病院を受診するようにしてください。 まとめ 以上が、みぞおちが痛い、違和感があるという時によくある原因ですね。 もう一度簡単にまとめておくと、みぞおちの痛みが出た時には以下のような原因が考えられます。 胃もたれ• ストレス(神経性胃炎)• 筋肉痛• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍• 胆石症• 急性膵炎• 逆流性食道炎• 急性虫垂炎(盲腸) みぞおちの痛みや違和感の大半は、そこまで気にする必要のないものですが、時々厄介な病気が潜んでいる可能性もありますので注意が必要です。 日常でよくあるみぞおちの痛みの場合も、繰り返さないように日頃から対策をしていくようにしましょう。 また、みぞおちの右側が痛い時は、みぞおちの左側が痛い時はも合わせてチェックしておきましょう。 お腹の痛みの基本的な対処法については、を参考にしてください。 Sponsored Link•

次の

みぞおちが痛い!真ん中や左右で原因が違う?胃以外の病気かも!

みぞおち 痛み

みぞおちの痛みは「胃の痛み」と表現されることもあり、その原因にはさまざまなことが考えられます。 みぞおちのところがキリキリ差し込むように痛い• 胸焼けがしてみぞおちのあたりも痛む• 階段を上るとみぞおちのあたりが苦しい… このような症状が見られた時、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 みぞおちの痛みを引き起こす病気 みぞおちの痛みは、なんらかの病気によって引き起こされている場合があります。 みぞおちの痛みを起こす胃腸の病気は? みぞおちの痛みの原因が胃腸にある場合、考えられる疾患には以下のようなものがあります。 逆流性食道炎 は、強い酸性である胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気のことです。 食後の胸焼け、げっぷ、喉に酸っぱいものがこみあげる感じ、胸のつかえ感などがよくある症状です。 腸閉塞 とは、なんらかの原因により腸の通過障害を起こしている状態です。 過去にお腹の手術を受けたことのある方は、他の人に比べてなりやすいといわれています。 症状として、腹痛や便秘・ガスが出ないことによるお腹のハリやなどの症状が現れます。 過去にお腹の手術をしたことのある方でこのような症状が現れた場合、早めに病院を受診するようにしましょう。 みぞおちの痛みを起こすその他の原因は? 必ず起こるものではありませんが、以下のような病気でもみぞおちの痛みを感じる場合があります。 尿路結石 結石はごく小さなものであれば症状が現れないこともありますが、尿の通り道がふさがれたり、尿に流されて結石が移動したりすると強い痛みが生じます。 痛みは結石のある下腹部や腰回りから始まることが一般的ですが、みぞおちの痛みから始まることもあります。 受診の目安とポイント 受診の目安には以下のようなものがあります。 痛みの程度が強い• いつまでも痛みが治らない• 痛み以外の症状がある このような場合には早期に受診しましょう。 痛みの原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。 受診の際のポイントとして、痛みの出る部位やタイミング、痛み以外の症状の有無などを医師へよく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 食べ過ぎ・飲み過ぎ 暴飲暴食、アルコールの飲みすぎで胃腸に負担がかかり、みぞおちが痛むことがあります。 食べ過ぎ・飲み過ぎた時には 暴飲暴食を控えることは当然ですが、食事の時間も大事です。 夜遅くの食事や朝食を抜いて1日2食にしたりすると、胃腸に負担をかけてしまいます。 3食きちんと規則正しい食生活を送りましょう。 刺激物の摂りすぎ 唐辛子やニンニクなどの刺激物も胃の粘膜を刺激するため、摂りすぎはみぞおちが痛む原因になります。 刺激物を摂りすぎた時は 香辛料を多く使った料理やコーヒーなどの刺激物は適量にしましょう。 刺激物を摂りすぎたことでみぞおちが痛む時は、消化の良いものや胃に負担をかけないものを中心に食事を摂り、胃を休ませるようにしましょう。 よくならないときには 症状がよくならない時には一度病院を受診してみましょう。 思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。

次の

みぞおち辺りの胃痛の正体とは?原因不明の胃痛について解説!

みぞおち 痛み

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。 患者プロフィール46歳男性。 会社ではデスクワークが中心。 責任感が人一倍強く、相応のポジションを任されている。 受診までの経緯3カ月前からみぞおちのあたりが痛むようになった。 仕事では会議が多く、昼食を抜くことも多い。 みぞおちの痛みはそのようなときに強くなるので、仕事のストレスだろうと思っていた。 最近、お酒を飲んでいなくても胸やけがしたり、げっぷが出たりするようになった。 げっぷや痛みが気になって、会議にも集中できない。 仕事に影響が出るのは避けたいと思い、近所のクリニックを受診した。 診察・検査医師からは「今までこういうことがありましたか?」と聞かれたので、「いいえ、ありません」と答えた。 胸部X線撮影検査や心電図検査を受けたが、異常は見つからなかった。 医師には「げっぷ、空腹時の痛みなどを考え合わせると、胃の病気かもしれません」と言われ、「やっぱりストレスで胃が荒れているのだろうか」と思った。 この日は血液検査をしたが、結果は当日には出ないそうで、胃の粘膜を保護する薬を処方されて帰宅した。 1週間後、血液検査の結果を聞きに病院に行くと、「数値は正常の範囲内で、あえて言うなら貧血気味だが、程度はひどくない」とのこと。 気になるのはみぞおちの痛みで、「3カ月も続いているならば、胃潰瘍(かいよう)だけではなくて、胃がんの可能性もある」と言われた。 「がん」という言葉に驚き、すぐに胃カメラ検査ができる病院に行くことにした。 紹介先の総合病院で胃カメラ検査を行うと、胃の中に通常は見られない「ひだ」が集中する模様が確認できたため、組織を採取して詳しく調べることになった。 せめて検査結果や今後の治療方針について質問できるようにしておこうと思い、インターネットや書籍で胃がんについて調べたが、不安は募るばかりだった。 診断・治療方針検査の結果、やはり胃がんと診断された。 追加で行ったCT検査の結果、ほかの臓器への転移はなかったとのこと。 医師からは「胃の粘膜下層にとどまっているものを早期胃がんといいます。 種類としてはステージIAの早期胃がんになるのですが、今回は手術が必要です」と説明された。 最近は内視鏡で治療できるのではないかと聞くと、胃に潰瘍(かいよう)がないタイプの早期胃がんは、小さいものならば内視鏡で治療できるが、大きいものは手術になるとのこと。 「今回はがんが2cmより大きく、潰瘍もあるので手術になります」と説明された。 「手術」と聞いて不安な気持ちが高まり、「あと何年生きられますか」と聞いてしまった。 幸い今回は転移がない。 それを聞いて少し落ち着いて考えられるようになり、手術を受けることにした。 今後の方針としては、腹腔鏡下で胃の出口側3分の2と胃の周りのリンパ節を切除する手術を受けることになった。 治療の経過手術後は定期的に検査を受けているが、再発はしていない。 手術で胃が小さくなっていることもあり、食事はこまめに分けて食べるようにしている。 手術のため1カ月ほど仕事を休んだが、今のところ合併症もなく、退院後は仕事にも復帰。 変わらぬ日々を送っている。 サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。

次の