結婚 式 費用。 結婚式見積り相場と平均費用!絶対確認すべき16のポイント

少人数結婚式の費用は?相場から全体の流れまでわかりやすく解説

結婚 式 費用

具体的な見積もりアイテムの相場 結婚式の見積もりにはどんな項目が載っていて、どれくらいの金額なのか、相場がわからないと困りますよね? ということで、具体的なウェディングアイテムの項目とその金額について、ゼクシィの同調査を元にご紹介していきましょう。 今時の結婚式でお預かりするご祝儀 では次に、今時の結婚式でゲストからいただくご祝儀はいくらなのかチェックしていきましょう。 ゼクシィの同調査では、関係別のご祝儀の平均が発表されていますので掲載します。 Q:ゲスト1人あたりのご祝儀金額は? 『親族』が一番高額で6. 7万円、『友人』は相場通りの3万円という結果。 ちなみに、 ご祝儀の平均総額は232. 8万円でした。 相場通りにはもらえない今のご祝儀事情 ご祝儀では、気をつけないといけないことが1つだけあります。 それは、 ご祝儀は必ず相場通りにいただくことができない、ということです。 これは、いただいたご祝儀をより細かくした一覧ですが、最近は友人でもご祝儀2万円が増えてきました。 中には、1万円だった方もいて、 相場は必ず守られるものではなくなっているのです。 しかし、 ご祝儀はお祝い金であり、その時々の経済状況にも影響しますから仕方のないこと。 あまりご祝儀に頼りすぎずに予算を考えた方が、安心かもしれません。 今時の結婚式の援助はどれくらい? 結婚式では、ご祝儀の他にもう1つ、入ってくるお金として代表的なものがあります。 それは、お互いの両親からの援助金です。 結婚式場と契約するときは、このことをしっかり意識して申し込みをしましょう。 そうしないと、どんどん見積もりが膨れ上がってしまい、新婚旅行や結婚指輪のお金を切り崩す羽目になるかもしれません。 まとめ 今回は、今時の結婚式費用について掘り下げて解説しました。 全国平均は357万円ですが、結婚式を挙げるエリアや選ぶ式場タイプでも金額は違います。 その辺りは意識して式場選びをするとよいかもしれません。 また今の見積もりは、金額が申し込みした後に上がるようになっていますので、その点も十分注意してチェックするように心がけてください。

