今井 翼。 www.m6mobile.fr

『麒麟がくる』今井翼 “最後の一撃”にネット大興奮「神演出」「最高にかっこいい」 /2020年6月8日 1ページ目

今井 翼

「昨年後半から新しい仕事が入りだしているのに、今井はきちんとしたマネージャーもつけずに自分でスケジュールやギャラ交渉などのやりくりをしていました。 その様子を見かね、愛之助は自らが所属する松竹エンタテインメントに直談判で話をつけた。 神奈川県藤沢出身同士、同じ中学の先輩後輩で以前から今井が中居を慕っていることが知られていたからだ。 メニエール病の治療に奔走した愛之助 1995年春にジャニーズ事務所に入所した今井翼。 同期の滝沢秀明(37)とジャニーズJr. 黄金期を築きあげ、2002年には「タッキー&翼」を結成しヒットチャート一位を連発した。 だが、30代になった今井の活躍は順調とは言い難かった。 発端は2014年の秋、今井は愛之助との初共演となった大阪松竹での舞台『GOEMON 石川五右衛門』に約一か月間にわたり出演。 その終了直後に体調不良を訴え、検査の結果メニエール病であることを公表し、治療のための休業に入ったのだ。 「直前まで共演していた愛之助は、その病気の名医といわれる人物を紹介するなど奔走した。 というのも、もともと今井は『GOEMON』の初演(11年)を観劇し、感動のあまり面識もないのに愛之助の楽屋に挨拶に行ったんです。 礼儀正しい好青年の今井を気に入った愛之助は、その場で『再演の機会があったら出してあげる』と約束した」(同前) 再共演の頃には『翼クン』、『愛之助さん』と呼び合う仲に 『GOEMON』にはフラメンコ場面が多用され、20代からスペインにフラメンコ修行に通い詰めていた今井にはうってつけの出演だったが、千秋楽直後の体調悪化に愛之助はものすごく心配したのだという。 「病気がきっかけになり、その後毎日のようにLINEのやりとりをしていました。 2016年の再共演の頃には、『翼クン』、『愛之助さん』と呼び合う様子が仕事仲間というより、年の離れた兄弟のようでした。 ソロ活動のみになっていた2018年春、今井は再びメニエール病を発症し緊急入院。 出演予定だった松竹制作の舞台を降板したり、ラジオのパーソナリティを降板することになる。 「結局2018年9月にタキツバの解散と今井のジャニーズ退所、さらに2018年末をもっての滝沢の芸能活動引退を発表しましたが、その前後も愛之助の歌舞伎や舞台のほとんどに今井は観劇に訪れていました。 たまに地方公演まで観に来ているので驚いたものです」(同前) 「元々ジャニーズと松竹は親和性が深い」 愛之助が縁をとりもった「松竹エンタテインメント」は、歌舞伎はもちろん松竹新喜劇や舞台、映画などを制作する松竹の子会社。 前述したように筆頭の所属俳優は愛之助で、さらには人気の尾上松也などがいる。 「いわゆる俳優事務所のなかでは、家族的で待遇が非常に手厚い事務所として業界では知られています。 今井自身も20代のときから大地真央との共演で松竹制作の舞台を踏んでいますが、元々ジャニーズと松竹は親和性が高いんです」(芸能デスク) 滝沢歌舞伎で若い女性が新橋演舞場に殺到 大阪松竹座でも、新橋演舞場でも、京都南座でもジャニーズの公演が定期的に開かれている。 その先駆けでもあり代表格でもあるのが、元相方・タッキーが主演していた「滝沢歌舞伎」だ。 「2006年に『滝沢演舞城』としてスタートした滝沢歌舞伎は、『若い女性が新橋演舞場に殺到する』定番カードになりました。 改築の途中数年間をのぞき毎年新橋演舞場で開かれていますが、いまだにチケットは争奪戦。 松竹としてもホクホクです」(同前) 当初、出演・座長だけだったタッキーはいつしか演出も兼ねるようになり、芸能活動を引退した現在は「演出家」として名を連ねている。 体調面の問題で休養期間を挟まねばならず仕事が不安定だった今井とは対照的に、亡くなったジャニー喜多川氏の覚えめでたかった滝沢は、タキツバ解散前に「ジャニーさんの後継者候補指名」をされていた。 「あの頃、翼は人が変わったように荒れていた。 毎晩酒を飲みに出かけていて酔っぱらって『来ませんか?』と電話をしてくる。 合流すると、話はいつも『滝沢とはやってられない。 価値観が違う、解散しかない』ばかりだった。 でも去年会ったときには、『ジャニーズにも滝沢にも、いまは良かったなとしか思わない』とスッキリして、健康的だった。 若い頃に戻ったみたいでホッとしたものです」(映画関係者) アイドル帝国・ジャニーズ事務所の退所から1年半の新たな門出。 (山本 雲丹/週刊文春デジタル).

次の

今井翼はなぜ松竹エンタテイメント?理由とベイスタ連載いつで内容は?

