コロプラ 株価予想。 コロプラ[3668]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

コロプラ株価予想、フィボナッチの目標は1,500~1,600円

コロプラ 株価予想

業種別・銘柄コード番台で探す国内株式銘柄一覧• 参考になる株式投資系ツイッターアカウント一覧• ツイッターの株アカウントの株銘柄に関連するつぶやきのタイムライン• 近況のツイートが話題になっている株アカウントの独自に集計しランキング• 日頃集計している銘柄別の話題株ランキング、銘柄別株ツイートのアーカイブ• 前場・後場・1日で分けるその日の話題のツイートとその注目銘柄一覧• 今話題のキーワードはこちら。 株式関連銘柄タグ一覧• 銘柄別ニュースヘッドライン。 気になる銘柄ニュースはこちら• 個人の株投資家などの国内個別銘柄の株価考察ブログやトレード日誌や優待情報の新着記事情報• 今ツイッターで呟かれている株キーワードのトレンド• お気に入り登録による監視銘柄リスト• IPO 新規公開株.

次の

コロプラ[3668]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

コロプラ 株価予想

本日は土曜日。 台風皆様大丈夫でしょうか。 さて、ホールドしているの今後の株価について考察します。 とは、ゲームが収益源の一部上場のゲーム会社です。 は約2000億円とをメインとしている自分にはかなり高い 部類に入ります。 9月中旬に発売となった、『ウォーク』が最近話題です。 をみているとかなり人気になっていることがうかがえます。 このウォークが話題になり始めるとともに株価は急上昇。 700円程度だった株価は、一時2000円付近にまで上がりました。 というのも、ウォークのセールスランキングが1位に張り付いていたから。 との収益の取り分がいくらかという点が板では 話題に上がっておりましたが、このセールスランキングと話題性から 今後のの収益は大幅に上がると予想します。 株価は将来を織り込んで推移するとよく言われます。 ウォークがまだこれから一般の方々に浸透していくと考えると まだまだ初動ではないでしょうか。 自分はを中心としており、はあまり しないのですが、最近ではファンダメンタルも考察すべきと思っています。 テクニカル的にいえば、1000円のブレイクでエントリーポイントとなり得ました。 そして現在はブレイクからのを形成していると考えます。 の過熱を防ぐために増増担という状況になっているため、も 少ないのですが、その割には落ちてきません。 買いをしようとする方もじれったいのではないでしょうか。 直近で1500円を下値にしてじりじりと調整をこなしております。 この調整をもうしばらくこなし、直近高値の1930円を奪回すれば 大相場の継続となります。 週足で見ても月足で見ても過去に類を見ないとなっていますね。 日柄を見ても大相場を過去に作ったのは2014年と5年前ですので溜めは十分かと。 ゲームセクターはゲームがハマれば一気に上昇していくので、も ウォークで一気に上昇してくれると想像しています。 自分は1700円台と1500円台で持っておりますので、いましばらくホールド していきます。 するための貸株があまりないという情報もあります。 ウォークだけでなく、ほかのアプリもあり期待できるは 新高値を形成し、上昇していくでしょう。 後は増増担が解除されれば言うことないですが、まだ先になりそうです。 以上、の考察でした。 持っている人はホールド、持ってない人は調整終わりで買い。 これでいいのではないでしょうか。 あくまで予想ですので、悪しからず。 それでは皆様に爆益がありますように。 kabuokuribito.

次の

コロプラストップ高!2020Q2決算資料を見る

コロプラ 株価予想

2020Q2 コロプラの決算資料要約 決算資料によると、前年同期比で売上13. これを受けて、株価は大幅増となりました。 どの程度のインパクトだったのか? 過去の売上と利益を比較してみましょう。 コロプラの過去の売上、利益と比較 コロプラは2016年をピークに売上、利益共に減少傾向にありました。 2019年度は過去と比較すれば僅かな黒字、このままでは危険というタイミングでの好決算です。 Q2時点で74. 22億円の利益を単純に考えれば通期で150億円の利益になります。 2016年度のピークには及ばないものの、2014年~2015年程度の利益体質へ戻ることが期待できます。 衰退からの大逆転。 これは確かにストップ高となるインパクトがありますね。 コロプラの過去バリエーション推移 では次にPBRを見てみましょう。 ストップ高となり、現在のPBRは1. 89倍と既に高めにあります。 ただし過去のバリエーションと比べれば低め、株価の伸びしろはまだあります。 2019年度はコロプラがリリースした「ドラゴンクエストウォーク」の好調な滑り出しが期待され、PBRは3倍を超える場面が見られました。 が、その後、既存タイトルの不調により、減収減益となり期待感からの減益ということで株価は大きく下落。 そんな中の好決算。 コロプラの株価はPBR1. ただ、継続性のある好決算なのか? もう少し分析していきたいと思います。 コロプラは2015年、2016年、2017年と数々のゲームをリリースするもヒットせず。 2017年の売上急落、任天堂との訴訟問題を契機に本格的に新ゲームの開発に取り組み、2018年、2019年と新ゲームをリリース、徐々に成果が表れ始めています。 では、ヒット作を出した会社の株価はどのように推移したのか? 過去の実例を見てみましょう。 過去の逆転劇といえばミクシィ 記憶に新しい逆転劇を見せてくれたのは、モンスターストライクをヒットさせたミクシィ(2121)です。 招待性SNSの「mixi」をリリースし、一時期ブームとなりました。 が、ブームが去るにつれ株価は低迷。 そんな中、モンスターストライクをリリース。 今でも同タイトルは売上上位のアプリとして君臨しています。 そんなミクシィの株価推移はダイナミック。 リリース直前の株価は231円。 こっから一時期7000円越えを果たしたので株価30倍を達成しています。 さすがに、今ヒット作を出したとしても、当時のような株価30倍は見込めないでしょう。 が、好調決算の継続性、スマホアプリという利益率の高い商品などなどを加味すれば、株価が数倍となってもおかしくはありません。 現に ミクシィはモンスターストライクリリース日と比較し、8倍程度の株価を今も保っています。 スポンサードサーチ.

次の