クリス ハート 死亡。 クリス・ハートが活動再開!病名はうつ病?妻(嫁)の福永瞳とは?子供の名前は?

クリス・ハート、2年ぶり歌手活動再開へ 休業の真相も明かす

クリス ハート 死亡

スポンサーリンク クリスハート プロフィール クリス・ハート( Chris Hart) (YouTubeより引用加工)• 出生名:Louis Christian Hart-Banks• 生年月日:1984年8月25日• 学歴: ヘンリー・M・ガン高等学校• 出身地: アメリカ合衆国 サンフランシスコ・ベイエリア クリス・ハートさんはその見た目から、 外国の方・・・なんですが、 上手に日本の歌を歌われますよね? クリス・ハートさんは12歳の時、 学校で初めて日本語を学びそして、 TVで日本の歌番組を見ることで、 日本の歌手に影響を受けてきたそうです。 その時影響を受けた歌手というのが、 小田和正さんや徳永英明さん、 そしてZARDだったとのこと! クリス・ハートさんの心に響く歌声は、 こういった方々の影響を受けているからなんでしょうね^^ さてクリス・ハートさんは、 アフリカ系アメリカ人の両親の元に生まれ、 小さい頃に親は離婚。 その後は母親に育てられたそうです。 ちなみに父親は元警察官で、 現在は探偵事務所を経営されているとのこと! (名探偵コナンの毛利小五郎みたいですねww) そして母親は、 IT企業で副社長をされているそうですが、 かつては歌手を目指していたこともあったそうで、 さらに両親は、 クラッシックやジャズを演奏していたという話もあることから、 クリス・ハートさんの音楽の才能は、 そんな両親の影響も強くあるのかもしれませんね? また父親・母親離婚していることから、 現在はそれぞれのパートナーの間に子供がいて、 クリス・ハートさんには姉がいますが、 その他に父親・母親の違う弟・妹もいるみたいです。 その日本に移住したいと思ったキッカケというのが、 日本でいうところの中学生の時、 茨城県内でホームステイをしたそうなんですが、 この時の経験から日本に住みたいと思うようになったそうですが、 ここでの経験が、 クリス・ハートさんの日本に対する印象がよほど良かったのでしょうね^^ きっとホームスティ先の人たちや周りの環境が、 とても素晴らしかったんだと思います。 そうして2009年に来日することを決意したクリス・ハートさんは、 東京の下町である足立区に住むようになりました。 そして自動販売機の営業として働きながら、 日本で音楽に携わる活動としてYouTube動画をUPしていたクリス・ハートさん。 そのYouTube動画が民放TV局のスタッフの目に止まったことで、 2012年に【のどじまん ザ!ワールド】に出演が決まり、 そこで優勝したことがキッカケで、 本格的に日本で歌手として活動することになりました。 デビューして翌年に発売されたアルバムは、 オリコン3位を記録し、 その年の紅白歌合戦に、 松田聖子さんとのデュットで初出演されたことで、 一躍全国的に名が知られるようになったことは、 記憶に新しいところではないでしょうか^^? クリスハートは日本人? ところでクリス・ハートさんについてウィキペディアで調べると、 「日本人」とあるのですが・・・ 両親がアフリカ系アメリカ人なのに、 なんで日本人?? って疑問に思いますよね? これについては、 クリス・ハートさんが2017年の4月に日本国籍を取得した、 ということから、 「日本人」になったということなんですね。 スポンサーリンク クリスハート、嫁や子供は? さて日本国籍を取得して「日本人」になったクリス・ハートさんですが、 そう決断された背景にはおそらくですが・・・ ご自身の結婚があるのではないでしょうか? クリスハートさんは、 同じくシンガーソングライターとして活躍されている、 福永瞳さんと2013年にご結婚されたそうで、 2016年には男の子、 そして2017年には女の子が誕生しています。 日本で家族を持つことになったことで、 日本国籍を取得し日本人として生きていく決意をされたのでしょうね。 コチラは妻の福永瞳さんとクリス・ハートさんのデュットの様子です^^ (YouTubeより引用加工) クリスハート、活動休止の理由や復帰の時期は? そんな中、 クリスハートさんの無期限の活動休止が発表されたのですが、 その理由と言うのが、 「音楽の勉強」そして、 「育児」? ・・・活動休止の理由に育児を挙げるところが、 イマドキのイクメンパパですね^^ なんでも二人の子供を、 日米のバイリンガルとして育てたいと考えているそうで、 そのための育児の時間を十分作りたいという思いと、 そして今年の夏に、 米バークリー大学のオンラインコースに入学したというクリスハートさんは、 ここでボーカル以外にも、 作曲などといった音楽の制作に携わる勉強をしているそうなので、 学生としてお勉強そして、 子供を育てるために十分な時間が欲しいというのが、 活動休止の理由ということだそうです。 とはいっても、 音楽活動をお休みするのは、 来年2018年4月13日に開催される、 NHKホールでのライブをもって活動休止、 ということなので、 もうしばらくは、 クリスハートさんの活動が見られるようです。 それを受けてか? 12月6日放送される【スッキリ】にも出演予定になっているので、 ここでクリスハートさんがどんな発言をされるのか? 注目が集まりそうです。 さて活動休止・・・ しかも無期限ということなので、 その復帰はいつ頃になるのか? 残念ながら、 今の時点では何とも言えないところでしょうね。 東京オリンピックで日本語で歌いたいと思っている外国アーティストのサポートや、 また海外で活躍したいと考えている日本人に向けてサポートがしたい、 そう語っていることから、 クリスハートさんはこの先は自分が歌うことよりも、 色んな人の夢を叶えるためにサポートするといった、 裏舞台での活動が中心になる可能性があるかもしれません。 その一方で奥様が同じくシンガーソングライターであるといったことからも、 もしかしたら・・・ですが。 かつての宇多田ヒカルさんのように、 一家で音楽アルバムを発売される可能性もありそうじゃないですか?? 息子さんや娘さんをバイリンガルに育てたいという思いがあるということですが、 同時に音楽をやる環境も整っていると思うので、 家族で一緒に歌う姿が見られる日が、 きっと来るのではないかと思います^^ 無期限の活動休止はファンにとっては残念ですが、 また近い将来復活することを信じて、 これから先のクリスハートさんを応援したいと思います。