今井 翼

今井翼さんはダンスパフォーマンスに定評があり、舞台などでも多く活躍しています。 そこでフラメンコのみならずスペイン自体に深く傾倒していくようになりました。 現在、フラメンコはもちろんスペイン語なども本格的に習得し、2013年には日本大学にて特別講義 スペイン語 を開講しています。 2012年には世界初のスペイン文化特使に選ばれ、2013年9月にはスペイン親善大使に就任し、スペイン関連のイベントに度々登場しています。 難病メニエール病を患った今井翼さん。 2014年11月に、今井翼さんは厚生労働省から特定疾患に指定されているメニエール病であることを公表しています。 彼の身に起こった実際の症状としては、以下のようなものがあげられています。 先日、度重なるめまいにより検査入院したことが明らかになったタッキー&翼・今井翼。 11月6日、本来は今井がパーソナリティーを務めているラジオ番組『今井翼のto base』(文化放送)に相方の滝沢秀明が生出演し、滝沢秀明が生出演し、今井の体調について 「立ち上がることも困難な状況になってしまいました」と、状況を報告。 多くのジャニーズファンに衝撃が走り、心配の声が相次いでいた。 突然の知らせから数日後の12日には、 今井が医師から「メニエール病」と診断されたことが明らかに。 今井は以前から突発性難聴を患っていたそうで、歌舞伎に初挑戦した『十月花形歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」』(10月3~27日)の千秋楽後から 体調不良を訴えていたという。 かなり症状が重そうですね。 メニエール病とは? メニエール病は、一般的に30台後半から40台前半をピークに女性にやや多い疾患で、人口10万人あたり15~18名程度がこの病気であるとされています。 メニエール病の原因は 「内耳にある内リンパ水腫」で、ストレスをきっかけに発症すると考えられています。 症状としては 、 めまい・難聴・耳鳴り・耳閉感が同時に起こり、付随して吐き気や嘔吐、動機、寒気などを伴うこともあるそう。 診断が難しく、見落としてしまうこともある病気です。 治療方法としては薬物療法やストレス解消のための生活指導で、 根本的解決のためにはストレスへの対策が重要とされています。 メニエール病の治療はまず、運動やストレス解消などの生活指導から始まる。 これでよくならなければ、薬物治療だ。 「当院の場合は紹介患者が多いので、生活指導と薬物治療を併用するケースがほとんどですが、 メニエール病はストレスと強い関係があるため、生活指導は非常に重要です。 これだけでよくなる患者もいます」(東京医科歯科大学耳鼻咽喉科学講座・角田篤信准教授) 薬は、内リンパ水腫を軽減するための利尿薬、内耳の循環障害や神経機能の改善の循環改善薬、ビタミン薬、内耳機能の障害を改善するステロイド、めまいに効く漢方薬を適宜使う。 精神安定剤を用いることもある。 相方の滝沢秀明さんが一人で敢行しています。 ただラスト公演である14日の横浜アリーナでは、アンコール場面で今井翼さんが登場し、これが病後の仕事復帰1発目となりました。 今月14日には、横浜アリーナで行われたツアーファイナルのアンコールに登場した今井だが 「これは僕にとっても大きな喜びであったし、ここからが僕のリスタートだと思ってます」 引用: さらに、2014年12月18日にラジオ復帰。 このラジオ番組では、11月から休業を余儀なくされた今井翼さんの代打として、 相方の滝沢秀明さんがずっと登場して番組を繋いでいました。 タッキーの男気を感じた瞬間でもありましたね。 2014年末にはジャニーズ恒例年越しライブにも登場。 ただやはりその時点ではそこまで万全ではなく、体の調子を整えながらといった形であったようです。 今井は「正直心は折れましたけど、ファンや仲間、家族、スタッフ、たくさんの方の支えがあったからこそ気持ちをつなぎとめることができたと思います」と感謝した。 体調については「ほとんど問題ない」とし、 「退院してまだ1カ月たっていないので、ドクターと相談しながら間をとって、食事面や睡眠をしっかり考えてやっていきたい」と慎重な姿勢を見せた。 引用: メニエール病は、薬だけで完治する病気ではなく、 ストレスを軽減したり生活習慣からも見直す必要があります。 今井翼さんの場合は、アイドルということでそれまでの生活からガラっと変えて…ということは少し難しそうな気もしますね。 特に舞台やアイドルとしてのライブ、激しいダンスパフォーマンスなどをこなす今井翼さんにとっては、なお難しい病気であったと言えるかもしれません。 2014年のメニエール病発覚以後、体調を治すことを優先していたのかもしれませんね。 2016年に入り、再び舞台に しかし2016年に入り、満を持して舞台やドラマにいくつか出演し始めています。 舞台「GOEMON 石川五右衛門」 2016年10月 や音楽劇「マリウス」 2017年3月 、ドラマ「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」 2016年9月~ に出演 予定。 以前にも増した活躍に期待です。 今井翼の現在が太った!驚くほどの激太りには病気が原因説も? 今井翼の激太り画像 メニエール病は再発の可能性も決して低くない病気ですが、 今井翼さんは2014年12月に復帰してから順調に活動の幅を戻し、2016年から2017年にかけては注目舞台に出演します。 そんな今井翼さんですが、 現在激太りだと話題になっています。 《参考画像》若い頃の今井翼さん。 太った以前に、雰囲気自体違う気もします。 今井翼さんの現在の激太りした姿には、「太った」と感じる人が多いようです。 太ったとか老けたとかではなく、 全く別の人間のような顔になっていた。 でもあそこまで変貌したなら、人生1からやり直せるような気がして楽しそうだ。 — ツマズツマズHydeさん uuizumigender 別人のようだと感じる方も。 今井翼の激太りの原因は病気や薬の副作用説 ?ただの肥満? 定評のあるダンスパフォーマンスや、テレビ番組で見る姿からは真面目・ストイックなイメージがある今井翼さん…現在の激太りには、驚くファンも多いようです。 そんな今井翼さんの太った原因は、病気説やただの肥満なのでは?と言われています。 今井は筋トレ厨だから太ったとしたら薬の副作用しかないな 引用: 今井翼さんは2014年末にメニエール病だと公表していますので、その副作用や影響で太っているのでは?と感じている方が多いようです。 メニエール病の治療は、先ほどもお伝えしていますが、生活指導や薬物療法によって行われます。 症状によって使用される薬物は違いますが、原因でもある「内耳にある内リンパ水腫」解消のための利尿薬、血行の循環改善薬、ビタミン、内耳障害を改善させるステロイド薬などが使用されるケースがあります。 この中で、やはり メニエール病の副作用として「激太り」が考えられるのはステロイド薬です。 ステロイドは、長期間使用することによって脂肪がつきやすくなり、中心性肥満 手足ではなく中心部が太る ・ムーンフェイス 顔が真ん丸くなる 等といった太り方をするといいます。 部分的にいえば、主に顔・首周り・肝臓・肩・腹回りにお肉がつきやすなる傾向があるそうです。 ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏のコメント 今井翼はこの数年間、体調不良で仕事が思うように出来ない中、本人が辛い思いをしていたのを間近で見ておりました。 責任感の強い彼にとって、仕事をしながら 病気を治すことは難しく、 何も背負うものがない状態で自分と向き合いたいと聞き、 本人の希望を受け入れました。 心身共に健康となった彼がまた活躍してくれる日が 1日も早く来ることを心から願っています。 今井翼さんは現在も病気は克服できておらず、今後はジャニーズ事務所を退所して心身共に健康な状態になることに専念するといいます。 今井翼の退社に対するコメント&現在の病状 今井翼さんは現在の病状について「病状はほぼ、というか、もうよくなっている」と語っており、退社については「けじめ」、今後は芸能界自体は引退しないようです。 14年に、めまいや吐き気を繰り返すメニエール病を発症。 快方に向かったが今年3月に再発。 「病状はほぼ、というか、もうよくなっている」と話し、退社することを「迷惑をかけたけじめ」とした。 芸能界は引退せず「1人でも必要としてくれれば、いつの日か何らかの形で」と活動再開を望んだ。 引用: まとめ.

