川 の 流れ の よう に 秋元 康。 秋元康が「川の流れのように」の作詞という事実

川の流れのように

川 の 流れ の よう に 秋元 康

普段は一発で終わる美空ひばりさんのレコーディングに、あえてお願いした秋元康 さんが1989年6月24日に52歳で亡くなる前、最後に発表したシングルが『川の流れのように』(1989年1月11日)だった。 作詞を手掛けたは、後にの総合プロデューサーとして一世を風靡することになる。 そのAKB48で初代総監督を務めたが、2月8日に放送された福岡ローカルの旅バラエティ番組『ちょっと福岡行ってきました』(TVQ九州放送)で『川の流れのように』を巡る美空ひばりさんと秋元康の貴重なエピソードを明かした。 12歳でデビューして「天才少女歌手」と注目を集め、やがて「歌謡界の女王」と呼ばれる存在になった美空ひばりさん。 演歌や歌謡曲のみならずジャズまで歌いこなす才能は今でも高く評価されており、がラジオ番組で「美空ひばりと松田聖子は天才」と絶賛したことがあるほどだ。 そんな美空ひばりさんだけにレコーディングでも1回歌えば「100点」のパフォーマンスを見せて、関係者が「これで大丈夫ですね、素晴らしいです」とOKを出すのが常だった。 『川の流れのように』のレコーディングも一発で「素晴らしいですね、じゃあこれで」という流れになるはずだった。 しかし、秋元康が「すみません、もう1回歌ってもらえますか?」と要望したのである。 レコーディングスタジオにいた関係者がピリつくなか、当の美空ひばりさんは落ち着いたもので「わかったわ〜」と応じてもう1回歌ったところ、さらに素晴らしいものになった。 そのエピソードを明かした高橋みなみは「美空ひばりさんに『もう1回歌ってもらえますか』と言ったのは秋元さんが初めてらしい」という。 当初はアルバム『川の流れのように〜不死鳥パートII』(1988年12月発売)からポップス調のナンバー『ハハハ』をシングルカットする予定で、スタッフの意見は決まっていた。 しかし美空ひばりさんが、自分の人生とアルバム表題曲『川の流れのように』の歌詞を重ねて「お願いだから、これだけは私に決めさせて」とシングルカットを熱望したというエピソードは有名だ。 作詞した秋元康は彼女の『川の流れのように』に対する思いを誰よりも分かっていたからこそ、可能性を信じて「もう1回歌ってもらえますか」とさらに踏み込めたのではないだろうか。 Twitter上では「そして今日も音楽に助けられるのだ 川の流れのように 美空ひばり」、「美空ひばりさんの歌を聴くとすごく癒やされます。 特に川の流れのようにが好き、辛いことがあるたびに、この歌を聞いて、泣いて、また乗り越えてこれからも、その繰り返しです」といった声が見受けられるように、美空ひばりさんの思いは作品を通じて人々の心に残り続けることだろう。 画像2枚目は『高橋みなみ 2018年6月9日付Instagram「昨日秋元さんとお久しご飯してきました」』のスクリーンショット.

