クローム クラッシュ。 フリーズ時にChromeが開いていたタブを復元する方法! クラッシュして突然終了したページを戻そう

フリーズ時にChromeが開いていたタブを復元する方法! クラッシュして突然終了したページを戻そう

クローム クラッシュ

グーグルクロームをダウンロードした際、 「0xc0000005」というエラーメッセージが出てダウンロードできませんでした。 色々調べると、ウィルスソフトとの相性の問題があるようで Symantec Endpoint Protectionがインストールされていると このような現象が起きるようです。 その後調べてみると、グーグルクロームのショートカットのプロパティの リンク先に「 --no-sandbox」とつけると解決することがわかりました。 ただ「サポートされていないコマンドラインフラグ --no-sandbox を使用しています。 これにより、安全性とセキュリティが損なわれます。 」という警告がでますが 上記のように 「 --no-sandbox」をつけることによる弊害には どのようなことが考えられますでしょうか?基本的にウィルスソフトが全く作動しない 状況になるのでしょうか? ウィルスに感染しやすいなど 問題があるようならばやめようと思うのですが。 まずSandboxという用語に関して説明しておきます 実PC環境と仮想的に隔離された領域の中で実行する機能のことで、 仮にディスクを書き換えるようなウイルスを実行してしまっても 用意された仮想領域のみを書き換えるため、 実環境のファイルに影響されることを防ぐことができる仕組みです。 Google Chromeは比較的新しいためか、セキュリティソフト側が プラグインを用意できていないことへの対策として、 少し前のバージョンから搭載している機能で、 私の知る限りではブラウザが対応しているケースは他に聞いたことがありません。 Sandboxがオフになれば勿論セキュリティレベルは下がります が、オフであっても悪意あるプログラムがダウンロードされれば ウイルス対策ソフトは正常に検知してくれますし、 使うのが危険というほどのことではありません。 お使いの対策ソフトがSymantecとのことですので、 その辺りは信用できるんじゃないかと思います。 そりゃ、機能としてある以上はオンのほうが望ましいですけれども、 古いバージョンのIEを使うよりはるかに安全と思って間違い無いです。 (最近になってChromeも主流の標的になるつつあるので油断できませんが) 対策ソフトを何も入れていないような環境に比べれば言うまでもありません。 ただ、ネット上には以下のような、 無料で利用できるGoogle Chrome 対応のツールが存在します。 (IEをにも対応) もし不安であれば導入を考慮してみてください。 また、参考までに同等の機能を利用できるソフトウェアを載せておきます。 ・Sandboxie 単一のアプリレベルでのSandbox(一部制限付き、フリーソフト) ・Returnil Virtual System Windows全体を仮想化 >基本的にウィルスソフトが全く作動しない状況になるのでしょうか? それはないと思いますが、Google Chromeは、セキュリティの為に、閉鎖したメモリ空間だけをアクセスできるSandboxを用意してその中で、プラグインなどが動作するようにしているようです。 これによりChrome自体のセキュリティを向上させているようです。 因みに、リリース当初のハッカーコンテストで生き残りのブラウザになった経緯もあり、sandboxがかなり寄与しているとのことです。 Google Chrome まとめWikiのFAQがありますが、-no-sandboxでの実行についても少し触れられているので参考にしてください。 Chrome自体の本来持っているセキュリティが下がることになるということだと思います。 > 「 --no-sandbox」をつけることによる弊害 >問題があるようならばやめようと思うのですが ダウンロードする時は全て自己責任です(ネットから感染するウィルス・スパイウェア・アドウェアが多い) ちなみに、フリーソフトをダウンロードする際にも同種の警告(セキュリティ警告)は出ます。 (ソフトをインストールするには自己責任でダウンロード・インストールするしかない。 常に大切なデータをバックアップしていれば、最悪クリーンインストールで対処できる) 次の方法もあります。 (ステップ1一部省略。