次の

今井 翼 プロフィール|松竹エンタテインメント

今井 翼

手越祐也 ジャニーズ事務所は26日、所属するグループ・NEWSの 手越祐也が活動を自粛すると発表した。 手越は新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で外出自粛が求められていた4~5月にかけ、事務所から注意を受けていたにもかかわらず、飲食店で女性たちと飲み会を行っていたと報じられていた。 事務所は手越の活動自粛発表に際し、「日本全体で難局を乗り越えなければならないこのときに、日常の生活を取り戻したいと願う皆様の思いに反するような行動をとったことは到底許容できるものではございません」とのコメントを発表している。 手越は芸能活動に未練はなく、今後は今もっとも入れ込んでいるeスポーツのプロプレイヤーとして活動していく意向の模様」(テレビ局関係者) そんな手越に先立つこと2018年に事務所を退所した元タッキー&翼の 今井翼が、順調な活躍ぶりをみせている。 5月18日、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の新キャスト3名が発表され、今井が15年ぶりに3度目の大河出演を果たすことが明らかになった。 今井が演じるのは織田信長の家臣・毛利新介。 中盤最大の見せ場「桶狭間の戦い」で、現在の所属事務所、松竹エンタテインメントの先輩となる片岡愛之助演じる今川義元を討つ重要な役どころだ。 「今井は移籍後から映画、舞台、ドラマと新規の仕事がどんどん決まっていますが、やはり大河の仕事を受けることができたのは、今井にとって大チャンスだったと思います。 松竹には中居と親交の深い笑福亭鶴瓶も所属しており、可愛がっていた今井が移籍する先としては安心できる環境だったのかもしれない。 「今井は大の横浜DeNAベイスターズファンで、5月からCS放送・TBSチャンネル2で放送される『横浜DeNAベイスターズBESTセレクション2019』のナビゲーターにも就任しました。 中居も野球中継の仕事をたびたび引き受けていますが、今井をTBS側へ猛プッシュしたという話もあります。 これまでは『今井翼』というイメージを守るために趣味を仕事にすることは眼中になかったが、松竹に移籍してからは趣味の料理、野球と伸び伸び仕事をできているようです」(週刊誌記者).

次の