ステファン ランビエール。 ステファンランビエールの経歴や戦績は?性格や引退理由も調べた!

ステファン・ランビエール

ステファン ランビエール

マイケルのことのことしか頭にないくらい、マイケルにはまっていたそうで、 マイケルの 音楽、踊り、個性が大好きで憧れ、家では何時間も踊りを真似ていたそうです。 その頃、母親が息子に何かスポーツをさせたいと考えていたそうで候補に挙がったのがスケートだったそうです。 ランビエールも、 スケートの 音楽、衣装、振り付けの感性に惹かれ、 アイスショー『オペラ座の怪人』に大感動したのがきっかけで 「エレガントなスポーツをやりたい」と思った ランビエールは姉が習っていたスケートを選んだそうです。 アイスホッケーのような 団体スポーツ競技には興味が持てなかったというランビエール。 「後に、ダンスをやりたくなったが母が反対し、スケートを続けることになった。 でも、ダンスが大好き」とも語っているそうです。 ステファン・ランビエールの現役時代 2000年にシニアに転向すると、いきなりスイス選手権で優勝。 2005年の世界選手権で優勝 2006年も世界選手権で優勝し。 トリノオリンピックでは銀メダルを獲得。 2007年にはグランプリファイナルを再び制す。 2008年に怪我を理由に引退表明。 2010年のバンクーバーオリンピックで現役復帰。 この時、高橋大輔と熾烈なメダル争いを繰り広げました。 持ち味は羽生選手も憧れる高速スピン 現役時代も大変活躍した選手でした。 選手としての特徴は、高速スピンと芸術性の高い演技力だそうです。 (確かにスピンが超早かった) スピンに関しては、羽生結弦選手もお手本にするくらい上手いらしいです。 こんなエピソードがありました。 羽生選手が子供の時(10歳の時)、ランビエールにスピンで挑んだそうです。 結果はあっさりと負けてしまいますが、数年後その時のことを覚えていてくれたそうで、 「あの時の小さくてずっとスピンをやっていた子だろ?」と声をかけてくれたそうです。 デニス(バシリエフス)との共同生活 ステファン・ランビエールさんは教え子であるデニス・ヴァシリエフスと スケートの指導のため、 共同生活をしているそうです。 どのような生活ぶりか伺える情報が少なかったのですが、 少し見つけたので紹介します。 2018年8月30日の SPUR.JPに載っていた記事。 教え子のデニスと一緒に取材に答えていますが、ランビエール部分だけの紹介です。 一問一答形式で質問に答えています。 時々あることもあるんだよ Q4. アニメ「ユーリ!!! 13 Q11. 結婚していなくても恋人の噂などあってもよさそうなのに、 何一つありません。 どれどころか、 ステファン・ランビエールさんにはゲイ疑惑があるそうです。 上記の生徒のデニスとの共同生活も、その疑惑に拍車をかけている模様。 疑惑が持ちあがっている要因 ・45歳にしていまだ独身であること ・今まで浮いた話が出なかったこと ・生徒との共同生活をしていること ・なんとなく雰囲気から(個人的見解) と、どれも想像の域を超えないものですが、これだけのイケメンなのに恋人との噂が立たないところを見ると、本当にそうなのか?と勘繰ってみたくもなります。 フィギュア界はゲイ多し? フィギュアスケート界ってゲイ(おネエ)の人が多い印象を持ちますが、みなさんどうでしょうか? ちょっと上げるだけでも、 アダム・リッポン ジェイソンブラウン 羽生結弦選手のコーチの ブライアン・オーサー 振付師のジェフリー・バトル 振付師のデヴィッド・ウィルソン 衣装デザイナーのジョニー・ウィアー と、ズラリと名前が挙がってきます。 他のスポーツではここまで多くないような気がするのですが、 フィギュアというスポーツの特性でしょうか? まぁ、それはさておき、ステファン・ランビエールさんにもゲイ疑惑が持ち上がっていますが、本人がカミングアウトしない限り、真相は分かりませんね。 まとめ イケメンで選手より目立ってしまうランビエールコーチ。 同性愛疑惑がありますが、真相はどうなんでしょう? 真相は分かりませんが、日本の女性ファンを魅了すること間違いなしです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 宇野昌磨選手がポロっと言っちゃった時の記事です。

次の

ステファンランビエールの経歴や戦績は?性格や引退理由も調べた!