次の

Chromeが起動しない開かない時の解決方法!クラッシュや再起動で不安定な対処法や修復作業について

クローム クラッシュ

主な原因• パソコンの処理能力の低下。 インストールした拡張機能やソフトウェアが影響与えている。 Google Chromeの不具合。 主に上記が原因になっていることが多いため、それぞれの対処法を試すことによって解消が期待されます。 また、Google Chromeがクラッシュしてしまった以降に起動することができない、起動してもページが表示されなくなるケースもあるようです。 その場合の対処法も併せて徹底解説していきます。 タブやウィンドウが同時に開きすぎているとフリーズの原因に まず最も挙げられる原因として、タブやウィンドウを同時に開きすぎているとGoogle Chromeがクラッシュしてしまうことがあります。 これはクロームに限ったことではなく、IEやEdge、Safariなどのブラウザ、その他ソフトウェアでも同時にタブ・ウィンドウを開きすぎていると負荷が掛かり、クラッシュやフリーズを引き起こす原因になります。 特にYouTubeなどの動画サイトを開いている場合などは、クラッシュしやすいです。 どのくらい数を開くとクラッシュしやすいかは、お使いのパソコンのスペックによって異なります。 一般的なパソコンのスペックだと、タブを10個以上開いていると問題を引き起こす傾向があります。 使わないタブやウィンドウを閉じてみましょう。 Google Chromeとパソコンの再起動を行いましょう フリーズやクラッシュが頻発する場合は、 Google Chromeを一旦終了してください。 加えて、 パソコンを再起動しましょう。 再起動後にGoogle Chromeを起動し、様子を見ましょう。 なお、パソコンを再起動した後にGoogle Chromeが一切起動しなくなったというケースがあるため、次に紹介する 「コマンドプロンプト」で起動する方法を試してください。 この手順によって解消できることが多いですが、解消しない場合は別の対処法を試す必要があります。 起動しない場合は「コマンドプロンプト」を利用して起動する アイコンやタスクバーからGoogle Chromeが起動できなくなってしまった場合は 「コマンドプロンプト」を利用することによって起動できる可能性があります。 コマンド入力を伴うため難しいと思われがちですが、画像付きで解説しますので手順通りに試して頂ければと思います。 このまま上記をコピーし、そのままコマンドプロンプトにペーストしてください。 ペーストが完了しましたら、 「エンターキー」を押してください。 Google Chromeが起動します。 起動しない場合は、Google Chromeをインストールしている場所が異なる可能性があります。 エクスプローラーでファイル場所を検索し、再度指定してください。 Google Chrome内で行う対処法 Google Chrome内で行える対処法をご紹介します。 クローム内の「設定」や「閲覧履歴削除」を開く場合は、上記画像の 赤い矢印で示したアイコンをクリックしてコンテキストボックスを出現させます。 キャッシュ・Cookie・閲覧履歴を削除する Google Chrome内に蓄積したキャッシュデータ、Cookie、閲覧履歴がクラッシュ、フリーズを引き起こしていることが考えられます。 これらのデータは自動的にクリーンアップすることは無いため、ユーザー側が操作をして削除します。 【その他のツール】にカーソルを合わせ、 【閲覧履歴を消去】をクリックしてください。 チェックを入れる項目• 閲覧履歴• Cookieと他のサイトデータ• キャッシュされた画像とファイル 上記のチェックボックスにチェックを入れてください。 チェックを入れましたら、 「データを削除」をクリックすることで削除されます。 もう一度Google Chromeを再起動しましょう。 ブックマークを整理する ブックマーク登録件数が多いと、動作に影響を与えることがあるそうです。 アクセスしなくなったサイト、登録解除しても良いサイトがあれば適宜「削除」をしてブックマークを整理してみてください。 拡張機能をオフもしくは削除する Google Chromeにインストールしている拡張機能が多すぎたり、一部の拡張機能がクロームの動作を不安定にさせる原因になっていることもあります。 機能の無効・削除を行うことで改善することがありますので、確認してみましょう。 【その他のツール】にカーソルを合わせ、 【拡張機能】をクリックして設定ページを開きましょう。 Google Chromeにインストールした拡張機能がうべて表示されます。 スイッチもしくは 「削除ボタン」を押して整理してください。 具体的にどの拡張機能が悪影響を及ぼしているかを特定するのは、ユーザーコミュニティ等で確認をすると良いかもしれません。 使わなくなったものから無効・削除するのが良いでしょう。 「ハードウェア アクセラレーション」と「バックグラウンド処理」を無効にする Google Chrome内の 「ハードウェアアクセラレーション」と 「バックグラウンド処理」を無効化します。 これらの設定を無効にすることによって処理負荷を軽減することができ、動作の安定に繋がります。 「設定」を開きましょう。 設定画面が開きます。 スクロールをして 「詳細設定」をクリックしてください。 オフにする項目• 「Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する」• 「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」 オフにした後にGoogle Chromeを再起動します。 再起動後にクラッシュなどが発生しないかしばらく様子を見ましょう。 クローム内のクリーンアップ機能を利用する Google Chrome内の設定からパソコンに不審なプログラムがインストールされていないかどうかを確認します。 動作に影響を与えている可能性があるため、確認しましょう。 「設定」を開きましょう。 スクロールをして 「詳細設定」をクリックしてください。 「パソコンのクリーンアップ」をクリックします。 「検索」をクリックすると、不正なソフトウェアがインストールされていなかチェックします。 検索にはしばらく時間が掛かります。 「有害なソフトウェアは見つかりませんでした。 Google Chromeのアップデート アップデートによって問題が解消される場合があります。 最新バージョンの確認方法は、 【ヘルプ】にカーソルを合わせて 【Google Chromeについて】をクリックします。 最新バージョンが無いか検索が始まります。 見つかった場合は自動的にアップデートが実行されます。 Google Chromeの再インストール アップデートなどを試しても改善しない場合は、 Google Chromeを再インストールしてみると良いかもしれません。 まずは アンインストールをする必要があります。 エクスプローラーで 「コントロールパネル」と検索して開きましょう。 「プログラムのアンインストール」をクリックしましょう。 インストールしているプログラムがすべて表示されますので、一覧の中から「Google Chrome」を見つけてください。 右上のエクスプローラーでも検索可能 カーソルを合わせて 右クリックをして 「アンインストール」をクリックするとアンインストールできます。 中継サーバーの役割を指します。 Google Chrome経由での設定画面の開き方をご紹介します。 「設定」を開きます。 スクロールをして 「詳細設定」をクリックしてください。 「パソコンのプロキシ設定を開く」をクリックしてください。 パソコンの設定画面に切り替わります。 「設定を自動的に検出する」のスイッチをオフにしてみてください。 設定完了後にGoogle Chromeとパソコンを再起動しましょう。 使用しているセキュリティソフトを確認する パソコンにセキュリティソフトを導入し、適用している場合は使用しているセキュリティソフトを確認してみてください。 設定画面、起動方法はメーカーによって異なりますが、ほとんどはタスクバー右側にアイコンが表示されています。 一時的にセキュリティを無効にした状態でクラッシュしないか様子を見ましょう。 セキュリティソフトにアップデートが見つかった場合は、アップデートを行ってください。 パソコンの容量不足を解消する パソコンの容量が不足すると、パフォーマンスが低下します。 パフォーマンスが低下すると、様々なソフトウェアで フリーズやクラッシュを引き起こす原因になります。 メインになる 「Cドライブ」の容量を確認し、 不要なメディア、ファイル、アプリ、ソフトウェアを別の記憶媒体や適宜削除をして容量を空けてください。 「ゴミ箱」を空にすることで大幅にデータを削減できます。 「ゴミ箱を空にする」をクリックすると、ゴミ箱内のデータが削除されます。 ゴミ箱内のデータサイズによって異なりますが、2GB~10GBほど削減ができます。 クリーンアップソフトなどのダウンロードして利用すると、効率よくデータの整理などが行えます。 「タスクマネージャー」でアプリの停止・メモリ解放を行う 起動中のアプリが多すぎると、CPUの処理能力が低下します。 「タスクマネージャー」でタスク切りを行って動作向上を図りましょう。 他に作動しているアプリがあれば右クリックをして 「タスクの終了」を選択してください。 OSのアップデートを行う パソコンのOSをアップデートすることで問題を解消できる場合があります。 最新バージョンが配信されていない確認しましょう。 パソコンの 「設定」を起動し、 「更新とセキュリティ」にアクセスします。 左側メニューの 「Windows Update」から 「更新プログラムのチェック」をクリックしてください。 アップデートの検索が開始します。 最新バージョンが提供されている場合は、アップデートを実行してください。 クラッシュ、フリーズが改善しない場合は待機する Google Chromeに不具合が発生している可能性があります。 修正アップデートが行われるまで待機しましょう。 頻繁にクラッシュしてしまう場合は、別のブラウザアプリを代替すると良いかもしれません。