次の

クリス松村

クリス ハート 死亡

バンド活動~「日本語を使えるかも」の職業を転々~日本へ移住 クリス・ハートは、学生時代にもJ-POPを聴き続けるとともに、日本人とビジュアル系のロックバンドを組んでヴォーカルを担当。 X JAPANやLUNA SEAの曲を日本語で歌っていたとのこと。 クリス・ハートが日本語と音楽を専攻した大学を卒用した後に就いた職業が3つ挙げられています。 国際線の空港で飛行機のメンテナンス• 日本系化粧品会社のコールセンター• 警察官 これらの職業を選んだ理由は全て「日本語を使う機会があるかもしれない」でした。 職を転々としながら日本に憧れて日本で歌いたいという想いを捨て切れなかったクリス・ハートは、24歳でついに日本への移住を決意します。 によれば、YouTubeにアップしていた動画が日本テレビのスタッフの目にとまって、ゴールデン番組「のどじまん ザ!ワールド」に出演が決定したとのこと。 2012年3月のことでした。 しかし、UR都市機構の情報誌のインタビューでクリス・ハートは、出演のきっかけについて「たまたま街で声をかけられた」と語っています。 もしかすると、テレビ局側の都合で「YouTube投稿で発掘された」というエピソードに脚色された可能性はあります。 妻と出会ってから、すべてが変わってきました。 彼女が東京に引っ越してくる前、銀座でデートをしていたら、たまたまテレビ局のスタッフから「二人の出会いを知りたい」と声をかけられたんです。 そして番組で歌を歌ったら、そこからまた次の番組出演へとつながって、2012年3月にテレビの「のどじまんザ!ワールド」で優勝したんです。 それがデビューのきっかけになりました。 より引用 いずれにせよ、「のどじまん ザ!ワールド」の出演が強烈なインパクトとなったのは疑いありません。 テレビを通じて、まるで生粋の日本人の様に慎ましやかで愛らしいキャラクターと、包み込まれるような温かな彼の歌声に心底惚れ込んだヒット・プロデューサー、ジェフ・ミヤハラが放送翌日に即刻本人にコンタクトをとり自らプロデュースに名乗りをあげることになる。 例えば「桜」という言葉、このたった一つの単語の中には「出会い、旅立ち、別れ、春など」色々な意味が込められている・・・この奥深さに感銘を受けたとのこと。 「のどじまん ザ!ワールド」への2回目の出演をする前のエピソードとして、デビュー曲にもなった『home』の歌詞について次のように語っています。 2回目の出演の前、何を歌おうかと悩んでいたら、妻が「あなたには木山裕策さんの『home』が合ってるよ」とアドバイスしてくれたんです。 ちょうど結婚式をする前だったので、家族を思う気持ちが、とてもぴったりきました。 でも、 詩のなかの茜色という言葉の意味がよくわからない。 英語には同じようなフレーズがないし、ずっと考えていたんですが、仕事から帰ってくる途中、商店街を歩いているときに、やっと気づいたんです。 茜色って、色のことだけじゃなくて、家族のために一日頑張った気持ちなどのメッセージが込められているって。 その気持ちを込めて歌ったらとても反応がよくて、結局、その曲がデビュー曲になりました。 ユーアールプレス(UR都市機構)2016年 vol. 46 より引用 インタビュー記事に出てくる奥さんは日本人で、元シンガーソングライターの福永瞳さん。 クリス・ハート自身も2017年4月に日本国籍を取得しています。 クリス・ハート活動休止の理由は? 2017年12月5日、クリス・ハートは、2018年春から活動休止することを公式サイトで発表しました。 「しばらくの間ゆっくりと 育児や、音楽の専門的な知識を高める時間に費やしていきたい」との理由です。 「将来は日本人アーティストの海外進出をサポートする活動も希望している」と報じる新聞もあります。 将来的に、海外での活躍を目指す日本人アーティストをサポートする活動を行いたいという希望があるといい、休止中にそのための勉強に励む。 「グラミー賞を取る日本人アーティストをサポートしたい」と意気込み、「(言葉の面など)いろいろ難しいけど僕もいろんな人のおかげで日本で活動できた。 感謝の気持ちを込めて、気持ちを返したい」と語った。 より引用.