ステファン ランビエール

ステファン・ランビエールはどんなスケーター? まずはプロフィールから紹介です! 出典: ステファン・ランビエール 生年月日:1985年4月2日 身長:177cm 体重:61kg 出身国:スイス 所属クラブ:クラブ・デ・パティナール・デ・ジュネーブ ステファン・ランビエールさんのスケートを表現する言葉は 「 芸術性」と「 高速スピン」! スピンは「 世界一」と言われるほどの速さ!高速なのに軸がしっかりと取れたきれいなスピンでした。 そして 芸術的な美しいプログラム構成で観客を魅了していました。 ランビエール選手の演技は 観客を楽しませることを第一に考えられたものでした! 個人的には トリノ五輪での シマウマ柄の衣装が今も忘れられません! フリーの演技曲は「ヴィヴァルディの『四季』」これを聞いてシマウマのイメージが浮かんだのだとか! いつも観客が驚くプログラムを用意しているランビエールさんは、フィギュア界の中でとても個性的な人でした! 出典: トリノ五輪では 銀メダルを獲得! 感極まって涙するランビエールの姿に女性ファンも感動! 本気泣きランビエールの隣にいる金メダリスト ロシアの皇帝プルシェンコの涼しい顔が印象的なオリンピックでした(笑) スポンサーリンク スケーターとしての経歴 スケートを始めたきっかけは、 7歳の時に3歳年上の姉とリンクへ行ったことから。 11歳でスイスの ノービスチャンピオンとなります。 1997-1998シーズンから「 ジュニアクラス」へ上がり、スイス選手権ジュニアクラスを2連覇するという成績を残します。 2001年には 世界ジュニア選手権で5位入賞。 しかし翌シーズンでは ヨーロッパ選手権で4位となって ソルトレイク五輪に出場するも15位、 世界選手権で18位と成績の振るわないシーズンとなりました。 2002-2003シーズンから 4回転ジャンプを取り入れるようになり、 2005年の世界選手権では 予選からフリーまで5度の4回転ジャンプを成功させて スイス選手で58年ぶりとなり世界チャンピオンになりました。 2005-2006シーズンの成績は絶好調で、 グランプリファイナルで金メダル、 ヨーロッパ選手権2位、そして 2006年のトリノ五輪で銀メダルに輝くなど世界にランビエールの名前をとどろかせました。 表彰台で感極まってボロ泣きしたのはこの時でした(笑) 2006年の 世界選手権では、 スイス人初の2連覇を達成します。 2度の引退の経緯と理由は?現在は何してる? 2006-2007シーズンにトリノ五輪で銀メダル、世界選手権2連覇をしたことで 競技への情熱が薄れた時期がありました。 成績が絶好調だったことで、その達成感からモチベーションが下がったことが原因のようです。 アイスショーへ出演して自分の進む道を模索していましたが、今後の競技を続けるか悩む時期に ショーを観にきた観客の声援を受けて 現役続行という気持ちが生まれました。 2007年に世界選手権で銅メダルを獲得。 この時の フリーのプログラム「ポエタ」はステファン・ランビエールの代表作となって今でもアイスショーで披露されています。 プロのフラメンコダンサーに振付けてもらったというこだわりのプログラムで大喝采を浴び逆転銅メダルという結果でした。 出典: 素晴らしいプログラムを披露して競技続行の意思を表明して活躍していたのですが、 2008年に 引退を発表。 理由は、2008年の世界選手権で 左足内転筋を痛めたことで プログラムを滑れなくなったことが大きかったようです。 引退の2年後、怪我の具合が良くなったことで 2010年のバンクーバー五輪に出場に向けて 現役復帰を果たします。 バンクーバーオリンピックでは4位入賞!3位の高橋大輔 選手と0. 51ポイント差で惜しくもメダルを逃します。 オリンピックでの結果を受けて 2010年3月に 2度目の引退表明をします。 引退後の活動 ・引退後すぐに出演したアメリカABCの番組「Thin Ice」という番組で荒川静香さんとペアを組み総合3位(視聴者投票1位)となります。 ・2010-2011シーズンの 高橋大輔 選手のエキシビジョンのプログラム「アメリ」の振付を行いました。 ・2016年8月から ラトビアの選手デニス・ヴァシリエフスの コーチとして活動中です。 教え子のヴァシリエフスは、2018年平昌オリンピックにも出場!キスアンドクライでテレビに映るステファン・ランビエールは、コーチの顔をしてヴァシリエフ選手をサポートしていました! ・2018-2019シーズンより ジュニア男子シングルで活躍する 島田高志郎選手の コーチに就任! 島田高志郎選手は、2018年の ジュニアグランプリファイナルで 銅メダルという成績を残しています!! 現在は日本の選手も指導してくれているんですね! ・2019年、宮本亜門さん演出の アイスショー「氷艶」に出演!和風の衣装でスケーティングするランビエールはとても素敵でした! ステファン・ランビエールの戦績まとめ シニアデビューの2000年から引退の2010年まで約10年の主な成績をまとめました! 【 オリンピック 】 2006年 トリノ五輪 銀メダル 【 世界選手権 】• 2005年 ロシア・モスクワ大会 金メダル• 2006年 カナダ・カルガリー大会 金メダル• 2007年 日本・東京大会 銅メダル 【 ヨーロッパ選手権 】• 2006年 フランス・リヨン大会 銀メダル• 2008 クロアチア・ザグレブ大会 銀メダル• 2010年 エストニア・タリン大会 銀メダル 【 グランプリシリーズ 】• 2005年 日本・東京 金メダル• 2007年 イタリア・トリノ 金メダル まとめ ・ステファン・ランビエールさんは、トリノ五輪で銀メダル、世界選手権で2度金メダル、グランプリシリーズでも2度金メダルという輝かしい成績を残しました。 ・怪我により2008年に引退表明、2009年に現役復帰しますが2010年バンクーバー五輪の4位入賞を最後に引退をしました。 ・ステファン・ランビエールさんは、観客が楽しむことを第一に考える人で、衣装や振付で印象に残る演技をしてくれる選手でした。 2010年に引退と聞いたときにはまだ早いのに!と思った記憶があります。 テレビ観戦でも伝わる彼の魅力が、現在はコーチとして教え子に受け継がれていくのだと思うと感慨深いです。 教え子たちの演技がまた楽しみでもあります!.