次の

Windows10のビルド番号10525でChromeがクラッシュする場合の対処法

クローム クラッシュ

ウェブページと Chrome のどちらに問題があるか判別するため、別のブラウザでページを開いてみます。 たとえば Firefox や Safari でページを読み込んでみてください。 別のブラウザでページを開ける場合は、次の手順を試します。 Chrome をアンインストールして、再インストールする。 Chrome プロフィールに異常があり、問題を引き起こしている可能性があります。 します(このとき [閲覧データも削除しますか] チェックボックスを忘れずにオンにします)。 その後、Chrome を再インストールします。 拡張機能をアンインストールして、再インストールする。 Chrome の拡張機能が問題を引き起こしている可能性があります。 して、1 つずつ追加しなおします。 ハードウェア アクセラレーションの問題を解決する。 パソコンのハードウェアと Chrome の連携で問題が発生している可能性があります。 この問題を解決するには次の手順を行います。 その他アイコン [ 設定] をクリックします。 下の [ 詳細設定] をクリックします。 [システム] で、[ ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する] をオフにします。 Chrome を再起動します。 別のブラウザでもページを開けない場合は、ご利用のネットワークまたはウェブサイト側で問題が発生している可能性があります。 以下の詳細をご覧ください。 アプリによっては、Chrome の正常な動作を妨げるものがあります。 パソコンで Chrome を開きます。 右上のその他アイコン [ 設定] をクリックします。 下の [ 詳細設定] をクリックします。 [リセットしてクリーンアップ] の下の [ 互換性のないアプリケーションの更新または削除] をクリックします。 このオプションが表示されない場合は、問題のあるアプリが検出されなかったことを意味します。 一覧表示されたアプリのそれぞれについて、更新するか削除するかを決めます。 パソコンのアプリストアを開き、アップデートを探します。 アップデートが表示されない場合は、アプリのサイトで詳細を確認してください。 Chrome がまったく起動しない問題を解決する パソコンのバックグラウンドで既に Chrome が起動している可能性があります。 Chrome が起動しているかどうかを確認して強制終了するには、お使いのオペレーティング システムに応じて以下の手順を行ってください。 Windows の場合• [プロセス] タブで「Google Chrome」または「chrome. exe」を探します。 クリックして選択し、[ プロセスの終了] をクリックします。 Mac の場合• 「Google Chrome」を探します。 クリックして選択し、[ 強制終了] をクリックします。

次の