次の

美空ひばりの名曲『川の流れのように』のエピソードについて

川 の 流れ の よう に 秋元 康

川の流れのように 元ネタ・似てる曲 美空ひばり生前最後のシングル曲 作詞はAKB48の秋元康P 『川の流れのように』は、作詞:秋元康、作曲:見岳章により1989年1月11日に発売された美空ひばり生前最後のシングル曲。 1997年にNHKが実施した人気投票「20世紀の日本人を感動させた歌」ではランキング1位を獲得。 2006年に文化庁が選定した「日本の歌百選」にもリストアップされている。 ジャケット写真:美空ひばりベスト 1964~1989 ダウンロード版(試聴あり) ところで、『川の流れのように』をネットで検索してみたところ、その歌詞やメロディについて、「元ネタ・似てる曲」的な考察をいくつか見かけた。 つまり、作詞者や作曲者の仕事内容について、ある種の疑念が持たれているということだ。 もちろん歌手である美空ひばりには関係がない。 これは俗に言う「パクリ・盗作」ではなく、あくまでも「影響を与えた」程度の「他人の空似」だが、興味深い情報が見受けられたので、参考までにこのページでまとめておくこととしたい。 ニューヨークの川から着想? 音楽業界サイト「musicman-net」による作詞者・秋元康氏へのインタビュー記事によれば、『川の流れのように』は秋元氏がニューヨークに住んでいた頃に書き上げた曲だったという。 作詞当時、秋元氏はニューヨークのイーストリバー沿いに住んでいたようだ。 結局ニューヨークには1年半くらいいたんですが、1年くらい過ぎてだんだん望郷の念もあったりして、「俺は何やってるんだろう」と思ったんですね。 僕は31丁目にあるコンドミニアムに住んでいたんですが、その部屋の下にイーストリバーが流れていて、それを眺めながら「この川をずっといくと海に繋がって、その海は日本に繋がってるんだろうな」とか、ぼんやり考えていたんですよ。 <引用:musicman-net インタビュー記事より> 『川の流れのように』という曲名については、インタビューの中で次のように答えている。 いつも、詞は全体を書いてから最後にタイトルを書くことが多いんですが、そのときは何も考えずに「川の流れのように」というタイトルから書いたんですね。 それはなぜかと訊かれても僕には全然わからなくて、インタビューとかで訊かれる度に「多分それはずっとイーストリバーを見ていたからなんでしょう」と答えています。 あのイーストリバーが自分の中にすり込まれていて、だから「川の流れのように」って書いたんだろうなと。 <引用:musicman-net インタビュー記事より> 日本で大ヒットした川の歌の源流が、実はニューヨークのイーストリバーだったとは興味深い事実だ。 吉田拓郎『川の流れの如く』 ネットの情報によれば、『川の流れのように』と曲名や歌詞が似ている曲として、吉田拓郎『川の流れの如く』という曲が挙げられていた。 『川の流れの如く』は、吉田拓郎が1971年11月20日にリリースしたアルバム「人間なんて」の11曲目に収録された楽曲。 『川の流れのように』との比較のため、『川の流れの如く』の歌詞の前半を次のとおり引用する。 誰を信じるものではなく ただ自分のためにと 心を動かされながらも この道を歩いてきました いつか涙も枯れ果て もう生きる事でさえが 時計のフリコの様に ただいつもの繰り返しでした 今私の全ては あの川の流れの様に 作り作られた ものではないかと あの川の流れの如く 何が悪いなどと云わず 自分を責めてみるでなし 水面に浮かぶ木の葉と共に 流れて行きたいと思う <引用:吉田拓郎『川の流れの如く』歌詞の前半より> 確かに、歌詞の内容を見てみると、曲名だけではなく部分的に『川の流れのように』を思わせる部分があることが分かり、大変興味深い。 英語の曲名は『Watching the River Flow』(ウォッチング・ザ・リバー・フロー)。 吉田拓郎とボブ・ディランの楽曲には、曲名の「川の流れ」という点以外に関連性は見られなかった。 過去の作品の歌詞を転用? ネットの情報によれば、秋元康氏が作詞した森進一『あっという間』という歌謡曲の歌詞の冒頭には、『川の流れのように』の歌詞と部分的に一致する歌詞が使われているという。 瞼 まぶた 閉じれば 遥か 故郷 ふるさと 知らず 知らずに 涙があふれる 今日まで生きて来た 険しい道のりに 思い出だけが なぜか 目に染 し みる <引用:森進一『あっという間』/作詞:秋元康> これはつまり、秋元康氏の過去の作品の歌詞を『川の流れのように』に流用したことになる。 自分の作品なのだからもちろん違法性はないが、こういった仕事の仕方をあまり良く思わない人もいるかもしれない。 似たメロディの曲は? ここまで曲名や歌詞の類似性を確認してきたが、次はメロディに焦点を当ててみたい。 ネットの情報によれば、『川の流れのように』のメロディに影響を与えた可能性がある曲として、谷村新司『昴(すばる)』と、洋楽の『ポインシアナ Poinciana』の2曲が挙げられていた。 一曲ずつ見ていこう。 谷村新司『昴(すばる)』 谷村新司『昴(すばる)』は、1980年4月にリリースされた谷村新司のシングル曲。 『川の流れのように』のリリースは1989年1月。 『昴(すばる)』が『川の流れのように』と似ている部分を強いて挙げるとすれば、冒頭のAメロと、Bメロの「ああ 砕け散る宿命(さだめ)の星たちよ」の「ああ」の部分のところだろうか。 【試聴】谷村新司『昴(すばる)』 確かに何らかの影響を受けている可能性があるが、これも問題になるほどのものではないだろう。 ただ、一度でも『ポインシアナ Poinciana』を聞いてしまうと、その後の『川の流れのように』の印象が少し変わってしまうかもしれない。 強いて言えばその程度の話だ。 似てしまうのは仕方がない 『川の流れのように』に限らず、音楽作品は他の様々な作品から影響を受けて作曲されるもの。 『』のような丸パクリは論外だが、『川の流れのように』で指摘されるような程度の類似性はよくある話だ。 ただ、それが美空ひばりの楽曲について生じてしまうと、従来の美空ひばりファンから厳しい意見を受けることは避けられないかもしれない。 それが遺作となればなおさらのことだ。 何はともあれ、『川の流れのように』は国民的歌謡曲として今後も長きにわたって愛聴されていくことだろう。 関連ページ 歌詞に川や河が出てくる日本の歌・世界の歌まとめ よく似た2曲の偶然の一致を楽しむお遊び企画.