次の

【第1回】《結婚式費用の基本!》結婚式の相場や内訳・支払い時期まで紹介*

結婚 式 費用

家族・親戚のみの結婚式とは? 家族のみの結婚式の特徴 家族・親族のみの結婚式は「家族婚」「ファミリー婚」などと呼ばれ、両親、兄弟姉妹とその家族を中心に、叔父叔母やいとこといった親族を招待する少人数の結婚式です。 ・アットホームな雰囲気 ・参加者が少ないので準備が楽 ・全体の費用が抑えられる といった特徴があります。 少人数の結婚式を挙げる人はどのくらいいる? 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ」によると、 全国:13. だいたい 7、8人に1人は少人数の結婚式を挙げているといえます。 親族はどこまで招待する? 家族・親族だけの結婚式はどこまで招待すべきなのか悩んでしまうこともあります。 招待ゲストの例をご紹介します。 1 新郎新婦+両親(6人前後) 家族婚の最少人数。 両家顔合わせに近い雰囲気になるでしょう。 2 新郎新婦+両親、兄弟姉妹とその家族(15人前後) 互いの兄弟姉妹の家族も招待。 小さい子供がいると場がなごみます。 3 新郎新婦+両親、兄弟姉妹とその家族、叔父叔母(30人前後) 仲のいい従兄弟(いとこ)を呼んでもいいですね。 4 両親、兄弟姉妹とその家族、叔父叔母、親しい友人 家族・親族だけの結婚式だけど、どうしても親友を数人呼びたい……!という方も多いはず。 ただし家族親族の中に、友人が数人だけだと居づらいと思う人も多いので、家族ぐるみの付き合いのある友人に限定するといいでしょう。 会場の収容人数に注意 たいていの会場は収容人数の下限・上限が決まっています。 会場と招待ゲスト、どちらか先に決めてしまうと人数が合わない場合があるので、平行して検討するといいでしょう。 家族・親族のみの結婚式プランと費用 ゲストが家族や親族だけの場合、下記のような少人数ならではのシンプルなプランが可能です。 (1)挙式のみ (2)食事会のみ (3)挙式+食事会 それぞれのプログラム例と、目安の費用をご紹介します。 (1)挙式のみ 教会式のプログラム例をご紹介します。 1 新郎入場 2 新婦入場(父親と一緒に) 3 賛美歌斉唱 4 神父の聖書朗読 5 誓いの言葉 6 指輪の交換 7 誓いのキス 8 結婚証明書署名 9 新郎新婦退場 10 ゲストお見送り プログラムのポイント 教会のチャペルや、神社で挙式のみ行います。 プログラムは一般的な挙式と同じです。 だたし、一般的な挙式は退場する新郎新婦をゲストが見送って終わりますが、挙式のみの場合は、新郎新婦がゲストをお見送りするのがおすすめです。 一人ひとりにプチギフトを手渡して「来てくれてありがとう」と感謝を伝えましょう。 所要時間:30分~1時間 費用目安 10万~30万円。 賛美歌や神父が不要な「人前式」は費用が抑えられます。 (2)食事会のみ 挙式は行わずに、食事会のみ行うパターン。 1 受付 2 新郎新婦入場 3 ウェルカムスピーチ(新郎新婦) 4 乾杯挨拶(どちらかの父親) 5 ケーキ入刀 6 歓談 7 新婦の手紙朗読・記念品贈呈 8 新郎挨拶 9 新郎新婦退場 10 ゲストお見送り プログラムのポイント 食事会だけだと盛り上がりに欠ける場合があるので、結婚式定番の「ケーキ入刀」や「花嫁の手紙」を組み込むのがおすすめです。 所要時間:2時間程度 費用目安 50~100万円 (3)挙式と食事会を行う 挙式の後、食事会を行います。 家族・親族のみの結婚式で一番多いスタイルです。 プログラムは(1)(2)を続けて行うのを想像していただけたらと思います。 挙式と食事会が同じ会場なら準備が楽ですが、別々の場合はそれぞれのプランナーさんと打ち合わせが必要です。 費用目安 60万~150万円。 費用は人数や会場によって大幅に異なりますが、大人数の「挙式+披露宴」よりは全体の費用がおさえられます。 ご祝儀 上記いずれのスタイルの場合も、基本的にはご遠慮しますが、特に親戚ゲストはご祝儀を持参するのが当たり前だと思う人も多く、結局はいただく場合が多いようです。 少人数の結婚式の場合、事前にご祝儀をくださる親戚もいると思うので、当日その方に失礼にならないよう、受付は設けない方がいいでしょう。 控室などで親が受け取るように配慮しましょう。 引き出物 引菓子とプチギフトのみ用意するといいでしょう。 プチギフトはゲストをお見送りする際に渡します。 ご祝儀をいただいた場合は、後日、半額程度の内祝いを個別にお返しします。 招待状 新郎新婦・両親・兄弟だけであれば、招待状はなくてもいいでしょう。 祖父母やおじおばなど親戚を招待する場合は準備したほうが丁寧です。 ご祝儀を辞退する文面 ご祝儀を辞退する場合は、下記の例文のように事前に招待状でアナウンスしておきましょう。