次の

植え込み型の補助人工心臓に欠陥 患者死亡で自主回収:朝日新聞デジタル

クリス ハート 死亡

クリスリードが死去死亡で死因は病気 【訃報】フィギュアアイスダンス五輪選手のクリス・リードさんが急逝 30歳で死因は心臓突然死と、日本スケート連盟が発表。 3度の五輪出場をしており、昨年末に現役引退を発表していた。 — ライブドアニュース livedoornews クリスリード選手の訃報について、デイリーなどは以下のように報じています。 フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として五輪に3度出場したクリス・リードさんが、15日午前12時20分にアメリカ・デトロイトで死去したことが17日、分かった。 30歳。 死因は心臓突然死だった。 日本スケート連盟が発表した。 リードさんはバンクーバー(17位)、ソチ(21位)、平昌(15位)で3度の五輪出場。 昨年末に現役引退を発表した。 長島会長は「突然の訃報に大変驚いております。 長年に渡り日本のアイスダンスの発展に貢献していただいたクリス・リードさんに改めて深く感謝の意を表しますとともに、ご家族の皆様に心からお悔やみを申し上げ、リードさんのご冥福をお祈りします」と追悼のコメントを発表した。 報道によると、死因は心臓病による突然死とのこと。 『心臓突然死』と記載されていますが、これは病名ではなく、心臓疾患が原因の突然死の総称です。 具体的な病名については記載されていませんが、心臓突然死の多くは遺伝性の不整脈疾患と言われています。 心臓突然死とは? 心臓突然死とは、健康だと考えられていた人が、突然に致死的心室性不整脈(心室細動など)に見舞われて、この不整脈が原因で心臓が正常に収縮することができなくなり、脳に血液が循環せず死に至る疾患です。 日本においては、心臓突然死によって年間約6〜8万人が亡くなっております。 63で暫定5位です! — オリンピック gorin クリスリード選手は、1989年7月生まれのフィギュアスケート選手で、日本とアメリカのハーフ。 村元哉中選手のパートナーとしても知られ、日本代表としてオリンピックにも出場していました。 長年パートナーとして数々のアイスダンスの退会に出場してきたクリスリード選手と 村元哉中選手。 二人は2018年8月にカップル解消を発表していますが、その解散理由とは一体何だったのでしょうか? 当時の日刊スポーツ記事には、クリスリード選手のコメントが以下のように掲載されました。 「このたび、村元哉中さんとのパートナーを解消することになりましたことを、とても残念に思っております。 私自身は、これで終わりではなく、これからも日本のアイスダンスのレベル向上のために努力を続けていきたいと考えております」 「そして、哉中さんの今後のご活躍をお祈りしております」 具体的な解散理由は記載されていませんが、方向性の違いというのがファンの間での一般的な認識です。

次の