次の

美空ひばりの名曲『川の流れのように』のエピソードについて

川 の 流れ の よう に 秋元 康

【取材後記】 「目の前に、秋元康がいる…」 何十年にも渡ってエンタメ界の頂点に君臨してきた男が、 目の前に座り、僕の質問に答えている。 それが夢でないことは、手の震えや心臓の鼓動が教えてくれた。 勝新太郎のことを「勝新太郎さん」とは言わない。 黒澤明のことを「黒澤明さん」とは言わない。 僕にとってはそれと同じことなのだ。 なぜ、僕がそんな人を取材することが出来たのか? それは取材当日からさかのぼること約1か月前。 この『日本放送作家名鑑』を開設した6月15日のお昼。 放送作家名鑑の立ち上げについて、 僕自身が取材を受けたニュースサイトの記事も同時に公開された。 その記事で僕は「放送作家名鑑で1番取材したい人は?」という質問に 「秋元康さん」と答えていた。 すると、その日の夕方、 『青春高校3年C組』の会議でテレビ東京の佐久間さんから 「秋元さんが深田君の取材受けていいって言ってるよ」と報告を受けた。 記事が公開されてから、わずか4時間後のことだった。 怖かった… それはもう震えが止まらないほど。 そして、迎えた取材当日。 生身の秋元康と向かい合い、話を聞かせてもらった1時間の中で、 最も強く印象に残り、強い違和感を抱いたことがある。 その話し様を目の前で目撃した僕の感覚として、 確信に近いものがある。 それはセルフプロデュースやリップサービスではなく、 「この人は本当に自分を天才と思っていない」 それが今回の取材で1番印象的であり、1番ゾッとしたことだった。 おそらく深田史上1・2を争う緊張ゆえに、 取材中の僕のリアクションは決して良くなかったはずだし、 会話のラリーもうまく出来ていなかったはずだ。 しかし、取材を録音したテープを聴き直してみると、 秋元さんは本当に優しく、丁寧に僕の質問に答えてくれていた。 最初は多かった敬語が、会話が進むにつれてなくなっていく様子も、 テープを聴き直したことで気づき、とても嬉しくなった。 緊張したけど本当に楽しい時間だった。 ずっとこの人の話を聞いていたいなと思った。 だからこそ、心残りがある。 秋元さんに感謝の気持ちを伝える余裕が、取材時の僕にはなかったことだ。 無趣味だった僕が欅坂46のファンになり、 ライブのチケットが外れたにも関わらず、 グッズを買うためだけに車を借りて富士急ハイランドまで行っちゃうくらい、 人生を楽しませてもらっていること。 『青春高校3年C組』で、 元々引きこもりだったり、自分に自信がなかった子たちが、 番組に出演したことよって日に日に輝きはじめ、 少しずつ世間に知られていく過程を番組スタッフとして見ることが出来て、 本当に幸せを感じられているということ。 中学の時、学年主任の先生が退職する際に 生徒一同で『川の流れのように』を合唱して、 凄く怖かった先生がボロボロに泣く姿を見て、 歌が持つパワーに人生で初めて感動を覚えたこと。 そして、その後の人生で困難に直面した時には 『川の流れのように』を聴いて自分を鼓舞してきたこと。 そして何より、この取材を受けてくれたこと。 秋元さんが旅行カバンをパンパンにしながら、 寝る時間を惜しんで40年以上も頑張ってきてくれたおかげで、 僕の人生がとてもとても豊かになったということを 「本当にありがとうございます」って伝えたかった。 だから、また会えるように頑張ります。 取材した人に一律で渡している謝礼の3000円も渡せなかったので、 その時に渡します。 そして今日からは、どんな時でも「秋元さん」ってちゃんと言います。 深田憲作.

次の