次の

ステファン・ランビエール先生のトレーニング動画 ~ISUが公開~

ステファン ランビエール

スイス紙は「スイスのフィギュアファンにとてもビッグな時代を夢見させてくれそうなコンビだ」と報じている。 パガニーニは26日にインスタグラムを更新し、3枚の写真を掲載。 自身を中心にランビエール氏のほか、新たに同門となるメンバーと撮影した集合写真などとともにメッセージを記している。 「ハイ! みんな聞いたと思うけど、今季からステファン・ランビエールをヘッドコーチに、スイスのシャンベリーで練習することになりました」と報告。 「素晴らしい人たちと素晴らしい環境で練習できる機会に恵まれ、本当にドキドキしています」と心境をつづった。 これまで指導したコーチらに感謝を伝えた上で「新しいシーズンがとても楽しみで、新しいプログラムが待ちきれないです。 みんなが元気でいられますように。 またね」と締めくくった。 パガニーニは米国生まれで16-17シーズンは米国代表として出場していたが、翌年からスイス代表に転向。 国内選手権3連覇、平昌五輪出場(21位)など実績を積み、今年は欧州選手権で4位に入った期待の高い18歳だ。 そんな背景もあり、スイスが生んだフィギュア界のスターとのコンビ結成に、スイス大衆紙「ブリック」も注目。 「氷上のプリンス・ランビエール、氷上のプリンセス・パガニーニのコーチに スイス・スポーツ界の新たなドリームコンビ」と見出しを打って報じている。 記事では「スイスのフィギュアファンにとてもビッグな時代を夢見させてくれそうなコンビだ」と高い期待感を隠さず、これまでの成績も紹介。 「2度の世界チャンピオンで五輪銀メダリストのランビエールが18歳のパガニーニを世界トップへと導くことになる。 なんともエレガントで魅力的なペア。 まさに氷上の芸術だ」と記している。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の