次の

2人だけで結婚式をする費用やメリット、流れまとめ

結婚 式 費用

少人数結婚式と一般的な結婚式はなにが違うの? 少人数結婚式の費用を紹介する前に、一般的な結婚式との違いや、どこで費用の差が生じるのかを解説していきます。 結論から言いますと少人数結婚式と一般的な式の大きな違いは、披露宴をおこなうか、会食で済ませるかという点です。 披露宴よりも会食の方が費用を抑えられます。 違いを表で分かりやすく紹介します。 では少人数結婚式の費用について、詳しく紹介していきます。 少人数結婚式にかかる費用の相場はいくら?自己負担額は? 少人数結婚式は一般的な結婚式のように盛大におこなわないため、 費用を抑えられるメリットがあります。 人数別の費用相場からご祝儀、自己負担額までを、表にまとめましたので参考にしてください。 ゲストの人数 費用 ご祝儀 自己負担額 10人 64万円 33万円 31万円 20人 118万円 66万円 52万円 30人 177万円 99万円 78万円 40人 236万円 132万円 104万円 に掲載されていたリクルートブライダル総研の調査によると、一般的な結婚式にかかる総額は357. 5万円、自己負担額は142. 8万円が平均です。 それに比べてゲストの人数が少ない少人数結婚式は、費用や自己負担額をかなり節約できることがわかります。 では、人数別に詳しく解説していきます。 5,934view しかし今回紹介しているご祝儀は、あくまで平均的な額です。 親族と友人の割合が変わると、自己負担額が増減します。 親族と友人の割合で自己負担額が変わる! 少人数結婚式のゲストは、一般的な式よりも親族の割合が多いことがほとんどです。 親族は友人よりも多くご祝儀を出してくれるため、 親族の割合が多ければ多いほど自己負担額が少なくなります。 例えばゲストの人数が20人でそのうち親族が15人、友人が5人だったとします。 親族からもらえるご祝儀の平均額は5万円ですので、15人だと75万円。 友人からは1人3万円として、合計15万円もらえます。 つまり、 ご祝儀だけで90万円もらえるということです。 20人の結婚式費用が118万円なので、90万円を引いて自己負担額は28万円です。 上述した自己負担額である52万円に対して、 24万円も費用を抑えられるのですから驚きです。 逆に友人の割合が増えると、自己負担額は高くなります。 とはいえご祝儀欲しさに親族ばかり呼んで、本当に来てほしい友人を招待できないのは寂しいですよね。 せっかく結婚式をおこなうのですから、本当に呼びたい人を招待するためにも別の方法で結婚式費用を抑えるのが得策です。 費用を抑えたいのであれば、 ブライダルフェアに参加するだけで結婚式費用を割引してくれる式場割引サイトを利用しましょう。 式場割引サイトを利用すると料金を安くしてもらえる これから結婚式を挙げる人は知っておかないと損をする情報なのですが、 式場割引サイトを経由してブライダルフェアに参加すると、結婚式費用を100万円以上安くしてもらえるとプレ花嫁の中で話題です。 特に渡辺直美さんがCMに出演しているハナユメは、割引額が大きいことで有名。 40人以下の少人数結婚式でどのくらい割引してもらえるのか、実例を紹介していきます。 ケース1 式場名 割引額 GRANDARCHE WEDDING HILLS(グランダルシュ ウエディングヒルズ) 最大141万円 ケース2 式場名 割引額 グラン ブリエ 東京 最大109万円 式場の下見にいくだけでも31,000円分の商品券がもらえるので、いくら安くなるか知りたい人はチェックしてみてください。 net) 以下の記事でもハナユメについて詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。 7,346view 会場はどうやって選ぶ?少人数結婚式に対応してくれる式場を見つける方法 招待客をリストアップしたら、次は式場探しをおこなっていきます。 少人数結婚式は、 レストランや専門式場でおこなうのが一般的です。 遠方からきてくれるゲストのためにホテルでおこなうのも一つの手ですが、100人以上の大人数結婚式に対応する造りになっていることが多く、少人数には向きません。 あまり広い会場を選んでしまうとスペースが余って寂しい印象になってしまうからです。 net)をはじめとした式場検索サイトを利用します。 ゲストの人数を指定できるので、少人数結婚式に対応してくれる式場だけを表示することができます。 わざわざ式場に問い合わせるのは大変ですので、一括で条件を絞り込める検索機能を活用して、効率的に探しましょう。 少人数結婚式でも礼儀は大切!招待状は必ず作成しよう 式場が決定したら、ゲストに送る招待状を作成します。 招待するのは親しい人ばかりなので、費用を節約するために招待状を送らなくてもいいのではないかと考える人もいますが、 招待状を送るのは最低限のマナーです。 わざわざ時間やお金をかけて参列してくれるゲストに対して、誠意を持って招待状を送りましょう。 数も多くありませんので、招待状を手作りするとゲストから喜んでもらえます。 以下の記事で簡単に招待状を作成できるアプリについて紹介していますので、合わせてご覧ください。 招待状や席札、席次表などのペーパーアイテムは、手作りすると、よりあたたかい雰囲気の結婚式にすることができます。 受付は友人や兄弟にお願いするのが一般的 結婚式といえば、受付を誰にお願いするのかも重要な問題です。 受付は、 友人を呼ぶ場合は友人に、 呼ばない場合は兄弟や姉妹にお願いしましょう。 どうしても受付をお願いする人がいない場合は設置しなくてもいいですが、ゲストに受付はない旨とそのまま待合室にいてくださいという連絡を事前にしておく必要があります。 知らせておかないと、受付をしなくてもいいのか心配させてしまうからです。 また、いつご祝儀を渡せばいいかについても困ると思いますので、ゲストが到着したタイミングで両親から挨拶にいってもらうなどして配慮しましょう。 式当日はゲストとの交流を大切にしよう 準備が終わって挙式予定日がやってきたら、いよいよ式本番です。 少人数結婚式は親しい人だけを呼んだアットホームな式なので、つい形式的なことをおろそかにしたくなると思います。 しかし、そこを曖昧にすると飲み会の延長のような雰囲気になってしまいます。 少人数結婚式の良さを活かしつつ、しっかりとプログラムを決めておきましょう。 では以下の3点に考慮した、少人数結婚式の基本の進め方を紹介していきます。 以上が少人数結婚式の流れです。 一般的な結婚式に比べると、 準備が少なく時間がかからないのが少人数結婚式のメリットです。 またゲストが少人数なので一人一人にお礼を言えるのも、嬉しいポイントですね。 ここからは、ゲストと交流できる少人数結婚式でおこないたい演出を紹介していきます。 ゲストと交流できる少人数結婚式向けの演出5選 少人数結婚式はゲストの人数が少ないため、どんな演出をおこなえばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。 ゲストの人数が少ないということは、一人一人と長くコミュニケーションを取れるということです。 少人数という点を生かして、派手さはなくても温かみのある演出をおこなえばゲストも満足できる結婚式になります。 ではゲストと交流できる演出を5つ紹介していきます。 一般的な披露宴ではケーキ入刀のみで終わってしまうことがほとんど。 しかし少人数結婚式であればゲストの人数が少ないため、 新郎新婦が自らウエディングケーキを切り分けてゲストに配るケーキサーブという演出がおこなえます。 ゲスト一人一人と直接コミュニケーションが取れるうえに、ゲストと写真を撮れるきっかけを作れるので一石二鳥の演出ですよ。 席札に一人一人メッセージを添える 上述したように少人数結婚式は一般的な式よりも準備が少ないのですが、裏を返せばゲスト一人一人に時間を費せるということです。 そこで 会食の席に置いておく席札に、手書きでメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。 メッセージはゲストによって変えてあげると喜んでもらえます。 手書きメッセージは大人数の結婚式では時間がかかるため、取り入れづらい演出です。 少人数だからこそアットホームな演出を取り入れて、ゲストに喜んでもらいましょう。 ゲストに合わせて引出物を贈り分けする 一般的な結婚式では、会社の人や親族、友人などカテゴリー別で引き出物の中身を変えています。 少人数結婚式では、 さらに細かくゲスト一人一人の引出物の内容を変えることが可能です。 事前に何が欲しいのかをリサーチして用意してあげると、心のこもった引き出物だとゲストから喜んでもらえるのではないでしょうか。 ただし何が欲しいかわからないからといってギフトカタログにしてしまうと、予算がバレるうえに手抜きだと思われてしまいます。 何がいいか迷った時は実用性の高い食器類などでも喜ばれますよ。 テーブルごとに写真撮影をするフォトラウンド 少人数結婚式で取り入れて欲しい演出の一つが、 テーブルを回りながらゲストと写真撮影をするフォトラウンドです。 フォトラウンドは時間がかかるためおこなうカップルは少ないですが、少人数結婚式なら時間もかかりませんし思い出を写真に残すことができます。 くじ引きでポージングを決めるのも面白いですね。 ウェディングツリーでゲスト全員のサインをもらおう 受付に飾る演出として、ウエディングツリーを取り入れてもいいですね。 ウェディングツリーは木の枝が書かれた用紙に、参列したゲストが指印やサインなどをして1本の木を完成させるという演出です。 出来上がったウエディングツリーは持ち帰れるため、 思い出の品として一生残しておくこともできますよ。 少人数結婚式ではやらないで!NG演出まとめ 少人数結婚式で取り入れて欲しい演出はたくさんありますが、オススメできない演出もあります。 空気が悪くなったり、盛り下がったりする可能性が高いので今から紹介する演出はおこなわないようにしてください。 ここまで少人数結婚式について紹介してきましたがいかがでしょうか。 少人数結婚式は本当に親しい人とか招待しない結婚式なので、アットホームな雰囲気が魅力的です。 ゲストとの交流時間も長く取れるため、親しい人だけで和やかな式をおこないたいカップルにぴったりの結婚式スタイルだと言えます。 費用も抑えられるので、節約カップルにもオススメです。 さらに費用を抑えたい人は、上述した式場割引サイトのハナユメを使えば結婚式費用を割引してもらえますよ。 式場割引サイトの「ハナユメ」を使って129万円も節約できた! 管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、 結婚式の費用を129万円も節約できました。 もちろん質はそのまま! 理想の結婚式が、おトクに挙げられます。 さらに!おトクに結婚式を挙げるなら.

次の